CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月19日

2018年9月11日 志的勉強会開催報告 プラットフォーム選びから始める、NPOのためのクラウドファンディング

 こんにちは。NPOのための弁護士ネットワーク理事の樽本です。
 当ネットワークは、CANPANセンターの協力を得て、NPO関係者と弁護士がともに考えて学ぶNPOの法律実務に関する勉強会を、「NPOのための志的勉強会」という名称で、年に4、5回のペースで開催しています。当ネットワークの弁護士とNPOの関係者や専門家がペアになって、事例の検討、法律・判例の紹介などを行っています。これまで多数のNPOや専門家、企業関係者らに発表協力をいただきました。

過去の開催状況→http://www.npolawnet.com/history.html

 さて、2018年9月11日(火)に開催された通算第29回「NPOのための志的勉強会」では、『プラットフォーム選びから始める、 NPOのためのクラウドファンディング 』と題して、NPOのファンドレイジングの一手法としてすっかり定着した感のあるクラウドファンディングについて、元クラウドファンディングプラットフォームの提供企業での勤務経験のある宮本聡さんを発表協力者に迎えて、重松弁護士が発表を担当しました。
また、プラットフォーム提供企業からGoodMorning by CAMPFIREの酒向萌実さん、Readyforの徳永健人さんにも参加してもらい、それぞれのサービスの紹介などをしてもらいました。

20180911_01.jpg
20180911_02.jpg

 宮本さんからは、クラウドファンディングとは何かという基本から、クラウドファンディングの市場規模、プラットフォーム選びのコツ、期間限定キャンペーンを継続的な支援につなげるためのクラウドファンディングの活用法、目的達成のための心構えなどをお話いただきました。
 矢野総合研究所の推計によると、日本のクラウドファンディング市場(新規プロジェクト支援額ベース)は、2017年度には前年度比46.2%増の約1,009億円に達する見込みで、急激に成長しているが、2016年度の実績ではその約9割が利息によるリターン目的の貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)であったということです。
■矢野総合研究所の推計
https://www.yanoict.com/summary/show/id/481?gclid=EAIaIQobChMIv-75q_zF3QIVR7aWCh20PwMsEAAYASAAEgIINvD_BwE

20180911_03.jpg

 酒向さん、徳永さんからは、それぞれ15分ずつ自社プラットフォームの仕組み、レギュレーション、プロジェクト開始時における審査や実施期間中の支援の内容等について紹介してもらいました。酒向さんが配布したCAMPRIREのアイディアシートは、クラウドファンディングを検討する際の企画書のベースになるもので、プロジェクトオーナーが考えておかなければならない要素が整理されていてとてもわかりやすかったです。同社は誰もがクラウドファンディングにチャレンジできるように、プロジェクトの開始前の審査を厳格にし過ぎないように意識しているということです。
 また、徳永さんのプレゼンでは、Readyforがキュレーターによる伴走支援などサポート体制を充実させていること、そのため75%という高いプロジェクト達成実績を誇っていること(業界平均は約30%とのこと)、スタッフには準認定ファンドレイザーの資格取得を奨励していることなどの紹介がありました。
 両社とも期間限定のプロジェクトだけでなく、定額での継続支援のできるプランも用意されているとのことでした。その他の点の比較は以下のとおりです。

■GoodMorning by CAMPFIRE
 実行方式→All in(実行確約) のみ
 手数料→14%(うち決済手数料5%)
 サポート→スタッフによるアドバイス、問合せ対応など(伴走支援のメニューはない)
■READYFOR
 実行方式→購入型・寄付型プロジェクトの場合はAll or nothing(達成時実行型)
      それ以外はAll in
 手数料→シンプルプラン12%(うち決済手数料5%)
     キュレーターによるフルサポートプランは17%(うち決済手数料5%)
 サポート→フルサポートプランでは専任のキュレーターによる伴走支援が受けられる

 Readyforでは、キュレーターによる手厚いフルサポートは受けられないものの手数料が5%安くなるシンプルプランを提供しているということですが、宮本さんからは、ディスカウント部分で外部のファンドレイザーなどのプロの支援を受けることも考えられるのではとの指摘がありました。確かにいろんな可能性がありそうです。
 時間の都合で両社とも短時間のプレゼンでしたが、基本的なスタンスの違いなどが分かって有益でした。

 続いて、重松弁護士からは、購入型と寄付型のクラウドファンディングの違いとリターン設計における注意点、税金面で取扱いの違い、プロジェクトページ内で説明するべき事項、プロジェクト実行者の責任、リターンが実現できない場合の法的論点、プロジェクト成功後のフォローアップ、支援金等の使途の説明義務と余剰金の転用の可否についての裁判事例などについて、法的な観点から解説がありました。

 最後に質疑応答を行いましたが、これはよかったというクラウドファンディング事例を紹介してほしいとの参加者からの質問に対して、Readyfor徳永さんの回答した事例が興味深かったのでご紹介します。
 そのプロジェクトは、認定NPO法人が実施した目標寄附金額100万円の寄付型クラウドファンディングのプロジェクトだったのですが、実施団体が自団体の信頼性をアピールする手段として、非営利組織評価センターの第三者評価の結果をプロジェクトページに掲載した初めてのケースということでした。NPOのファンドレイジングの現場で第三者評価を活用する時代になってきたことを知って、同センターに関わる者としてうれしく思いました。

※このプロジェクトについて詳細をお知りになりたい方は下記リンクをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/17036

 今回も90分の短い時間で盛りだくさんな内容でしたが、ご参加いただいた方々には、プロジェクターとPCの接続に不備があり、資料の投影がスムーズにできなかった不手際をお詫び申し上げます。
 また、参加者のアンケートでは、クラウドファンディングの基本を改めて学ぶことができて有意義だったという感想のほか、期待していた内容と違った、クラウドファンディングという資金調達手法に関する法的な解説をもっと聞きたかったという意見や、資料をもっと充実してほしいという声も聞かれました。貴重なご意見を次回以降の勉強会に活かしていきたいと思います。改めて、ご参加いただいた皆様に御礼申し上げます。

 次回は、11月中旬から下旬頃に、不祥事などの危機発生時における監事の役割をテーマに勉強会を開催する予定です。より実践的な内容を予定していますので、ぜひご参加ください。

(樽本)
posted by 樽本 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NPOの法律問題

2018年03月28日

理事長交代のご報告と4月の志的勉強会のご案内

NPOのための弁護士ネットワークの樽本です。
ご無沙汰しております。
FRJ2018に参加された方にはN弁紹介チラシ等でご報告していましたが、私は今月のN弁の定時総会・全体会議で理事長を退任し、芝池俊輝弁護士(ことのは総合法律事務所)が後任の理事長に選任されました。
 芝池俊輝プロフィール http://kotonoha-law.com/lawyer/shibaike
樽本も引き続き理事メンバーとしてN弁の運営に関わっていきますので、今後ともN弁をよろしくお願いいたします。

さて、今年も来月の4月から年4回の予定で、志的勉強会をCANPANセンターさんと共催します。
4月の発表者は新しく理事長になった芝池弁護士です。
昨年の勉強会に続いて、NPOのスタッフのメンタルヘルスの問題を取り上げます。
以下に告知文を転載しますのでご覧ください。

==
『知っておきたい職場のメンタルヘルスの基礎知識 〜ケーススタディで学ぶNPOスタッフの心の問題とその対応〜 』

近時、NPOの現場では、深刻な社会課題に向き合う中で大きなストレスを抱えたり、人間関係のトラブルに悩んだ結果、メンタルヘルスに不調をきたす方が増えています。あなたの周りにも、元気がなく、仕事や活動を休みがちになっている方はいませんか?
今回の勉強会では、NPOで働くスタッフのメンタルヘルスの問題をテーマとして取り上げ、休職・退職をめぐる法律的な問題を分かりやすく解説するとともに、産業カウンセラーの廣井敬三氏、社会福祉士である金澤沙知氏にご協力いただき、メンタルヘルスの基礎知識、心に悩みを抱えたスタッフとの向き合い方、リワークや傷病手当・労災保険等の制度等についても学びます。
管理職の方に限らず、NPOのメンタルヘルスの問題に関心があるすべての方にご参加いただけます。 皆さまのお越しをお待ちしています。

発表者
廣井 敬三氏(産業カウンセラー・NPO法人はぐくみ心理相談所理事長)
金澤 沙知氏(社会福祉士・地域包括支援センター羽田)
芝池 俊輝(弁護士・NPOのための弁護士ネットワーク)

日時 平成30年4月17日(火)午後6時半〜8時半
場所 日本財団ビル2階第1・2会議室
東京都港区赤坂1−2−2
参加費 2000円(事前決済・キャンセル不可)
定員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
申込方法 以下の URLからお申し込みください。
http://npolawnet20180417.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。
※ご不明な点がございましたら、npoben.net@gmail.comまでご連絡ください。
懇親会 勉強会終了後、懇親会を予定しています。
共催 日本財団CANPANプロジェクト
posted by 樽本 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | NPOの法律問題

2017年10月26日

「非営利組織の監事のしごとAtoZ 」志的勉強会10/23開催報告

NPOのための弁護士ネットワークです。

去る10月23日,「非営利組織の監事のしごとAtoZ 」と題して,NPO・非営利組織の監事・監査業務についての勉強会を開催しました。

ネットワークからは樽本哲弁護士が発表し,
手塚明美さん(認定 NPO法人藤沢市民活動推進機構 副理事長・事務局長)と,勉強会を共催頂いているCANPANさんから山田泰久さん(NPO法人CANPANセンター代表理事、(一財)非営利組織評価センター業務執行理事)からご協力を頂きました。

22790079_1467040700011832_1014369421_o.jpg
22766647_1467040746678494_516630327_o.jpg
22830968_1467040703345165_960547620_o.jpg

今回は,題材を反映して,士業の方の参加が目立った印象です。

監事の仕事というのは,一応書籍に書いてあることは理念・理屈としてはわかっても,実際に手を付けると,それとのギャップがあるように感じてしまうものでもあります。
監事の役割と責任,期中監査及び期末監査の実際,実効性の高い監査を実現するためのコツ,新任監事が組織の課題を把握するためにまずやるべきことなど,書籍を読んだだけではイメージしにくい監事のあれこれについて,実践的な話題が共有できたのではないかと思います。

また,非営利組織のガバナンス評価の基準であるJCNE(非営利組織評価センター)の定める23基準の解説もあり,その申請や評価のプロセスを利用して,非営利団体の課題発見に役立てる方法の紹介は,監査を通じて本業を鍛えるという,監査の理想的な仕事につなげるヒントにもなったのではないかと思います。

監査の仕事は「完成」というものはなく,常により良いものを目指さなければならないものです。
その指針や,ヒントが得られた気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて,今年の勉強会はこれで終了です。
来年の勉強会については,決定次第ご連絡いたします。
年末にかけては,寄付月間関連のイベント等を企画中です。

今後とも「N弁」をよろしくお願いいたします。

(日向寺)
posted by 日向寺 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年10月20日

【NPO法人の役員の役割と責任】関連講座報告

当ネットワーク代表の樽本が、下記講座で講師を務めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日(水)に東京ボランティア・市民活動センターとシーズ・市民活動を支える制度を作る会が共催するNPO法人運営入門講座で、法務に関するセミナーを行いました。
20年以上の歴史のあるセミナーで、私は今年で3回目の登壇になります。

22662747_1436259956493604_1322414764_o.jpg

毎回NPO法人の機関や役員の責任について話をしていますが、法律知識のインプットだけでは疲れてしまうので、Q&Aや事例を用いた説明を多く盛り込むことを意識しています。

今回セミナーの冒頭で示したQは下記の内容でした。
Q1 知人から頼まれてNPO法人の理事になりましたが、何をすればよいのでしょうか。団体を仕切ればよいのですか。
Q2 NPO法人の監事になりました。具体的に何をどうチェックすればよいのでしょうか。拠点がたくさんある団体の場合、すべてを見て回る必要があるのでしょうか。
Q3 NPO法人の理事ですが、年に1回理事会に参加するだけで、団体がどんな活動や事務処理をしているのか正直よくわかりません。何か問題があったときに責任を負う必要はありますか。
Q4 理事長を辞任したいのですが、他の理事から辞任するなら現在の法人の負債を個人で弁償しろと言われています。そのような義務がありますか。
Q5 理事の一人が自分がもらってきた寄付金だからと、勝手に使途を決めたり、知人を縁故採用したりしています。監事としてはどうすればよいでしょうか。
Q6 理事長が経営する会社からNPO法人が業務委託を受けることができますか。その場合、契約で注意するべきことはありますか。
Q7 代表が突然亡くなりました。NPO法人には借金があり、引き継げる者がいません。どうすればいいでしょうか。

N弁のウェブサイトにも、NPO法人に最近関わりはじめたんです、という方から、こういった質問が寄せられることがあります。このグループには経験豊富な方が多いので、だいたいお分かりですよね?
NPO法人は市民活動を行いやすくするために議員立法で作られた法人格ということもあり、役員の責任は他の法人と比較して厳格ではなく、社員総会による役員に対する監督機能もあまりきかない制度設計がなされています。
志を同じくする仲間の集まりである団体に権利義務の主体としての法人格を付与することで、構成員から独立した法人独自の財産や法人としての行為という概念が生まれ、団体の構成員は第三者に直接責任を負わなくてすむようになる、それはとても意味のあることでした。
ただ、NPO法人も規模や活動内容に応じて細分化が進み、社会における影響力が高まってきたことで、法が最低限保証する”ゆるい”ガバナンスでは、組織内のコンプライアンスやリスクマネジメントが十分に果たせない、あるいは内部ではきちんと運用できていても外部から信頼性に欠ける組織に見えてしまう、という弊害も生まれています。
定款で役員の役割や責任を営利企業並みに厳格に定めることは可能ですが、職業経営者や機関投資家の存在しないNPOにあって、それが果たしてグッドガバナンスに結びつくのか、役員のなり手を確保できるのか、難しい問題です。

セミナーでは上記のQ以外に、NPO法人や役員が責任を問われるかもしれない5つの事例(助成金の不正受給、労働法規違反、活動現場における事故、各種業法違反、寄付金の転用)を紹介して、解説を行いました。
私自身もNPOの理事や監事をいくつか引き受けているので、このセミナーは自分自身を見直すよい機会になっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上樽本からの報告でした。(日向寺)
posted by 日向寺 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年09月22日

10/23「非営利組織の監事のしごとAtoZ 」志的勉強会案内

NPOのための弁護士ネットワークです。
志的勉強会のご案内です。本年最後の志的勉強会となります。
来場者プレゼントもございます。奮ってご参加ください!
皆さまのご参加、お待ちしております!
なお、今回の勉強会は18時30分開始予定となっておりますので、ご注意ください。

以下、案内文になります。

今回のNPOのための志的勉強会は、同勉強会を共催する、NPOのための弁護士ネットワークとCANPANセンターの代表2名が、NPO、一般社団・財団法人など非営利団体における監事のしごとを、徹底的に掘り下げます。

さらに、話題提供者として、神奈川県藤沢市の中間支援組織である、認定 NPO法人藤沢市民活動推進機構の副理事長・事務局長の手塚明美さんをゲストにお迎えして、NPOの組織運営と監事の役割について、実践例などをお話しいただいきます。

監事の役割と責任、期中監査及び期末監査の実際、実効性の高い監査を実現するためのコツ、新任監事が組織の課題を把握するためにまずやるべきことなど、書籍を読んだだけではイメージしにくい監事のあれこれについて、豊富な実務経験をもとに紐解いていきます。

また、非営利組織のガバナンス評価の基準であるJCNE(非営利組織評価センター)の定める23基準を解説し、その申請や評価のプロセスを利用して、非営利団体の課題発見に役立てる方法についても解説します。

今回は、参考テキストとして、「NPO法人の理事・監事のための業務チェックリスト」(発行:認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク 1冊500円)を特別プレゼントいたします。
★本チエックリストについて→http://www.npokaikei.com/book.html#02

現役の監事の方だけでなく、今以上に監事に活躍してもらいたい団体関係者の方、中間支援の方などにぜひ参加いただきたいプログラムです。

今回はいつもより30分長い120分での開催となります。
開始時刻が30分早まっていますので、ご注意ください。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催
2017年10月志的勉強会
非営利組織の監事のしごとAtoZ

日 時 2017年10月23日(月)18:30〜20:30(開場18:15)   
場 所 日本財団ビル2階1-4会議室 東京都港区赤坂1−2−2
参加費 2,000円(事前決済・キャンセル不可)
懇親会 勉強会終了後に懇親会を予定しています。
    (参加申込み・参加費は、勉強会当日になります。)
定 員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
主 催 NPOのための弁護士ネットワーク/日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
http://npolawnet20171023.peatix.com/
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

志的ブログ by NPOのための弁護士ネットワーク
http://blog.canpan.info/npolawnet/

<発表者>
手塚明美氏(認定 NPO法人藤沢市民活動推進機構 副理事長・事務局長)
      Webサイト:http://f-npon.jp/
山田泰久(NPO法人CANPANセンター代表理事、(一財)非営利組織評価センター業務執行理事)
樽本哲(弁護士・NPOのための弁護士ネットワーク代表)

<内容>
18:15 受付開始 受付で名刺を1枚お渡しください。
18:30 冒頭挨拶、配布物確認
18:40 監事の役割と責任
19:10 事例提供、ディスカッション
20:00  非営利組織評価センターの第三者組織評価を監事業務に活かすには
20:30 終了(アンケート記入)
※構成や内容は変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

<参加者特典!>
今回は、参考テキストとして、「NPO法人の理事・監事のための業務チェックリスト」(発行:認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク 1冊500円)を特別プレゼントいたします。
★本チエックリストについて→http://www.npokaikei.com/book.html#02

(日向寺)
posted by 日向寺 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報