CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月17日

「NPOの野外活動における危機管理」6/15志的勉強会レポート!

 2016年6月15日、canpanさんと共催で、通算第20回の志的勉強会を開催しました。そのレポートをお届けします。

 今回は「NPOの野外活動における危機管理 〜毎年500人の子どもたちを迎えるNICEのキャンプを題材に〜」と題して、NPO法人NICE事務局長の上田英司さんと、ネットワークメンバーの金山弁護士がタッグを組んで、参加者やボランティアを募る形での野外活動のリスクマネジメントについて、安全ガイドラインという観点から考えました。

 例えば、運営側にボランティアを、参加者に地元の小中学生を集めて、スキーキャンプを行うとき、主催者である団体があるとします。
 そのとき、団体は、そのイベントのリスクを、どうマネジメントしていくのか、大きな課題と向き合うことになります。

 今回ご紹介頂いたNICEさんの取り組みは、その実例の最たるもので、その取り組みのなかでもっとも特徴的な「安全ガイドライン」をご紹介いただきました。

 NICEさんの「安全ガイドライン」は、計画から実施までのイベントの全工程について、リスクポイントを意識して、責任の所在や、誰が何をどのように行うのか、明確化がなされています。
 これをみると、例えばボランティアの方は、自分に与えられた役割と、何に気をつけなければいけないのか(リスクポイント)、そのときにはどうすればよいのか(対処方法)、知ることが出来ます。

 運営側のリスク情報・意識共有に大変役立つ点が、安全ガイドライン作成の最大のメリットのひとつでしょう。

 具体的な内容について、ここでご紹介できないのが残念ですが、これを作成された上田さんは、叩き台を1日で作成されたそうです。
 完成されたものは、結果的に多大な議論の結果になっていますが、最初は、イベントを主催してきた方にある経験が文書になったものだったのです。
 これからこういったガイドラインを作ろうとお考えの団体の方は、まず完成品を作ろうとせず、叩き台をつくって、誰かに見てもらって下さい。
 もちろん、私達ネットワークがお力になれることも多いと思います。
 それがもっとも早く、確実ですし、何より「作りたいけど、ちょっと大変そうだなぁ…」という心理的な壁を下げてくれると思います。

 ガイドラインについては、様々な質問が飛び交い、実際にイベントを実施されている団体さんからの質問はかなり踏み込んだものもありました。
 時間の制約があり、隅々まではご紹介できず本当に残念でしたが、貴重な意見の交換が出来たのではないかと思います。

 次回の勉強会は10月15日を予定しています。
 詳細はこちらのブログでアップいたしますので、要チェックです。

 引き続き当ネットワークをよろしくお願いいたします!

(日向寺)
posted by 日向寺 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年05月24日

6/15勉強会のご案内

次回の勉強会についてのご案内です。
市民参加型イベント(企業の従業員がボランティアとして参加する、小中学生向けの宿泊付イベント)の安全管理に関する規定について、少なくとも日本最高レベルのものについてお話できるのでは、と筆者は期待しています。
以下canpanさんでのご案内と共通です。

第20回目となる次回勉強会は、NPOが実施する市民参加型の野外活動にフォーカスし、プログラムの企画、事前準備、参加者募集、同意書の取得、マニュアル策定、スタッフの管理体制、万一の事態への備えなど、危機管理体制づくりとその運用の在り方を学びます。

国際ボランティアNGO、NICEの上田英司事務局長にご協力いただき、実例紹介を交えつつ、リスクマネジメントに役立つ各種書式の解説も行います。野外活動を企画、実施している団体の理事、職員の皆様に、是非ご参加いただきたいプログラムです。勉強会終了後に会場近くの飲食店で懇親会も予定しています。多数のご参加をお待ちしています。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催
2016年6月志的勉強会
NPOの野外活動における危機管理
〜毎年500人の子どもたちを迎えるNICEのキャンプを題材に〜


発表者  金山卓晴(当ネットワーク理事、弁護士)、上田英司氏(NPO法人NICE事務局長)
日時 2016年6月15日(水)19:00~21:00(開場18:45)
場所 日本財団ビル8階セミナールーム 東京都港区赤坂1−2−2
参加費 1,000円(事前決済・キャンセル不可)
定員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
主催   NPOのための弁護士ネットワーク
共催   日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
http://npolawnet20160615.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

志的ブログ by NPOのための弁護士ネットワーク
http://blog.canpan.info/npolawnet/

<スケジュール>
18:45 受付開始 ※受付で名刺を1枚お渡ください。
19:00 冒頭挨拶、趣旨説明、配布物確認             
19:10 『NPOの野外活動における危機管理〜毎年500人の子どもたちを迎える
NICEのキャンプを題材に〜』(仮題)
    登壇者: ・金山卓晴(当ネットワーク理事、弁護士)
・上田英司氏(NPO法人NICE事務局長)
内容:安全管理ガイドライン/マニュアル策定の際に検討すべき事項
       プログラムの企画/運用に関する注意点
       スタッフの選任/管理方法
       スタッフ・参加者の同意書の記載事項/取得方法
20:30 質疑応答                        
20:40 アンケート記入、告知等                 
20:50 終了
21:00 懇親会(※希望者要予約)

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://npolawnet20160615.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は6月15日(水)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、6月14日(火)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)、NPOのための弁護士ネットワークで実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
問合せ先:NPOのための弁護士ネットワーク
npoben.net@gmail.com (←@を半角にしてください)
※お問合せはメールでお願いします。

(日向寺)
posted by 日向寺 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年04月16日

『NPOのための会計不正防止の基礎知識』4/15勉強会レポート

 4月15日に開催した志的勉強会のレポートです!

 今回は『NPOのための会計不正防止の基礎知識』と題して,NPOにおける会計不正・不適切会計について勉強会を行いました。

 当ネットワーク所属の弁護士中川直政と,本郷順子先生(税理士・行政書士・一般社団法人公益アシスト代表理事)にご登壇いただきました。

 実際にNPOで起こった不祥事の紹介や,会計不正にいたる動機・機会・制度上の問題・温床,そして会計不正が行われた場合の担当者・役員・団体の責任について,発表がありました。

・営利法人でなくとも,決算操作目的や資金操作目的での会計不正という動機がありうること
・不正の温床にならないように,工夫をすること(『猫に棚の上の物を落とされたくないならば,猫の通り道に物を置かないようにすればいい』の例え。by本郷先生)
・会計不正が起こると「全員」が不幸になる。

などの話は個人的に興味深かったです。

 その後,理事として,経理担当者として,監事・総務担当者として,どういった防止策があるのか,参加者さんの間でディスカッションしました。

・ルール化
・人の教育
・ダブルチェック体制
・風通しのいい現場の雰囲気(間違いもすぐに報告できる環境)
・監事の人選(会計担当者に言い負かされる監事ではいけない)
といった意見があり,このあたりはどの団体でもポイントになると感じました。

他にも,団体ごとの取り組みや尖った?意見として,
・人に任せるから不正が起こる。だから,経理は人工知能にやってもらおう!
・監事2名で,かつ分業による効率的な監査体制をとっている
・代表者自らが毎月決算書だけでなく帳簿も確認するようにしている
といったものもありました。

 また,参加頂いた方の中に,実際にNPOの会計不正についての第三者委員として関与された方もいらっしゃいました。
 詳細は割愛しますが,理想を追ったはずがそれがおもわぬ作用を及ぼして事件に至ったという背景や,関係者の方の忸怩たる思いなどをお話いただきました。
(この話だけでも勉強会ができると感じるほどでした。)

 最後の中川弁護士によるまとめはこちらです。
・会計不正の機会を作らない
・会計不正の動機に正義はない

 動機はなくせなくとも機会をなくす・減らすことはできます。その心がけが,団体の「基礎力」も高めてくれるのではないかと思いました。

 以上がレポートになります。

 今回から運営面でCANPANさんの全面的なバックアップを頂いております。ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。






 さて,次回は,6月15日(水)19時〜@日本財団ビル8F
(仮)『年間300回以上のワークキャンプを手がけるNICEの安全管理ガイドライン徹底解説!』と題して,ツアー系のイベントを主催するNICEさんの安全管理ガイドラインを紹介し,弁護士も交えて解説します。
 イベントを行うときには事故のリスクがつきものです。特にツアーなどでは長時間になることが多いほか,団体の管理・支配の範囲内で事故が起こる可能性がありえます。
 そのため,ガイドラインや規定を予め作成することが有用なわけですが,実際のところどういったものがあるのか,雛形があるわけでもなく困惑されることが多いと思います。
 そこで,今回は,そういったガイドラインでも日本有数の水準にある(と私が思う)NICEさんにガイドラインをご紹介して頂くことになりました。
 志的勉強会らしい,他にはないセミナーになるのではないかと思います。
 後日詳細を改めてお知らせいたしますので,少々お待ちくださいませ。

 それではまた!

(ウェブサイトはこちら↓)
http://www.npolawnet.com/

(日向寺)
posted by 日向寺 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年03月31日

4月15日志的勉強会開催します!テーマは会計・税務面!「不正会計の防止」!

今年2回目の志的勉強会のご案内です!
これまで共催としてご協力頂いていたCANPANさんに、今回から運営面でもサポートを頂けることになりました。(多謝)
※これまでと申込方法が異なり,Peatixを通じた申込が必要になりますのでご注意ください。※

通算で第19回目の志的勉強会のテーマは、非営利法人における不正会計の防止についてです。講師には、非営利法人の会計に精通されている税理士・行政書士の本郷順子先生をお迎えします。


4E69C88E5BAA6E794BBE5838F.png


本郷先生に、非営利法人における不正会計にはどのような実例があるのか、またその原因はどのようなものなのかをご紹介していただき、非営利法人にとっての不正会計について考えます。

不正会計が起こった場合、不正会計とはいえなくとも会計にミスが生じた場合における、法人、法人役員等の法的責任、さらには社会的責任について検討します。その上で、会計において、不正をしない、会計ミスを起こさせないための防止策について、また万一問題となった場合、責任が拡大しないためには、どのような調査、対応をすべきかについて、参加者の皆さんと検討し、意見交換をしたいと思います。

非営利法人における会計は、法人の信頼を計る上で重要な指針となります。この点について検討する貴重な機会となっておりますので、奮ってご参加ください。勉強会終了後に、懇親会を予定しています。こちらにも、ぜひご参加ください。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催
平成28年度4月
NPOのための志的勉強会
〜NPOのための会計不正防止の基礎知識〜

日時:2016年4月15日(金)19:00〜20:30(開場:18:45)
場所:日本財団ビル8階セミナールーム
対象:非営利法人における会計に興味関心がある方ならどなたでも
定員:40名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)
主催:NPOのための弁護士ネットワーク
   日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20160415.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

<内容>
18:45 受付開始 ※受付で名刺を1枚お渡しください。
19:00 冒頭挨拶、趣旨説明、配布物確認             
19:10 『NPOのための会計不正防止の基礎知識』
    登壇者:中川直政(当ネットワーク所属、弁護士)
    本郷順子(税理士・行政書士)
    ○非営利法人の不祥事の実例〜税理士の経験談
    ○非営利法人における会計不正の要因
    ○役員の義務と責任
    ○問題を未然に防ぐ対策
    ○問題が起こった場合の対応・調査
     会計不正の防止策について意見交換
20:20 質疑応答                        
20:30 アンケート記入、告知等                 
20:40 終了
21:00 懇親会(※希望者要予約)

店名 農家宴
住所 東京都港区赤坂1-3-18DG22ビル1階
http://www.hotpepper.jp/strJ000762596/
会場から徒歩3分ほどです。
会費 3,000円(予定)
時間 21:00〜
※懇親会に参加される方は懇親会費用をご準備ください。


志的ブログ by NPOのための弁護士ネットワーク
http://blog.canpan.info/npolawnet/

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20160415.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は4月15日(金)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、4月14日(木)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)、NPOのための弁護士ネットワークで実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
問合せ先:NPOのための弁護士ネットワーク
npoben.net@gmail.com (←@を半角にしてください)
※お問合せはメールでお願いします。

(日向寺)
posted by 日向寺 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年02月22日

NPO向け信用保証が増加中

先週、弁護士会の関係で少しお堅い会議に参加してきました。
そのなかでNPO法人向けの信用保証の昨年の実績に関するペーパーが配られていました。
昨年(H27)10月1日から運用を開始してわずか3ヶ月の間に全国で166件、総額13億500万円(1件平均790万円)の信用保証がすでに実施されたということです。
出だしとしてはなかなかいいペースだと思いませんか。

0222.jpg

ペーパーでは、NPO法人向けの保証事例として、認定NPO法人育て上げネット(ニート自立支援/東京多摩)、NPO法人まいぺーす(障がい者の就労支援/長野)、NPO法人やまとなでしこ(女性の社会進出促進/千葉)の3団体の活動、保証金額、代表者の声などが紹介されていました。

保証協会は都道府県に各1つあり、主に市中の金融機関が融資をする際の信用補完の役割を担っています。
・債務者である借り手が返済できなくなると、債務者に代わって金融機関に債務の全部または一部(基本は8割。セーフティネット貸付の場合は10割)の肩代わり(代位弁済)をしてくれる
・利用の際は信用に応じた保証料の納付が必要
・保証協会は肩代わりした債務を借り手からの回収を行うなかで、事業の再生・清算・廃業などの支援を行う

(参考リンク)
東京都信用保証協会 「特定非営利活動法人(NPO法人)の信用保証の取扱いについて

非営利セクターに対する融資に関しては、これまでも日本政策金融公庫、ろうきん、地域の信金などが、介護・福祉施設系、子育て支援施設系の社会福祉法人やNPO法人に対する実績を積み重ねてきました。
信用保証の対象にNPO法人が加わったことで、これまでNPO法人に対する融資に必ずしも積極的でなかった金融機関も貸し手として参加しやすくなり、NPO法人に対する融資が飛躍的に伸びていくことが期待されます。
(樽本)