CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年03月31日

4月15日志的勉強会開催します!テーマは会計・税務面!「不正会計の防止」!

今年2回目の志的勉強会のご案内です!
これまで共催としてご協力頂いていたCANPANさんに、今回から運営面でもサポートを頂けることになりました。(多謝)
※これまでと申込方法が異なり,Peatixを通じた申込が必要になりますのでご注意ください。※

通算で第19回目の志的勉強会のテーマは、非営利法人における不正会計の防止についてです。講師には、非営利法人の会計に精通されている税理士・行政書士の本郷順子先生をお迎えします。


4E69C88E5BAA6E794BBE5838F.png


本郷先生に、非営利法人における不正会計にはどのような実例があるのか、またその原因はどのようなものなのかをご紹介していただき、非営利法人にとっての不正会計について考えます。

不正会計が起こった場合、不正会計とはいえなくとも会計にミスが生じた場合における、法人、法人役員等の法的責任、さらには社会的責任について検討します。その上で、会計において、不正をしない、会計ミスを起こさせないための防止策について、また万一問題となった場合、責任が拡大しないためには、どのような調査、対応をすべきかについて、参加者の皆さんと検討し、意見交換をしたいと思います。

非営利法人における会計は、法人の信頼を計る上で重要な指針となります。この点について検討する貴重な機会となっておりますので、奮ってご参加ください。勉強会終了後に、懇親会を予定しています。こちらにも、ぜひご参加ください。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催
平成28年度4月
NPOのための志的勉強会
〜NPOのための会計不正防止の基礎知識〜

日時:2016年4月15日(金)19:00〜20:30(開場:18:45)
場所:日本財団ビル8階セミナールーム
対象:非営利法人における会計に興味関心がある方ならどなたでも
定員:40名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)
主催:NPOのための弁護士ネットワーク
   日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20160415.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

<内容>
18:45 受付開始 ※受付で名刺を1枚お渡しください。
19:00 冒頭挨拶、趣旨説明、配布物確認             
19:10 『NPOのための会計不正防止の基礎知識』
    登壇者:中川直政(当ネットワーク所属、弁護士)
    本郷順子(税理士・行政書士)
    ○非営利法人の不祥事の実例〜税理士の経験談
    ○非営利法人における会計不正の要因
    ○役員の義務と責任
    ○問題を未然に防ぐ対策
    ○問題が起こった場合の対応・調査
     会計不正の防止策について意見交換
20:20 質疑応答                        
20:30 アンケート記入、告知等                 
20:40 終了
21:00 懇親会(※希望者要予約)

店名 農家宴
住所 東京都港区赤坂1-3-18DG22ビル1階
http://www.hotpepper.jp/strJ000762596/
会場から徒歩3分ほどです。
会費 3,000円(予定)
時間 21:00〜
※懇親会に参加される方は懇親会費用をご準備ください。


志的ブログ by NPOのための弁護士ネットワーク
http://blog.canpan.info/npolawnet/

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20160415.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は4月15日(金)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、4月14日(木)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)、NPOのための弁護士ネットワークで実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
問合せ先:NPOのための弁護士ネットワーク
npoben.net@gmail.com (←@を半角にしてください)
※お問合せはメールでお願いします。

(日向寺)
posted by 日向寺 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年02月22日

NPO向け信用保証が増加中

先週、弁護士会の関係で少しお堅い会議に参加してきました。
そのなかでNPO法人向けの信用保証の昨年の実績に関するペーパーが配られていました。
昨年(H27)10月1日から運用を開始してわずか3ヶ月の間に全国で166件、総額13億500万円(1件平均790万円)の信用保証がすでに実施されたということです。
出だしとしてはなかなかいいペースだと思いませんか。

0222.jpg

ペーパーでは、NPO法人向けの保証事例として、認定NPO法人育て上げネット(ニート自立支援/東京多摩)、NPO法人まいぺーす(障がい者の就労支援/長野)、NPO法人やまとなでしこ(女性の社会進出促進/千葉)の3団体の活動、保証金額、代表者の声などが紹介されていました。

保証協会は都道府県に各1つあり、主に市中の金融機関が融資をする際の信用補完の役割を担っています。
・債務者である借り手が返済できなくなると、債務者に代わって金融機関に債務の全部または一部(基本は8割。セーフティネット貸付の場合は10割)の肩代わり(代位弁済)をしてくれる
・利用の際は信用に応じた保証料の納付が必要
・保証協会は肩代わりした債務を借り手からの回収を行うなかで、事業の再生・清算・廃業などの支援を行う

(参考リンク)
東京都信用保証協会 「特定非営利活動法人(NPO法人)の信用保証の取扱いについて

非営利セクターに対する融資に関しては、これまでも日本政策金融公庫、ろうきん、地域の信金などが、介護・福祉施設系、子育て支援施設系の社会福祉法人やNPO法人に対する実績を積み重ねてきました。
信用保証の対象にNPO法人が加わったことで、これまでNPO法人に対する融資に必ずしも積極的でなかった金融機関も貸し手として参加しやすくなり、NPO法人に対する融資が飛躍的に伸びていくことが期待されます。
(樽本)

2016年02月16日

2/15 勉強会レポート!テーマは「CSRとファンドレイジング」

 皆さんこんにちわ!
 2月15日に開催した志的勉強会のレポートです!

 今回は『企業のCSRとインターネットを活用したファンドレイジング』と題して,企業とNPOの関わり方などについて勉強会を行いました。

 弁護士資格を有し、ヤフー株式会社で社会貢献推進室室長をご担当している妹尾正仁氏にご登壇いただき,当ネットワーク所属の弁護士藤井麻莉と共に発表をしていただきました。

 まず,藤井弁護士からCSRの概要について説明があり,ISO26000など、関連するガイドラインの紹介がありました。こういったものを一度読んでみるとイメージが膨らみますね。私も読んでみようと思います。

 続いて,妹尾氏からは,ヤフー株式会社における,CSR・社会貢献活動の取り組み状況についてのご紹介をいただき,また,そこから感じるNPOがインターネットを利用してファンドレイジングを行う場合に留意した方がいいと思われる事柄などについてご報告いただきました。

 ご存じの方も多いと思いますが,Yahoo!さんでは,インターネット上のファンドレイジング支援のためのプラットフォームの提供や,基金を通じて選考した特定の非営利事業への支援が行われています。
 前者の代表例として,Yahoo!ネット募金,Yahoo!ボランティア,Links for Goodなどがあります。
 http://donation.yahoo.co.jp/
 http://volunteer.yahoo.co.jp/
 http://linksforgood.yahoo.co.jp/

 Yahoo!さんは,インターネット上のプラットフォーマーを「本業」としていることから,非営利事業への支援も,その本業を活かした形でのプラットフォームの提供を行っているとのことでした。
 今回は、Yahoo!が提供するプラットフォームで行われているなかでも興味深い事例(企業とのコラボレーション事例)をご紹介頂いたり、
企業側からみた、NPOとの意識のギャップ、支援したいNPOの最低条件などについて、率直なお話を頂きました。
 プラットフォーマーとしての悩みについてもお話頂きましたが,その点は個人的には印象に残りました。
 おそらくこの場でしか伺えないような率直なお話をしていただくことができ,お越しいただいた方にはご満足頂けたのではないかと思います。
 
 当日の様子↓
12804445_521605324713682_456063622_n.jpg
12064012_521605454713669_676625843_n.jpg

 次回の勉強会は,4月11日の予定です。

 今後ともよろしくお願いいたします!

(日向寺)
posted by 日向寺 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年01月27日

2/15(月)志的勉強会!「企業の社会貢献活動とNPO ―CSR担当者と考える―」

NPOのための弁護士ネットワークです!
本年も様々なテーマで勉強会を開催していきますよ!
よろしくお願いします!

早速ですが、今年最初、通算で18回目の志的勉強会のご案内です。
今回のテーマは「企業における社会貢献活動とNPO」です。

CSR、その中でも特に企業の社会貢献活動について、担当者様にご登壇いただき、事例の紹介を通じて、企業とNPOの関わり(あるいは選ばれるNPOの条件)について考えていこうという趣旨の企画です。

申込用URLはこちらです。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/13f1fee9414673

以下、案内文になります。(URL先の同じ内容です。)

「企業の社会貢献活動とNPO ―CSR担当者と考える―」
 
 第18回目の志的勉強会のテーマは、企業の社会貢献活動とNPOです。
 登壇者として、弁護士資格を有し、ヤフー株式会社で社会貢献推進室室長をご担当している妹尾正仁氏をお迎えします。
ヤフー株式会社で行っている「CSR」のうち社会貢献活動のご紹介をしていただき、企業にとっての社会貢献活動の意義を知り、企業がNPO等の団体と協働するメリットや、協働するために求める条件を探っていきます。
 そのうえで、NPO等の団体が対外的な関係を結ぶために、NPO等の団体がしなければならないこと、逆にしてはいけないことなど、企業と関係を作るための組織基盤のあり方等を、参加者同士で意見交換します。
 今後、社会貢献活動に取り組みたい、力を入れたい企業の担当者の方にとっても、有意義な内容となっております。
 CSR担当者の生の声を聞き、最前線のCSRの現場を体感することが出来る内容となっておりますので、奮ってご参加ください。
 勉強会終了後に、勉強会参加者による懇親会を予定しています。こちらにも、ぜひご参加ください。

登壇者 妹尾 正仁氏(ヤフー株式会社社会貢献推進室室長・弁護士)
藤井 麻莉(当ネットワークメンバー・弁護士)
日  時 2月15日(月)19時00分〜20時45分
場  所 日本財団ビル8階(http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/
定  員 40名
参加費 1000円(懇親会に参加される方は、別途懇親会費)
懇親会 3500円
(会場については、後日改めてご連絡いたします(会場から徒歩5分程度 のお店を予定しています))。

志的勉強会に関するご質問等がございましたら、npoben.net@gmail.comまでご連絡ください。

みなさまのご参加、お待ちしております。

NPOのための弁護士ネットワーク
(北村・日向寺)
posted by 日向寺 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年01月21日

「みんなの遺贈無料相談」実施のご報告


NPOのための弁護士ネットワークでは、先月から今月にかけて、寄付月間公認企画として、団体・個人向けに遺贈の無料相談を実施しました。
12月25日の申込締め切りまでに13の団体(公益法人、NPO)から14件のお申し込みを受けました。
ご利用いただいた団体の皆様、ありがとうございました。

相談の内容は、遺贈受入れ時の留意点、受入体制や募集体制の構築、関心層に対する働きかけの方法(広報)、遺贈の募集に関する資料作成など、さまざまでした。

遺贈の受入れはまだまだこれからという団体が多いと思います。
相談に来られた団体も、過去に遺贈を受けたことはあるが、遺贈担当は決まっておらず、問い合わせに対する資料や対応マニュアルも整備できていないというところがほとんどでした。

今回の相談にあたり、遺贈受入の実績のあるいくつかの団体の公開資料を読ませていただきましたが、それぞれ工夫されていて、参考になることが多かったです。
志的勉強会でその比較などもしてみると面白いかもしれません。

参考になりそうな団体のウェブサイトをいくつかリンクしておきます。
それぞれ、ウェブサイトでの説明に加えて、配布資料もPDFや郵送で入手できます。

アムネスティ日本

中央共同募金会

国境なき医師団(資料は取り寄せのみ)

日本ユニセフ協会(資料は取り寄せのみ)

日本盲導犬協会(資料は取り寄せのみ)

いずれ徹底比較!みたいな企画をしたいと考えています。
ほかにもよい参考になるウェブサイトや資料がありましたら教えてください。

非営利団体の遺贈の受入れについては、ファンドレイジング・ラボの徳永さんのブログも参考になりますよ。
遺贈寄付〜これだけは欠かせない6つのステップ

当ネットワークでは、引き続き遺贈の受入れ支援に取り組んでいきます。

(樽本)
posted by 樽本 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報