CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月26日

「非営利組織の監事のしごとAtoZ 」志的勉強会10/23開催報告

NPOのための弁護士ネットワークです。

去る10月23日,「非営利組織の監事のしごとAtoZ 」と題して,NPO・非営利組織の監事・監査業務についての勉強会を開催しました。

ネットワークからは樽本哲弁護士が発表し,
手塚明美さん(認定 NPO法人藤沢市民活動推進機構 副理事長・事務局長)と,勉強会を共催頂いているCANPANさんから山田泰久さん(NPO法人CANPANセンター代表理事、(一財)非営利組織評価センター業務執行理事)からご協力を頂きました。

22790079_1467040700011832_1014369421_o.jpg
22766647_1467040746678494_516630327_o.jpg
22830968_1467040703345165_960547620_o.jpg

今回は,題材を反映して,士業の方の参加が目立った印象です。

監事の仕事というのは,一応書籍に書いてあることは理念・理屈としてはわかっても,実際に手を付けると,それとのギャップがあるように感じてしまうものでもあります。
監事の役割と責任,期中監査及び期末監査の実際,実効性の高い監査を実現するためのコツ,新任監事が組織の課題を把握するためにまずやるべきことなど,書籍を読んだだけではイメージしにくい監事のあれこれについて,実践的な話題が共有できたのではないかと思います。

また,非営利組織のガバナンス評価の基準であるJCNE(非営利組織評価センター)の定める23基準の解説もあり,その申請や評価のプロセスを利用して,非営利団体の課題発見に役立てる方法の紹介は,監査を通じて本業を鍛えるという,監査の理想的な仕事につなげるヒントにもなったのではないかと思います。

監査の仕事は「完成」というものはなく,常により良いものを目指さなければならないものです。
その指針や,ヒントが得られた気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて,今年の勉強会はこれで終了です。
来年の勉強会については,決定次第ご連絡いたします。
年末にかけては,寄付月間関連のイベント等を企画中です。

今後とも「N弁」をよろしくお願いいたします。

(日向寺)
posted by 日向寺 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年10月20日

【NPO法人の役員の役割と責任】関連講座報告

当ネットワーク代表の樽本が、下記講座で講師を務めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日(水)に東京ボランティア・市民活動センターとシーズ・市民活動を支える制度を作る会が共催するNPO法人運営入門講座で、法務に関するセミナーを行いました。
20年以上の歴史のあるセミナーで、私は今年で3回目の登壇になります。

22662747_1436259956493604_1322414764_o.jpg

毎回NPO法人の機関や役員の責任について話をしていますが、法律知識のインプットだけでは疲れてしまうので、Q&Aや事例を用いた説明を多く盛り込むことを意識しています。

今回セミナーの冒頭で示したQは下記の内容でした。
Q1 知人から頼まれてNPO法人の理事になりましたが、何をすればよいのでしょうか。団体を仕切ればよいのですか。
Q2 NPO法人の監事になりました。具体的に何をどうチェックすればよいのでしょうか。拠点がたくさんある団体の場合、すべてを見て回る必要があるのでしょうか。
Q3 NPO法人の理事ですが、年に1回理事会に参加するだけで、団体がどんな活動や事務処理をしているのか正直よくわかりません。何か問題があったときに責任を負う必要はありますか。
Q4 理事長を辞任したいのですが、他の理事から辞任するなら現在の法人の負債を個人で弁償しろと言われています。そのような義務がありますか。
Q5 理事の一人が自分がもらってきた寄付金だからと、勝手に使途を決めたり、知人を縁故採用したりしています。監事としてはどうすればよいでしょうか。
Q6 理事長が経営する会社からNPO法人が業務委託を受けることができますか。その場合、契約で注意するべきことはありますか。
Q7 代表が突然亡くなりました。NPO法人には借金があり、引き継げる者がいません。どうすればいいでしょうか。

N弁のウェブサイトにも、NPO法人に最近関わりはじめたんです、という方から、こういった質問が寄せられることがあります。このグループには経験豊富な方が多いので、だいたいお分かりですよね?
NPO法人は市民活動を行いやすくするために議員立法で作られた法人格ということもあり、役員の責任は他の法人と比較して厳格ではなく、社員総会による役員に対する監督機能もあまりきかない制度設計がなされています。
志を同じくする仲間の集まりである団体に権利義務の主体としての法人格を付与することで、構成員から独立した法人独自の財産や法人としての行為という概念が生まれ、団体の構成員は第三者に直接責任を負わなくてすむようになる、それはとても意味のあることでした。
ただ、NPO法人も規模や活動内容に応じて細分化が進み、社会における影響力が高まってきたことで、法が最低限保証する”ゆるい”ガバナンスでは、組織内のコンプライアンスやリスクマネジメントが十分に果たせない、あるいは内部ではきちんと運用できていても外部から信頼性に欠ける組織に見えてしまう、という弊害も生まれています。
定款で役員の役割や責任を営利企業並みに厳格に定めることは可能ですが、職業経営者や機関投資家の存在しないNPOにあって、それが果たしてグッドガバナンスに結びつくのか、役員のなり手を確保できるのか、難しい問題です。

セミナーでは上記のQ以外に、NPO法人や役員が責任を問われるかもしれない5つの事例(助成金の不正受給、労働法規違反、活動現場における事故、各種業法違反、寄付金の転用)を紹介して、解説を行いました。
私自身もNPOの理事や監事をいくつか引き受けているので、このセミナーは自分自身を見直すよい機会になっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上樽本からの報告でした。(日向寺)
posted by 日向寺 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年09月22日

10/23「非営利組織の監事のしごとAtoZ 」志的勉強会案内

NPOのための弁護士ネットワークです。
志的勉強会のご案内です。本年最後の志的勉強会となります。
来場者プレゼントもございます。奮ってご参加ください!
皆さまのご参加、お待ちしております!
なお、今回の勉強会は18時30分開始予定となっておりますので、ご注意ください。

以下、案内文になります。

今回のNPOのための志的勉強会は、同勉強会を共催する、NPOのための弁護士ネットワークとCANPANセンターの代表2名が、NPO、一般社団・財団法人など非営利団体における監事のしごとを、徹底的に掘り下げます。

さらに、話題提供者として、神奈川県藤沢市の中間支援組織である、認定 NPO法人藤沢市民活動推進機構の副理事長・事務局長の手塚明美さんをゲストにお迎えして、NPOの組織運営と監事の役割について、実践例などをお話しいただいきます。

監事の役割と責任、期中監査及び期末監査の実際、実効性の高い監査を実現するためのコツ、新任監事が組織の課題を把握するためにまずやるべきことなど、書籍を読んだだけではイメージしにくい監事のあれこれについて、豊富な実務経験をもとに紐解いていきます。

また、非営利組織のガバナンス評価の基準であるJCNE(非営利組織評価センター)の定める23基準を解説し、その申請や評価のプロセスを利用して、非営利団体の課題発見に役立てる方法についても解説します。

今回は、参考テキストとして、「NPO法人の理事・監事のための業務チェックリスト」(発行:認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク 1冊500円)を特別プレゼントいたします。
★本チエックリストについて→http://www.npokaikei.com/book.html#02

現役の監事の方だけでなく、今以上に監事に活躍してもらいたい団体関係者の方、中間支援の方などにぜひ参加いただきたいプログラムです。

今回はいつもより30分長い120分での開催となります。
開始時刻が30分早まっていますので、ご注意ください。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催
2017年10月志的勉強会
非営利組織の監事のしごとAtoZ

日 時 2017年10月23日(月)18:30〜20:30(開場18:15)   
場 所 日本財団ビル2階1-4会議室 東京都港区赤坂1−2−2
参加費 2,000円(事前決済・キャンセル不可)
懇親会 勉強会終了後に懇親会を予定しています。
    (参加申込み・参加費は、勉強会当日になります。)
定 員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
主 催 NPOのための弁護士ネットワーク/日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
http://npolawnet20171023.peatix.com/
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

志的ブログ by NPOのための弁護士ネットワーク
http://blog.canpan.info/npolawnet/

<発表者>
手塚明美氏(認定 NPO法人藤沢市民活動推進機構 副理事長・事務局長)
      Webサイト:http://f-npon.jp/
山田泰久(NPO法人CANPANセンター代表理事、(一財)非営利組織評価センター業務執行理事)
樽本哲(弁護士・NPOのための弁護士ネットワーク代表)

<内容>
18:15 受付開始 受付で名刺を1枚お渡しください。
18:30 冒頭挨拶、配布物確認
18:40 監事の役割と責任
19:10 事例提供、ディスカッション
20:00  非営利組織評価センターの第三者組織評価を監事業務に活かすには
20:30 終了(アンケート記入)
※構成や内容は変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

<参加者特典!>
今回は、参考テキストとして、「NPO法人の理事・監事のための業務チェックリスト」(発行:認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク 1冊500円)を特別プレゼントいたします。
★本チエックリストについて→http://www.npokaikei.com/book.html#02

(日向寺)
posted by 日向寺 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年08月24日

クラウドファンディングと法律(8/23志的勉強会レポート)

 NPOのための弁護士ネットワークです。
 昨日の志的勉強会のレポートです!

 通算第25回となる今回は、「NPOのクラウドファンディング〜あらためて学ぶ基礎とリスク〜」と題し、クラウドファンディングについて学びました。
 事前のご案内はこちらをご参照ください。→ http://blog.canpan.info/npolawnet/archive/51

 感心の高いテーマであったためか、約45名の方にお集まりいただきました。(志的勉強会史上最多かもしれません。)
 まず、READYFOR株式会社にてキュレーターとして多くのプロジェクトに携わって来られた石渡さんから、クラウドファンディングの基礎知識のプレゼンテーションを頂きました。
 そして、実際のクラウドファンディングの成功例をベースにしたケーススタディを用いて、ディスカッションを行い、クラウドファンディングの基礎を体感しました。いかに共感を得るか、それをどのように「お金」に変えてもらうか、参加者の方からは、様々な案が出されました。
 その後、重松弁護士から、クラウドファンディングについての法律上のリスク等について、基礎的な事項が説明されました。
 質疑応答では、実際にクラウドファンディングをしようと考えている方や、クラウドファンディングをしている方などから、鋭い質問がなされ、活発なやり取りができたのではないかと思います。

 個人的には、Readyforさんの取り組みについて詳しく知れたことも有益でした。クラウドファンディングを行っている事業者は日本で今や50弱もあるそうですが、そのなかでのReadyforさんの特徴がわかりましたし、なかでもプロジェクトを育てるという部分にも重きをおいているんだなと感心してしまいました。

(講師の2人と当日の様子)
21057516_10207956114460434_803281363_o.jpg
21103888_1892901000977487_62509915_o.jpg

 さて、今後も引き続き、ご参加頂いた方に来てよかったと思って頂けるような勉強会を続けていければと思います。
 ご参加頂いた皆様、そしてご協力頂いた石渡さん、canpanさん、ありがとうございました!

NPOのための弁護士ネットワーク
(日向寺)
posted by 日向寺 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年07月24日

8/23 志的勉強会開催案内 【NPOのクラウドファンディング〜あらためて学ぶ基礎とリスクについて〜】

 来月開催予定の志的勉強会のご案内です。今回のテーマは「クラウドファンディグ」です。
 最近、ますます注目を集めているクラウドファンディングよるファンドレイジングではありますが、
 今一度、クラウドファンディングについて考え、また、実施前、実施中、実施後の各段階のおける法的問題点を整理したいと思います。

お申込みは、
http://npolawnet20170823.peatix.com/ 
からお願いいたします。

以下、案内文となります
--------------------------------

 みなさん、こんにちは。NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催による志的勉強会、2017年3回目のご案内です。NPOのための弁護士ネットワークは、2013年からNPOの理事・職員、中間支援団体、士業などの専門家、NPOとの協働に興味のある企業、プロボノなどの多様な立場の方々と共に、NPOの運営に関する法的課題とその解決方法の検討や事例・書式等の共有を目的とした勉強会を定期的に開催しています。

 今回のテーマは、「クラウドファンディング」です。
 NPOのファンドレイジングにおいて、クラウドファンディングはその一手段としてすっかり定着しました。とはいえ、実際にクラウドファンディングって具体的にどういうことをやるの?成功するケースやチャレンジした場合のリスクは?などなど気になることも多いかと思います。

 今回の勉強会では、READYFOR株式会社にてキュレーターとして多くのプロジェクトに携わって来られた石渡佳央里氏をお招きし、クラウドファンディングの基礎知識を確認しつつ、実際のNPOにおける成功事例を基に、支援者等の共感を得るための工夫についてもお話しいただきます。また、事例を通して、クラウドファンディングの理解を深めていきます。
合わせて、クラウドファンディングにチャレンジする際に気をつけるべき点、特に法的問題点について、実例を交えて検討します。
 具体的には、リターンを設定する際の寄付型と購入型の違いとは、団体の概要やリターンの内容についての説明責任の有無・程度、プロジェクト成功後リターンが実現できない場合の問題、プロジェクト支援者との関係(法的関係を含む)などについて検討する予定です。

 これからクラウドファンディングにチャレンジしてみよう、興味があるという方、クラウドファンディングを実施したけどうまくいかなかった方など、皆さまのご参加をお待ちしています。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催
2017年8月志的勉強会
NPOのクラウドファンディング
〜あらためて学ぶ基礎とリスクについて〜

日 時 2017年8月23日(水)19:00〜20:30(開場18:45)   
場 所 日本財団ビル2階1-3会議室 東京都港区赤坂1−2−2
参加費 2,000円(事前決済・キャンセル不可)
懇親会 勉強会終了後に懇親会を予定しています。
    (参加申込み・参加費は、勉強会当日になります。)
定 員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
主 催 NPOのための弁護士ネットワーク/日本財団CANPANプロジェクト

---------------------------------------------
(案内文以上)

 皆さまのご参加、お待ちしております。

NPOのための弁護士ネットワーク
posted by 日向寺 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報