CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« みどりの学習塾「すみれ塾」 | Main | 研修»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆区民参加の収穫祭2016 [2016年11月20日(Sun)]
11月20日(日)に大田区産業プラザPiOにて開催された「区民参加の収穫祭2016」のレポートです。毎年「大田区野菜と花の品評会」と同時に開催されています。

▼開催案内ページ
http://blog.canpan.info/npoogc/archive/927

今年の収穫祭は好天に恵まれ、約300名が来場しました。まずは写真から。

1120収穫祭 (1).JPG
1120収穫祭 (2).JPG
1120収穫祭 (3).JPG
1120収穫祭 (4).JPG
1120収穫祭 (5).JPG
1120収穫祭 (6).JPG
1120収穫祭 (7).JPG
1120収穫祭 (8).JPG
1120収穫祭 (9).JPG
1120収穫祭 (10).JPG
1120収穫祭 (11).JPG

今年も特製のぼり旗がお客様をお迎えしました。マルシェやフードコートでは参加協力団体によるカフェや軽食、各ブースでは展示、手作り味噌汁の試飲、野菜スタンプでエコバッグつくり、使用済み天ぷら油の回収とデモンストレーション等々。ミニ講座や調理講習もあり、品評会・収穫祭ダブルで楽しめました。
レポ◆18色の緑づくり支援イベント「きてみて!花とみどりのあるくらし」 [2016年10月08日(Sat)]
10月8日(土)に、入新井集会室(Luz大森4階)にて開催された、大田区の18色の緑づくり支援イベント「きてみて!花とみどりのあるくらし」のレポートです。

10時30分から、「人は花を育てる。花は人とまちを育てる。」をテーマに、矢澤秀成先生の講演(参加者70名)を行いました。とても説得力があり、参加された方から、今後は先生の連続講座を大田区で行ってほしいという声が挙がりました。

1008きてみて!花と… (1).JPG

13時からは「ハーブ石けんづくり」「寄せ植え体験」「たねダンゴづくり」「クイズでお花を学ぼう」「園芸相談」のワークショップも賑いました。

1008きてみて!花と… (2).JPG

1008きてみて!花と… (3).JPG

1008きてみて!花と… (4).JPG

1008きてみて!花と… (5).JPG

※開催要項は「お知らせ★10月8日(土)「きてみて!花とみどりのあるくらし」(18色の緑づくり応援!イベント)」を御覧ください。
レポ◆大田区「18色の緑づくり支援事業」地区講習会 [2016年05月19日(Thu)]
5月18日(水)に嶺町地区で、5月19日(木)に矢口地区で開催されました、大田区「18色の緑づくり支援事業」の地区講習会(当会が担当)の写真レポートです。

今年度「18色の緑づくり支援講習会」はワークショップ形式で、皆さんのこれまでの経験を出し合い今後の活動に反映させること、またプランターの土の再生を皆で体験することが主目的で行っています。

▼5/18(水)嶺町地区講習会の様子

レポ◆「18色の緑づくり支援講習会」嶺町地区

レポ◆「18色の緑づくり支援講習会」嶺町地区

レポ◆「18色の緑づくり支援講習会」嶺町地区


▼5/19(木)矢口地区講習会の様子

レポ◆「18色の緑づくり支援講習会」矢口地区

レポ◆「18色の緑づくり支援講習会」矢口地区

レポ◆「18色の緑づくり支援講習会」矢口地区
レポ◆「緑のカーテン講習会」嶺町特別出張所、消費者生活センター [2016年04月16日(Sat)]
4月16日(土)に、嶺町特別出張所(午前)、消費者生活センター(午後)にて行われた、「緑のカーテン講習会」のレポートです。

緑のカーテン講習会(嶺町特別出張所).JPG
▲嶺町特別出張所会場

緑のカーテン講習会(消費者生活センター).JPG
▲消費者生活センター会場

どちらも会場もゴーヤーの緑のカーテン作りは初めてという方が半数以上でした。

緑のカーテン講習会.JPG

講習会後のアンケートでは「とてもよくわかった」「今度は成功しそう!」との声が多数ありました。

緑のカーテン講習会 嶺町 (2).JPG

皆さん真剣に受講した成果が実り、ゴーヤーの美しい薄緑色の葉が街に広がり、大田の夏の風物詩となる日が待ち遠しい…。(内田秀子)
レポ◆環境フォーラム2016「こんなまちに暮らしたい」〜見つけよう、スローな毎日♪〜 [2016年03月12日(Sat)]
3月12日(土)に大田区民ホールアプリコの地下展示室で開催された、環境フォーラム2016「こんなまちに暮らしたい」〜見つけよう、スローな毎日♪〜 のレポートです。

開催概要は「お知らせ★3/12(土) 環境フォーラム2016「こんなまちに暮らしたい」〜見つけよう、スローな毎日♪〜の詳細」ページをご覧ください。

ステージタイムの様子
▲ステージタイムの様子

午前10時からスタートした環境フォーラム(大田区と当会の共催)は今年で13回目。今回は場内の配置を大幅変更し、ステージを中央に、周りを8団体のワークブースが囲み、部屋の壁面パネルに20団体強の展示物を配置。場内を「壁」で区切らず「時間」で区切りました。

環境フォーラム2016会場図
▲会場全体のレイアウト…壁を取り払い、会場全体が一目で見渡せるような形にしました。

展示パネルの様子
▲展示パネルの様子「アレチウリ除去して6年」の力強い文字(丸子の会さん)

初企画のワークタイムでは、来場者に各団体のブースでミニ体験作業をしてもらいました。寄せ植え、ダンボール堆肥、コアジサシの紙模型づくりなど、8団体すべてを回ってスタンプを集めるとミニプレゼントが貰える趣向。皆さん積極的に参加されていました。

ワークタイムの様子
▲ワークタイムの様子(リトルターン・プロジェクトさん)

当会ワークタイムの寄せ植え体験
▲当会ワークタイムの寄せ植え体験

ステージタイムでは午前・午後それぞれ3団体ずつが各20分、活動のアピールを映写や紙芝居でプレゼンテーション。

ステージタイム。紙芝居風の絵画で発表も。
▲ステージタイムでは紙芝居風の絵画で発表も。(昔ながらのトマトの勉強会さん。今年は歌の披露はなく、子どもたちのおコメの学校のお話。)

午前の講評として地域パートナーシップ支援センター理事長の小野紀之講師より「活動を楽しむ」ことが大切とのアドバイスを頂き、午後の講評ではグリーン連合共同代表の藤村コノヱ講師より地球温暖化の切実な解説のあと、全体総括として、各団体に対しCO2削減に絡めた展開を推奨し、互いの活動を連携させるよう、お話と質疑応答がありました。夕方4時半に閉場し、手際よく撤収作業をして夕方5時15分に終礼。

地域パートナーシップ支援センター理事長の小野紀之講師からの講評
▲講師の小野紀之氏(地域パートナーシップ支援センター理事長)からの講評

グリーン連合共同代表の藤村コノヱ講師のプレゼンテーション
▲講師の藤村コノヱ氏(グリーン連合共同代表)のプレゼンテーション

会場では一日中フェアトレード珈琲(多文化共生の大森「カフェレガート」さんの淹れたて)が振る舞われ、昼には障害者作業所の新蒲田「喫茶色えんぴつ」さんの軽食で交流。軽食はあっという間になくなり、珈琲はおかわり続出。ホッとひと息、貴重な交流時間でした

フェアトレード珈琲(多文化共生の大森「カフェレガート」さん)
▲フェアトレード珈琲(多文化共生の大森「カフェレガート」さん)

障害者作業所の新蒲田「喫茶色えんぴつ」さんの軽食で交流
▲障害者作業所の新蒲田「喫茶色えんぴつ」さんの軽食で交流

当会裏方スタッフ一同には、控室でいつもの芸術的な海苔巻きが。(^Q^)

当会裏方のお昼はいつもの芸術的な海苔巻き
▲当会裏方のお昼はいつもの芸術的な海苔巻き

午後には隣接する地下駐車場で、ワーカーズコープあぐり〜んTOKYOさんの天ぷら廃油バイオディーゼルの実演(排気ガスが天ぷら油の香り!)でお腹いっぱい。

あぐり〜んTOKYOさんの天ぷら廃油バイオディーゼルの実演
▲あぐり〜んTOKYOさんの天ぷら廃油バイオディーゼルの実演

来場者数は160人。テーマの「スローな毎日」は無事見つけられたでしょうか?前日の搬入と設営、当日は朝8時半から後片付けまで、参加団体の皆さん、そして当会裏方の皆さん、本当にお疲れ様でした。(ステージ担当:藤平)

朝8時半集合。隣のアロマスクエアでスタッフ朝礼。
▲朝8時半集合。隣のアロマスクエアでスタッフ朝礼。

【参加団体】(順不同)
| 次へ