CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«レポ◆新年会員交流会 | Main | レポ◆第18回「エコフェスタワンダーランド」に参加して»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆ネイチャーウォーク「春の七草」 [2019年02月02日(Sat)]
2月2日(土)に、平和の森公園「みどりの縁側」にて開催された、ネイチャーウォーク「春の七草」の写真レポートです。

20190202_春の七草.JPG

(以下はインターネット上の「春の七草」からの記事を元に解説しています。)

昔から日本では、年の初めに「若菜摘み」という雪の間から芽を出した草を摘む風習があり、これが春の七草の原点とされています。

春の若菜の中でも代表的な7種を選んだものを「春の七草」と言い、これらの入ったお粥を七草粥と呼びます。

春の七草のうちの5種は、上の写真にもあるように現在では名称が変わっています。「スズナ」、「スズシロ」と言われるより「カブ」、「ダイコン」と聞くと一気に身近なものに感じられますね。

参考:春の七草の覚え方。意味や漢字の書き方。春の七草粥とは?(季節お役立ち情報局)


最近は減ってきているかもしれませんが、かつては新春の1月7日に七草粥を食べていたという方もたくさんいらっしゃることでしょう。実は、七草をすべて合わせると約12種類の薬膳効果があり、含まれるビタミン・ミネラルは約7種類もあるのだそうです。

なにかと食べ過ぎやすいお正月という時期、また冬という風邪の多い季節にはうってつけの食材というわけです。

参考:ちゃんと意味がある! 春の七草の由来と七草粥の効能をご紹介(はな物語)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント