CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 南馬込区民農園 | Main | 六郷土手花壇»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆園芸セミナー第185回「誰でもできる水環境の調査」〜パックテストでCODを調べてみよう〜 [2019年08月04日(Sun)]
8月4日(日)に、田園調布駅せせらぎ公園2階集会室にて開催された、園芸セミナー第185回「誰でもできる水環境の調査」〜パックテストでCODを調べてみよう〜 のレポートです。講師は上田実氏(共立理化学研究所)です。

開催概要:お知らせ★8月4日(日) 園芸セミナー第185回「誰でもできる水環境の調査」〜パックテストでCODを調べてみよう〜

今回の園芸セミナーは、前半が水のCOD(水の中に含まれている有機物の量を示す指数)についての説明。水中に有害な有機物があると、二酸化炭素が増加し水質が著しく悪化し人類も含めてあらゆる動植物に害をもたらします。そこで発生した水害問題で有名な足尾銅山鉱毒問題、イタイイタイ病、水俣病、四日市ぜんそく、新潟水俣病があり、環境保護の立場で国と自治体が関係各省、各セクションを動員し水質の環境基準を作成し、全力で水の浄化に取り組む姿勢と対策を講じている現状の説明です。

0804せせらぎ園芸セミナー (1).JPG

後半は簡単な器具(パック)を使い、身近な水のCOD調査を参加者全員で体験しました。共立理化学研究所製の2ccほどのポリエチレン容器(過マンガン酸カリウム試薬内臓)を全員に3本ずつ準備し、その容器に水道水、微量の醤油を混合した水、スポーツドリンクク水を入れよく振って5分間机上に置き、その化学変化を観察しました。

0804せせらぎ園芸セミナー (2).JPG

0804せせらぎ園芸セミナー (3).JPG

水の種類によりCODの色彩が異なりました。最後に水の透明度をガラス製容器(径5cm、高さ130cmほど)に水道水を入れ、途中に標識版を上下に動かし、上から覗いて何cmで見えるかを観察しました。セミナーに参加し、パックテストでCODの含有量が水の色で判る実験を体験し、皆がそれぞれ水の汚染度に関心を持ちました。(武藤昭紀)
レポ◆せせらぎ園芸セミナー第183回「私の可愛い一鉢作り〜山野草育成初心者ステップA〜」 [2019年06月02日(Sun)]
6月2日(日)に、田園調布せせらぎ公園にて開催された、第183回の園芸セミナー「私の可愛い一鉢作り〜山野草育成初心者ステップA〜」のレポートです。講師は西野由紀子氏(元むさしの山草会副会長他)です。

開催概要:お知らせ★6月2日(日) 園芸セミナー第183回「私の可愛い一鉢作り」〜山野草育成 初心者ステップA〜

0602せせらぎセミナー (12).JPG

私が大田・花とみどりのまちづくりの会員になって何回目の参加になるでしょうか?私は毎月第一日曜日に行われる園芸セミナーを楽しみにしています。

0602せせらぎセミナー (1).JPG
西野由紀子先生

6月2日はきれいなグリーンのエプロン姿の西野先生の講座「私の可愛い一鉢作り」の二回目。4月7日に各々作った(軽石鉢にハゼの木、モミジ、オヤマナデシコ)鉢を持って来て生育状態をみながら、今後の管理を学ぶという内容でした。丁寧な先生手書きの資料に目を通し、4月の時は芽だけだったハゼの木、モミジが葉を広げ、それぞれが育ち、秋の紅葉を待つ。

0602せせらぎセミナー (6).JPG

小さな葉、茎、根に優しい目を向け様子を見る。講師の山野草、植物全体に対する姿勢を感じる思いの2時間でした。ハゼの木からとれる漆は皇室で使われる伝統衣装に使われるものとか…いろいろな草木のエピソードも楽しいお話でした。次回が待たれます。(小山くみえ)
レポ◆園芸セミナー第182回「千年のバラ・ミレニアムローズ」〜生活の中で楽しむ食香バラ〜 [2019年05月05日(Sun)]
5月5日(日・祝)に、田園調布せせらぎ公園にて企画された、第182回目の園芸セミナー「千年のバラ・ミレニアムローズ」〜生活の中で楽しむ食香バラ〜 のレポートです。講師は浦辺苳子氏(日本家庭園芸普及協会他)です。

開催概要:お知らせ★5月5日(日) 園芸セミナー第182回「千年のバラ・ミレニアムローズ」〜生活の中で楽しむ食香バラ〜

第182回を迎えた5月の園芸セミナーでは、浦辺苳子先生に「千年のバラ―ミレニアムローズ 〜生活の中で楽しむ食香バラ〜」をお話しいただきました。また、今回は「私たちも更にバラを楽しめるように」と、食香バラを使ったバラ酢やローションの作り方など、鑑賞するだけではなく生活の中での楽しみ方についても教えていただきました。

0505演芸セミナー(浦辺苳子先生).JPG
浦辺苳子先生の講義風景

我が国でもバラの歴史は古く、源氏物語や古今集にも登場しています。しかし実際には明治維新以後、更には1960年代の高度成長期に急速に広がったようです。

バラは野生種が約200種。その約1/3は中国に、四季咲性のバラ等多くはヨーロッパで品種改良されました。中国では、ハマナスと他の野生バラとの交種による食香バラも殺菌作用が強いことから薬やお酒に使われていましたが、今では豊かな香りのメイグイローズとして生活を芳しくしています。

0505演芸セミナー(食香バラ「豊華」).JPG
食香バラ「豊華」

浦辺先生は5月に中国のバラの郷、平陰を訪ねられるとのこと。現地のお話もまた伺いたいと思いつつ、バラの香り漂う5月のセミナーを終了致しました。(谷文枝)
レポ◆園芸セミナー第180回「飛び立つ前の冬鳥たち」〜多摩川に大集合〜 [2019年03月03日(Sun)]
3月3日(日)に、田園調布せせらぎ公園にて開催された、毎月定例の園芸セミナー(第180回)のレポートです。今回のテーマは「飛び立つ前の冬鳥たち」〜多摩川に大集合〜でした。

開催概要:お知らせ★3月3日(日) 園芸セミナー第180回「飛び立つ前の冬鳥たち」〜多摩川に大集合〜

講師の中村一也先生の案内でせせらぎ公園、多摩川台公園、多摩川丸子橋周辺を観察予定でしたが、雨が強く、部屋から見られる野鳥の観察(観察できた野鳥は、ハシブトカラス、スズメ、ヒヨドリ、コサギ)と座学になりました。

0303せせらぎ公園セミナー第180回.jpg

大田区・世田谷区・江戸川区は野鳥が多く、これまでは大田区が270種で1位でした(現在は江戸川区が1位)。これらの区に共通している点は面積が広く、緑に恵まれ大きな川があることです。

野鳥は世界規模では1万種が存在し、日本には630種が住んでいて、次のような形態があります。
  1. 留鳥:一年中日本に住み、繁殖も行う。カラス・スズメ・シジュウカラ・メジロ等
  2. 夏鳥:春から初夏に渡来して繁殖し、ひなを育てて秋に再び温暖な越冬地に去るもの。
    ツバメ・オオルリ・キビタキ等
  3. 冬鳥:夏の暑い時期はシベリア等で過ごし、晩秋から冬になると日本にやってきて
    越冬するが、繁殖はしない。早春に北方に去り、そこで繁殖するもの。ツグミ・カモの仲間
  4. 旅鳥:渡りの途中で日本に立ち寄るもの。シギ・チドリの仲間
  5. 迷鳥:本来はその地域に生息も渡来もしないが、渡りのコースから外れたり、台風で飛ばされたりして迷い込んで現れるもの。


「成長」の仕組みとしては、
  1. 孵化してすぐに歩き、餌を自力で食べる「早生形」:コジュケイ等。主として地上で巣を作る。
  2. 孵化した時は目も見えず、羽も生えておらず、成長に時間を要す「晩生形」:ツバメ・スズメ・メジロ等。主として木々の上や岩の窪みに巣を作る…等々。


興味深い話をたくさん聞くことができました。(武藤昭紀)
レポ◆園芸セミナー「東アジアの植物記(その2)」〜サクラソウのはるかなる旅路〜 [2019年02月03日(Sun)]
2月3日(日)に、田園調布せせらぎ公園2階集会室で開催された、月例の園芸セミナー(第179回)「東アジアの植物記(その2)」〜サクラソウのはるかなる旅路〜 のレポートです。講師は小杉波留夫氏(日本家庭園芸普及協会)。
[開催告知ページ:お知らせ★2月3日(日) 園芸セミナー第179回「東アジアの植物記(その2)」〜サクラソウのはるかなる旅路〜

春を告げる花プリムラの仲間(サクラソウ属)はラテン語の“primos”(第一の、最初の)を語源とし、早春に咲く最初の花。日本では桜の花に因み、中国では文字通り「報春花」と書きます。

世界に自生するサクラソウ属の多くはヒマラヤ山脈と中国横断山脈が重なる地域に膨大な自生地があり、サクラソウ属はこの地で生まれ、動物や鳥の種子散布により北半球のユーラシア東西に分布を広げたと考えられます。

20190203_中国横断山脈 雲南 玉龍雪山.JPG
↑中国横断山脈 雲南 玉龍雪山

中国雲南省の面積は39万4100㎢と、日本の面積より広く、南部の低地は亜熱帯性気候、北部の高山地帯は亜寒帯性気候に入る広大な土地です。プリムラの仲間は、変化に富んだ気候区分と標高によって様々な種が住み分けています。しかし、どのサクラソウも乾いた場所には自生せず、いつも湿っている環境を好みます。

日本にも自生地はあります。関東地方では田島ケ原(さいたま市、荒川河畔)、日光中禅寺湖千手ヶ浜(クリンソウの群落)、日光戦場ヶ原、その他八幡平(岩手・秋田県境)などです。しかし環境の変化などで年々個体数が減少していくのは残念です。

最後に、今回の講演の中で最も印象に残ったのは、東アジアで生まれ育った様々な花色のサクラソウが、西端のヨーロッパに旅したサクラソウは黄色が基本であり、東に旅したサクラソウはピンクが基本で、日本に黄色の自生種はないとのこと。

20190203_黄色のサクラソウ.jpg
↑黄色のサクラソウ

20190203_ピンクのサクラソウ.jpg
↑ピンクのサクラソウ

できれば雲南省に見に行きたいと思ったのは、参加者皆の気持ちではないかと思いました。(谷文枝)
| 次へ