CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年09月 | Main
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
東北地方太平洋沖地震応援基金
http://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
【報告】災害時における中間支援組織の12の役割研修を開催しました! [2019年10月31日(Thu)]

災害時における
中間支援組織の12の役割
研修を開催しました!

全国各地からご参加をくださった皆さま、本当にありがとうございます!

この研修は、社会福祉法人中央共同募金会さんに助成をいただいて、当法人が呼びかけをさせていただいて結成した「災害時の中間支援組織の役割会議プロジェクトチーム」の主催であり、社会福祉法人 全国社会福祉協議会さんに後援をいただきました。
「災害時の中間支援組織の役割会議プロジェクトチーム」は

全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)・明城徹也さん、ピースボート災害支援センター・上島 安裕さん、日本ボランティアコーディネーター協会・早瀬 昇 さんと当法人(特定非営利活動法人 岡山NPOセンター)・代表の石原達也を中心に結成し、日本NPOセンター・吉田 建治さん、全国社会福祉協議会・小川 耕平さんにも参加とご助言をいただいて災害時の中間支援組織の12の役割の整理を行ってきました。

また今回の研修講師も務めていただいています。


当日は全国各地より38組織・58名の中間支援組織やその役割を担う立場の方々がご参加くださりました。


研修は、当法人・代表の石原による「今年の九州豪雨、台風15号、19号など大規模災害が続く状況と、今後も日本各地での災害発生が予想される中で、各地で災害支援のために立ち上がり行動する方々を繋ぎ、支える中間支援の役割が、今回の研修で整理され、皆さまが取り組まれる支援活動がより効率的、効果的におこなわれる一助となれば」という趣旨説明で開会をさせていただき、「災害時の中間支援組織の役割会議プロジェクトチーム」の上記6名の講師が順番に以下の内容で体系的な解説だけでなく、具体的な事例や具体策の進め方、チェックリストやツールの解説などを織り交ぜながら講義を行いました。

1.災害時における中間支援の意義と被災者支援の全体像
2.災害時における中間支援組織の12の役割・解説
3.情報共有会議の立上げと開催、ポイントと実務
4.行政制度の把握と行政折衝
5.関係機関との調整〜災害ボランティアセンターの取り組み
6.多者協働によりどんなことができるようになったか?進んだか?
7.支援者と被災者に向けた情報発信の具体策
8.寄付や物資の調達支援の具体策
9.中間支援としての目線と留意
10.災害時における中間支援組織の12の役割・まとめ


開催時間は10:00〜17:00の朝から夕方まで1日がかりとなりましたが、熱心な参加者の皆さまのお陰で集中力と熱量の高い研修となり、参加者アンケートでも好評の声をいただきました!
いくつかご紹介をさせていただきます。
「災害時と平時の活動のつながりについて詳しく知ることが出来た」「「考え方」の話だけでなく、具体的な方法、ツールの紹介などもあり大変参考になった」「災害時において中間支援の役割が具体的にまとまっており、地域に戻って何をすればよいか明らかになった」「気付きもあり、方向性や、やりたいことが見えた」


アンケートでは、全体としてもう少し時間をとって学びたい、もう少し突っ込んで深く学びたい、というお声もいただいており、今後、さらに研修内容をブラッシュアップすると共に、より各論の研修なども企画をしていきたいと思います。また、今回は東京で開催しましたが西日本での開催なども計画しております。


また、研修参加者を中心とした各地の災害時の中間支援組織を務める組織のネットワークも広げていきたいと考えております。


今回の研修が少しでも各地での「誰ひとり取り残さない」支援に役立つことを願っています。


当法人では、研修を行うだけでなく、このノウハウの移転やノウハウにより、九州豪雨、台風15号、19号の被災地で活動される中間支援組織の方々の後方支援もさせていただいております。この取り組みも引き続き、継続していきます。


あらためて、多くのご参加をいただき、ありがとうございました!!


※この研修及び12の役割整理に関する取り組みは、社会福祉法人中央共同募金会 赤い羽根福祉基金の助成をいただいています。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございます。



IMG_4286.PNGimage.pngimage (4).pngimage (2).pngimage (3).pngimage (1).png74325797_2890020964341436_8565187325447897088_n.jpg
被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー 被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。 平成30年7月豪雨災害・倉敷真備での実践者から学ぶ避難所運営や家屋支援 [2019年10月30日(Wed)]

被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー


被災からの避難所や在宅での暮らし支援の

経験を学ぶ。


平成307月豪雨災害・倉敷真備での実践者から学ぶ

避難所運営や家屋支援



  趣 旨 


 平成307月豪雨災害では、岡山県内NPO、企業、住民組織、各種団体などが情報の共有や連携を行い、復旧・復興に向けて活動が展開されてきました。お互いに連携して活動が展開できたのは「平時からの活動」や連携できる「関係性」のおかげでした。


 今、被災地は緊急支援からコミュニティ再生に取り組むフェーズへと変わり、支援活動もそれにあわせて変化しながら続いています。その現在進行形で進む倉敷市真備で実際に支援をされた方々の事例を学び、今後発生する災害に備えるために、お互いの顔が見える関係づくりと災害に関する認識共有を図ると共に、災害支援のためのネットワーク「災害支援ネットワークおかやま」への参画やネットワークとの連携を高めることを目的とした交流セミナーを開催します。


2 概要


◆日 時:    2019121日(日)13:301630


◆会 場:    美作市消防本部研修ホール岡山県美作市楢原下1100


◆対 象:    今後の災害支援について関心のある行政、NPO、企業、専門家、

         各種組織、一般市民など


◆参加費:   無料


◆定 員:      50


◆参加方法: コチラのフォームよりお申込下さい。


◆主催/共催: 岡山県・特定非営利活動法人岡山NPOセンター/災害支援ネットワークおかやま


◆後援:        美作市(申請中)、社会福祉法人美作市社会福祉協議会(申請中)



◆プログラム


(1) 開会挨拶・趣旨説明


(2) 事例報告


          @ 安全安心な避難所にするためのヒントあれこれ (山中弓子/NPOフレンドシップ)


          A 災害から大切な我が家を守る為に必要なことを学ぼう (北山紀明/team桃太郎)




(3) 意見交換会


(4) 美作市より情報提供


        閉会 


3 お問い合わせ先


特定非営利活動法人岡山NPOセンター (担当:柴田、大塚、石原)


700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階 岡山NPOセンター内


電話 086-224-0995  FAX 086-224-0997  E-mail      npokayama@gmail.com


*当交流セミナーは、岡山県被災者支援NPO等ネットワーク構築事業として実施します。



IMG_4282.PNGIMG_4283.PNG




【ご案内】令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域調査」について [2019年10月29日(Tue)]

【ご案内】令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域調査」について

この度西川及び周辺で活動する組織や住民が持続可能で快適な地域環境と価値創造に貢献できる取り組み(エリアマネジメント)をするにあたり、地域課題の現状を明らかにするためのものとして「岡山市市民協働推進ニーズ調査事業」1)を岡山市と西川エリア及び周辺地域活動組織2)の協働により実施いたします。
アンケート回収後につきましては、集計、分析を行い、報告会を開催いたします。
報告会の詳細につきましては確定後、当ページにてご案内いたします。

令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域調査」報告会
日時:令和2年2月頃開催予定
場所:岡山市内

1)「岡山市市民協働推進ニーズ調査事業」とは岡山市とNPO法人等市民活動団体との協働を推進し、社会課題の解決を官民協働の手法により進めるよりよい協働事業の促進のための事業であり、岡山市の審査、決定を受けて実施しています。
2)出石地区連合町内会、深柢地区連合町内会、西川エリアまち育て協議体、西川緑道公園筋歩行者天国実行委員会、NPO法人岡山NPOセンターで構成され、「西川エリア及び周辺地域住民への地域課題調査実行委会」として実施しています。

問合先(事務局):NPO法人岡山NPOセンター 
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
TEL 086-224-0995 / FAX 086-224-0997

2019年度NPO法人事務局連続セミナー 第8回効率を上げて時間を節約する組織内コミュニケーションと事務の効率化 [2019年10月23日(Wed)]

2019年度
NPO法人事務局 連続セミナー

F11月21日(木) 13:30〜16:30 
効率をあげて時間を節約する組織内コミュニケーションと事務の効率化

忙しい事務局長や他所にいるスタッフとどう情報共有をしていますか?


191121効率をあげて時間を節約する組織内コミュニケーションと事務の効率化.png


参加お申込みフォームはこちら

NPOって何?という初心者さんから、NPO法人の会計を中心とした事務実務まで、
NPOに関する様々なセミナーを開催します。

●開催場所
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
〒700-0807
岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館「きらめきプラザ」2階
※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。

●参加費
☆6回えらぶ割引 6回分    会員: 8,000円  非会員:16,000円
☆各回参加 1回毎の料金    会員: 1,500円  非会員: 3,000円
※1回ずつ、ご自由に選んでの受講も可能です。

NPO法人事務局 連続セミナーを受講されるごとに
税理士・技術士・防災士・弁護士・弁理士が講師を務める
専門家6連続セミナーの割引が適用されます。
併せてご検討ください。


※本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。

●申込方法
申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。

・お申込みフォームは こちら

・お申込み用紙(チラシ)はこちら(PDFファイルが開きます)

・FBイベントはこちら https://www.facebook.com/events/543655956196816/

●申込締切
各講座1週間前まで申し込みを受け付けます。先着順。

●持ち物
筆記用具を各自でご持参ください。

●講師プロフィール

加藤さん.JPG


事務支援センター長 加藤彰子

高校卒業後、法律事務所で一般事務、ベネッセの関連会社で切手の売捌き・損害保険の代理店、造園会社で経理や指名願いの提出などの事務仕事を経て、20066月、NPO 法人岡山NPO センターに経理・労務担当のパート職員として入職。2009年より、出張相談などの事業にもかかわるようになり、2011年の事業拡大に伴いパートから正職員になり多事業に従事2013年にNPO 事務支援センター設立に伴いセンター長に就任。

NPOの事務支援に取り組む各地支援組織による全国組織「全国NPO事務支援カンファレンス」事務局。同「NPO事務力検定」認定講師。


●お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com
(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

専門家6連続セミナーのご案内 [2019年10月23日(Wed)]

弁理士・弁護士・税理士・防災士 
4人の専門家がお悩みにお答えします!!
参加お申込みフォームはこちら → https://forms.gle/fTVcHNrwpcBPHbaV9
NPO法人事務局連続セミナーをお申込みの方はお得な割引価格になります!/
チラシはこちら(PDFファイルが開きます)

専門家6連続セミナーチラシ.png


●開催日時・テーマ・講師
@9月27日(金) 法人の税 終了しました
                        講師:税理士 小橋倫太郎 
A10月8日(火) 法人の事業継続計画(BCP) 終了しました
        講師:香川大学 地域強靭化センター 
                                 特命准教授 磯打千雅子 
B10月15日(火)NPO法人のための情報管理 終了しました
                         講師:弁護士 池田曜生
C10月29日(火)NPO法人の商標登録、特許出願 
                         講師:弁理士 笠原英俊
D11月7日(木)NPO法人のための働き方改革と労務管理 終了しました
           講師:弁護士 池田曜生
E11月28日(木)NPO法人の年末調整 
                         講師:税理士 小橋倫太郎
持参していただきたいもの:税務署から(10月下旬ころ)届いた年末調整の書類一式 お手元にない方は、事務局で準備できるものをお渡しします。

●開催場所
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
〒700-0807
岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館「きらめきプラザ」2階
※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください

●参加費
☆会員: 3,000円  非会員:6,000円

NPO法人事務局連続セミナーを1コマ申し込んでいるごとに500円引き
※1回ずつ、ご自由に選んでの受講も可能です。
※本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。

●申込方法
申し込みフォームへ入力
またはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。
・お申込みフォーム>>こちら  https://forms.gle/fTVcHNrwpcBPHbaV9
・お申込み用紙(チラシ)はこちら(PDFファイルが開きます)
・Facebookイベントページはこちら

●申込締切
各講座1週間前まで申し込みを受け付けます。先着順。

●持ち物
筆記用具を各自でご持参ください。

●講師プロフィール
小橋 倫太郎 税理士
小橋公認会計士総合事務所・株式会社小橋総研税理士・代表取締役社長
株式会社の他、NPO法人、社会福祉法人、医療法人など、多数の公益法人の税務・会計指導を行っている。
学校法人就実学園 非常勤講師(平成22年〜平成28年)NPO法人、社会福祉法人 理事・監事等
著書 『介護保険の経済と財政』(共著、草薙書房)『NPO法人Q&A』(岡山NPOセンター) 

磯打 千雅子 技術士・防災士 香川大学博士(工学)
2015年度地区防災計画学会室崎賞(論文賞)を受賞。
専門分野は地域防災、BCP、DCP(地域継続計画)、地区防災計画。香川県防災会議委員、国土交通省四国地方整備局四国建設業 BCP 等審査会委員、香川県中小企業BCP優良取組事業所認定制度審査委員、香川地域継続検討協議会委員・事務局、
内閣府地区防災計画アドバイザリーボード委員、地区防災計画学会理事、NPO法人女性技術士の会理事。著書に「地域と企業」など。

池田 曜生 弁護士
弁護士(岡山弁護士会所属)。NPOのための弁護士ネットワーク理事。
日弁連中小企業法律支援センター事務局員。
認定支援機関(中小企業等経営力強化法に基づく経営革新等支援機関の認定),岡山県庁嘱託勤務,岡山市包括外部監査人(2018年度)など。
「中小企業等の事業承継と民事信託の活用」銀行法務21 No.814(2017年5月号),日本弁護士連合会,日弁連中小企業法律支援センター編「事業承継法務のすべて」(きんざい)(共著)など。

笠原英俊 弁理士
笠原特許商標事務所 所長・弁理士(特許権侵害等に関する特定侵害訴訟代理人)
昭和62年:川崎製鉄株式会社(現 JFEスチール)入社、主として化学プラントや化学装置の技術 解析及び建設等を担当(水島、東京本社勤務)。 平成7年:弁理士本試験合格。平成9年3月:笠原特許商標事務所(岡山市)設立。 平成16年度:日本弁理士会 中国・四国部会(現 中国会、四国会)長
・中小企業基盤整備機構 中国本部 経営支援アドバイザー・岡山商工会議所専門相談員 ・岡山リサーチパークインキュベーションセンター(ORIC)顧問

●お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com
(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

2019年度岡山市市民活動リーダー育成研修〜 [2019年10月16日(Wed)]


〜岡山の市民活動を支える10人のリーダーの価値観を探るインタビュー〜


? 社会課題の解決理想の実現を目指す、
 市民活動のリーダーに求められる要素は何でしょうか

  それは特定の技術ではなく、
   ・社会の動向を予測する 先見性
   ・しなやかに変化に対応する 柔軟性
   ・自ら変化を生み出す 創造性 などではないでしょうか?!

そこで、リーダーの考え方や心がまえを探ることを目的とした研修事業を実施します。

相手の価値観を引き出すトレーニングの後、様々な分野で活躍しているリーダーたちにインタビューを行います。
 また、リーダーたちとのつながりをつくり、以後の活動に役立ててもらうこともこの研修のねらいとなります。

■研修スケジュール

 研修は3ステップになっています

・ステップ1 〜トレーニング〜
  日時:2019年10月27日(日曜日) 9:00〜17:00 
  場所:SGSG(岡山市北区奉還町3-1-30 奉還町商店街アーケード内)
  講師:松澤 桂子さん(NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン)

・ステップ2 〜インタビュー〜
  日時:2019年11月〜12月
  場所:岡山市内

 ※ステップ2の「インタビュー」の日時は文末の詳細をご覧ください

・ステップ3 〜ふりかえりと共有〜
  日時:2020年2月8日(土曜日)13:30〜16:30
  場所:岡山県青年館 大ホール(岡山市北区津島東1-4-1)

※本研修への参加はステップ1〜トレーニング〜の受講が必須条件となります

●対象:主に岡山市内の市民活動に関心を持つ個人

●定員:20名程度

●参加費:無料

■インタビューを受ける10名のリーダー

・青江 整一さん 株式会社ミナモト建築工房 代表取締役社長
・石田 篤史さん 公益財団法人みんなでつくる財団おかやま 専務理事
・石原 達也さん NPO法人岡山NPOセンター 代表理事
・池田 満之さん 岡山市京山地区ESD推進協議会 会長
・糸山 智栄さん 岡山県学童保育連絡協議会 会長
・河本 美津子さん 一般社団法人ぐるーん 代表理事
・阪井 ひとみさん 阪井土地開発株式会社 代表取締役社長
・多田 伸志さん NPO法人岡山マインド「こころ」代表理事
・美咲 美佐子さん NPO法人岡山市子どもセンター 代表理事
・横田 都志子さん カフェ・定食ぽん太 店主


参加お申込フォームはこちら
【申込フォーム】https://forms.gle/Uc5toh71XXLfPsNJ6

研修の詳細は、下記をご確認ください
 【イベントページ】はこちら(Facebookイベントに飛びます)
 【チラシ】はこちら(PDFが開きます)


プログラム内容.jpg10人リーダー.jpg 


●インタビュー日程詳細

※都合の良い日時に実施されるインタビューにのみ参加していただきます。

日時

場所

インタビューを受けるリーダー

11月6日(水)

10:00〜13:00

こどもの森

岡山市北区学南町三丁目6‐1

美咲 美佐子さん

(NPO法人岡山市子どもセンター 代表理事)

11月8日(金)

14:00〜17:00

ESD・市民協働推進センター

岡山市北区大供一丁目1-1市役所2階

池田 満之さん

(岡山市京山地区ESD推進協議会 会長)

11月12日(火)

13:00〜16:00

(公財)みんなでつくる財団おかやま

岡山市北区奉還町三丁目15-8

石田 篤史さん

(公益財団法人みんなでつくる財団おかやま 専務理事)

11月17日(日)

14:00〜17:00

(特非)岡山NPOセンター

岡山市北区表町一丁目4-64

河本 美津子さん

(一般社団法人ぐるーん 代表理事)

11月21日(木)

14:00〜17:00

ESD・市民協働推進センター

岡山市北区大供一丁目1-1市役所2階

横田 都志子さん

(カフェ定食ぽん太 店主)

11月26日(火)

14:00〜17:00

株式会社ミナモト建築工房

岡山市北区辰巳14-101

青江 整一さん

(株式会社ミナモト建築工房 代表取締役社長)

12月1日(日)

12:00〜15:00

カイロス

岡山市北区岩田町5-7

阪井 ひとみさん

(阪井土地開発株式会社 代表取締役社長)

12月13日(金)

14:00〜17:00

ESD・市民協働推進センター

岡山市北区大供一丁目1-1市役所2階

糸山 智栄さん

(岡山県学童保育連絡協議会 会長)

12月16日(月)

14:00〜17:00

ESD・市民協働推進センター

岡山市北区大供一丁目1-1 市役所2階

多田 伸志さん

(NPO法人岡山マインド「こころ」 代表理事)

12月20日(金)

16:00〜19:00

(特非)岡山NPOセンター

岡山市北区表町一丁目4-64

石原 達也さん

(NPO法人岡山NPOセンター 代表理事)


講演会「住民と行政による洪水に強いコミュニティづくり(シャプラニール×岡山)」 [2019年10月07日(Mon)]

住民と行政による洪水に強いコミュニティづくり
ネパールにおける洪水対策×
災害支援ネットワークおかやま「まびシェア」

「シャプラニール全国キャラバン2019」現地ネパール人スタッフを岡山に迎え、講演会を開催します。 ネパールと岡山の「住民と行政による洪水に強いコミュニティづくり」の共通点はどこにあり、どんな違いがあるのか。 「災害支援ネットワークおかやま」の1年間の経験・現在の状況もふまえ、ネパールから新しい視点を学べる、貴重な機会です!



【日時】2019年11月1日(金)18:30〜20:30
【場所】岡山国際交流センター3F 研修室(岡山市北区奉還町2丁目2番1号)
    JR岡山駅から徒歩3分
【定員】30名
【参加費】1,000円
【内容】前半(講演)ネパールでの防災事業の話
    後半(パネルディスカッション)シャプラニール×岡山
【講師】
 講演者:キル・バハドゥール・ガレ(シャプラニール・ネパール事務所職員、防災事業担当)
 通訳/パネラー:小松豊明(シャプラニール事務局長)
 パネラー:石原達也(岡山NPOセンター代表理事)
【参加対象】
 ・ネパールの現地の話を聞きたい方、ネパールの防災事業に関心のある方
 ・岡山でネパール系コミュニティにいる方で、とくに日本での防災対策に関心がある方
 ・「災害支援ネットワークおかやま」の経験・現在・未来について聞きたい方
 ・真備の災害支援現場と「まびシェア」につながる方
【申込先/問合せ先】岡山NPOセンター(担当:白幡)
  Email:npokayama@gmail.com 電話:086-224-0995

191101シャプラ岡山チラシ(表面).jpg191101シャプラ岡山チラシ(裏面).jpg


講演会:ネパールにおける洪水対策事業


近年甚大な自然災害が増えています。それは日本国内だけでなく世界中で起こっている問題です。このたび、シャプラニールのネパール人現地スタッフ、キル・バハドゥール・ガレさんが「シャプラニール全国キャラバン2019」で、岡山を訪れ講演します。テーマは「住民と行政による洪水に強いコミュニティづくり」。 毎年のように洪水が発生する、ネパール南部チトワン郡マディ地域。対策および事業を通じて地域の人々がどのように変わっていったか、「災害に強い地域づくり」のために立ち上がった人々への支援をつづけるシャプラニールの防災事業について、お話しします。
講師:キル・バハドゥール・ガレ
シャプラニールネパール事務所職員 プログラムオフィサー 防災事業を担当


パネルディスカッション:ネパール×岡山


岡山では昨年7月豪雨災害がおこり、直後から岡山NPOセンターと岡山県社会福祉協議会とで連携し、被災者支援と、支援者の支援をしてきました。岡山県内で災害支援に取り組む組織のネットワーク「災害支援ネットワークおかやま」の1年間のまとめと、現在およびこれからの展望について。 また、倉敷市真備地区においては、緊急救援のフェーズから災害支援ボランティアセンター運営支援と共に、ニーズシーズに対応し、その支援者とともに被災地によりそいつづけ、被災から10ヶ月となる今年5月にみんなの拠点となる「まびシェア」を開設しました。その運営と現地の今についてお話しします。

岡山NPOセンター代表理事 石原達也

(このたびの災害支援のため講師を変更させていただきます。)

昨年の豪雨災害直後の緊急救援に東京から駆けつけ真備に入り、シャプラニールとして岡山の支援を遠隔地から行いました。その災害支援のことやシャプラニールの防災事業にまつわる経験から思うことを、パネルディスカッションを通じてお話しします。

シャプラニール事務局長 小松豊明


preparedness.jpg
シャプラニールのネパール事業では、2016年より「One River One Community」を合言葉に一つの河川の流域全体を一つのコミュニティと考え、地域住民自らが主体的に関わる防災活動の定着を目指し、取り組んできました。

◆シャプラニール とは

「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」(シャプラニール)は、1972年に設立された、特定の宗教、政治、企業、団体には属さない、日本の国際協力 NGONon Governmental Organization)です。

私たちは、南北問題に象徴される現代社会のさまざまな問題、とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を、現地と日本国内で行い、「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指して、活動しています。 

シャプラニールの全国キャラバン https://www.shaplaneer.org/caravan2019/


◆災害支援ネットワークおかやま

岡山県内で災害支援に取り組む組織のネットワークです。

岡山県内において災害時の民間による支援活動を効果的かつ協働して行うために、平時・発災時問わず、広くネットワークを組み、被災地の状況や各自の取り組み共有、行政との連絡調整、協働での取組みの検討と創出などを行うことにより、被災時に誰ひとり取り残さない支援の実現を目指します。


◆まびシェア

「まびシェア」は、平成30年度7月豪雨災害でも甚大な被害を受けた倉敷市真備地区を中心にNPOや企業、士業専門家組織などの各種支援団体の作業場及び合同オフィスとして、発災以降続けてきた「災害支援ネットワークおかやま(事務局:岡山NPOセンター)」による支援者の情報共有会議の開催や各種支援団体の事務作業や打ち合わせのスペース(シェアオフィス)です。


*特定非営利活動法人 岡山NPOセンター http://www.npokayama.org/



-----------------

会場:岡山国際交流センター (岡山市北区奉還町2丁目2番1号)

交通アクセス: http://www.opief.or.jp/oicenter/access.html


岡山国際交流センターは、JR岡山駅から徒歩3分のところにあります。(新幹線・在来線ご利用の方は、2F中央改札口からANAクラウンプラザホテル岡山方面経由が便利です。)一般駐車場はございませんので、恐れ入りますが、センター東隣の岡山駅西口パーキング、または最寄りの駐車場をご利用ください。

-----------------

SDGsネットワークおかやま 第5回定例会 G20保健大臣会合開催連動企画「勝手に前夜祭」〜民間におけるSDGsの動きで盛り上げよう〜 [2019年10月07日(Mon)]

タイムライン.png
SDGsネットワークおかやま 第5回定例会
G20保健大臣会合開催連動企画「勝手に前夜祭」
〜民間におけるSDGsの動きで盛り上げよう〜

SDGsネットワークおかやまは、岡山県内のNPO/NGO有志による声掛けにより、岡山においてSDGsの達成に対する確かな行動を促すためにNPO/NGOを中心とした民間非営利組織によるネットワークです。今回の定例会では、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク、NPO法人アフリカ日本協議会、NPO法人関西NGO協議会と共催をさせていただき、G20に対応したC20の東京、大阪の流れを受けて岡山でのG20 保健大臣会合開催への連動企画として開催いたします。

1.日時 2019年10月18日(金)19:00〜21:00
2.場所 BRANCH岡山北長瀬内「ハッシュタグ」(岡山市北区北長瀬表町2-17-80)
3.プログラム
(1)オープニング:SDGsネットワークおかやまについて 会長 石原達也
(2)G20に関する民間・市民の動き
  C20など世界と東京の動き NPO法人アフリカ日本協議会 稲葉 雅紀
  G20大阪市民サミットの報告 関西NGO協議会
(3)全体ディスカッション
(4)G20保健大臣会合について 紹介動画 & 岡山学芸館高校の取り組み発表 
(5)SDGs3などの目標に関する具体的な取り組み紹介と問題提起
  発表者:NPO法人AMDA社会開発機構 国内事業部 山上正道
  発表者:認定NPO法人ポケットサポート 代表理事 三好祐也
  発表者:公益社団法人認知症の人と家族の会岡山県支部 代表 尾崎善規
  発表者:PS瀬戸内株式会社 代表取締役社長 石原達也

(6)全体ディスカッション
(7)G20サイドイベントの紹介
(8)クロージング:SDGsと大学での次世代のための取り組み ノートルダム清心女子大学 濱西栄司
※終了後、同じ会場にてそのまま交流会(勝手にレセプション)

4. 参加申し込みはコチラのフォームよりお願いいたします。

5. 参加費 無料 ※交流会は同会場にて参加費あり(3000円程度)。
6. 主催:SDGsネットワークおかやま(事務局:岡山NPOセンター)
共催:(一社)SDGs市民社会ネットワーク、(特非)アフリカ日本協議、(特非)関西NGO協議会
SDGsネットワークおかやま第3回山陽新聞社140周年地域づくり連続シンポジウム・事前ワークショップ [2019年10月07日(Mon)]

SDGsネットワークおかやま
〜SDGsの達成に対する確かな行動を促すためのNPO/NGOネットワーク〜
第3回山陽新聞社140周年地域づくり連続シンポジウム・事前ワークショップ

SDGsネットワークおかやまは、岡山県内のNPO/NGO有志による声掛けにより、岡山においてSDGsの達成に対する確かな行動を促すためにNPO/NGOを中心とした民間非営利組織によるネットワークです。第3回山陽新聞社140周年記年地域づくり連続シンポジウム「お金と地域の新しい関係」プレイベントとしてのワークショップを開催いたします。

1.日時 2019年10月17日(木)19:00〜21:00
2.場所 山陽新聞社9階大会議室(岡山市北区柳町2-1-1)(定員50名)
3.プログラム
山陽新聞140周年記念地域づくり連続シンポジウム
連動企画「令和時代の地域をつくる」を考えるワークショップ
(1)連続シンポジウムとねらいの解説
(2)第3回「お金と地域の新しい関係」の内容共有
(3)質問と持続可能な岡山宣言(仮)に向けたワークショップ

4. 参加費 無料 (*事前課題あり)

5.参加申し込みはコチラのフォームよりお申込みください。

6. 主催/共催
主催:SDGsネットワークおかやま(事務局:岡山NPOセンター)
共催:山陽新聞社