CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年06月21日

志的勉強会レポート(6/20第24回)

 NPOのための弁護士ネットワークです。
 昨日の志的勉強会のレポートです!

 題して「NPOのための職場のメンタルヘルス問題〜スタッフのこころの不調にどう対応するか〜」でした。

 まず、ケーススタディをもとに、グループディスカッションを行いました。
 このケーススタディはA4で5ページに渡るもので、とてもリアリティのある内容になっています。芝池弁護士渾身の作と評しても過言ではないでしょう。
 トラブルに遭遇したことのない方の場合、一度こういったケースに触れて考えて、道筋を眺めてみることは大変有意義なことだろうと思います。経験のある方も、自分の考え方や知識を確認するいい機会になるのではないかと感じました。
 活発なディスカッションによって、様々な観点から意見が出されました。
 NPOの従業員のメンタルヘルスに不調が生じた場合、@その従業員のために/あるいは団体のために、何をすべきか/すべきでないか、A原因は何か、Bどのように調査すべきだろうか、C予防するにはどのようにすればよかったのか、Dそしてそれは法的に可能か、etc…。

 これらの意見も踏まえて、芝池弁護士から、法的な観点からの解説がありました。ケースに対応したQ&A方式でまとめられたレジュメはわかりやすかったのではないでしょうか。
 さらに、社会福祉士の横山氏から、従業員がメンタルヘルスの不調に陥った場合、またそうなる前に気づくためにどのようなことをすればよいか、といった点について、ソーシャルワーカーの視点から解説がありました。
 そのなかでは、例えば、メンタルヘルスに対する十分な治療が可能な就業規則になっているかという指摘もありました。
 大変充実した内容であったのではないかと思います。

講師の横山氏と芝池弁護士
19401235_757857267755152_83875489_o.jpg

 引き続き、ご参加頂いた方に来てよかったと思って頂けるような勉強会を続けていければと思います。
 ご参加頂いた約20名の方、そしてご協力頂いた横山さん、canpanさん、ありがとうございました!

NPOのための弁護士ネットワーク
(日向寺)
posted by 日向寺 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1281709

この記事へのトラックバック