CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年10月 | Main | 2017年12月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆ふれあいパーク活動 de 花壇づくりスキルアップ講座 [2017年11月11日(Sat)]
11月11日(土)に、西蒲田五丁目青葉児童公園にて、会員向けに開催された「ふれあいパーク活動 de 花壇づくりスキルアップ講座」のレポートです。

以前から希望が出ていた花壇デザインの勉強会が西蒲田五丁目青葉児童公園で開かれました。私はいつも通る品川区役所前の中央公園花壇がきれいだなあ〜と感心して見ていました。その花壇を指導されている先生が今日の講師でした。

講師の奥峰子先生
↑講師の奥峰子先生(花壇設計家、有限会社ホリーホックガーデン代表)

いつもの目線とは違い、公園の3ヶ所の入口から全体を見る、木の高低、色のバランス、繁り具合。一つ一つが納得のいくアドバイスでした。

「好きな草花を植えがちですが、全体のバランスを考えて、もう一つ上を目指してみてください。公園に来る子どもの行動、地域性、予算、時間…等々制約の多い中、明るい雰囲気のある公園づくりに頑張って!」とエールをいただきました。

後半は全員でシャベル、移植ゴテを手に、指摘された数ヶ所を掘り起こし植え直しの実習。

歩道に面した細長い花壇を掘り起こす

別の場所にある大きなヤブランを掘り起こす

掘り起こしたヤブランをこちらに植える

ヤブランやタマリュウを植え替え、統一感のある花壇に生まれ変わりました。ポイントを押さえた説明と、実際に植え直した花壇を見て満足した2時間でした。

ヤブランを角に花苗を奥に

作業前の荒れた花壇。雑草も混じり統一感がない
↑befor

作業後の綺麗な花壇。統一感がありメリハリも
↑after

いつも時間に追われて公園内のごみや雑草取りに忙しく働いていましたが、今後は全体を見る余裕も大切だと痛感しました。(小山くみえ)

※この事業は、公益財団法人東京都公園協会の「花壇・庭づくり活動支援事業」の助成を受けて行っています
レポ◆ネイチャーウォーク「つる植物について」 [2017年11月11日(Sat)]
11月11日(土)に平和の森公園「みどりの縁側」にて企画された、ネイチャーウォーク「つる植物について」の報告です。

つる植物とは樹木の形をとらず、他の樹木を利用して高いところまで昇り太陽の光を得ている(光合成している)植物のことです。

ヘデラ.jpg
ヘデラ

カラスノエンドウ.jpg
カラスノエンドウ

ヘクソカズラ.jpg
ヘクソカズラ

昇る方法としては、茎で巻き付く、巻きひげを利用する、付着根で昇る等の方法があります。(上田志朗)
| 次へ