CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«レポ◆新入会員説明会 | Main | お知らせ★4月7日(日) 園芸セミナー第181回「私の可愛い一鉢作り」〜山野草育成初心者ステップ@〜»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆会員バス研修「西東京花の会の活動フィールド&ニイクラファームを訪ねて」 [2019年03月18日(Mon)]
3月18日(月)に、当会会員の研修として、貸切バスで西東京市にある「NPO法人 西東京花の会」さんの活動フィールドと、「ニイクラファーム」さんを訪問しました。以下は参加者によるレポートです。

開催概要:記事◆会員向けバス研修・今年は西東京へ♪

0318バス研修 (1).jpg

初めてバス研修に参加して、西東京いこいの森公園に着くと、西東京花の会の方々がお揃いのユニホームで迎えてくださいました。平成9年から花いっぱい運動を推進してきたそうです。園内にはハーブガーデンが作られ、様々な種類のハーブが芽吹き始めていました。

たくさん頂いた資料の中でも、「オープンガーデン・コミュニティガーデン・ガイドマップ」の個人邸の美しい写真に目を奪われてしまいました。26軒もマップ付きで紹介されていました。

次に向かったのは「育苗センター」。市内の公園などから出る落ち葉の回収を行政が担い、ここで腐葉土を作っています。植物に優しい堆肥の山が出番を待っていました。育苗用の培養土も、オリジナルブレンドです。

0318バス研修 (2).jpg

その後、「保谷町ローズガーデン」を見学、住宅地の中に作られたバラの公園です。民間企業が分譲地を開発する時に、プラン作りの段階から関わり、花の会の皆さんと地域住民の方が花で繋がって、豊かな環境を作っていました。

0318バス研修 (3).jpg

0318バス研修 (4).jpg

手入れの行き届いた庭を見て、日頃のご苦労が分かります。行政と連携した市民参加によって、公共用地花壇作りが年間を通して40か所も維持管理されているという、花の会の意識の高さと実行力に感心するばかりでした。

この後は、ニイクラファームの素晴らしい香りの中で、博識な3代目のお話を伺いながらのハーブ摘みに張り切り、あっという間の2時間。

0318バス研修 (5).JPG

0318バス研修 (6).JPG

香りをバスに乗せて、充実した1日が終わりました。(佐藤幸子)

参考:MYLOHAS「東京で手に入る本物のハーブたち。ニイクラファーム(東京)【やさいの現場#9】」
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント