CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« GHC(ガーデンヘルパーズクラブ) | Main | みどりネット»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆第68回「大田区子どもガーデンパーティー」 [2019年04月28日(Sun)]
4月28日(日)に、矢口会場(多摩川大橋緑地)で行われた、「第68回 大田区子どもガーデンパーティー」への参加レポートです。当会ブースでは「英字新聞でミニポットを作り多肉植物を植えよう」を行いました。



多摩川大橋緑地で行われた「大田区子どもガーデンパーティー」は晴天に恵まれましたが、多摩川からの風が強くて英字新聞や紙コップを押さえながらの作業でした。子どもたちが素直に話を聞いてやってくれたので、こちらもついスイッチが入りました。

0428子どもガーデンパーティー (3).jpg

小学生の女の子たちは色彩のある多肉植物を選び、また小さなお嬢さんは自分の分を作り終えてお父さんにレクチャーしているのが微笑ましかったです。

多肉植物には棘がないのです。世の中には言葉の棘、美しい花の棘、美しい女性の棘、男性の棘…?があります。これらにめげずに大きく成長してほしいと子どもたちを見て思いました。

0428子どもガーデンパーティー (2).jpg

0428子どもガーデンパーティー (4).jpg

0428子どもガーデンパーティー (1).jpg

準備された数十種類の多肉植物もすべてポット苗となり、予定を1時間以上も早く終了となりました。楽しい一日でした。(後藤次子)



「大田区子どもガーデンパーティー」とは


ゲームや軽スポーツを楽しみながら、地域の人たちと一緒に活動する体験を通して、子どもたちが健やかに成長することを願って行われる地域のお祭りです。1950年に1会場から始まり、現在は区内10会場で開催されています。
(大田区サイトより)

戦後の高度成長期に地方から集団就職で上京し、大田区内で働く少年少女たちのために、ゴールデンウィークに少しでも楽しんでもらえればと企画されたのが起源だと伺っています。今では区内の子どもたちに向けたイベントとして、矢口会場のほか、大田区内であわせて10ヶ所で同時に開催されています。
レポ◆第8回「二十一世紀桜まつり」に参加して [2019年03月31日(Sun)]
3月31日(日)に、大田区民プラザにて開催された第8回「二十一世紀桜まつり」への参加レポートです。

私は「二十一世紀桜まつり」に初めて参加させていただきましたが、多くの団体、個人、会社関係の出展に驚きました。

私たちは「ラベンダーの香りのするペーパーサシェ作り」コーナーを設けました。乾燥させたラベンダーの花をレースの紙皿に乗せ、お皿を半分に閉じて周囲に糊付けし、その上にマスキングテープで飾りをつけ、最後にリボンを結んで可愛いサシェができあがります。

0331二十一世紀桜まつり (1).JPG

開場と共に少しずつ小さな子どもが集まり始めたちまち人気となり、その後お母さんや年配の方も一緒に作り始めました。用意した材料が終了時間前には足りなくなるほど大盛況でした。

0331二十一世紀桜まつり (2).JPG

子どもたちの小さな手で上手にテープを飾り付け、出来上がりを見て満足そうな笑顔には、私も一緒に喜んでしまいました。とても幸せな時間を過ごさせていただきました。(小嶋よし枝)
レポ◆第18回「エコフェスタワンダーランド」に参加して [2019年02月03日(Sun)]
2月3日(日)に、大田区立大森第五小学校で開催された、第18回「エコフェスタワンダーランド」のレポートです。当会は押し花のしおり作りコーナーで参加しました。

20190203_エコフェスタワンダーランド_02.jpg

私は「ラミネート」で押し花のしおりを作るお手伝いに参加しました。

北風の冷たかった前日とは違い、とても暖かな日差しに恵まれた中、しおり作りのコーナーには若い親子連れが何人もやってきて自分好みの紙やリボンを選んでいました。素材を前にしてじっくり考える人、ほんの数分で作り上げる人などさまざま。

20190203_エコフェスタワンダーランド_03.jpg

ラミネートされ、できあがったしおりの美しさに思わず「わぁ!」と歓声が上がります。

20190203_エコフェスタワンダーランド_01.jpg

若いお母さんには押し花の大変さを知っていただき、エコに関してほんの少しでも感じてもらえたようで、楽しんで帰って行かれたのが何よりでした。(吉野ミエコ)
レポ◆「NPO・区民活動フォーラム」に参加して [2019年01月27日(Sun)]
1月27日(日)に、大田区消費者生活センターにて開催された「NPO・区民活動フォーラム」のレポートです。当会はレースペーパーサシェ作りのブースで参加。

当日は消費者生活センターに40余団体が集まり、それぞれの団体の活動内容の紹介や体験の場があり、家族連れはもとより大勢の参加で大盛況でした。

20190127_NPO・区民活動フォーラム_01.jpg

私たちはお楽しみショーステージの脇で、ラベンダーを使ったレースペーパーサシェ作りを提供しました。子どもたち、特に高校生は斬新なテープ使いでサシェの可能性を見る思いでした。

恥ずかしそうにしていた男性も作り始めると図案の構成に腐心して出来上がりに満足そうでした。また戸惑いがちに参加した高齢者の方たちも作り始めると好奇心いっぱいにとても楽しそうでした。

電動車椅子の方は遠慮がちでしたが、スタッフと一緒に作ったペーパーサシェに喜びの笑顔と感謝の言葉をくださいました。

20190127_NPO・区民活動フォーラム_02.jpg

当日スタッフは、活動内容を紹介しつつ、交代で他団体のブースを廻り、スタンプラリーや体操・物つくり・ゲームなど様々な体験をし、とても楽しい一日でした。(松田孝子)
レポ◆第8回おおたオープンファクトリー [2018年10月06日(Sat)]
10月6日(土)に、テクノFRONT森ケ崎にて開催された、「第8回おおたオープンファクトリー」への参加レポートです。当会は花苗販売ブースにて参加しました。

1006オープンファクトリー (1).JPG

昨年(2階の通路)と違い、今年は玄関入口の特等席のブースに陣取りました。その効果はバツグン!特に多肉植物が人気でした。

1006オープンファクトリー (2).JPG

花苗はまだ咲いていなくて、ちょっと残念…。でも参加スタッフ6名、張り切って頑張りました。工場内も当日はオープン。

珍しいものも見学することができ、大田区職人の腕の良さが確認できました。野菜の工場もあり、レタスをもらいました。

今年は我々の紹介に力を入れてくれて、チラシや案内板等に当会の名前を見ることができました。来年も参加したいと思います。(堀ア英孝)
| 次へ