CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント企画 | Main | みどりの縁側(平和の森公園 展示室)»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆会員バス研修「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」「栗原造園」 [2016年07月14日(Thu)]
7月14日(木)に当会会員を対象にしたバス研修として、「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」(埼玉県飯能市)と、「栗原造園」(埼玉県川越市)を視察してきました。

開園20周年の薬香草園は、しっかり育ったそれぞれのコーナーがたいへん見事でした。

薬香草園 (1).JPG

薬香草園 (2).JPG

薬香草園 (3).JPG

薬香草園 (4).JPG

園内を解説付きで案内され、触れたり嗅いだりの体験と、同行の草香もえ先生のバス内講義は大変勉強になりました。加えて、自然を活かした食材のランチがとても美味しかったです。

以下は栗原造園さん。

栗原造園 (1).JPG

栗原造園 (2).JPG

栗原造園 (3).JPG

栗原造園 (4).JPG

栗原造園 (5).JPG

栗原造園の「和の庭」は、そびえ立つたくさんの樹木の間を冷たい風が吹き抜け、足元に取り合わせたステキな日陰に強い植物に、参加者全員がホッとひと息つきました。(堀川柳子)
レポ◆早春の会員バス研修:日野市せせらぎ農園と都立野川公園 [2016年03月17日(Thu)]
3月17日(木)に会員バス研修として、日野市せせらぎ農園および都立野川公園を訪問しました。そのレポートです。

日野市せせらぎ農園

日野市の「まちの生ごみ活かし隊」は生ごみリサイクルでコミュニティガーデンせせらぎ農園を運営している市民団体です。代表の佐藤美千代さんは昨年、総会後に講演をしてくださり個人的にとても興味を持ちました。

日野市せせらぎ農園
日野市せせらぎ農園

この農園は、かつて田んぼだった約650坪の畑に生ごみを「土ごと発酵」させる方法で、無農薬・無化学肥料の元気な野菜と花を育てています。生ごみリサイクルは、週一回軽トラックで約200所帯の生ごみを個別回収し、公園や団地の落葉を集め貯めておいたものを一緒に畑へ投入。夏は1か月冬は2か月で発酵。発酵で大事なことは湿度(水分60%)と酸素、3回は攪拌、耕すことです。この土には太いミミズは生息しないので、モグラが入り込まないふかふかの土になるそうです。初めてミミズの卵を見ました!

日野市せせらぎ農園
日野市 (7).JPG

ボランティアは82歳から子育てママたち、子どもたちが当番を決めずに週3回の活動日の好きな時間に作業をして、収穫した野菜などを皆で分けて持ち帰ることに。畑の中央を用水路が流れ子どもたちが裸足で駆け回る姿、春の種植え、雑草取りと周辺の田んぼの風景は気持ちがほっこり…心が和み、贅沢な時間を過ごしました。

日野市せせらぎ農園
日野市せせらぎ農園

昼食後は、武蔵野の豊かな自然が見られる都立野川公園へ。自然観察園をパークレンジャーの説明を聞きながら、春の草花や樹の花を駆け足状態でしたが楽しみました。

都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園

維持管理活動をたくさんのボランティアが担っていることに感謝して、帰路につきました。我々のまちでできることを考えていきたいですね。(小仁恵子)
レポ◆会員バス研修「ガーデンがステキな都立公園」:6/29(月) [2015年06月29日(Mon)]
6月29日(月)に行われた、当会会員向けバス研修のレポートです。

バス研修_01.jpg

バス研修ルート
蒲田駅東口JTB前周辺集合→都立狭山公園→昼食→nonowa東小金井・高架下回遊歩行空間「ののみち」の「コミュニティステーション東小金井」〜「コミュニティガーデン」→都立武蔵野中央公園→蒲田着

バス研修_02.jpg
バス研修_03.jpg

今年最初のバス研修は、3月の「環境フォーラム2015」で講師としてステキなお話しをくださった佐藤留美さんが事務局長を務められるNPO birthが管理に関わる二つの都立公園を視察、その合間には、JRの高架化に伴い高架下の空間にできた「ののみち」のコミュニティガーデンをNPO Green Worksの三浦香澄さんにご案内いただきました。

バス研修_04.jpg

参加者から「管理者が若い方で、説明もとってもはっきりしていてよかった」「市民参加型のコミュニティガーデンを、私たちの会もこれから大田区に広げていきたい」「最小限の手間できれいな花壇を維持する見本を見られた」「入門講座があるのが素晴らしい」など熱のこもった感想を頂きました。(牧野ふみよ)
レポ◆「長池公園」早春会員バス研修:3/16(月) [2015年03月16日(Mon)]
3月16日(月)に企画された「早春会員バス研修」(当会会員向け)のレポートです。

ジブリ制作「平成狸合戦ぽんぽこ」の映画の舞台になった多摩丘陵地の自然を活かした「長池公園」へ行ってきました。

レポ◆「長池公園」早春会員バス研修:3/16(月)

里山公園構想を基本に自治会活動に関わり、公園管理者になった「NPOフュージョン長池」の理事長、富永氏の案内で見附橋から築池周辺を歩きました。

レポ◆「長池公園」早春会員バス研修:3/16(月)

まごころベンチ、倒木ベンチ、看板の表示などユニークな試みが印象に残りました。鶯の初鳴きを聞くことができ、嬉しい一日となりました。(小仁恵子)

バス研修行程
(8:00)蒲田駅発
 ↓
(10:00)長池公園(公園散策&公園概要説明など座学)
 ↓
(13:00)レストラン「オコジュ」(昼食)、ガーデンセンター「グリーンギャラリーガーデンズ」「ガーデンズマルシェ」見学&ショッピング
 ↓
(18:00)蒲田着

管理人注:午後に立ち寄ったレストラン「オコジュ」「グリーンギャラリーガーデンズ」「ガーデンズマルシェ」は、同敷地にある創業90年の老舗「吉田観賞魚(ヨシダフィッシュファームズ)」のグループです。この「吉田観賞魚」さんは養鯉業者で長池公園と歴史的なつながりも深く、今回のバスツアーのコースとなりました。
レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金) [2014年07月26日(Sat)]
【1日目】6/26(木) 羽田空港集合→千歳空港→ノーザンホースパーク「K’sガーデン」→イコロの森→苫小牧市個人庭見学→北広島市内で一泊

【2日目】6/27(金) 北広島市→カフェ&ガーデンショップ「サンガーデン」→えこりん村「銀河庭園」→花カフェ「きゃろっと」→恵庭市個人庭→帰路

レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金)
↑ノーザンホースパークにて

レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金)
↑ご近所花仲間で作ったコミュニティガーデン「さんぽみち」

レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金)
↑ノーザンホースパークのガーデンデザイナー、梅木さんのガイドツアー

レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金)
↑恵庭のバラに囲まれたI氏邸にて

レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金)
↑北広島S氏邸の玄関先

レポ◆北海道ガーデン研修に参加して:6/26(木)〜27(金)
↑苫小牧のM氏邸にてティータイム

どんなところに行っても、植物分布や植栽をみるのが一番の楽しみの私にとって、この機会を逃したら一生北海道に行けないとの思いで参加しました。この季節の野辺にはフランス菊の群生、コロボックルが傘にしたような大きなフキの葉にびっくり。なべて北海道の植物は太くてでかい、色も鮮やかで、なんとも力強いのでした。これは想定を超えていました。

北海道で有名なガーデナーの個人庭に共通していたのは、小径を作って巡ることのできる庭。また、皆さん種からまいて苗を作っているとのこと、居住空間は一時期お蚕部屋のようになるのかな?

雪に備えてのマルチングなど、大変な作業を乗り越えて6月の花壇ができあがっていることに敬服致します。ただ不思議に思えたのは、どのお宅も家の周りじゅう美しく整えられていて、一点の曇りもなかったのですが、作業空間とか堆肥づくりの場所等どこに設けているのでしょうか?庭づくりのアトリエとしての楽屋裏もさぞ美しかろうと想像します。(三上雅子)

(参考:記事★「北海道研修旅行」に向けての予習です♪
| 次へ