CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 情報公開 | Main | 平成18年度事業»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
東北地方太平洋沖地震応援基金
http://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
まちづくり人材養成講座1(倉敷市) [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年12月18日(日)10:00〜
場所:芸文館(倉敷市)
講師:妻鹿ふみ子さん(日本ボランティアコーディネーター協会・京都光華女子大学)
内容:
●講演「市民のボランタリーな活動の意義と参加のしくみづくり」
     (コーディネーターの視点から考える)
●ワークショップ
啓発紙「NPOkayama」20号 [2005年12月25日(Sun)]

発行日:平成17年10月11日(火)

ページ数/目次:
2/2005年通常総会・NPO連絡会議開催
  「NPO全国フォーラム2005北陸信越会議」開催される
  ボランティア・NPO活動の拠点「ゆうあいセンター」開館 
4/「行政とNPO」協働事業の本格化へのあゆみ
6/REPORT ミニ講座に行こう!
7/Zoom Up NPOスタッフ
8/各種催事・助成金情報ほか
まちづくりフォーラム(倉敷市) [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年11月26日(土)13:00〜
場所:倉敷市民会館・大ホール
内容:
●市民活動団体発表
  ・くらしきTMO
  ・イーブくらしきネットワーク
  ・倉敷ボランティアセンター
  ・倉敷市国際交流協会
  ・くらしきまちづくりネットワーク
●コント:ボランティア(プリプリハッピー)

●講演:「ボランティアと私」
  講師:杉 良太郎さん

●フレフレ☆フライヤー展(パネル展示)
おかやまボランティアNPOメッセ2005 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年9月17日(土)10:00〜16:00
場所:岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館「きらめきプラザ」
主催:おかやまボランティア・NPOメッセ2005実行委員会


総合プログラム

○ボランティアNPO活動紹介の展示・体験コーナー
県内で活動するボランティア・NPO活動の取り組みについて情報発信を行うとともに、交流を深める場です。取り組み等についての紹介を体験コーナー、パネル展示、リーフレット、チラシ、作品の展示、パソコン等を使って各団体が工夫を凝らして行います。

○オープニング
 テープカットなど

○記念講演会
 演題:ボランティア・NPOが「豊かな地域社会」の担い手になるために
 講師:川北秀人(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表) 

各種イベントコーナー

■10歳若返ってボランティア 〜色彩でこころもからだもリフレッシュ〜
  演題「ボランティアにおける色彩の可能性を探ってみませんか。」
  講師:中山鈴子 氏(日本色彩福祉協会 代表)
  実施主体:岡山県ボランティアグループ連絡協議会

■効果的な資金づくりを考えよう!
  〜あなたの団体も資金調達の知恵とわざをみにつけよう〜
  講師:青柳光昌(日本財団経営企画グループ・経営企画チームリーダー/人材開発チームリーダー(兼務))
  実施主体:社会福祉法人岡山県社会福祉協議会 ボランティア・NPO活動支援センター
  【講義:NPOにおける資金集めの概論】NPOとその資金源の特性について
  【個人ワーク】自団体のミッションを再確認し、自分たちに合った資金調達法を探る
  【グループワーク】助成金申請書類作成
  【講義:助成金申請のポイント】助成金獲得の秘訣を知る
  (助成金申請までに必要なことは何か?どんな内容が獲得しやすいか?助成金の選択法、申請書類の書き方など)

■ひきこもり支援を訴える 〜偏見と差別の自縛を超えて〜
  講師:松田勝(NPO日本教育カウンセラー協会、香川協会代表、グループwa代表)
  実施主体:KHJ岡山きびの会
  相談コーナー、体験コーナー、活動紹介、作品の展示と即売会

■風呂敷教室
  講師:大口好子
  実施主体:おかやまエコマインドネットワーク
  実演と指導・体験コーナー
  なんでも包んで見せます。お買い物にリサイクルとして・・・一緒に風呂敷の魅力を再発見してみませんか?

■『移動ネットおかやま』連絡会 〜移動・移送サービスで外出支援の輪を〜
  講師:第一部 柿久保浩次(関西STS連絡会事務局)
    杉本依子(全国移動ネット/移動ネット多摩)
      第二部 柿久保浩次
           杉本依子
           伊藤絵利子
           NPO法人すずらんの会
  実施主体:移動ネットおかやま
  プログラム:第一部 
          基調講演「福祉有償運送の現状と今後の展望」(全国の動向を踏まえて)
          基調講演「自分たちでつくる市民のネットワーク」(市民の手による運転者研修開催やセダン車輌使用の特区の実現を)
  第二部
   相談コーナー「80条許可相談デスク」 
   「移動ネットおかやま連絡会」 各団体の報告及び体験報告等

■ボランティアグループによる人形劇
  〜親子でいっしょに!"わくわく"☆"どきどき"してみませんか!〜
  講師:ボランティアグループ「たんぽぽ組」
  実施主体:総社市ボランティア連絡協議会
  プログラム:開場 世界中の子どもたちが
         @プロローグ"みんなおいで" 友達讃歌にのせてはじまり
  Aパネルシアター 「ねずみくんのチョッキ」
  B手遊び・歌遊び 「ぶたくんみちをいく」
  C人形劇 「はらぺこあおむし」
  フィナーレ ふうせんの曲にあわせてお別れ
         さよならの前に 手話「ともだちになるために」

■歯科医師による「お口の健康の話」〜元気な心と元気な歯のセミナー〜
  講師:第一部  華房英樹(はなふさ歯科医院 院長)
      第二部  北原宏行之(訪問専門歯科 あいあい歯科クリニック院長)
      第三部  大木佳奈(はなふさ歯科医院 歯科医)
  実施主体:NPO高齢者歯科介護研究会
  プログラム:セミナー第一部 「おいしくて食べて楽しい人生」
                     〜生涯自分の歯で食べるために〜
         セミナー第二部 「ほんとうは怖い歯周病菌」
       〜誤嚥性肺炎を防ぐためには〜
         セミナー第三部 「子どもの歯の健康」
〜子どもの歯を守り育てるために出来ること〜
         歯科医師と歯科衛生士により随時、お口の検診と相談窓口を設けています。
NPO会計ソフトデモンストレーション会 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年9月25日(日)

NPOや市民団体にとって、会計の記帳・書類作成は大きな負担です。岡山NPOセンターでは会計事務の省力化に有効なパソコン会計ソフトの実演説明会を開催しました。ソフト開発会社の方より「会計ソフトで何ができるのか」「どのように便利か」パソコン画面を見ながら説明を受けました。参加した方からは続編として具体的な操作方法の講座を開催して欲しいとの声が寄せられ、このご要望にはお応えする予定です。

解説ソフト:会計王-NPO LImited(NPO法人対応)
定例研修会「プロジェクトの推進力〜協働を目指す」 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年11月13日(日)
講師:松場圭一さん(国土交通省近畿運輸局)

 今回の定例研修会は国土交通省近畿運輸局勤務の松場圭一氏を講師にお招きし開催されました。松場氏はお仕事で交通バリアフリーをテーマにしたまちづくりを担当されており、行政、障害者、市民などが参加したタウンウォッチングなどの経験のなかから、プロジェクトを推進し、成功へと導くためのノウハウをお話しくださいました。

そのお話しの中身をキーワードでまとめてみました。

[キーワード]
参加者の参加感をどう作る?
 ・参加しているという気持ちにさせることでプロジェクト成功に近づく合意形成の方法は?
 ・相手の話を聞くことからスタートしよう
専門性の発揮方法は?
 ・一般の参加者と橋渡し役が重要
リーダーシップって?
 ・成功するプロジェクトではリーダーは自然に決まる


研修は最初から質問が飛び出すなど、参加者の意識の高さが伺われるものでした。そんななかで参加者のみなさんが印象に残ったと感じたお話をご紹介してみましょう。

メモ その1
合意点を見つけるには?
困っていること(いわば現状)と、出来たらいいと思っていること(いわば理想)の差をすぐに縮めようとしても出来ない。
そこでまず参加者全員でこの差を認識する(=課題を共有する)
そしてすべては無理でも、一部だけでもできることを積み重ねる。(=現状を少しでも理想に近づける)
そして、できたらいいと思っていることのレベルをさげる。(=理想を現状に近づける)
このくりかえしで合意点を見つけていく

メモ その2
リーダーシップを生むには?
「よそ者、若者、馬鹿者」がリーダーシップを作り出す
●よそ者
地域的なしがらみをもたないので自由に動ける
●若者
勢いで動ける
●馬鹿者(○○馬鹿といったような専門性を持っている素人)
強い「思い」の部分で動ける
こんな人達がプロジェクトに参加しているといつのまにかリーダーシップが生まれいている。

他にもプロジェクトを成功させるためのノウハウ満載でした。参加者の満足度も100%!これからの活動にきっと役立てていただけるでしょう。
NPOミニ講座5「NPO法人の認証手続き!」 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年10月29日(土)
講師:立岡しのぶさん(岡山県生活環境部県民生活課)

岡山県庁県民生活課でNPO法人の認証事務を担当されている立岡しのぶさんに講師をお願いし、認証の手続きだけでなく、その前の段階の話(法人化のメリット・デメリット等)も含めてお話しいただきました。NPOの法人化は比較的簡単にできる仕組みになっているが、「NPO法人はいいもの」というイメージを一般の方から持ってもらえるかどうかはNPO自身の活動に懸っていると話され、「忘れてはいけない」と感じました。
NPOミニ講座4「NPO活動事例発表!」 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年9月25日(日)
講師:NPO法人 みる・あそぶ・そだつ 津山子ども広場さん

NPO活動の実際を直接NPOの現場の方から聞く機会を作り、これからNPOを始めたい人や現在すでに活動をしている人と質問や意見交換ができる場として企画しました。発表団体の津山子ども広場さんはおかやまNPOサポート基金の配分団体に選ばれるなど、活発で評価の高い活動をされている団体です。
 子どもとおとなが共に育ちあう環境をつくるための多くの事業が紹介されましたが、子育ての孤立化や親子のコミュニケーション不足など、現在の子どもたちを取り巻く状況をなんとかしたい、という講師の方々の熱い思いが伝わってきまして、NPOの原点を再確認するようでした。講座参加者が思いを懸ける活動分野はそれぞれに違うでしょうが、問題解決に取り組むNPOの現場の話は大いに参考になったと感じています。NPOを始めたい人、活動の真っ最中にある人に聞いてもらいたいお話でした。
NPOミニ講座3「有給スタッフの採用」 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年8月26日(金)
講師:糸山嘉彦さん(NPO法人子ども劇場岡山県センター事務局長・岡山NPOセンター理事)

NPOミニ講座2「プライバシーポリシーをつくろう!」 [2005年12月25日(Sun)]

日時:平成17年7月29日(金)
講師:川上俊久さん(NPOソリューション研究所・岡山NPOセンター理事)


 ご想像ください。あなたの団体に苦情の電話が・・・。

「不審な電話勧誘があり訪ねると、そちらの会員名簿から子供を持つ方々へのご案内との旨。そんな利用許可はしてないので、私の個人情報の全消去をお願いしたい・・・」。

そこで寄せられた情報を基に調べると、過去の会員名簿が確かに漏洩しており、悪いことに第三者によりネット上で売買もされています。

 あなたは、漏洩基を調査しますか?また当時の代表や事務局に管理責任を問いますか?もし謝罪と情報消去の結果、納得してもらえたならそれで終わりですか?会員や旧役員にも徹底周知し、名簿の管理や回収はもちろん、今後の管理方式の確立もした方がよくはありませんか。でもそれをあなたがしなければならないとなると・・・、どうでしょう。

 平成17年4月、「個人情報の保護に関する法律」が施行。その保護方針として各社団は、「プライバシーポリシー」を設けています。ちなみに検索ソフトにヒットするページ数は「ボランティア」の三倍以上、なんと「温泉」よりはるかに多いのです。

 しかし多くのNPOは個人情報取扱事業者の該当条件、「五千人以上の個人情報データー・個人情報データー等を連続して六ヶ月間保有する」ことがなく、規制外のため、情報管理も多くは従前通りです。市民社会の寵児なるNPOが、市民を守る個人情報保護を組織内に確立できずに、一方で永遠の課題「会員の増大策」を唱え続ける矛盾にどれだけの組織が気づいているか、心配でなりません。

 そこで、今春より社会常識となっている個人情報保護方針なるプライバシーポリシーをつくろうとNPOに呼びかけました。プライバシーポリシーとしての項目はみなさんの活動内容により異なるものもありますが、以下の内容を規定していくと良いでしょう。

 @組織名、A取得する個人情報保護の基本的な考え方、B取得する個人情報保護の基本的な取り扱い方・・・取得する個人情報の利用目的、個人情報の共同利用の内容、個人情報の第三者への開示・提供、ご本人・法定代理人のご希望による個人情報内容の開示、ご本人・法定代理人のご希望による個人情報内容の訂正・削除等、ご本人・法定代理人のご希望による個人情報内容の利用停止・消去、開示等のご請求方法ご相談窓口、代償・手数料、個人情報の取り扱い指針の改訂・変更及び有効期間、法人情報の同保護、CHPをご利用のお客様に関する個人情報保護について。

 規定といっても、すぐに管理はできないでしょうから、当分の間は以下のことを方針とすると良いでしょう。@情報取得時に、必ず利用目的を本人に通知する、A本人の同意なしに別目的に利用してはいけない、B本人の同意なしに第三者に提供してはいけない、C情報漏洩を防ぐ、必要かつ安全な措置をとる、D本人請求により開示し、誤りを訂正する。

 大切な市民一人一人を守る姿勢を、法律遵守に囚われる企業セクターよりもっと豊かに示すことができるような、NPOらしいプライバシーポリシーをつくりあげる参考になれば幸いです。
| 次へ