CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 南馬込区民農園 | Main | 六郷土手花壇»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆園芸セミナー第160回「洗足池公園で、ゆっくり自然観察会を楽しみましょう」 [2017年07月02日(Sun)]
7月の園芸セミナー(第160回)のレポートです。

日時:2017年7月2日(日) 10:00〜13:00
集合:10:00 洗足池ボート乗り場前(中原街道沿い、東急池上線「洗足池」駅下車徒歩1分)
講師:西川裕康氏(自然愛好家、当会会員)
参加費:500円(会員300円)資料代として
7月の園芸セミナーご案内ページ


7月2日(日)に行われた、第160回の園芸セミナーは、洗足池公園に午前10時に集合し、池周辺の観察会を楽しみました。講師は当会会員の西川氏と、区職員の甲斐氏です。最初に渡来動植物の説明があり、何が該当するのか、我々は興味津々でした。

池を右回りに歩き始めます。大きなメタセコイアが3本ありました。これは1941年に中国で発見されたばかりの外来植物で、発見されてからまだ100年も経っていません。

0702せせらぎセミナー (メタセコイア).JPG
↑メタセコイアの木

池の傍にはセイタカアワダチソウが繁茂しており、これは渡来植物で日本古来の植物のシェアに侵入しているとか。よく見るヨモギも渡来の可能性があるとかで、渡来植物は今では植物のうち20%にもなるそうです。

0702せせらぎセミナー (1).JPG

動物はというと、池に目を向けるとイシガメとミドリガメが、また魚の群れの中にはブルーギルの姿も見られました。

洗足池公園は手入れがよく、ハンゲショウ、ミソハギが群れをなして咲き誇っていました。

0702せせらぎセミナー (ハンゲショウ).JPG
↑ハンゲショウ

0702せせらぎセミナー (ミソハギ).JPG
↑ミソハギ

ハンノキ林を通ると腕自慢のカメラマンが10人以上カメラの砲列を引いており、その中に幸いにも西川先生のお友達がおられ、カメラ越しに木々の中を覗かせてもらうことができました。小型猛禽類のツミが3羽のヒナを子育て中でした。

0702せせらぎセミナー (2).JPG

大田区は海、川、丘、平地と環境に恵まれ、都内でも有数の野鳥、昆虫の楽園だそうです。こんな楽しい観察会でしたが参加者が少なく、本当に残念に思いました。(武藤昭紀)
レポ◆園芸セミナー第156回「桜雑学」〜わくわくする桜の季節到来です♪ いろいろ学んで桜を楽しみましょう〜 [2017年03月05日(Sun)]
3月の園芸セミナー(第156回)のレポートです。

テーマ:「桜雑学」〜わくわくする桜の季節到来です♪ いろいろ学んで桜を楽しみましょう〜
日時:2017年3月5日(日) 13:00〜15:00
会場:田園調布せせらぎ公園・2階集会室
講師:西川裕康氏(自然愛好家、当会顧問)
参加費:500円(会員は300円)…資料代として
3月の園芸セミナー開催案内ページ

0305桜雑学 (1).JPG

4年ぶりに参加した園芸セミナーの参加者は9名。桜の種類(パソコンで桜の写真を見ながら)、桜の寿命(ソメイヨシノは60年くらい、しだれ桜はもう少し長寿など)、桜がかかる病気等々…実際に携わっている講師の西川先生の桜のお話は、具体的でとても楽しかったです。

0305桜雑学 (2).JPG

担当の方が用意してくれた桜色のお菓子と、先生からの桜色のファイルをお土産にいただき、あっという間に2時間 が過ぎました。(小山くみえ)
レポ◆冬鳥の観察会 〜今月は、洗足池に集う野鳥を身近に観察してみましょう〜 [2017年02月05日(Sun)]
2月の園芸セミナー(第155回)のレポートです。

テーマ:冬鳥の観察会 〜今月は、洗足池に集う野鳥を身近に観察してみましょう〜
日時:2017年2月5日(日) 13:00〜15:00
集合:洗足池ボート乗り場(中原街道沿い)
講師:中村一也氏(日本野鳥の会東京)
参加費:500円(会員300円)資料代として
2月の園芸セミナー開催案内ページ

0205せせらぎセミナー (1).JPG

今月は身近に野鳥を観察してみようと洗足池公園に行きました。まず鳥を見分ける大きさの基準を教わり、オオセグロカモメ(日本野鳥の会東京の中村一也講師もここで見るのは初めてとのこと)に始まり、柵のすぐ側の止まり木で真白い羽を披露するコサギ、真正面・横向き、と晴れていたらさぞやと思わせる背中の青、おなかのオレンジ色を見せるカワセミ、そしてオナガガモの婚活も見ることができました。

0205せせらぎセミナー (2).JPG

Nさんの娘さんが枯れ木に止まっているモズのメスを発見!肉食なので昆虫がいるここの環境が良いのです。地鳴きのウグイスも含め21種の野鳥、外来種を含めると24種類も観察できました。

また、中村講師によると今年はアトリ(喉が黄、翼と尾が黒、お腹が白)の当たり年。田園調布せせらぎ公園には現在50羽くらいいるそうです。3月まで見られます。

来月のせせらぎ園芸セミナーは、お知らせ★3月5日(日) 園芸セミナー第156回「桜雑学」〜わくわくする桜の季節到来です♪ いろいろ学んで桜を楽しみましょう〜をご覧ください。どなたでもご参加いただけます。(笠原敬子)
レポ◆「第9回 田園調布グリーンフェスタ」 [2016年10月16日(Sun)]
10月16日(日)に、田園調布せせらぎ公園にて開催された「第9回 田園調布グリーンフェスタ」に参加出展した際のレポートです。

当会のせせらぎ公園チームが毎月開催している園芸セミナーを、10月はグリーンフェスタの開催にあわせて行いました。第151回目となった園芸セミナーは、大田区環境計画課課長の中澤昇氏により「小さな努力が大きな緑を 〜大田区の緑化行政を学んで緑づくりに参加!〜」というタイトルでご講演いただきました。

1016グリーンフェスタ (1).JPG

1016グリーンフェスタ (2).JPG

また、広場では例年通り花苗の販売を行いました。

1016グリーンフェスタ (3).JPG

レポ◆初秋の自然観察会 〜寺家ふるさと村周辺を歩こう〜 [2016年09月04日(Sun)]
9月4日(日)に開催された、田園調布せせらぎ公園の園芸セミナーのレポートです。第150回目のセミナーは「初秋の自然観察会 〜寺家ふるさと村周辺を歩こう〜」と題して行われました。

0904寺家ふるさと村 (9).JPG

田園都市線市が尾駅からバスで約20分、早野で下車。鶴見川を渡って寺家ふるさと村四季の家までの田園風景は畑、水田、果樹園が混在しています。講師の西川先生が準備してくださった「寺家ふるさと村」の小冊子を広げながら寺家に向かったのですが、先生の説明と参加者の質問で歩みはなかなか進みませんでした。

0904寺家ふるさと村 (24).JPG

0904寺家ふるさと村 (20).JPG

0904寺家ふるさと村 (22).JPG

0904寺家ふるさと村 (34).JPG

0904寺家ふるさと村 (35).JPG

寺家ふるさと村四季の家に到着、休憩後「寺家ふるさとの森」を主として観察会を始めました。最初に驚いたことは、都心からわずかしか離れていないところなのに谷戸に広がる水田と豊かな稲の実りの里山風景が目に飛び込んできたことでした。山道は多少ぬかるんでいましたが、参加者は元気で冊子と実物野草の照合を楽しみ、ふるさと村の野草の8月、9月期の一覧表から27種の野草を見つけることができました。また、水田の1か所には古代米も耕作されていました。

少し足を延ばし、源氏ボタルの生息地(町田市。他の地域より早く見られるそうです)に立ち寄り、今は季節外ですが5月頃にはこの辺りにホタルが乱舞する姿を想像しました。涼しめの曇りの中の寺家地区の自然観察会は楽しく、有意義なものでした。(武藤昭紀)
| 次へ