CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 平成29年度事業 | Main | 平成30年7月豪雨»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
東北地方太平洋沖地震応援基金
http://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
平成30年度NPO法人事務局連続セミナー [2019年02月18日(Mon)]

H30連続セミナーちらし.png
平成30年度「NPO法人事務局 連続セミナー」


\講座をまとめて申し込むと

  お得な割引価格になります!/


参加お申込みフォームはこちら



NPOって何?という初心者さんから、NPO法人の会計を中心とした事務実務など、NPOに関する様々なセミナーを開催します。

8月と1月には事務力検定対策セミナーを開催!

事務力検定への挑戦を検討されている方、

検定対策セミナーも合わせてぜひご参加ください!!



●開催日時・テーマ

@4月19日(木) 13:30〜16:30 年度末の手続きをお教えします!所轄庁・法務局手続き ★終了しました
NPO法人の所轄庁と法務局の手続きをまとめてご説明!



A5月17日 (木) 13:30〜16:30 NPO新人スタッフ・事務局必須の基礎と定款をお教えします!★終了しました

NPO新人スタッフに知ってほしいこと、大事な定款についてお話しします!




B6月21日(木) 13:30〜16:30 職員が1名でもいる組織の方へ社会保険に関するあれこれ★終了しました

労働保険・年金などに関する疑問を一気に解決!


C7月19日(木) 13:30〜16:30 事務局の「お悩み」交流会★終了しました
事務局のお悩みを共感解決しましょう!



D8月23日(木) 9:30〜12:30
NPO法人事務力検定対策セミナー@ 所轄庁・法務局手続き★終了しました

E8月23日(木) 13:30〜16:30
NPO法人事務力検定対策セミナーA 労務・会計 ★終了しました
全国で約1,200人が受験している全国で唯一のNPO法人の事務局向け検定。その合格に向けての対策セミナーです!



F9月20日(木) 13:30〜16:30
秋は助成金シーズン!! 助成金の選び方・申請書の書き方★終了しました

助成金情報の集め方や申請方法について詳しくなろう!


G10月18日(木) 13:30〜16:30 寄付月間を活用するための寄付募集の方法★終了しました

会計初心者の方向け!会計の基礎を学ぶ入門講座!

H11月22日(木) 13:30〜16:30 年末調整シーズンに向けてしっかり学ぶ手続き★終了しました
源泉徴収などの疑問をいっしょに解決しましょう!


I12月20日(木) 13:30〜16:30 インパクト評価の流れの中で!事業と組織の評価を受けるために★終了しました
NPOの事業評価の重要性とは?

J1月24日(木) 9:30〜12:30 NPO法人事務力検定対策セミナー@所轄庁・法務局手続き★終了しました


K1月24日(木) 13:30〜16:30 NPO法人事務力検定対策セミナーA労務・会計★終了しました
8月の〈検定対策セミナー〉と同じ内容です!

L2月21日(木) 13:30〜16:30 年度末に向けてあらためて学ぶA 会計の実務講座★終了しました

NPO法人の独特な会計方法について解説!

M3月14日(木) 13:30〜16:30 3月31日に焦らないために!決算・年度末事務講座★終了しました
年度末に行うべき各種手続き、事務の疑問をまとめて解決!




●開催場所



 〒700-0807

 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1

 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階

 ※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。


●講 師

特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター職員


●参加費

☆6回えらぶ割引 6回分    会員: 8,000円  非会員:16,000円

☆各回参加 1回毎の料金    会員: 1,500円  非会員: 3,000円

※1回ずつ、ご自由に選んでの受講も可能です。

※本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。



●申込方法

申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。

・お申込みフォーム>>こちら

・お申込み用紙(チラシ)はこちら(PDFファイルが開きます)


●申込締切

各講座1週間まで申し込みを受け付けます。先着順。


●持ち物

筆記用具を各自でご持参ください。


●お申込み・お問い合わせ先

 特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター

 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階

 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997

 E-mail:npokayama@gmail.com


 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

地域に愛される中小企業のためのSDGs勉強会 横浜の老舗企業から学ぶ中小企業のSDGsと広げる仕組み。 [2019年02月06日(Wed)]

地域に愛される中小企業のためのSDGs勉強会
横浜の老舗企業から学ぶ中小企業のためのSDGsと広げる仕組み


地方創生など逆説的には地域の持続について人口減少、少子高齢化など、様々な面での危機が啓発される現在。地域の生活と経済を支える中小企業が地域に存在し続けるためにどのような取り組みが大切なのか?また、そうした中小企業の取り組みを守り育てるためにはどのような仕組みが地域に必要なのか。本勉強会では、その点について先進地であります横浜の企業様による実践との2面で事例から学びます。
まず、企業の事例として明治14年に横浜で創業され、137年の歴史を持つ株式会社大川印刷は、印刷業界における様々な環境課題に率先して取組み、従業員にとっても働きやすい環境づくりや、様々な地域貢献の取り組みを進めてきています。その取り組みは自社に留まらず、「横浜型地域貢献企業認定制度」の創設や、全日本印刷工業組合連合会(全印工連)において、日本初の業界団体によるCSR認定制度の創設などを働きかけられてきました。
あわせてご紹介いただく平成19年に横浜市で創設された「横浜型地域貢献企業認定制度」は、地域の企業のコミュニティ参画を促す先駆的な取組みとして、岡山でもぜひ学びたいしくみ。地域を意識した経営を行い、本業及びその他の活動を通じて地域貢献(CSR)活動に取り組んでいる企業を市が認定し、この認定を受けると、同市や同制度を運営する財団から広報支援や低利の融資を受けることができるとともに、公共工事の入札時の優遇も受けられるという、名実ともに実のある制度です。
この枠組みや施策の発案に大きな役割を果たしたのが、当時の横浜青年会議所がまとめたマニフェストであり、その制度化を働きかけた方々が設立した「横浜スタンダード推進協議会」による研究と提案でした。行政ではなく、民間による発意が、どうやって地域全体のしくみになったのか。「横浜スタンダード推進協議会」の中核メンバーである大川哲郎様に、自社や業界を巻き込んだ取組や「横浜型地域貢献企業認定制度」の提案までの経緯等をうかがい、岡山市でのしくみづくりにどうつなげていくかを議論することを目的として本勉強会を開催いたします。
またあわせて、昨年度全国の自治体を対象に、一般財団法人CSOネットワークが実施した、公共調達における、企業の地域貢献や社会的責任(CSR)への配慮に関する調査の結果について、報告いただきます。
190218中小企業sdgsチラシ.jpg


1. 日 時 2019年2月18日(月)13:30〜16:30
2. 場 所 岡山市勤労者福祉センター4階会議室
3. 参加費 無料
4. 主 催 NPO法人岡山NPOセンター・CSR報告書を読む会
5. 共 催 SDGsネットワークおかやま
       社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)
       一般財団法人CSOネットワーク
       IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
6. プログラム
  1. 趣旨説明 13:30〜13:40
      NPO法人 岡山NPOセンター 代表理事 石原達也
  2. 基調講演 13:40〜14:40
     「大川印刷の地域貢献の取り組みと、横浜型地域貢献企業認定制度の提案(仮題)」
     株式会社 大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎 様
  3. グループでの感想共有・質疑応答 14:10〜14:30
  4. 休憩 14:40〜14:50
  5. 公共調達に関する調査報告 14:50〜15:10   
  「公共調達を通じた持続可能な地域づくり:持続可能な公共調達全国自治体調査結果から」
     一般財団法人 CSOネットワーク 事務局次長・理事 長谷川雅子 様
  6. パネルディスカッション 15:10〜16:00
    「横浜型地域貢献企業認定制度から学ぶべきポイントと公共調達」
    コーディネーター:IIHOE 代表 川北秀人 様
    パネリスト:株式会社 大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎 様
          一般財団法人 CSOネットワーク リサーチ・フェロー 高木晶弘 様
  7. ワークショップ 16:00〜16:30
    「岡山で今日の話をどう活かすか」
   コーディネーター: NPO法人 岡山NPOセンター 代表理事 石原達也

参加ご希望の方はこちらのフォームよりお申込みください





被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー 被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。 西日本豪雨災害支援の実践者から学ぶ避難所運営支援と親子、中高生支援 [2019年02月05日(Tue)]

被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー
被災からの避難所や在宅での
暮らし支援の経験を学ぶ。

西日本豪雨災害支援の実践者から学ぶ
避難所運営支援と親子、中高生支援




この度の豪雨災害では、岡山県内NPO、企業、住民組織、各種団体などが情報の共有や連携を行い、復旧・復興に向けて活動が展開されてきました。お互いに連携して活動が展開できたのは「平時からの活動」や連携できる「関係性」のお陰でした。
 今、被災地は緊急支援的な状況から、日常生活への復帰やコミュニティ再生などに取り組むフェーズへと変わってきていますが、支援活動はそれにあわせながら現在も続いています。
その現在進行形で進む倉敷市真備で実際に支援をされた方々の事例を学び、今後発生する災害備えるための連携を強化するための交流セミナーを開催します。

190125交流会兼セミナー@瀬戸内チラシ_完成表画像.jpg


------------------------(ご案内)-------------------------------------
◆日 時:2019年3月2日(土)14:00〜17:00
◆会 場:瀬戸内市保健福祉センター ゆめトピア長船 リフレッシュスタジオ
                     (瀬戸内市長船町土師277番地4)
◆対 象:今後の災害支援について関心のある行政、NPO、企業、専門家、
     各種組織、一般市民など
◆参加費:無料
◆定 員:60名
◆参加方法:専用のウェブフォームより事前にお申し込み頂きます。
◆主催/共催:岡山県・特定非営利活動法人岡山NPOセンター
       /災害支援ネットワークおかやま
◆プログラム

 (1) 開会挨拶・趣旨説明 14:00〜14:10

 (2) 事例報告 14:10〜15:10
   @「同じ岡山に暮らす子どもを持つ母親としてできることはないか」
          (辛嶋友香里/一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)
   A「各世代に配慮した避難所支援」
          (ボウズ満恵/サンサポートオカヤマ)
   B「学生たちの支援の力を引き出す」
          (野村泰介/一般社団法人SGSG)

 (3) ワーク 15:20〜17:00

  閉会 17:00

ご参加希望される方はコチラのフォームよりお申込みください。
岡山市消費者志向経営推進事業公開講座〜顧客の満足と信頼を獲得する消費者志向の経営学〜 [2019年02月04日(Mon)]

【岡山市消費者志向経営推進事業公開講座】

顧客の満足と信頼を獲得する消費者志向の経営学 
 〜消費者志向経営の今と経営戦略セミナー〜

持続可能で望ましい社会の構築に向けて事業者の消費者志向経営を促進するため、事業者を対象とした事例学習を通じて、将来、持続可能な社会と消費者志向の観点からの商品・サービスの開発・改善を行い、またそれを通じて消費者教育を推進する担い手として主体的に活躍できる事業者を育成することを目的としております。
講師として古谷由紀子氏(サステナビリティ消費者会議代表)をお迎えし、消費者志向経営の基本的なことろから持続可能な社会において消費者志向をどう経営に活かすか、具体例や効果などもお話しいただきます。
0001表.jpg


日時:2019年3月8日(金)19時〜21時
場所:岡山国際交流センター5階会議室(岡山市北区奉還町2-2-1)
対象:@岡山市内の中小企業の方
   A岡山市内の金融機関関係者の方
   B顧客・消費者志向経営に関心のある方 
   Cその他、SDGs、エシカル消費などのテーマに関心のある方

参加ご希望の方はこちらのフォームよりお申込みください。
岡山市消費者志向経営促進事業 市民・事業者向け公開講座 「消費者志向のブランディング実践セミナー」 〜最大級で最上級のしあわせ 株式会社フェリシモの事例から〜 [2019年01月17日(Thu)]

岡山市消費者志向経営促進事業 市民・事業者向け公開講座
「消費者志向のブランディング実施セミナー」
〜最大級で最上級のしあわせ 株式会社フェリシモの事例から〜

「猫部」をはじめとした顧客志向の取り組みとそこにある理念、ビジョンとは?

昨年度ご講演いただいた「いい会社」に投資する鎌倉投信株式会社の投資先でもある国内大手通信販売企業「フェリシモ」
猫好きを対象とした「フェリシモ猫部」などのユニークな取り組みを行う一方で猫の殺処分を防ぐ基金への寄付や譲渡会などの社会とのつながる取り組みも行いながら、お客様(消費者)と関係を築いていく取り組みは注目をされています。そこのある理念とは?顧客との関係性をより強固に築いていくことがさらに重要となる時代の中で、その取り組みと理念やビジョンをしっかりとお伺いします。
顧客、消費者志向の経営を学びたい企業や組織の経営者、広報や企画担当の方、フェリシモさんの取り組みを知りたい方など、ぜひ、ご参加ください。

0001.jpg0002.jpg


■日時:2019年2月1日(金)19:00〜21:00
■会場:岡山国際交流センター 8階 イベントホール(岡山市北区奉還町2-2-1)
■講師:株式会社フェリシモ 広報部 部長 吉川公二さん
1984年株式会社ハイセンス(現フェリシモ)入社。電算室・顧客サービス部を経てビジネス・デザインルーム担当。その後商品企画、チャネル開発室等を経て2005年より現職。PR・パブリシティ、IR等を担当。ユネスコ認定のデザイン都市・神戸を盛り上げる「デザイン都市・神戸推進会議」ワーキングメンバー。また阪神・淡路大震災の経験と絆を未来の力にしていく「神戸からの発信ネットワーク」メンバー。企業や行政の広報力を強化を目指す、NPO法人広報駆け込み寺・プログラム委員。(株)フェリシモは「しあわせ社会学の確立と実践」という経営理念と「ともにしあわせになるしあわせ」という中核価値を貫いた経営を目指している。
■お申込み:申込フォームまたはチラシへ必要事項を記入の上下記事務局までお送りください。FAX・メールでのお申込みも承ります。


■お問合せ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター内
地域連携センター
〒700-0822 岡山市北区表町1-4-64 上之町ビル3階
TEL:086-224-0955 FAX:086-224-0997
mail:npokayama@gmail.com


未来を考える非営利法人運営セミナー [2019年01月16日(Wed)]

岡山県内のNPO法人、NPO法人設立を検討しているみなさん、

その法人格はほんとうにあなたの事業に合っていますか?

社会に信頼され支援を得る準備ができている組織になるにはどうしたらいいのか?

などのお悩みはありませんか?

司法書士の守田吉彦さん、非営利組織評価センターの山田泰久さん

岡山NPOセンターの代表理事 石原達也、事務支援センター長の加藤彰子がお手伝いいたします。


190125未来を考える非営利法人運営セミナー_181115.png
お申込みフォームはこちら

●開催日時:2019年1月25日(金)13:30〜16:30

●場所:岡山市勤労者福祉センター 体育集会室
   (岡山市北区春日町5-6)

●参加費:無料

●内容:
【第1部 その法人格はほんとうにあなたの事業に合っているのか】
「そもそもNPO法人とは?をもう一度考える」
      石原達也(NPO法人岡山NPOセンター 代表理事)
「実務面からみる非営利法人の法人格比較」
      守田吉彦(司法書士・NPO事務支援センター登録専門家)
「新しい資金の流れの中で非営利組織に求められることは?」

      石原達也(NPO法人岡山NPOセンター 代表理事)

【第2部 社会に信頼され支援を得る準備ができている組織になるには】

「わたしの組織はきちんと運営できているのか?」

      セルフチェックシートに基づき、自組織の組織運営を見直す。

      ファシリテータ:加藤彰子(NPO法人岡山NPOセンター 事務支援センター長

「組織評価の潮流〜第三者評価認証とは?〜」

       山田泰久(非営利組織評価センター 業務執行理事)

●主催:岡山市
NPO法人岡山NPOセンター

●対象者:岡山県内のNPO法人、NPO法人設立を検討している方

●申込方法:申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までフォーム入力またはFAXにてお送りください。メールでのお申込みも承ります。


・お申込みフォームはこちら


●お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター内
NPO事務支援センター(担当:加藤)
〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com
(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー明日起きても動ける経験を得よう。 [2019年01月09日(Wed)]

被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー
明日起きても動ける経験を得よう。
西日本豪雨災害・倉敷真備での実践者から学ぶ


この度の豪雨災害では、岡山県内NPO、企業、住民組織、各種団体などが情報の共有や連携を行い、復旧・復興に向けて活動が展開されてきました。お互いに連携して活動が展開できたのは「平時からの活動」や連携できる「関係性」のお陰でした。
 今、被災地は緊急支援的な状況から、日常生活への復帰やコミュニティ再生などに取り組むフェーズへと変わってきていますが、支援活動はそれにあわせながら現在も続いています。
その現在進行形で進む倉敷市真備で実際に支援をされた方々の事例を学び、今後発生する災害備えるための連携を強化するための交流セミナーを開催します。
チラシ表.jpg

------------------------(ご案内)-------------------------------------
◆日 時:2019年2月2日(土)13:30〜16:30
◆会 場:リージョンセンター ペンタホール(津山市大田920)
◆対 象:今後の災害支援に向けて関心のある行政、NPO、企業、
      専門家、各種組織、一般市民など
◆参加費:無料
◆定 員:60名
◆プログラム
(1) 開会挨拶・趣旨説明
(2) 事例報告
@避難所運営支援に関して
 (太田裕之/防災士)
A災害ボランティアセンター運営に関して
 (詩叶順子/特定非営利活動法人岡山NPOセンター)
B医療看護支援に関して
 (十時奈々/特定非営利活動法人みんなの集落研究所)
(3) 今後の災害に備えるワーク
閉会 

ご参加希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。
NPO事務力検定【2018年度冬季試験】 [2019年01月06日(Sun)]

H30年度1月検定チラシ.png


経理、登記、労務、所轄庁手続きと多岐にわたるNPO 法人に必要な事務手続きについて、その理解度を問う日本で唯一のNPO法人の事務に関する検定です。


>>お申込みフォームはこちら


\こんな方におすすめ!/

*入門手続編(初級):

NPO法人の事務職員、NPO法人の事務職員を目指す方など。

*応用実務編(中級):

NPO法人事務職実務経験3年以上の方で各種実務担当の方、または入門手続編に合格されている方。


「入門手続編」「応用実務編」と2つの難易度をご用意しています。ご自分のレベルに合わせて受験することで、不安・心配な知識や事務への理解度を明らかにし、対策をしていくことができます。


これまで約1,000人が受験!!

32都道府県、北海道から沖縄まで全国各地で開催しています!!


※岡山以外での開催については下記URLをご参照ください。



【試験日程】

●試験日時

入門手続編(初級)2019年1月31日(木)10:00〜12:00

応用実務編(中級)2019年1月31日(木)13:30〜17:00

※各試験終了後解説の時間を設けます。


●会場

岡山県ボランティア・NPO活動支援センター

「ゆうあいセンター」



〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1

 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階

※当日は駐車場の混雑が予想されます。

 なるべく公共交通機関にてお越しください。


●受験料

 *入門手続編(初級):1,000円

 *応用実務編(中級):3,000円

 ※各料金は税込み・1回分の受験料となります。


●出題範囲

 *NPO基礎:

 ・非営利の意味、NPO法人や他法人との違い、

  NPO法に用いられている用語など

 *所轄庁手続:

 ・情報開示事務、設立時手続、事業終了後手続、

  役員変更、定款変更手続など

 *法務局手続:

 ・法人の設立時期、登記の期限、役員変更手続、

  登記事項証明書の読み方など

 *会議の運営:

 ・社員総会、理事会の要件、手続など

 *会計処理:

 ・現金や通帳の管理、現金出納帳、勘定科目、

  仕訳、月締め、各種台帳など

 *労務管理:

 ・就業規則、雇用時の手続き、日々の手続き、

  退職時の手続、社会保険など


>>お申込みフォームはこちら


「検定対策セミナー」開催!

↓↓↓詳しくは↓↓↓



●お申込み・お問い合わせ先

 特定非営利活動法人岡山NPOセンター内

 全国NPO事務支援カンファレンス事務局

 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階

 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997

 E-mail:npokayama@gmail.com


 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

 担当:加藤
岡山NPOセンター新年交流会のお知らせ [2018年12月28日(Fri)]

※本企画は、特定非営利活動法人岡山NPOセンター会員に限らず、みなさまへのご案内となります。

岡山NPOセンターの会員制度及びご入会のお申込みはこちらからご確認ください。


150109NPOkayama_newyear.png

岡山NPOセンター新年交流会

開催のご案内


向寒の候、平素より当法人の運営に関しまして格別の配慮とご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

すでに寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

少し気が早いご案内ではございますが、年明けに企画して
おります新年会のご案内をさせていただきます。
一年のはじまりに皆さんと集まり、それぞれの取り組みを聞かせていただく中でNPO間の連携や交流を進める機会にできればと考えております。

お忙しい日々をお過ごしのことと存じますので、ぜひ、今のうちに予定をおさえていただき、ご参加をいただきたいと考え、気が早いご案内をさせていただきます。なお、ご不明な点等ございましたら下記の事務局までお問合せください。

皆さまにお会いできますことを、心より楽しみにお待ちしております。


日 時  2019年1月12日(土)19:00より
会 場  Ryoutei - りょうてい- 奉還町本店
     (〒700-0026 岡山市北区奉還町2 丁目5-23)
参加費  4,320円(飲食代・飲み放題付き)
内 容  1.自由交流・懇親
     2.各団体の取組み紹介
     3.記念撮影


●申込方法:申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までフォーム入力またはFAXにてお送りください。メールでのお申込みも承ります。

      
・お申込みフォームはこちら


■お申込み・お問い合わせ先

特定非営利活動法人岡山NPOセンター

〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階

電話086-224-0995 FAX086-224-0997 
E-mail:npokayama@gmail.com"

業務時間 祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00
特定非営利活動法人岡山NPOセンター20周年 新キャッチコピー決定について [2018年12月28日(Fri)]

20周年タイムライン.jpg


特定非営利活動法人岡山NPOセンター20周年

新しいキャッチコピーが決定いたしました!


岡山NPOセンターでは、1998年の設立から20年の節目となる今年度、新しいキャッチコピーとロゴマークを公募しました。

今回の募集にあたり、皆様からたくさんの作品をご応募いただき、誠にありがとうございました。

素晴らしい作品が多く選考は困難を極めましたが、ご応募いただいた27作品の中から、12月の理事会において以下のとおり新キャッチコピーを決定いたしました。

※ロゴマークにつきましては該当なし(現行のロゴマークから変更なし)となりました。





新キャッチコピー.jpg





今後は採用させていただきましたキャッチフレーズを効果的に活用し、本法人をPRしながら「持続可能で豊かな市民社会の実現」という目的を果たすべくいっそう精進してまいります。

今回ご応募いただけました皆様にも私どもの活動に引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。


新キャッチフレーズ

「支えるを、支える。」

東京都 新免弘樹さん(コピーライター)


<受賞者の作品説明>
NPOを支える、NPOであること。それを表現したキャッチコピーに。

たとえば、
NPO事務支援センターがあることで、NPOは、本来やるべきことに専念できる。
事務とは面倒なことが多いから。

仕事量が100%あるとして。
面倒な事務作業によって30%くらいの仕事量を奪われていたNPOが、
どれだけ助かることだろう。

今まで使えなかった30%分を、本来の仕事のために100%力を注ぐことができる。

それは、そのNPOだけでなく、結果的に社会のためになる。
社会にイイコトにつながっている。
そんなふうに感じました。

NPOは、社会を支える組織です。
そのNPOの活動を、支える組織が、岡山 NPO センター。
  
支えているのは、NPOだけでなく、社会も支えている組織なのだ。
だから、これからの社会に必要な組織なのだと、あらためて感じました。
  
私がかつて考えた、JA全中グループのスローガン
“耕そう、大地と地域のみらい。”
というものがあります。

このスローガンよりも、長く長く、使っていただけることを願っております。

岡山 NPO センターもまた、NPOと社会と地域のみらいを、支えている。


<受賞者のコメント>
このたびは選んでいただき、ありがとうございました。
キャッチフレーズというよりもスローガンとして
これからの活動を支えることができる言葉であること。
そんなことを考えて開発しました。
「NPOを支える、NPO」として、「面倒見がいい組織」として、
これからもその活動が岡山で広く、深く、つづいていくことを願っております。


※本キャッチコピーの版権・著作権等使用に関する権利は、

 特定非営利活動法人岡山NPOセンターに帰属します。
| 次へ