CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«レポ◆南馬込六丁目区民農園オープンデー:9/22(日) | Main | お知らせ★平和の森公園「みどりの縁側」だより10月イベント情報»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
記事◆2013 秋の花壇植替え準備は着々と… [2013年09月30日(Mon)]
今年も秋の花壇植替え準備の季節となりました。9月には、蒲田駅前花壇用約6000本、大森駅前花壇用約3000本、パンジー・ノースポール・ストックなど、メインに使用する花苗のポット上げを大森南・南久が原圃場で行い、11月の植替え時期まで両圃場で育てます。当会が年間を通して維持管理している駅前花壇がどのように作られていくのか?大森駅前花壇活動の事例を通してお伝えします。

●植える花が決まるまで
植栽する全ての花を育てるためには、種の発注・育苗期間を充分考慮して準備を進める必要があります。植替えの際、それまで植えられていた花を抜取るときに、成育状況を詳しくチェックして、翌年の花苗選びに反映させます。それらの情報をもとに、花壇で長く綺麗に咲き、且つ、広範囲に渡る花壇のきめ細かな花の手入れ(花ガラ摘みや水やり)が効率的に行えるような花選びをメンバー間で話し合いを重ね、最終的に緑花部会で決定します。

●花壇のデザイン
大森駅前周辺花壇は駅前〜バス通りまで11か所に点在し、大小23の区画に分かれており、参加メンバーを4班に分けて維持管理活動を行っています。会で育てる花苗が決定したら、各区画花壇の日照や風通し、鳩害の大小など、花がきれいに育つための考慮すべき条件を勘案しながらデザインを区画担当者が作ります。その後、毎月開催する大森花壇ミーティングで何度も話し合い、最終案を決めていきます。全体を通して同じ花を使用することで雰囲気に統一感を持たせつつ、それぞれの花壇の植栽に工夫を凝らし、異なった表情が見えるよう心がけたデザインにしています。
こちらは大森駅周辺「岩亀」前花壇のデザイン画。立体図面で花壇のイメージが分かりやすくなっています。

記事◆2013 秋の花壇植替え準備は着々と…
記事◆2013 秋の花壇植替え準備は着々と…

●他の駅前花壇ではどんな風に決めているの?
駅前花壇の植栽デザインは、普段から維持管理に関わる皆さんによって「長くきれいな状態を保てる」という公共花壇の基本に添って決められています。蒲田駅前花壇では、花壇ごとにデザインのテーマを決めています。今回の東口花壇は「希望」、西口円形花壇は「寒い中で明るく華やかに」、南口は「冬の銀河」、駅前からちょっと離れて、ふれあいパーク活動を行う青葉公園では「冬の陽にこぼれる花の笑顔」をテーマに、花壇デザインを考えます。今後花壇を見るときには、関わる皆さんの顔ぶれとそんな背景を思い浮かべながら眺めてみてくださいね。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント