CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 南馬込六丁目区民農園 | Main | 六郷土手花壇»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆「第9回 田園調布グリーンフェスタ」 [2016年10月16日(Sun)]
10月16日(日)に、田園調布せせらぎ公園にて開催された「第9回 田園調布グリーンフェスタ」に参加出展した際のレポートです。

当会のせせらぎ公園チームが毎月開催している園芸セミナーを、10月はグリーンフェスタの開催にあわせて行いました。第151回目となった園芸セミナーは、大田区環境計画課課長の中澤昇氏により「小さな努力が大きな緑を 〜大田区の緑化行政を学んで緑づくりに参加!〜」というタイトルでご講演いただきました。

1016グリーンフェスタ (1).JPG

1016グリーンフェスタ (2).JPG

また、広場では例年通り花苗の販売を行いました。

1016グリーンフェスタ (3).JPG

レポ◆初秋の自然観察会 〜寺家ふるさと村周辺を歩こう〜 [2016年09月04日(Sun)]
9月4日(日)に開催された、田園調布せせらぎ公園の園芸セミナーのレポートです。第150回目のセミナーは「初秋の自然観察会 〜寺家ふるさと村周辺を歩こう〜」と題して行われました。

0904寺家ふるさと村 (9).JPG

田園都市線市が尾駅からバスで約20分、早野で下車。鶴見川を渡って寺家ふるさと村四季の家までの田園風景は畑、水田、果樹園が混在しています。講師の西川先生が準備してくださった「寺家ふるさと村」の小冊子を広げながら寺家に向かったのですが、先生の説明と参加者の質問で歩みはなかなか進みませんでした。

0904寺家ふるさと村 (24).JPG

0904寺家ふるさと村 (20).JPG

0904寺家ふるさと村 (22).JPG

0904寺家ふるさと村 (34).JPG

0904寺家ふるさと村 (35).JPG

寺家ふるさと村四季の家に到着、休憩後「寺家ふるさとの森」を主として観察会を始めました。最初に驚いたことは、都心からわずかしか離れていないところなのに谷戸に広がる水田と豊かな稲の実りの里山風景が目に飛び込んできたことでした。山道は多少ぬかるんでいましたが、参加者は元気で冊子と実物野草の照合を楽しみ、ふるさと村の野草の8月、9月期の一覧表から27種の野草を見つけることができました。また、水田の1か所には古代米も耕作されていました。

少し足を延ばし、源氏ボタルの生息地(町田市。他の地域より早く見られるそうです)に立ち寄り、今は季節外ですが5月頃にはこの辺りにホタルが乱舞する姿を想像しました。涼しめの曇りの中の寺家地区の自然観察会は楽しく、有意義なものでした。(武藤昭紀)
レポ◆園芸セミナー第148回「駅前をバラで飾って20余年」〜バラの花咲く田園調布〜 [2016年07月03日(Sun)]
7月の園芸セミナー(第148回)のレポートです。

テーマ:「駅前をバラで飾って20余年」〜バラの花咲く田園調布〜
日時:2016年7月3日(日) 13:00〜15:00
会場:田園調布せせらぎ公園・2階集会室
講師:宝樹永憲氏(バラ愛好家)
参加費:500円(会員は300円)…資料・茶菓代として
7月の園芸セミナー開催案内ページ

第148回、7月の園芸セミナーは、東急線田園調布駅前花壇に20余年ボランティアでバラの花を育てる、宝樹永憲氏の「バラの育て方」。バラ育成歴40年を超える実践に即したお話でした。

0703せせらぎセミナー (2).JPG

0703せせらぎセミナー (1).JPG

今や観光スポットにもなっている駅前のバラを見ていただければ、講座の内容も納得!“花への愛情”と“継続は力なり”を再確認したひとときでした。(谷文枝)
レポ◆園芸セミナー第144回「鶴見川中流と寺家ふるさと村へ」〜去る冬、来る春〜を感じるプチ散歩〜 [2016年03月06日(Sun)]
3月の園芸セミナー(第144回)のレポートです。

  • テーマ:「鶴見川中流と寺家ふるさと村へ」〜去る冬、来る春〜を感じるプチ散歩〜
  • 日時:平成28年3月6日(日) 10:00〜15:00
  • 集合:東急田園都市線「市が尾」駅改札前
  • 講師:西川裕康氏(当会顧問、自然愛好家)
  • 参加費: 500円(会員は300円)
  • 持ち物:昼食、飲み物、雨具
3月の園芸セミナー開催案内ページ


第144回、3月のせせらぎ園芸セミナーは「鶴見川中流と寺家ふるさと村へ」〜去る冬、来る春〜を感じるプチ散歩〜を予定していました。

鶴見川中流と寺家ふるさと村の散歩を楽しみにしていましたが、天気が悪いとの予報と講師の先生がケガをされた為、せせらぎ公園での講義となりました。

前日に撮影されたビデオを見ながらの説明、冬鳥と春鳥が入り混じっての里山風景、小さな春の野草など。散歩できなかったことがとても残念です。またの機会に行きましょう。(小関孝子)
レポ◆園芸セミナー第143回「冬の野鳥観察会」 [2016年02月07日(Sun)]
2月の園芸セミナー(第143回)のレポートです。

  • テーマ:「冬の野鳥観察会」

  • 日時:平成28年2月7日(日) 13:00〜15:00
  • 集合:田園調布せせらぎ公園・2階集会室
       (東急東横線、多摩川線、目黒線「多摩川」駅前)
  • 講師:川沢祥三氏(日本野鳥の会東京代表)
  • 参加費: 500円(会員は300円)
2月の園芸セミナー開催案内ページ


第143回、2月のせせらぎ園芸セミナーは「冬の野鳥観察会」を行いました。

日本野鳥の会東京代表の川沢祥三先生を講師に迎えて、いよいよ冬の野鳥観察会の開催です。

野鳥観察会-アオサギ.JPG
野鳥観察会-2.JPG

まずは「始めよう野鳥観察」の座学に始まり、せせらぎ公園、多摩川台公園、多摩川河畔を巡って野鳥を観察しました。飛ぶ姿を真下から見せてくれたアオサギ(上の最初の写真)やオオバン、ハクセキレイ等20数種類いたそうです。

野鳥観察会-1.JPG
野鳥観察会−マガモ.JPG

一般参加6名(3才児1名)を含め10名のちょうど良い人数であっという間に2時間が過ぎてしまいました。(阿部敏章)
| 次へ