CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

遠足文庫では本を売る事ではなく、本を思い出と一緒に「つなぐ」ことを目指しています。
遠足文庫にある本にはすべて、その本の売り手(贈り手)の思い出や感想が書かれています。
本だけのフリーマーケットに来たようにいろんな人の思い出と一緒に他の場所にはない本との出会いを楽しみにお越しください。

[ 営業日 ]
毎月第1・第3土曜の1 2 時〜日暮れまで。

[ 場 所 ]
鳥取市河原町曳田7 4 0(旧八上保育園)
ゴルゴとバナナのお味噌づくり教室 [2014年02月12日(Wed)]


味噌って何でできているか知ってますか?

@大豆
Aこうじ
B塩

たったこれだけなんだそうです!「家でも簡単に作れますよ〜」という講師バナナさんにお願いして、助っ人ゴルゴさんとともに作り方を教えてもらうことになりました。
DSC_3258.JPG

まずは事前に大豆を一昼夜水に漬け、煮ておきます。
DSC_3256.JPG
ゴルゴさんら「マーメーズ」が丹精込めて育てた大豆は煮る前から大きいのですが、水分が加わるとさらにぷっくりと、これだけでしっかり味があるようなお豆でした。
DSC_3263.JPG

@柔らかく煮た大豆をつぶす作業。本格的な作業場ではミンチ機のような道具を使ってごいごいつぶすことができるそうですが、そんな道具はないので、いろいろな方法を試しました。
miso1.JPG
DSC_3268.JPG
DSC_3269.JPG
大豆がこのくらいつぶれたら、
DSC_3270.JPG

A大豆とこうじ、塩をまぜる。
miso2.JPG
硬さをみながら、大豆の煮汁を足したりします。
子どもたちにはまるで粘土あそび。

Bまるめる
miso3.JPG
ハンバーグを作るときみたいに、ぺったんぺったん空気を抜きます。

C丸めた味噌を容器に投げ入れる(さらに空気を抜くため)
容器には事前に焼酎を塗っておきます(殺菌のため)
Aで煮汁をたくさん入れすぎてしまうと、投げつけたときに味噌が散乱するそうで、講師のおうちでは天井にまで届いたそうです(笑)

Dならす。
DSC_3287.JPG
何度も空気を抜く、空気を抜くと言ってきましたが、すべてはカビ予防のため。
みんなで力を合わせて、ぎゅーっと。

E塩で封をする
ならした味噌の上に塩が白く見えるくらいかけて封をします。
内蓋にも焼酎を塗り、上蓋を閉めたら、完成!
DSC_3288.JPG

今回作った味噌は、遠足文庫で預かって熟成し、食べ頃になったら皆で集まって分け、ついでにお味噌料理を作って食べる予定です。
すでに「みそ田楽が食べたい」「ふろふき大根につけて食べたい」「焼きおにぎりにつけて食べたい」と頭の中でのシュミレーションはばっちりな様子でした。

作業後は文庫内で子どもたちがキャッキャ、キャッキャと遊びまわり、
差し入れでいただいた「ほうじ茶クッキー(美味!)」をいただきながら、大人たちもまったり。
DSC_3290.JPG

みんなでひとつのものを作るって楽しいな〜!
蓋を開けるのは10月頃、お楽しみに!!
新年のイベントのお知らせ [2013年12月30日(Mon)]


年末年始、遠足文庫は12/28〜1/3までお休みです。
新年さっそくに楽しみなイベントがあります。

写真WS.jpg

1/18(土)と19日(日)写真教室を開催!

講師は、遠足計画で発行していた情報誌NPO LIFEや各種発行物の写真を担当するプロのカメラマン。実際に撮影をしながらコツを習って、撮影した写真へアドバイスをしてもらいます。
(遠足文庫のグリーンカレー付き)

参加の方は以下のフォームにてお申し込みを!
https://www.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fdocs.google.com%2Fforms%2Fd%2F1xNqE3XhJZvsACBMjmd9uVBo8DX0ho64PlxPeveG1uec%2Fviewform&h=FAQEiNHhX

==============================
【写真教室】雪が降る街にいるんだし、せっかくだから、きれいに撮りたいよね。
日 時:2014年1月18日(土)12:30〜16:30
会 場:遠足文庫とその周辺
講 師:市川 貴美江
参加費:2,000円(カレー付き)

==============================
【写真教室】記念写真をもっと上手く撮れたら、毎日は何cmか楽しくなるよね。
日 時:2014年1月19日(日)10:30〜13:30
会 場:遠足文庫とその周辺
講 師:市川 貴美江
参加費:2,000円(カレー付き)

=========================
デジカメ片手に暖かい恰好でぜひご参加くださ〜い☆

切り絵ワークショップ&竹とんぼ作り [2013年12月28日(Sat)]


12/8、切り絵ワークショップが開催されました。竹とんぼ作りとの二本立て!
こちらのかわいいチラシがお出迎え。切り絵の講師、竹村尚子さんの力作です。かわいい!!
切り絵チラシ.jpg

「英語辞典の切り絵でオブジェを作る」というのがなかなか想像しにくかったかもしれませんが、竹村さんが素敵なお手本を作ってきてくれました。
切り絵お手本.jpg
大好きな本の世界を表現しています。ずーっとのぞきたくなる箱でした。

当日は定員を超す9名の参加があり、まずは「どんな世界を作るか」それぞれ思案。
講師の図案を写したり、自分の持ってきた物をなぞってみたり、遠足文庫の絵本を参考にしてみたり。
切り絵過程.JPG
講師に相談しながら、自分の作りたい世界を決めていきます。
切り絵過程2.JPG
テーマが決まるとあとは切ったり貼ったり
切り絵過程3.JPG
組み立てたり。
切り絵過程6.JPG
お母さんが作っていたら、自分もやってみたくなるよね!
切り絵過程4.JPG

同時開催の竹とんぼは、小さいお子さんが多かったので色を塗ったり、
竹とんぼ1.JPG
飛ばしてみたり。
竹とんぼ2.JPG

おやつ休憩をはさもうかな、と切り絵会場をのぞくと皆さん熱中して黙々と作業をされています。
今日のおやつはシフォンケーキとグラノーラクッキー!
とっても優しい味で美味しかったー◎

エネルギー補充して、早い人は、作品を入れる箱も作り始め・・・
完成した作品たちがこちら!

ツリーのオーナメント
切り絵作品1.JPG
大好きなバンビのカード
切り絵作品2.JPG
ステンドグラスのような花火
切り絵作品3.JPG
なんと、収納可能なオブジェ。窓辺が素敵!
切り絵作品4.JPG
絵本「モチモチの木」の世界
切り絵作品6.jpg
粘土持参!一番クリスマス感あふれる作品でした。
切り絵作品7.jpg
作成半ばで終わってしまった方もいましたが、お家で続きを楽しんでいただけているとよいな。

モノを作るって楽しいですね。
実はモノを作る系のワークショップは初めてだったのですが、
ちっちゃいお子さんみながらの忙し中作品を作ってくださった講師・竹村さん、
お菓子を作ってくれた北浦さん、
何日も前から竹とんぼの竹を取りに行ったり加工してくださった師匠の皆さん、
お母さんが作業中にお子さんをみていてくれたご家族、
手伝いに来てくれたスタッフみんなのおかげで無事終了することができました。
皆さん、ありがとうございました!
そのまま本棚でホコリをかぶっていたかもしれない英語辞典たちも陽の目をあびて喜んでいることでしょう♪

次回も切り絵で何かしたいなと考えています。お楽しみに!
本と本の交換、ブクブク交換。 [2013年12月05日(Thu)]


11月のブクブク交換会、「こたつで読みたい。」をテーマに開催しました。
ある人から「『こたつで読みたい。』ならコタツ出さにゃ」と言われ、ほんとだ!と急きょコタツを運びこみ、みかんをセット!これぞ日本の冬!
こたつ.JPG

あらためて「ブクブク交換」とは。
自分の持ってきた本と人の持ってきた本を交換できる会、
BOOKとBOOKの交換で、ブクブク交換、です。
(ブクブク交換公式サイト http://bukubuku.net/

はじめ、自分の持ってきた本に紹介のふせんを貼ります。
メモ.JPG

そして、どういう思いでこのテーマに合う本としてこの本を選んだのか、おすすめのポイントなど紹介し合います。
その後、それぞれ持ち寄った本を読んでみたり、話を聞いてみたり、「どの本にしようかな〜」というのを心に決めていく作業。
ブクブク交換2013.11.23.jpg

最後、いっせーのせっ!で指を差し、自分の持ち帰りたい本を決めます。
複数人が同じ本を指差したらじゃんけんで決勝戦。
あれみたいですね、野球の、ほら、ドラフト会議みたいな。

ブクブク交換のよいところは、人の紹介を聞いていると普段自分では手に取らない本も読んでみたくなり、結果新たに手に取った本から世界が広がること。
そして同じテーマでも本の選び方が違って面白い!
「こたつで読みたい。」なので、季節柄、冬の過ごし方、1年の越し方を考える本もあれば、体はコタツに入っているけれど、心は遠いどこかの世界へ飛んでいけるような旅の本、コタツに入ったらなかなか出られないのでこれを機会に読みたい長編、逆にコタツってすぐ寝てしまうから寝ても大丈夫な短編集・・・などなど自分では思いもしない選び方で本(人)と出会うのは楽しいのです♪

ブクブク交換終了後、遠足文庫の改装作業に残ってくれた皆さま、ありがとうございます。
さぁお昼ができましたよ〜・・・ってあれ、何やってんですか。
日なたぼっこ.JPG
床の上で日なたぼっこ。
こんな過ごし方ができたなんて、やはり、いろいろな視点が集まると面白い(^^)

ブクブク交換、ぜひ次回ご参加ください♪
11月〜12月のイベントお知らせ [2013年11月16日(Sat)]


日が暮れるのが早くなってきました。
そろそろ冬の足音が聞こえてきそうです。

さて、10月の「遠足市場」にはたくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございました!
遠足市場.jpg

大きなイベントが終わり、気持ちぽかーんとしていましたが、
11月〜12月もちょこちょこ、みんなで楽しめることを企画しています。

まずは11月23日(土)に第3回目の「遠足文庫でブクブク交換会」をします!
★ブクブク交換って?★
bookとbookの交換。で、ブクブク交換。
テーマに合った本を持ち寄って、みんなに紹介します。
(この本のココが好き!とか、オススメポイントとか、気軽に話合います!)
その後、本と本の交換タイムです。
気になった本を交換し合います。

10月のブクブク交換の様子↓
ブクブク交換会10月.jpg
11月のテーマは「こたつで読みたい。」
10:30〜12:00、参加費300円です。
どんな人やどんな本と出会えるかはお楽しみに!

12月8日(日)には「切り絵ワークショップ」と「竹とんぼ作り」の豪華2本立て!
「切り絵ワークショップ」は古い英語の辞典でクリスマスにぴったりな切り絵のオブジェを作ります♪
こちら切り絵の先生の力作↓(チラシ)
切り絵WS.jpg
かーわーいーー(☆o☆)
オブジェのベースは辞典ですが、お家にハギレの布や雑誌、綿、ビーズなどあれば持ってきてもらって、好きに飾り付けをします♪
**************************
切り絵ワークショップ
12月8日(日)13:00〜16:00
定員:8名まで
参加費:1500円(お茶&お菓子付き)
持ってきていただくもの:お家にあるハギレの布や雑誌、綿、ビーズ、箱、トイレットペーパーの芯など飾り付けたいもの

道具(辞典・カッター・マット)はこちらで用意します。
出来上がった作品は持って帰れます。
託児希望の方は、お申し込み時にお子様の人数と年齢を教えて下さい。
**************************

12月8日同日開催の「竹とんぼ作り」は、遠足文庫の近くにお住いの大工さんが作り方を教えてくださいます。
竹とんぼ.jpg
ある程度竹は加工してもらっているので、小学生中〜高学年くらいの大きい子なら小刀で切り出す作業、小さいお子さんならサンドペーパーで磨く作業をしてもらおうと思います。
この竹とんぼ、プロペラの部分が飛んでいく仕組みです。
遠足文庫に来てくれる保育園のお子さんも、何度かやるうちに上手に飛ばせるようになりました。
竹とんぼを作りたい大人も大歓迎です♪参加費無料です(^^)

11/23 ブクブク交換会
12/8 切り絵ワークショップ
12/8 竹とんぼ作り
いずれもお申し込みは遠足計画まで
 電話 080-4269-7615
 Mail:ensoku.keikaku@gmail.com
または遠足計画のFacebookイベントページに参加をぽちっと押して下さい♪
県政だよりに載りました! [2013年09月27日(Fri)]


「とっとり県政だより」10月号「広報課取材メモ」のコーナーに遠足文庫のことが載っています。取材を受けることで、あらためて普通の古本屋と違う部分を見直したり考えるよい機会になりました。

家で本を整理していると「執着」「損得」みたいなものがむくむくっと湧いてきて手放すことを引き止めます。そして再び自分の本棚へ。たまに読むかといわれれば、読む、ような読まないような。「所有欲」は満たされます。
ある時、店番に入ってくれている方から「本棚に入っていたらそのままだけれど、こうやって遠足文庫に持ってくることでこの本について誰かと共有できたり、誰かの役に立ったりするんですよね」と言われて、ハッとしました。
本が持っている役目みたいなのを、本棚にしまっておくのか自分のために活用するのか次の人に渡していくのか、判断は人それぞれですが、遠足文庫はおそらく「まだ見ぬ次の人へ渡していく」場所です。
自分の本がそういう時期になったなぁと思えばお持ちいただけると嬉しいです。

さてさてもうすぐ10月。10月26日(土)27日(日)には「オーガニックマルシェ 遠足市場」がありますよ〜。両日上映予定の「天のしずく〜辰巳芳子“いのちのスープ”」のチラシも印刷中。お楽しみに!
遠足市場のFacebookページはこちら↓
https://www.facebook.com/ensoku.ichiba

1380259104611.jpg
手作りのプレゼント [2013年09月11日(Wed)]


贈り手さんが本と一緒に、手作りの品を持って来て下さいました。

ブックスタンドは木を麻ひもで結んだシンプルな作り。かっこいい。
1378882163554.jpg
フェルトで出来た柴犬(o´∀`o)、さっそく看板犬として玄関でお出迎え。
1378882648220.jpg
・・・か、かわいい。
他にもいろいろ。本だけだった本棚がなんだかにぎやかになりました。

今日お持ちいただいたのは「森の中にある小さな工房の和菓子レシピ」という本です。
春夏秋冬それぞれにおすすめのレシピが載っていて、
秋は「栗の茶巾絞り」「ほうじ茶プリン」・・・見ているだけで幸せです。

“手作り”の本が増えましたので、秋の夜長何か作ってみたい方は参考にしてみて下さい♪
(店番・ななこ)
遠足文庫 9月の営業日のお知らせ [2013年09月01日(Sun)]

8月いっぱいかけて行った改装もひと段落し、9月からは営業日をさらに増やすことにしました。
基本 月・火曜日はお休みで、(水)〜(日)12時から19時まで開けています。
しばらくこれでやってみようと思います☆
※9/22(日)はお休みにさせていただきます、ごめんなさい。

遠足文庫は旧・八上保育園の園舎をお借りして運営しています。
最近、その旧・八上保育園の卒園生だという小学生の子たちが来てくれるようになりました。
嬉しいな〜、かわいいな〜。
素敵な看板を描いてくれたので、さっそく飾っています、見に来て下さい♪
IMG_20130901_134026.jpg

涼しくなって、本を読みながらゆっくり読書の秋いかがでしょうか?
遠足文庫 8月の営業日のお知らせ [2013年08月08日(Thu)]

更新がご無沙汰しています。
遠足文庫、現在一部改装しながら8月も営業します。

8月の営業日は10、17、24、31日のいずれも土曜日、
12〜18時まで。
営業日のカレンダーはこちら↓
http://ensoku-keikaku.org/book.html

改装作業というのは、本棚を動かしたり、リメイクしたり、いっそ本棚作ってみようかな〜という企みなのですが、
なにぶん、本棚「お・・・重い」、DIYの本とにらめっこ、という状況でして、のぞきに来たついでに「手伝ってやるか〜」という方、募集中です。

今なら「コロコロ」ができます。
コロコロとはこれ↓
コロコロ.jpg
本棚にペンキを塗る作業で使う道具。
先日三朝で統廃合のため解体している保育園舎からいただいてきた一品。
このコロコロ、、、楽しいんです。見た目以上に、予想以上に。
コロコロしていたら嫌なことも忘れてしまうかも。
「コロコロしに来たよ〜」という動機で来ても大丈夫です、本屋だけど(笑)

そうそう、家にある本持って来ていただける方、
あるけど行けないから「取りに来て!」という方も引き続き募集中。

それでは、お越しいただけるのを楽しみに。
夏休み、お気に入りの1冊と出会えますように。

GWの営業お知らせ [2013年05月02日(Thu)]

遠足文庫がオープンしてから、1年が経ちました!
祝・1周年ぴかぴか(新しい)
古本の贈り手になってくださった方、本を買ってくださった方、寄付してくださった方、遠足文庫の店番を手伝ってくださった方、応援してくださった方、みんなみんな、ありがとうございます!

遠足文庫、GW後半は3日連続でオープンしています。
5月3〜5日、12時から日暮れ頃まで営業しています。
お出掛けの際は、ちょこっと寄り道してくださいね。

遠足文庫2年目も、どうぞよろしくお願いします。
お売り(お贈り)いただける本もまだまだ募集中です〜。
005.jpg
| 次へ