CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント企画 | Main | みどりの縁側(平和の森公園 展示室)»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆会員バス研修「西東京花の会の活動フィールド&ニイクラファームを訪ねて」 [2019年03月18日(Mon)]
3月18日(月)に、当会会員の研修として、貸切バスで西東京市にある「NPO法人 西東京花の会」さんの活動フィールドと、「ニイクラファーム」さんを訪問しました。以下は参加者によるレポートです。

開催概要:記事◆会員向けバス研修・今年は西東京へ♪

0318バス研修 (1).jpg

初めてバス研修に参加して、西東京いこいの森公園に着くと、西東京花の会の方々がお揃いのユニホームで迎えてくださいました。平成9年から花いっぱい運動を推進してきたそうです。園内にはハーブガーデンが作られ、様々な種類のハーブが芽吹き始めていました。

たくさん頂いた資料の中でも、「オープンガーデン・コミュニティガーデン・ガイドマップ」の個人邸の美しい写真に目を奪われてしまいました。26軒もマップ付きで紹介されていました。

次に向かったのは「育苗センター」。市内の公園などから出る落ち葉の回収を行政が担い、ここで腐葉土を作っています。植物に優しい堆肥の山が出番を待っていました。育苗用の培養土も、オリジナルブレンドです。

0318バス研修 (2).jpg

その後、「保谷町ローズガーデン」を見学、住宅地の中に作られたバラの公園です。民間企業が分譲地を開発する時に、プラン作りの段階から関わり、花の会の皆さんと地域住民の方が花で繋がって、豊かな環境を作っていました。

0318バス研修 (3).jpg

0318バス研修 (4).jpg

手入れの行き届いた庭を見て、日頃のご苦労が分かります。行政と連携した市民参加によって、公共用地花壇作りが年間を通して40か所も維持管理されているという、花の会の意識の高さと実行力に感心するばかりでした。

この後は、ニイクラファームの素晴らしい香りの中で、博識な3代目のお話を伺いながらのハーブ摘みに張り切り、あっという間の2時間。

0318バス研修 (5).JPG

0318バス研修 (6).JPG

香りをバスに乗せて、充実した1日が終わりました。(佐藤幸子)

参考:MYLOHAS「東京で手に入る本物のハーブたち。ニイクラファーム(東京)【やさいの現場#9】」
レポ◆防災体験学習第1弾「そなエリア東京見学」 [2018年12月16日(Sun)]
12月16日(日)に、会員向け防災体験学習の第1弾として企画された、「そなエリア東京」体験ツアーのレポートです。

会員に防災体験学習を取り入れた経緯については、当ブログの『記事◆防災を日ごろの暮らしに取り入れよう♪〜「防災」を特別なことでなく「日常」に〜 』をご覧ください。

有明にある「東京臨海広域防災公園」の防災体験学習施設「そなエリア東京」の体験ツアーに会員10名が参加しました。

1216そなエリア (1).JPG

東京に震度7以上の地震が起きたと想定したガイド付きのツアーは、エレベーター内で震度7の地震に遭遇するというところからスタートしました。エレベーター内では本当に地震が起きたような錯覚に陥りました。

1216そなエリア (2).jpg

1216そなエリア (3).jpg

その後、倒壊した町々を通り抜けて道路の惨事や室内で倒れた家具類を見ながら説明を聞き、改めて予測できない状況のための備えが如何に大切かを痛感しました。(内田秀子)
レポ◆「世界でひとつの花を作ろう!」矢澤塾 for 大田・花とみどりのまちづくりに参加して [2018年03月15日(Thu)]
3月15日(木)に、入新井集会室で行われた会員向け講習会「矢澤塾 for 大田・花とみどりのまちづくり」のレポートです。(講師:矢澤秀成先生)

0315矢澤塾for大田・花とみどりのまちづくり (1).jpg

親株となるビオラの花びらに受粉させる(他の色)花びらを虫の気分になって?!花粉を送りました。

0315矢澤塾for大田・花とみどりのまちづくり (2).jpg

0315矢澤塾for大田・花とみどりのまちづくり (3).jpg

0315矢澤塾for大田・花とみどりのまちづくり (4).jpg

0315矢澤塾for大田・花とみどりのまちづくり (5).jpg

0315矢澤塾for大田・花とみどりのまちづくり (6).jpg

細かく見えない部分があって難しい事がありましたが、受粉完了!交配して取れた種を9月中旬に蒔きます。どんな花が咲くのか楽しみです。(小仁恵子)
レポ◆海苔付けに挑みました [2018年03月05日(Mon)]
3月5日(月)に「大森 海苔のふるさと館」にて会員向けに企画された、海苔付け体験のレポートです。

暴風雨の中、18名の方が「大森 海苔のふるさと館」に集合し、海苔付けに挑みました。先生は当会会員の田中久男さん、田中國男さんです。

0305海苔付け体験 (1).JPG

0305海苔付け体験 (4).JPG

海苔切りに始まりいよいよ海苔付けです。両先生ともいとも簡単にやっていましたが海苔の厚みを均一にするのが非常に難しい作業です。

0305海苔付け体験 (7).JPG

0305海苔付け体験 (11).JPG

0305海苔付け体験 (10).JPG

次に海苔乾しです。これもただ縦板にかければいいというものでなく、きっちりと隅を揃えないとひし形の海苔ができることがわかりました。

0305海苔付け体験 (8).JPG

0305海苔付け体験 (9).JPG

今回特別に4枚の海苔を作ることができました。早速、7日の大森南圃場の休憩時においしく頂きました。(阿部敏章)
レポ◆研修参加報告「都市緑化技術研修会」に参加して [2018年01月12日(Fri)]
1月11日(木)、12日(金)に、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた、「都市緑化技術研修会」に当会会員が参加しました。そのレポートです。

1月11日、12日の両日、公益社団法人 都市緑化機構主催の「都市緑化技術研修会」を受講しました。今年のテーマは「歴史に学ぶ これからのみどりのまちづくり」です。6名の講師の方がそれぞれ専門の立場から江戸時代や明治時代からの都市公園づくりの考え方、緑の保全方法、それらに伴うまちづくりの方法について説明がありました。特に鎌倉や各都市の豊富な事例を基にした法整備やその効果について、わかりやすく説明して頂きました。

20180111-12_都市緑化技術研修会での屋外施設について レクチャーの様子
↑屋外施設について レクチャー

この中で、「これからの公園は『稼ぐ公園』を目指そう」ということが印象に残りました。稼ぐ公園とは、社会の課題解決に貢献する、健康寿命を延ばす、子どもたちの健全な育成等々に貢献し、後は文字通 りお金を稼げるような公園を目指そうというものです。

20180111-12_都市緑化技術研修会でのホトリア広場の見学の様子
ホトリア広場の見学

我々の活動もお金を稼ぐことはさておき、自分たちが楽しみ心身を健康に保つことはもとより、花やみどりを観る方にとっても同様な効果をもたらしたいと感じました。早速、来年度から南久が原圃場で稼ぐ公園の研究をする予定です。(阿部敏章)
| 次へ