CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント企画 | Main | みどりの縁側(平和の森公園 展示室)»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆品川区立公園見学会 [2017年07月20日(Thu)]
7月20(木)に行われた、会員向け研修「品川区立公園見学会」のレポートです。

0720品川区立公園見学会 (1).jpg

今回の見学会には、花壇設計家で(有)ホリーホックガーデン代表の奥峰子先生をお招きし、先生が植栽監修をされている「しながわ中央公園」「東品川海上公園」を会員16名、一般参加者7名、計23名で訪ねました。

0720品川区立公園見学会 (2).JPG

奥峰子先生は品川区や熱海市などの公共公園や花壇の植栽を担当されており、今回訪れた品川区の2つの公園も「ステキすぎる公共花壇」としてガーデナーの間で話題となっています。

0720品川区立公園見学会 (3).JPG
0720品川区立公園見学会 (4).JPG

とても暑い一日でしたが、今回は奥峰子先生自らご案内くださり、色づかいや花選びを工夫するこで経費をかけない花壇作りができることなど、私たちにとって、とても学ぶ点の多い見学会でした。
レポ◆会員バス研修「秩父宮記念公園」 [2017年04月06日(Thu)]
4月6日(木)に会員バス研修として「秩父宮記念公園」(静岡県御殿場市)の見学を行いました。そのレポートです。

0406会員バス研修・秩父宮記念公園 (1).JPG

「秩父宮記念公園」は秩父宮同妃両殿下の御別邸跡地を整備し、平成15年にオープンした歴史公園です。

同公園に向かうバスの中では雨交じりの天気で心配しましたが、到着した時には矢澤秀成先生に笑顔で迎えていただき、日差しも出てきて、一安心。

クリスマスローズの植え込み実習作業も、その量の多さにびっくりしたものの、そこは皆さん手慣れた様子で作業が進みました。

0406会員バス研修・秩父宮記念公園(クリスマスローズ植込実習).JPG
↑クリスマスローズ植込実習

公園には山野草もたくさんあり、名前が覚えきれません。ビオラも変わった品種が多く、また“恋するマーメイド”、“太陽のアンジェ”、“アリスのうさぎ”などユニークなネーミングもおもしろく、つい買ってしまいました。

0406会員バス研修・秩父宮記念公園 (2).JPG
↑矢澤秀成先生を囲んで記念撮影

このところの寒さで、樹齢約130年と言われる枝垂れ桜がまだ咲いていなかったのは心残りでしたが、是非また見に行こうと思います。(城田誠子)
レポ◆会員バス研修「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」「栗原造園」 [2016年07月14日(Thu)]
7月14日(木)に当会会員を対象にしたバス研修として、「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」(埼玉県飯能市)と、「栗原造園」(埼玉県川越市)を視察してきました。

開園20周年の薬香草園は、しっかり育ったそれぞれのコーナーがたいへん見事でした。

薬香草園 (1).JPG

薬香草園 (2).JPG

薬香草園 (3).JPG

薬香草園 (4).JPG

園内を解説付きで案内され、触れたり嗅いだりの体験と、同行の草香もえ先生のバス内講義は大変勉強になりました。加えて、自然を活かした食材のランチがとても美味しかったです。

以下は栗原造園さん。

栗原造園 (1).JPG

栗原造園 (2).JPG

栗原造園 (3).JPG

栗原造園 (4).JPG

栗原造園 (5).JPG

栗原造園の「和の庭」は、そびえ立つたくさんの樹木の間を冷たい風が吹き抜け、足元に取り合わせたステキな日陰に強い植物に、参加者全員がホッとひと息つきました。(堀川柳子)
レポ◆早春の会員バス研修:日野市せせらぎ農園と都立野川公園 [2016年03月17日(Thu)]
3月17日(木)に会員バス研修として、日野市せせらぎ農園および都立野川公園を訪問しました。そのレポートです。

日野市せせらぎ農園

日野市の「まちの生ごみ活かし隊」は生ごみリサイクルでコミュニティガーデンせせらぎ農園を運営している市民団体です。代表の佐藤美千代さんは昨年、総会後に講演をしてくださり個人的にとても興味を持ちました。

日野市せせらぎ農園
日野市せせらぎ農園

この農園は、かつて田んぼだった約650坪の畑に生ごみを「土ごと発酵」させる方法で、無農薬・無化学肥料の元気な野菜と花を育てています。生ごみリサイクルは、週一回軽トラックで約200所帯の生ごみを個別回収し、公園や団地の落葉を集め貯めておいたものを一緒に畑へ投入。夏は1か月冬は2か月で発酵。発酵で大事なことは湿度(水分60%)と酸素、3回は攪拌、耕すことです。この土には太いミミズは生息しないので、モグラが入り込まないふかふかの土になるそうです。初めてミミズの卵を見ました!

日野市せせらぎ農園
日野市 (7).JPG

ボランティアは82歳から子育てママたち、子どもたちが当番を決めずに週3回の活動日の好きな時間に作業をして、収穫した野菜などを皆で分けて持ち帰ることに。畑の中央を用水路が流れ子どもたちが裸足で駆け回る姿、春の種植え、雑草取りと周辺の田んぼの風景は気持ちがほっこり…心が和み、贅沢な時間を過ごしました。

日野市せせらぎ農園
日野市せせらぎ農園

昼食後は、武蔵野の豊かな自然が見られる都立野川公園へ。自然観察園をパークレンジャーの説明を聞きながら、春の草花や樹の花を駆け足状態でしたが楽しみました。

都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園

維持管理活動をたくさんのボランティアが担っていることに感謝して、帰路につきました。我々のまちでできることを考えていきたいですね。(小仁恵子)
レポ◆会員バス研修「ガーデンがステキな都立公園」:6/29(月) [2015年06月29日(Mon)]
6月29日(月)に行われた、当会会員向けバス研修のレポートです。

バス研修_01.jpg

バス研修ルート
蒲田駅東口JTB前周辺集合→都立狭山公園→昼食→nonowa東小金井・高架下回遊歩行空間「ののみち」の「コミュニティステーション東小金井」〜「コミュニティガーデン」→都立武蔵野中央公園→蒲田着

バス研修_02.jpg
バス研修_03.jpg

今年最初のバス研修は、3月の「環境フォーラム2015」で講師としてステキなお話しをくださった佐藤留美さんが事務局長を務められるNPO birthが管理に関わる二つの都立公園を視察、その合間には、JRの高架化に伴い高架下の空間にできた「ののみち」のコミュニティガーデンをNPO Green Worksの三浦香澄さんにご案内いただきました。

バス研修_04.jpg

参加者から「管理者が若い方で、説明もとってもはっきりしていてよかった」「市民参加型のコミュニティガーデンを、私たちの会もこれから大田区に広げていきたい」「最小限の手間できれいな花壇を維持する見本を見られた」「入門講座があるのが素晴らしい」など熱のこもった感想を頂きました。(牧野ふみよ)
| 次へ