CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 中国5県中間支援組織連絡協議会 | Main | 平成28年度事業»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
東北地方太平洋沖地震応援基金
http://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
NPOの事業継承支援プログラム募集開始!(おかやまNPOサポート基金配分事業) [2017年01月04日(Wed)]

161110okayama_npo_award2017_yokou-001.jpg

NPOの事業継承支援プログラム募集は終了致しました。
ご応募ありがとうございました!


NPOの事業継承支援プログラム募集開始!(おかやまNPOサポート基金配分事業)

岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む特定非営利活動法人(以下NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、これまでの取り組みを世代交代して継続・持続的に運営できるようにするための「NPOの事業継承」のための取り組みを支援します。
NPOにとって最も大切ともいえる「人」をつなぎ、持続的に社会課題の解決を行うための体制づくりに本気で取り組むNPOを支援します。またそのための寄付配分を通じて、社会課題の解決やそのためのサービスが持続していくとともに、NPOの担い手や関わる人が増えることを応援します。

なお、本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。

■募集要項はこちら
■申請書類はこちら
※ワードで申請書類をご希望の方は、npokayama@gmail.comまでご連絡ください。
■プログラムと配分額 自組織の状況に合わせてエントリーください。
 プログラムA 事業継承支援 組織の事業継承に取り組む
  対 象:活動の開始から5年以上の事業継承を予定しているNPO法人。
  使 途:事務局長等の実務リーダーの交代などの事業継承の仕組化に係る経費
      ないしは、継続的な組織運営のための役員体制やその役員交代に関する
      仕組化に係る経費。
  配分額:上限30万円(1法人程度)
 プログラムB 次世代育成支援  組織の若手の担い手育成を行う 
  対 象:活動の開始から3年以上のNPO法人。
  使 途:事業継承を見据えた事務局長などの実務リーダーの候補となる
      人材育成のための経費。
  配分額:上限10万円(2法人程度)
■対象となるNPO法人   
次の全てに該当する「NPO法人(特定非営利活動法人)」を対象とします。
 1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
 2.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な開示への意欲をもっていること。
 3.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録を採択後に
   行う事を約束できる法人、または、すでに登録をしている法人であること。
 4.プランを提案するだけでなく、平成29年度中の実践が可能であること。
■選考方法
(1)第1次審査(書類審査)
  所定の応募用紙によりいただいた申請の中より、事務局(岡山NPOセンター)が
  選考します。
(2)第2次審査(ヒアリング審査)
  選考したNPO法人に対して、設置した審査委員会によるヒアリング審査を行い、
  最終選考をします。
■選考基準
(1)実現性・・・現実的なプランであり、申請団体において実現が可能か。
(2)計画性・・・事業継承や次世代育成を実現するための計画として効果が見込めるか。
(3)汎用性・・・限定的な条件下のみで効果を発揮するものでなく、他組織へのノウハウ
         の応用が容易であるか。
■1次審査(書類審査)・ 募集期間
2016年12月5日(月)〜2017年2月3日(金)  ※当日消印有効
■1次審査・応募書類、方法
公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録または登録申請をした上で、所定の応募用紙により申請してください。
応募にあたっては、上記募集期間中に岡山NPOセンターまで郵送またはEメールにて応募用紙をお送りください。
■2次審査(ヒアリング審査)・日程・方法
日時:2017年2月27日(月)13:30〜16:30(1団体20分程度)
※詳細は一次審査結果と共にお知らせします。
場所:当法人事務所(〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階)
内容:外部委員中心の審査委員会による約20分のヒアリングをし、実効性などを審査させていただきます。
審査員:中小企業診断士、社会保険労務士、公益財団法人みんなでつくる財団おかやま、運営団体(幣法人)
■お問合せ・申請先 
特定非営利活動法人 岡山NPOセンター  
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階
TEL 086-224-0995   FAX 086-224-0997   
E-mail npokayama@gmail.com   URL  http://www.npokayama.org/
業務時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(年末年始、祝日を除く)

寄付配分による出版支援プログラム募集中! [2016年02月29日(Mon)]

【寄付配分による出版支援プログラム】
(おかやまNPOサポート基金配分事業)
「NPOの取り組み」と「解決を目指す社会課題」を書籍にして可視化する事業を支援します!

■募集要項(PDF)ダウンロード 160201okayama_npo_award2016_yokou.pdf
■申請用紙(Word)ダウンロード 160201okayama_npo_award2016_entry.docx

※以下、募集要項より抜粋
 岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む特定非営利活動法人(以下NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。
 本年度は、昨年度にひきつづき県内NPO法人の皆様の長きにわたる取り組みをまとめた「記念誌」や解決を目指す社会課題を可視化する「白書」、「専門書」等の、書籍による社会へ啓発・発信を行う組織への寄付配分を行います。
 また、活動開始から5年以内の組織に対しては活動を紹介するパンフレットの制作に対して寄付配分を行います。本配分を通じて、より多くの方に社会課題を知らせ、理解を促すことで、地域を変えていく取り組みを応援します。
 なお、本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。
続きを読む・・・
寄附配分による出版支援プログラム募集開始! [2015年01月31日(Sat)]

※受付は終了しました。
多くのご応募、誠にありがとうございました。

20141215kinenshihakusyo_top.jpg
「NPOの取り組み」と
「解決を目指す社会課題」を
書籍にして可視化する事業を
支援します!!



岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む
特定非営利活動法人(NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、県内NPO法人の皆様の長きにわたる取り組みを
まとめた「記念誌」や解決を目指す社会課題を可視化する
「白書」、「専門家」等の、書籍による社会への啓発・発信
を行う組織への寄附配分を行います。
また、活動開始から5年以内の組織に対しては、活動を紹介
するパンフレットの製作に対して寄附配分を行います。


本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。

↓募集要項はこちら
寄附配分による出版支援プログラム2014募集要項

↓申請書類はこちら
寄附配分による出版支援プログラム2014申請書類
※ワードで申請書類をご希望の方は、npokayama@gmail.comまでご連絡ください。


■プログラムと配分額
○ プログラムA 出版支援
(取り組みと活動実績を書籍で社会に発信する)
 対 象:活動の開始から10年以上のNPO法人。
 使 途:法人の記念誌としての書籍・DVD等の発行に係る経費。
 配分額:上限20万円(1法人程度)

○ プログラムB 社会課題の「白書」発行支援
(解決を目指す社会課題について可視化して発信する)
 対 象:解決を目指す社会課題について調査し、白書としての発行を目指すNPO法人。
 使 途:法人が解決を目指す社会課題を調査し、白書(書籍・DVD等)にまとめて発行することに係る経費。
 配分額:上限10万円(2法人程度)

○プログラムC ミッションパンフレット作成支援
(団体の使命と事業を説明するパンフレットを作成する )
 対 象:NPO法人設立から5年以内のNPO法人。
 使 途:法人の使命とその使命達成のための事業を説明するためのパンフレット制作に係る経費
 配分額:上限5万円(2法人程度)


■1次審査(書類審査)募集期間
2014年12月15日(月) 〜 2015年1月31日(土)  ※当日消印有効

■選考方法
(1)第1次審査(書類審査)
  所定の応募用紙によりいただいた申請の中より、事務局(岡山NPOセンター)が選考します。
(2)第2次審査(ヒアリング審査)
  選考したNPO法人に対して、設置した審査委員会によるヒアリング審査を行い、最終選考をします。
(3)書籍化に関する相談会の実施
  当法人が出版社との書籍発行に関する打ち合わせの場をコーディネートいたします。


■対象となるNPO法人 次の全てに該当するNPO法人を対象とします。
1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
2.任意団体の期間を含め2年以上活動実績があること。
3.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な情報開示の意欲をもっていること。
4.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録していること。(申請中でも可)
※公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録方法は、こちらをご覧ください。


■1次審査・応募書類、方法
公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録または登録申請をした上で、所定の応募用紙により申請してください。
応募にあたっては、上記募集期間中に岡山NPOセンターまで郵送またはEメールにて応募用紙をお送りください。
応募用紙は、岡山NPOセンターのウェブサイトよりダウンロード可能です。


■2次審査(ヒアリング審査)・日程・方法
  日 時:2015年2月20日(金) 13:00〜16:00(1団体20分程度)
※個別の審査時間は一次審査の結果と共にお知らせします。
  場 所:当法人事務所(〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階)
  内 容:外部委員中心の審査委員会による約20分のヒアリングをし、実効性などを審査させていただきます。
  審査員:郵便局関係者、報道関係者、商業団体関係者、公益財団法人みんなでつくる財団おかやま、
運営団体 (岡山NPOセンター) 等


◎その他、詳細については募集要項をご覧ください。

------------------------------------------------

■お申込・お問合せ先
特定非営利活動法人 岡山NPO センター
〒700-0822 岡山市北区表町1 丁目4-64 上之町ビル 3 階
担当:石原、加藤
TEL 086-224-0995 FAX 086-224-0997
E-mai:npokayama@gmail.com URL:http://www.npokayama.org/
おかやまNPOアワード2014 募集開始! [2013年12月16日(Mon)]

npoアワード2014_top.jpg
おかやまNPOアワード2014、
募集開始です。


岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む
特定非営利活動法人(NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、
テーマ『支えあい〜地域のチカラで未来をツクる』

上記のテーマに即した取り組みを行っているNPO法人、あるいはアイデアを考え出したNPO法人を公開審査を経て選び、「おかやまNPOアワード2014」として表彰します。

本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。

↓募集要項はこちら
おかやまNPOアワード2014募集要項

↓申請書類はこちら
おかやまNPOアワード2014申請書類
※ワードで申請書類をご希望の方は、npokayama@gmail.comまでご連絡ください。


■各賞
○ おかやまNPOアワード大賞 (賞金30万円)※1団体
○ 特別賞 (賞金10万円)※1団体
○ 参加賞 (賞金1万円)※公開プレゼンテーションに参加し、大賞・特別賞に選ばれなかった団体

■一次審査(書類審査)・募集期間
2013年12月17日(火) 〜 2014年1月31日(金)  ※当日消印有効

■対象となるNPO法人 次の全てに該当するNPO法人を対象とします。
1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
2.任意団体の期間を含め2年以上活動実績があること。
3.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な情報開示の意欲をもっていること。
4.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録していること。(申請中でも可)
5.前年度の「おかやまNPOアワード2013」において大賞を受賞された法人でないこと。

※公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録方法は、こちらをご覧ください。

◎その他、詳細については募集要項をご覧ください。

------------------------------------------------

■お申込・お問合せ先
特定非営利活動法人 岡山NPO センター
〒700-0822 岡山市北区表町1 丁目4-64 上之町ビル 3 階
担当:石田、加藤
TEL 086-224-0995 FAX 086-224-0997
E-mai:npokayama@gmail.com URL:http://www.npokayama.org/
「おかやまNPOサポート基金」のご案内 [2013年12月08日(Sun)]

「おかやまNPOサポート基金」
〜地域のための寄付の貯金箱〜

NPOkayama_foundation.png 「おかやまNPOサポート基金」とは・・・
ゆうちょ銀行の口座を利用して集めさせていただいた寄付金を、岡山県内で活動する「特定非営利活動法人(NPO法人)」の中より、特定非営利活動法人岡山NPOセンターが責任をもって、公募及び公開審査で選んだNPO法人へ配分するしくみです。
 なお、寄付金のうち20%は岡山NPOセンターへの直接寄附とさせていただき、県内NPOの支援事業に活用させていただいております。

 おかやまNPOサポート基金のしくみによる寄付金額は、通常年間500円または1,000円の2種で、それぞれお申込いただいた、ゆうちょ銀行の口座より自動で引落をさせていただいており、加入申し込みは、ゆうちょ銀行備え付けの「自動払込利用申込書」でいただいております。(お申し込みにはゆうちょ銀行の通常貯金通帳と印章が必要です。)
 配分先となるNPO法人には情報開示を義務付け、財務情報をはじめとした団体情報を公益ポータルサイト「NPOkayama」へ掲載をさせていただいております。

※公益ポータルサイト「NPOkayama」
http://fields.canpan.info/partner/organization/npokayama/

これまでの配分先
※各団体の詳細については、上記公益ポータルサイト「NPOkayama」よりご参照ください。
■2014年度
・アートファーム
・ハート・オブ・ゴールド
・0-99おかやまおしえてネット
・連塾
・だっぴ
・フードバンク岡山
・やかげスポーツクラブ
計 620,000円

■2013年度
・子ども劇場笠岡センター
・英田上山棚田団
・岡山市子どもセンター
・文化☆体験ネット西大寺子ども劇場
計 420,000円

■2012年度
・タブラ ラサ 
・0-99おかやまおしえてネット
・子ども劇場岡山県センター
・備中玉島観光ガイド協会
・吉備野工房ちみち
・国際協力研究所・岡山
計 640,000円

■2011年度
・岡山環境カウンセラー協会
・倉敷町家トラスト
・子ども劇場岡山県センター
・0-99おかやまおしえてネット
・吉備野工房ちみち
計 550,000円

みなさまのご協力、どうぞよろしくお願い申し上げます。

≪ご寄付のお申込み・解約(寄付をやめる)に関するお問い合わせ≫
※お近くの「ゆうちょ銀行」窓口にてお尋ねください。
店舗一覧は下記のURLをご参照ください。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/access/kj_acs_index.html


≪寄付配分、その他に関するお問合せ≫
特定非営利活動法人 岡山NPOセンター
〒 700-0822 岡山市表町1丁目4-64 上之町ビル3F
■ 電話 086-224-0995
■ FAX 086-224-0997
■ E-mail npokayama@gmail.com
■ URL http://www.npokayama.org/
2つのテーマから選んで挑戦!おかやまNPOアワード2013、募集開始 [2012年12月26日(Wed)]

受付は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

0101125okayama_npo_award2013_yokou.jpg今年は2つのテーマから選んで挑戦!
おかやまNPOアワード2013、
募集開始です。


岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む
特定非営利活動法人(NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、
テーマA『やりがいを満タンに!』
〜ボランティアが生き生きと参加しているNPOを探せ!〜
テーマB『少子化の時代とNPO』
〜アイデアプランコンテスト!〜

の2つのテーマのどちらかを選び、テーマに即した取り組みを行っているNPO法人、あるいはアイデアを考え出したNPO法人を公開審査を経て選び、「おかやまNPOアワード2013」として表彰します。

本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。


↓募集要項は、こちら↓
おかやまNPOアワード2013募集要項
↓申請用紙は、こちら↓
おかやまNPOアワード2013応募用紙(Word)
おかやまNPOアワード2013応募用紙(PDF)


※環境により、上記リンク先よりデータをダウンロードできない場合がございます。
 お手数ですが、本記事最下部に記載しております事務局まで、電話またはメールにて
 お問い合わせください。



■各賞
○ おかやまNPOアワード大賞 (賞金30万円)※テーマA、Bにそれぞれ1本ずつ
○ 奨励賞 (賞金1万円)

■一次審査(書類審査)・募集期間
2012年12月20日(木) 〜 2013年1月31日(木)  ※当日消印有効

■対象となるNPO法人 次の全てに該当するNPO法人を対象とします。
1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
2.任意団体の期間を含め2年以上活動実績があること。
3.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な情報開示の意欲をもっていること。
4.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録していること。(申請中でも可)
5.前年度の「おかやまNPOアワード2012」において大賞を受賞された法人でないこと。

※公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録方法は、こちらをご覧ください。

◎その他、詳細については募集要項をご覧ください。

------------------------------------------------
※現在配布を行っている募集要項について、下記の通り誤りがございました。
謹んでお詫びと訂正を申し上げます。
・対象となるNPO法人
 (訂正前)
 5.前年度の「おかやまNPOアワード2012」において入賞(大賞、奨励賞、特別賞)された法人でないこと。
 (訂正後)
 5.前年度の「おかやまNPOアワード2012」において大賞を受賞された法人でないこと。
・2ページ目下部
 (訂正前)
 ■2次審査・応募書類、方法
 (訂正後)
 ■1次審査・応募書類、方法
・応募書類、方法
 (訂正前)
 郵送、Eメール、または専用のインターネット申請方法にて応募用紙をお送りください。
 (訂正後)
 郵送またはEメールにて応募用紙をお送りください。
------------------------------------------------

■お申込・お問合せ先
特定非営利活動法人 岡山NPO センター
〒700-0822 岡山市北区表町1 丁目4-64 上之町ビル 3 階
担当:森高
TEL 086-224-0995 FAX 086-224-0997
E-mai:npokayama@gmail.com URL:http://www.npokayama.org/
岡山NPOアワード2012 募集開始です [2011年12月01日(Thu)]

【募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました

東日本大震災の継続的な復興支援に

岡山のNPOは今後、どう動くのか?


おかやまNPOアワード2012

岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、3.11に起きた東日本大震災から約1年が経とうとしている現在、今後、長期に渡ると予測される復興支援について、効果的な取り組みを行う岡山県内のNPO法人を、市民参加の公開審査を経て選び、「おかやまNPOアワード2012」として表彰します。

本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。



↓募集要項は、こちら↓






↓申請用紙は、こちら↓





インターネット申請も受け付けております。
下のリンクから入力フォーム画面へ行き、必要事項を記入して送信すれば、申請完了です。
(申請用紙等のデータの添付は必要ありません)

インターネット申請へ




■各賞
○ おかやまNPOアワード大賞  (賞金30万円)
○ 奨励賞 (賞金5万円)
○ 特別賞 (賞金10万円)


■一次審査(書類審査)・募集期間
2011年12月1日(木) 〜 2012年1月13日(金)  ※当日消印有効


■対象となるNPO法人 次の全てに該当するNPO法人を対象とします。
1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
2.任意団体の期間を含め2年以上活動実績があること。
3.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な情報開示の意欲をもっていること。
4.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録していること。(申請中でも可)


※公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録方法は、こちらをご覧ください。


◎その他、詳細については募集要項をご覧ください。
岡山で一番、市民が参画しているNPOは? 〜おかやまNPOアワード2011〜 [2010年12月22日(Wed)]

【申請書の公開、申請受付、インターネット申請をスタートしました!】


岡山で一番、
市民が参画しているNPOは?


おかやまNPOアワード2011

岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、県内NPO法人の中でも特に、寄付(物品・金銭)やボランティア参加など、「活動に対して、多くの市民が参加している団体」を市民参加の公開審査を経て選び、「おかやまNPOアワード2011」として表彰します。

本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。


※データで作成された場合は、ぜひ、以下のインターネット申請をご利用ください!


↓募集要項は、こちら↓



↓申請用紙は、こちら↓



【インターネット申請は、こちらから!】
※上記の申請書に必要事項を記入して保存してから、申請してください。



■各賞
○ おかやまNPOアワード大賞  (賞金30万円)
○ 奨励賞 (賞金5万円)
○ 特別賞 (賞金10万円)


■一次審査(書類審査)・募集期間
2011年1月17日(月) 〜 2月4日(金)  ※当日消印有効


■対象となるNPO法人 次の全てに該当するNPO法人を対象とします。
1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
2.任意団体の期間を含め2年以上活動実績があること。
3.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な情報開示の意欲をもっていること。
4.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録していること。(申請中でも可)
5.前年度の「おかやまNPOアワード2010」において入賞(大賞、奨励賞、特別賞)された法人でないこと。

※公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録方法は、こちらをご覧ください。


◎その他、詳細については募集要項をご覧ください。
おかやまNPOサポート基金(NPOアワード)の2009年度配分報告書を作成しました! [2010年06月02日(Wed)]

おかやまNPOサポート基金(おかやまNPOワード)の
2009年度配分報告書を作成しました!



報告書は、以下よりご覧いただけます。(PDF)



※公開プレゼンテーションの情報はこちらからご覧いただけます。

※募集した要項は以下よりご覧いただけます。

※アワードの様子について山陽新聞社様の「滴一滴」の掲載いただきました。

※日本財団CANPANの山田様がブログで当日の様子を紹介くださいました。


寄付者のみなさま、本当にありがとうございました!



また、岡山NPOセンターの2010年度通常総会にて、配分団体より報告をいただきました。

平成22年度(第10期・2010年度)通常総会を開催しました! [2010年06月02日(Wed)]

特定非営利活動法人 岡山NPOセンター
平成22年度(第10期・2010年度)通常総会を開催しました!







以下の各議案について、すべて承認・可決をいただきました。
ご参加いただきました会員の皆様、ありがとうございました。
本年度も、よろしくお願いいたします。

今回、承認をいただきました各書類につきましては、随時、公開させていただきます。


なお、終了後には、「ろうきんNPO寄付システム」、「ドコモNPO奨励賞」の寄付金配分とおかやまNPOサポート基金(おかやまNPOアワード2010)の配分報告を行いました。

※ろうきんNPO寄付システムの配分報告は、こちらです。

※NTTドコモ奨励賞の配分報告は、こちらです。

※おかやまNPOサポート基金の配分報告は、こちらです。


さらに、そのあとには、定例会として「公益ポータルサイトNPOkayamaの今後について」をテーマに、岡山NPOセンターが公益ポータルサイトに取り組む理由についての解説と、意見交換をさせていただきました。
※解説で使用させていただいたのは、以下の資料です。


意見交換では、以下のような提案をいただきました。

○公益ポータルNPOkayamaに期待すること
・YouTubeなどの動画の活用
・ネット上で販売するシステムの提供(認証団体のみ販売)
・民と民との協働。情報や人の中継基地になるようなサイトに。

○岡山NPOセンターに期待すること
・短期借入金ができる銀行の開拓や、NPOバンクの設立
・総会の参加者を増やしてネットワークを広げる


今年度も、岡山NPOセンターをよろしくお願いいたします。
| 次へ