CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ほのぼの発見 | Main
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
新年のごあいさつ [2018年01月01日(Mon)]
新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

当会理事一同より新年のご挨拶をさせていただきます。

!Feliz Año Nuevo!

新年_内田理事長.jpg昨年は、花のまちづくりコンクールで思いもよらず優秀賞を受賞することができました。これはひとえに会員及びたくさんの方のサポートにより、15年の歳月の積み上げで市民事業を手探りで続けてきたご褒美だと思っています。わたしたちの知恵と想像力こそが、市民事業に欠かせないアイテムです。
2018年が第二章のページをめくる年になるように!!!(内田秀子)


新年あけましておめでとうございます

新年_上田副理事長.jpg私共のNPOも発足して16年目を迎えます。日常作業につきましては順調に進行していますが、会の運営に参加する人が不足しています。昨年から我が会の発展のためのプロジェクトを発足させています。このメンバーを中心に会の発展のために運営に参加する人が一人でも多く出てくることを期待しています。私もこの一年、後継者育成のために努めたいと思います。会員の皆様のご協力を宜しくお願い申しあげます。(上田志朗)


2018新年

新年_河村理事.jpg新年おめでとうございます。
近頃は
「めでたさも 中ぐらいなり おらが春」(一茶)
ですが 先ずは感謝〜〜ですね。
会の活動は「初心にかえれ」 で初心を噛みしめて楽しく!! (河村 丞)


新年あけましておめでとうございます

新年_阿部理事.jpg新年 あけましておめでとうございます入会して早8年目になりました。今年度からはそろそろ会の外にも活動の場を広げたいと考えております。そこで得た知識なり技術を会に還元し、会の活動がより活発で、会員の方がより楽しめるようにしたいと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。(阿部敏章)


あけましておめでとうございます

新年_堀ア理事.jpg花や緑の多い街はなんと気持ちの良いことでしょう。住みやすく、健康でやる気がします。私達は、大田区を花や緑でいっぱいにすることをミッションに活動しています。今年も皆さんと一緒にグループ力で頑張っていきます。「和を以て貴しとなす」です。(堀ア英孝)
レポ◆会員交流&意見交換会 [2017年12月04日(Mon)]
12月4日(月)に入新井集会室で行われた、会員交流&意見交換会のレポートです。当日は正規会員総勢15名が集まりました。

レポ◆会員交流&意見交換会

今までのイベントでは、準備段階でリーダー1人への負担が重過ぎたこと。今年1月に2つのサブリーダーグループが発足したことにより、準備が円滑に行われるようになったこと。又、複数のサブリーダーを置くことによって、不測の事態でリーダーが参加できない場合にも、グループのリーダーが中心になってイベントを支障なく進められるであろう等の利点が堀崎さんより報告されました。

他のプロジェクトでも同じようなグループを作りたい旨の発言もあり、和気藹々の話し合いの中でも、日ごろ会を運営くださっておられる方々の大変さを深く感じさせられた、一会員の私でした。(武藤佳代子)
記事◆会員の意見を活動に反映させる取り組み [2017年11月20日(Mon)]
※以下は会員向け「会員だより」に掲載した「あなたのご意見、提案は12月中に!」という記事です。私たちの活動の紹介として掲載します。

活動への提案は12月中に!

〜次年度の活動に意見を反映させるには12月の話し合いがチャンス!〜

話し合いイラスト.png

12月は事業(活動場所)ごとに今年度(4月〜12月)の活動を@振り返り→ Aじっくりと話し合い→B事業報告と次年度への提案を取りまとめる月間です。

12月
各部門で活発な話し合い、今年度の活動のまとめ
 ⇩
事業報告会(12月18日)

事業ごとに(活動場所ごとに)話し合いを行い、「今年度の事業報告」と「次年度への提案」を取りまとめます。それらを12月18日(月)の事業報告会(今年度中間報告)で発表し、全体での話合いが行われます。



1月
次年度「事業申請書」募集(平成30年1月25日締切)
 ⇩
理事会(平成30年1月29日)
申請書の受理・内容確認

(事業報告会の結果などを基に)事業ごとに再度話し合い、次年度への提案を「事業申請書」にまとめて会に提出します(1月25日締切)。この申請は各事業ごとだけでなく、個人で提出することも可能です(申請用紙は来月送付の1月号に全員に同封されます)。



2月
事業検討会(運営委員・事業担当者・新規事業申請者で構成)
事業申請書について提案と検討
 ⇩
3月
運営委員会(事務局で調整)
 ⇩
5月
理事会(理事会レベルでの審議)
 ⇩
通常総会(5月26日)

提出された事業申請書は、1月末の理事会から順次内容が検討・審議され、次年度の事業計画を策定するための材料となります。提案が採用されれば次年度の活動に反映されていきます。



ボランティア活動では、活動そのものを人ごとでなく「自分ごと」として捉えてみんなで活動をよりよくするためにアイデアを出し合うこと、そのための話し合いの場を作ることがとても大切です。

次年度の活動に向けて、あなたが気づいた意見をわかりやすく提案してみると、より一層活動が身近になり、楽しくなることと思います。12月の話し合いの時がチャンスです!忌憚のない意見や提案を発信してみましょう!
レポ◆「花のまちづくりコンクール」受賞式・交流会 [2017年10月26日(Thu)]
第27回全国花のまちづくりコンクールにて、当会が「花のまちづくり優秀賞 花のまちづくりコンクール推進協議会長賞」を受賞したことを先日のエントリー「全国花のまちづくりコンクールで受賞しました!」でお伝えしましたが、その授賞式と交流会が、10月26日(木)に東海大学校友会館にて開催されました。その写真報告です。

表彰式の様子
↑表彰式の様子

表彰状
↑表彰状

交流会の会場にて
↑交流会の会場にて

交流会での歓談風景
↑交流会での歓談風景

前日の10月25日(水)には、大賞を受賞した4団体が事例発表されました。各団体とも特色があり、たくさんの人たちと連携した花壇づくり活動を20年〜60年と長く積み重ねた上での受賞でした。

花のまちづくりコンクール推進協議会長の「花づくりの社会性を目指して」ということばに、私たちの今後の活動の方向性を見つけた思いでした。(内田秀子)
全国花のまちづくりコンクールで受賞しました! [2017年10月07日(Sat)]
第27回全国花のまちづくりコンクールにて「花のまちづくり優秀賞 花のまちづくりコンクール推進協議会長賞」を受賞しました。

27-006-1oota.jpg

会員から会議の中で「コンクールに応募したい!」という声があがり、どんなコンクールに応募したいかを提案をしてもらい、タイミングよく??締切ギリギリでの応募。これまであまりこうした外部評価に対して積極的にならないまま、ここまできていましたので、今回がはじめての挑戦でした。

書類選考による一次審査を通過し、現地審査を受けたのが、8月29日のこと。真夏の暑さで少々へろへろした花壇と、対照的な、メンバーの元気な活動風景を見ていただきました。それを受けて、下記のようなすばらしい講評を頂き、とても嬉しいです。

(財)大田区公園緑地振興公社の解散を受け、当時の登録ボランティアが2002(平成14)年に立ち上げたNPO法人で、区から管理委託を請けた花壇を中心に花のまちづくりに取り組んでいます。

きめ細やかな手入れによって見事な花の景観が維持され、区や住民からの評価が上がるにつれて活動場所が拡がっており、花壇以外にも区民農園や圃場、関連施設の管理運営、児童館や保育園、地域イベントでの普及啓発活動にも取り組んでいます。役割分担や月1回の会報、運営方法に多くの工夫が見られ、誰でもが関われて、参加者に負担が少ないボランティア活動の仕組みが完成しています。

活動は自立したボランティア組織として一つの完成形とも言え、市街地において景観の向上ばかりでなく、コミュニティの再生、高齢者の健康づくりに貢献しているなど、都市地域における先駆的な成功事例として高く評価されました。



もうすぐ設立して15周年、そんな当会のがんばりへのご褒美のようで、嬉しく思います。

お世話になった皆さま、ご指導を下さいました皆さまに、深く感謝申し上げます。
| 次へ