CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
東北地方太平洋沖地震応援基金
http://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
NPO法人事務力検定【2015年度夏季試験】 [2015年08月27日(Thu)]

NPO法人事務力検定【2015年度夏季試験】

事務局検定_タイムライン2015夏用.jpg

経理、登記、労務、所轄庁手続きと多岐にわたるNPO 法人に必要な事務手続きについて、その理解度を問う日本で唯一のNPO法人の事務に関する検定です。(原則として個人の方を対象としています。)

>>お申込みフォームはこちら

【試験日程】
●試験日時
 入門手続編(初級) 2015年8月27日(木)10:00〜12:00
 応用実務編(中級) 2015年8月27日(木)13:30〜17:00
 ※各試験終了後解説の時間を設けます。

「入門手続編」、「応用実務編」と2つの難易度を実施し、自分のレベルに合わせて受験することによりどの事務に関して知識や努力が足りないかを明確化し、その部分を埋めることで全体的なスキルを高めることを目指します。
これまで全国19地域にて、約450人が受験しています!!

●会場
 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」
 〒700-0807
 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階
 ※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。

●対象
 *入門手続編(初級):
 NPO法人の事務職員、NPO法人の事務職員を目指す方など。
 *応用実務編(中級):
 NPO法人事務職実務経験3年以上の方で各種実務担当の方、または入門手続編に合格されている方。

●受験料
 *入門手続編(初級):1,000円
 *応用実務編(中級):3,000円
 ※各料金は税込み・1回分の受験料となります。

どのNPO法人にも共通な事務作業を整備し、検定としてその習熟度を分かりやすくすることにより、NPO法人の事務能力向上をはかります。
また検定化により各組織での人材育成での活用を促すことでコストを軽減するとともに、「事務ができている」状況の明確化を図ることで、事務を担当される方へ安心をご提供します。

150827NPOkentei_okayama.png●出題範囲
 *NPO基礎:
 ・非営利の意味、NPO法人や他法人との違い、
  NPO法に用いられている用語など
 *所轄庁手続:
 ・情報開示事務、設立時手続、事業終了後手続、
  役員変更、定款変更手続など
 *法務局手続:
 ・法人の設立時期、登記の期限、役員変更手続、
  登記事項証明書の読み方など
 *会議の運営:
 ・社員総会、理事会の要件、手続など
 *会計処理:
 ・現金や通帳の管理、現金出納帳、勘定科目、
  仕訳、月締め、各種台帳など
 *労務管理:
 ・就業規則、雇用時の手続き、日々の手続き、
  退職時の手続、社会保険など

>>お申込みフォームはこちら

「検定対策セミナー」開催!
↓↓↓詳しくは↓↓↓

http://blog.canpan.info/npokayama/archive/382


●お申込み・お問い合わせ先
 特定非営利活動法人岡山NPOセンター
 NPO事務支援センター
 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
 E-mail:npokayama@gmail.com
 http://www.npokayama.org/
 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
 担当:加藤
平成27年度「NPO法人事務局 連続セミナー」Part1 [2015年08月20日(Thu)]

NPOseminar_okayama2015_part1.png
平成27年度
「NPO法人事務局
連続セミナー」Part1



参加お申込みフォームはこちら


NPO事務支援センターが過去に実施したセミナーの
アンケート結果より、ご好評を頂いたテーマで開催!!
事務局運営に役立つ4つのテーマにしぼった、
実践的なセミナーです。
併せて「NPO法人事務力検定」受験のための
対策セミナーも開催します。
検定への挑戦を検討されている方、ぜひご参加ください!!

●開催日時・テーマ
・6月18日(木)13:30〜16:30 組織内コミュニケーション ※終了しました。
 コミュニケーションを円滑にする方法について、岡山NPOセンターの実践を交えご紹介。
・7月16日(木)13:30〜16:30 情報開示・パンフレット作成※終了しました。
 NPO法人の情報開示義務に関する解説や、人目につきやすいパンフレットの作成方法をご紹介。
・8月20日(木) 9:30〜12:30 事務力検定対策セミナー(午前)
 NPO基礎・所轄庁手続・法務局手続・組織運営
・8月20日(木)13:30〜16:30 事務力検定対策セミナー(午後)
 会計・労務
・9月17日(木)13:30〜16:30 助成金申請書の書き方
 助成情報の集め方や申請書の書き方、申請時の注意点などを解説。

※検定対策セミナーのみ開催時間が異なります。ご注意ください。
※各回毎のご参加も可能です。

●開催場所
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
 〒700-0807
 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階
 ※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。

●講 師
特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター職員

●参加費
・全講座セット割引(全5回)…会員:7,000円、非会員:13,000円
・各回参加…会員1回:1,500円、非会員1回:3,000円
本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。
>>岡山NPOセンターご入会について

●申込方法
申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。
・お申込みフォーム>>こちら
・お申込み用紙(チラシ)はこちら(PDFファイルが開きます)

●申込締切
各講座1週間前まで申し込みを受け付けます。先着順。

●持ち物
筆記用具を各自でご持参ください。

●ご案内
各講座終了後個別相談をお受けします(1時間税抜1,800円)。
ご希望の方は講座お申込みと合わせてご連絡ください。

●お申込み・お問い合わせ先
 特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター
 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
 E-mail:npokayama@gmail.com
 http://www.npokayama.org/
 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
NPOと士。第三回 [2015年08月07日(Fri)]

samurai.pngNPOと士。第三回

参加お申込みフォームはこちら

今回は、NPO 事務局職員と専門家の方との交流会。

交流を通じて、情報の共有と支援先の拡大
(NPO とのマッチング)を広げることを
目的とした交流会です。NPO の支援に
取り組むことを検討されている士業の方や
興味を持たれている士業の方、すでに支援に
取り組んでいる士業の方のご参加をお待ちしています。

と き 2015 年8 月7 日(金)
    18:00 〜 21:00
ところ ランチ&カフェ「タンポポ」
    (岡山市北区表町1-10-32)
参加費 3,000 円(食事飲み物代含む)

対 象 公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、
    社会保険労務士、中小企業診断士など士業専門家
内 容 県内のNPO 法人職員の方と士業専門家の方との
    交流会を開催します。
    即席お悩み相談や名刺交換、自由交流などを開催します。
お申し込み方法
    以下の主催連絡先まで裏面の申し込み用紙または
    同内容をFAX またはE メールにてお送りください。
    ウェブサイト(当法人ブログ)からもお申し込みい
    ただけます。
>>申込みフォームはこちら
>>申込み用紙(チラシ)はこちら

◆お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
NPO事務支援センター 担当:加藤
〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com http://www.npokayama.org/
(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)第3回専門家交流会_チラシ.pdf
SAVE JAPANプロジェクト2015 [2015年07月27日(Mon)]

高梁川上・中流域の環境保全と暮らしを学び・体験しよう!
SAVE JAPANプロジェクト2015


高梁川の上流・中流域の自然・生物の存在の豊かさと
暮らしの体験を、ブッポウソウ、ウスイロヒョウモンモドキ等
の各生態を通して、子どもから大人まで
幅広い世代に学んで頂くプログラムです。
年間を通して、観察だけでなく生息環境の整備を
行うことで、生物・自然の循環を学びましょう!

※本プロジェクトは、一般社団法人 高梁川流域学校との
 協働にて実施致します。


【共催】:高梁川流域学校 
 特定非営利活動法人 岡山NPOセンター
 認定NPO法人日本 NPOセンター
【協賛】:損害保険ジャパン 日本興亜株式会社

●開催日時・テーマ
@6月13日(土)10:00〜14:00「ウスイロヒョウモンモドキの観察」

※終了しました。多数のご参加、誠にありがとうございました。
 ウスイロヒョウモンモドキは、絶滅危惧種T種に指定されており、日本生存している蝶類の中で、最も危機に瀕している種のひとつです。なかでも最南端に生息している草間台地の種は、その数の少なさからも、他とは異なる生態系を示すことからも、緊急に保護す
べき種です。今回のプログラムでは、ウスイロヒョウモンモドキの生態観察と草間台地の自然観察を行います。
詳細はこちら>>http://savejapan-pj.net/sj2015/okayama/event/_1.html
開催報告はこちら>>http://savejapan-pj.net/sj2015/okayama/report/_1_1.html

A6月20日(土)9:00〜15:00「ブッポウソウの巣箱観察」
※終了しました。多数のご参加、誠にありがとうございました。
 ブッポウソウは、環境省「絶滅危惧TB類(EN)」に指定されている大変美しい渡り鳥です。今回のプログラムでは、昨年1 0月に設置した巣箱で羽化したブッポウソウの観察と高梁美しい森の自然観察を行います。
詳細はこちら>>http://savejapan-pj.net/sj2015/okayama/event/_2.html
開催報告はこちら>>http://savejapan-pj.net/sj2015/okayama/report/_2_1.html

B10月25日(日)9:00〜15:00「ブッポウソウの巣箱作り体験」
ブッポウソウの巣箱に設置された記録映像や巣立ち後の巣箱の観察を行いながら、ブッポウソウの生態について学びます。また餌となる昆虫類等の繁殖を目的とした森林整備作業と、来シーズンに備えてブッポウソウの巣箱制作を行います。

C11月7日(土)10:00〜14:00「淡水魚の観察」
※詳細は参加者へ個別ご連絡致します。
→開催調整中です。

D11月28日(土)10:00〜14:00「ウスイロヒョウモンモドキの草原をつくる」
蝶が住める公的な生息環境の維持・整備(草原の草刈り)と草間台地の自然観察を行います。

●申込方法
下記の申込書、または同内容を下記事務局までFAXまたはEメールでお送りください。
>>申込フォームはこちら
●申込締切
各開催日の1週間前まで(先着順)。
●服 装
長袖・長ズボン・帽子
●持ち物
水筒、タオル。ウスイロヒョウモン、ブッポウソウの各回は、地元の食材を用いた昼食つき(無料)です。淡水魚の回は弁当持参でお願いいたします。

【SAVE JAPAN プロジェクトとは】
47都道府県のNPOと地域の皆さま、損保ジャパン・日本興亜損保が一緒になって、全国各地の「いきものが住みやすい環境づくり」を行うプロジェクトです。お客さまにWeb約款(*1)をご選択いただくことにより、寄付を行い、地域の環境NPOやNPO支援センター、日本NPOセンターと協働で、市民参加型の体験イベントを開催します。参加募集の案内や、開催報告など随時専用サイトに掲載。地域みんなで参加できるイベントを目指します。http://savejapan-pj.net/
(*1) Web約款とは、保険などの説明書を「紙」の印刷物ではなく、ホームページ上で閲覧できる仕組みです。

●お問い合わせ先:高梁川流域学校(担当:岡野)
〒710-0054 岡山県倉敷市阿知3丁目5-5
■電話086-434-8400 ■FAX 086-441-1228
■E-mail  okanoc@w-union.jp
【運営支援】特定非営利活動法人岡山NPOセンター
社会を変えるチカラを身につける!コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップ [2015年07月25日(Sat)]

コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップ 
in OKAYAMA


COWinOkayama.jpg

岡山市内在住のNPOリーダー及びリーダー候補者の皆様!
第三者の共感を獲得する手法、社会の変革を想定した計画を立てる手法を
同じ立場の人たちとともに学んでみませんか?

■flier downloadCOWinOkayama(両面).pdf
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆
コミュニティ・オーガナイジングとは?
◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

市民1 人ひとりの力は小さいが、
沢山の力が合わさることで強い力が生まれ、
問題解決に立ち向かえるようになる。
そのために市民1 人ひとりが主体性を伸ばし、
共有する価値観のもとに協力し、
共に学び成長しながら、
問題解決を目指すことを
コミュニティ・オーガナイジングといます。
コミュニティ・オーガナイジングの提唱者であるマーシャル・ガンツ博士は2008 年の米大統領選挙で
現大統領バラク・オバマの選挙参謀として初の黒人大統領を誕生させたことでも有名です。

<対象>
岡山市で社会問題の解決に取り組む、リーダー及びリーダー候補者
例:NPO リーダー、市民活動のリーダー、
  ソーシャルビジネスのリーダー(企業規模や役職に関わらず)、各種専門家など

※ 全日程参加できることが条件となります。(部分参加不可)
※ 岡山市が活動地域に含まれていれば主たる活動地域及び在住地域は問いません。


<日時・会場>
7 月25 日(土)、8:00〜19:00
7 月26 日(日)、8:00〜18:30
会 場:旧内山下小学校(岡山県岡山市北区丸の内1 丁目2−12)
≪アクセス方法≫
 一般駐車場はご用意しておりませんので、できる限り公共交通機関でお越しください
 徒歩JR 岡山駅より徒歩約15 分
 路面電車東山線「城下」下車、すぐ  バス宇野バス「表町入口」下車、
 すぐクルマ岡山IC から約20 分 最寄りの有料駐車場をご利用ください

<参加費>
 5,000円(資料代実費)

<定員>
 25名(先着順)

<託児について>
託児を希望される場合は事前のお申し込みが必要となります。
以下の連絡先までお子様のお名前、性別、年齢、注意事項等をお知らせください。

<申込み方法>
申し込みフォームの送信、もしくは問合せ先までメール・お電話にてお申込みをお願いいたします。
(申込み必要事項:お名前、団体名、団体での役職、ご連絡先(電話・Email アドレス))

■お申込みフォームhttps://goo.gl/WskNWK

※お申し込みを受け付けした方には事務局から事前課題(資料)を送付いたします。
 当日までに熟読のうえ、ご参加ください。
※お申込みから一週間以内に返信のない場合、申込みが完了できていない場合がございます。
 お手数ですが、ご連絡をお願いいたします。


主催 : ESD・市民協働推進センター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆
 問合せ・申込み先
◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ESD・市民協働推進センター
運営時間:月〜金(祝日除く) 9:00 〜 17:00
TEL:086-803-1062  070‐5055-7589
メール:esd-smc@googlegroups.com

※参考情報※
コミュニティ・オーガナイジングについてメディアで掲載された情報です。
どのようなものか関心のある方はご覧ください。
=====================================
■クローズアップ現代
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3448_all.html
2013年12月にコミュニティ・オーガナイジングをハーバード大学ケネディスクールで教える
マーシャル・ガンツ博士が来日された際のWSの様子が2014年1月のクローズアップ現代で
取り上げられ、大変な反響を呼びました。動画もついていますので、おすすめです。
 
■ガンツ博士対談
http://communityorganizing.jp/ganz_katsube/
深田恭子さん主演のNHKドラマ「サイレントプア」のモデルになったことでもしられる
大阪府豊中市社会福祉協議会の勝部麗子さんとガンツ博士との対談です。
勝部さんは2013年12月WSの参加者でもあります。
 
■ジャーナリスト・下村健一氏の「知ってる?この話?」に代表鎌田が出演
http://communityorganizing.jp/about/media/media-10/
 
■受講者の声
過去に同様のWSに参加された方からコメントを頂戴しています。
http://communityorganizing.jp/workshop/voice/
 
■COJ代表・鎌田氏のハフィントン・ポスト・インタビュー
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/11/community-organizing-kanoko-kamata_n_4580830.html?just_reloaded=1
====================================

◆「日が合わない!」という方へ。
日程が合わない。でも今後の情報が欲しい方は『つながる協働ひろば』に「いいね」をどうぞ!
社会の課題解決を目的とした講座や研修の案内、取組事例などを紹介しています!
https://www.facebook.com/kyoudouhiroba
【7月17日】台風による臨時休業のお知らせ [2015年07月17日(Fri)]

【台風による臨時休業のお知らせ】

岡山NPOセンターは台風11号の影響に伴い、本日、7月17日(金)を臨時休業とさせていただきます。

*本体事務所(表町事務所)は休業しております。

*当法人が岡山県社会福祉協議会様と管理運営する「ゆうあいセンター」は、通常通り運営しております。
ただし、会場利用の行事につきましては中止になっている場合もございますので、個別にご主催者の方へご確認ください。
また、利用者の方で開催中止をされる場合には、ゆうあいセンターまでご相談ください。

*当法人が岡山市役所内にて開設しております「岡山市ESD・協働推進センター」も通常通り運営しております。

現在、倉敷市内に上陸しているとのニュースが流れております。どうぞ、お気をつけてお過ごしください。
官民協働による持続可能な岡山市づくりについていっしょに考えましょう! [2015年06月19日(Fri)]



「平成26年度岡山市市民協働推進モデル事業報告会」

「持続可能な岡山市づくりのための課題解決ワークショップ」

 参加者募集中です!


image-16.jpg

★問題意識を同じくする仲間と出会うことができる!
★岡山市が抱える課題(テーマ)と現状に対する理解を深めることができる!
★官民協働による課題解決の方策を見出すことができる!

岡山市が抱える社会課題を官民で解決するための「協働の基盤整備」を
目的として、市民と行政が情報を共有しながら、相互の強みや特徴を生かした
解決手法を考えるためのワークショップを開催いたします。

以下のA〜Lの「ワークショップテーマ」と共通する問題意識や興味・関心を持っている
市民の皆様、岡山市職員の皆様、ぜひ、お気軽にご参加ください。
また、当日はあわせて平成26年度「市民協働推進モデル事業」の報告も行います。
平成28年度のモデル事業への提案を検討されている場合はぜひご参加ください。
(1)または(2)のみの参加もできますが、できる限り通しで参加をお願いします。

 
□チラシ:0707報告会&課題別WSチラシ.pdf

□日時:平成27年7月7日(火) 13:00〜17:00

□会場:岡山市勤労者福祉センター(岡山市北区春日町5-6)
 http://www.city.okayama.jp/hofuku/kodomo/kodomo_00003.html

□内容:
 (1)13:00〜
  官民協働による課題解決事例/平成26年度岡山市市民協働推進モデル事業報告会
 (2)15:00〜
  持続可能な岡山市づくりのための課題解決ワークショップ

★平成26年度「市民協働推進モデル事業」については以下のHPをご参照ください!
 http://www.okayama-tbox.jp/kyoudou/pages/2430

□対象:岡山市内で活動するNPO関係者及び岡山市職員

□参加費:無料

□ワークショップテーマ:
 A.発達障害児の教育と支援について考える
 B.集落・コミュニティの再生方法について考える
 C.国際協力のあり方について考える
 D.病気の子どもの学習環境について考える
 E.高齢者の外出支援について考える
 F.在宅介護者の支援について考える
 G.子どもと親を支える地域の取り組みについて考える
 H.若者の意見発信について考える
 I.若者の自立支援について考える
 J.河川と海の環境保全について考える
 K.ESDの普及・推進について考える
 L.商店街の活性化について考える

□お申し込み方法:
以下のチラシ裏面にある「申込用紙」に必要事項をご記入のうえ
FAX、E-mailにてお申込みいただくか、お電話にて必要事項をお知らせください。

□チラシ(ワード):0707報告会&課題別WSチラシ.doc

□お申し込み・お問い合わせ先:
岡山市市民協働企画総務課市民活動支援室(武・水谷)
電話:086-803-1061 / Fax:086-803-1872 / E-mail:kyoudou@city.okayama.jp
ESD・市民協働推進センター(高平・渡辺・岩崎)
電話:086-803-1062 / 070-5055-7589  / E-mail:esd-smc@googlegroups.com
 
岡山市と協働で解決したい課題(ワークショップテーマ)を募集中です! [2015年06月05日(Fri)]

 
持続可能な岡山市づくりのための
課題解決ワークショップにおいて
官民で協議するテーマを募集します!


image-16.jpg

▼要項・チラシ・申込み用紙はこちら
150707岡山市協働WS開催要項(修正).pdf

※申込用紙のみ(ワード)はこちら
申込用紙のみ(ワード).doc

▼申し込みフォームはこちら
https://goo.gl/oC6Nlm

1.趣旨
岡山市及びESD・市民協働推進センターでは、岡山市が抱える社会課題の
官民協働による解決の促進とその基盤整備を目的として、市民と岡山市職員が
問題意識を共有しつつ、それぞれの強みを生かした解決策を検討するための
ワークショップを平成26年度にひきつづき開催いたします。
つきましては、ワークショップにて協議を行う「テーマ」を市内NPO
(任意組織を含む)の皆様から募集いたしますので、岡山市との協働を
希望される方は本要項に記載された事項をご確認・ご了承のうえ、
お申し込みください。

2.申込期限
平成27年6月10日(水)、17:00必着
※申込期限を延長しました。

3.申込方法
上記のフォームからお申し込みいただくか、申し込み用紙を
ダウンロードして必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールにて
お申し込みください。お電話によるお申し込み(申込用紙の内容を
伝達または記載)も受け付けいたします。

【重要】
テーマのお申し込みは以下の注意事項・お願いをご了承いただける方に限らせていただきます。
(1)申し込みテーマが採用された場合、ワークショップ内で簡単なテーマ説明を行って
 いただきます。そのため、7月7日の「持続可能な岡山市づくりのためのワークショップ」に
 ご参加いただけることと岡山市役所での事前打ち合わせ(日時は相談に応じます)にご参加
 いただけることを申し込みの条件とさせていただきます。

(2)ワークショップ及び事前打ち合わせへのご参加に対して、謝金、交通費等、一切の経費を
 お支払いすることができません。

(3)ワークショップは協働による課題解決の推進を目的とするものですが、岡山市による
 事業化、施策化が約束されるものではありません。(ただし、必要に応じてESD・市民協働
 推進センターにて継続的な協議や事業計画の策定などを支援させていただきます。)

(4)申し込みテーマが多数の場合、事務局(岡山市及びESD・市民協働推進センター)にて
 テーマの選定及び統合を行います。そのため、目的や対象が重複するご提案については
 統合して一つのテーマとさせていただく場合があります。

□お申し込み先
・FAX:086-803-1846(岡山市市民協働企画総務課)
・TEL:086-803-1063 または 070-5055-7589
・E-mail:esd-smc@googlegroups.com

□必要事項
(1)岡山市との協働により解決をはかりたい課題(ワークショップテーマ)
(2)提案の動機、根拠など
(3)氏名
(4)ご所属またはご職業
(5)電話番号
(6)メールアドレス
※連絡先情報を許可なく第三者に提供することはございません。

4.持続可能な岡山市づくりのためのワークショップについて
※詳細が確定次第、本ブログ等でご案内させていただきます。
□開催日:平成27年7月7日(火)、15時〜17時
□場所:岡山市勤労者福祉センター 5階体育集会室(岡山市北区春日町5-6)
□対象:岡山市内の市民活動関係者及び岡山市職員
□定員:60名程度
□参加費:無料

5.お問い合わせ先
ESD・市民協働推進センター
岡山市役所2階 市民協働局市民協働企画総務課となり(岡山市北区大供1丁目1-1)
TEL:086-803-1063 または 070-5055-7589
E-mail:esd-smc@googlegroups.com
 
NPO法人事務局決算期特別セミナー(4月・5月) [2015年05月21日(Thu)]

本セミナーは終了しました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。


150416-0521NPOseminar_okayama.jpg

NPO法人事務局スタッフがお届けする、
NPO法人を“支える”事務局スタッフさんへ向けたセミナー

NPO法人事務局決算期特別セミナー

>>お申込みフォームはこちら

「決算」という言葉がひしひしと迫るこの時期。
多くの団体が3月末で決算を迎えるにあたり、事務局で働く方にぜひ理解してもらいたい
決算処理や年度毎の各庁への提出書類について集中的にご説明します。
「決算の準備はこれでいいのか不安がある…」
「今のうちに再確認しておきたい…」
「そもそも決算の仕方が分からない…」

という方は、ぜひお越しください。この機会に事務手続きの不安を解消しましょう!

■日時 (※各日とも同じ内容です)
2015年4月16日(木)9:30〜16:30
2015年5月21日(木)9:30〜16:30

■会場
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
 〒700-0807
 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階
 ※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。

■対象
・NPO法人事務局スタッフ(勤続年数は問いません)
・その他、NPO法人の決算に関わる方

■内容
午前:「決算処理確認チェックリスト、決算書作成、活動計算書作成」「所轄庁提出報告関係」
午後:「定款の読み方」「法務局手続き」

■講師
加藤 彰子(NPO事務支援センター センター長・NPO 法人事務歴9年)

■参加費
1名につき 1コマ:当法人会員1,500円 当法人非会員3,000円
(本セミナーご参加へ合わせてのご入会も可能です)
※当日現金にて申し受けます。

■申込方法
申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。
>>お申込みフォームはこちら
・お申込み用紙(チラシ)は、下記画像をクリックしてください。(PDFファイルが開きます)
150416-0521NPOseminar_okayama.png

■申込締切
開催日の3日前まで ※定員は各回20人、先着順です。

■持ち物
・筆記用具
・電卓

■お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
NPO事務支援センター
 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
 E-mail:npokayama@gmail.com
 http://www.npokayama.org/
 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
 担当:加藤、國安
協働力・地域力・支援力研修 in 岡山2015 [2015年05月17日(Sun)]

本研修は終了しました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。


「Kプロジェクト・アーカイブキャラバンIN岡山 報告」
K-project(加藤哲夫氏資料アーカイブ&市民活動ハンズオン支援プロジェクト)様のブログへリンクします。
http://blog.canpan.info/minmin-kpro/archive/47

協働力・地域力・支援力
研修 in 岡山2015

支援力研修2015_タイムライン.jpg

■大きく変化するこの10年。「地方創生」「地域活性」「限界集落」「消滅自治体」などの言葉だけに振り回されるのではなく、地域を見て、地域で暮らしていくことを決めた人たちを見て、地域による地域のための取り組みをつなげ、促し、支える現場のための本気の「力」を身につける研修会です。

■支援センターや中間支援組織、行政の方は勿論のこと、NPOや社団、財団、社会福祉法人の理事長やマネージャー、地域団体・地縁組織の会長や役員の方にもおすすめです。

お申込みフォームは>>こちら

■日時とプログラム
2015年5月15日(金)
A.協働力パワーアップ研修

 自治体の協働推進担当管理職層および協働のカウンターパートとなるNPOを対象とした、「協働推進のための課題の整理」と「取り組みのロードマップづくり」。前半(基礎研修:10:30〜13:30)は「自治体職員と市民活動支援センタースタッフのための、経緯と事例から学ぶ協働の基礎研修」を実施。後半(しくみづくり編:14:30〜18:30)に協働推進のための課題の整理とロードマップづくりを、行政職員およびカウンターパートとなるNPOが協働で実施。
 講 師:川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])
 時 間:10:30-18:30
 対 象:市町村・県等の行政職員、市民活動支援センター、NPO、社会福祉協議会など。
 定 員:35名(先着順)
 参加費:4,000円(2名以上は割引あり)
D.社会事業家100人インタビュー(オプション企画)
 日本最初のチャリティーショップのビジネスモデルとその形成についてお伺いします。
 ゲスト:新田 恭子 様(公益社団法人セカンドハンド 創業者)
 時 間:19:00-21:00
 対 象:社会事業、ソーシャルビジネスに興味のある方
 定 員:30名
 参加費:1,500円(うち500円はゲストの指定する寄付先に寄付)

2015年5月16日(土)
B.地域力パワーアップ研修

 島根県雲南市等で進む「小規模多機能自治(※)」のしくみづくりを学びながら、地域で今後、予想される変化と、行政がすべき準備、地域が自ら進めるべき取り組みを整理し、地域の年次ごとの予定表・ロードマップに落とし込む研修会。
 ※小規模多機能自治…
  おおむね小学校区を対象に、自治会・町内会をはじめとする
  地域内の地縁型・属性型・目的型団体の共同体により、地域
  住民の安全・安心の維持・向上のために必要とされる事業・
  活動を、自主的に実施するとともに、行政などから公共サー
  ビスを受託するなど、小さな地域において求められる生活・
  公共サービスを住民自らが担うこと。
 講 師:川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])
 時 間:10:30-18:30
 対 象:自治会・自治体職員の方、地域自主組織に関わる方
 定 員:35名(先着順)
 参加費:4,000円(2名以上は割引あり)
E.K-project企画展アーカイブキャラバン(オプション企画)
「Thinking of NPO 
〜加藤哲夫氏資料から東日本大震災後のNPOを考える〜」

 東日本大震災時の教訓を活かし次の災害に備えて何をなすべきか。
 故 加藤哲夫氏の資料を基に考えます。
 ゲスト:NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
 時 間:19:00-21:00
 対 象:震災支援、復興、NPO支援に興味のある方
 定 員:30名
 参加費:無料

2015年5月17日(日)
C.支援力パワーアップ研修

 中間支援組織や市民活動センター、ボランティアセンター、環境学習センターや男女共同参画センターなど、市民活動・市民事業の支援に従事する人材の「支援力」の向上研修。団体・事業支援に求められる「7つのチカラ」を学ぶとともに、それぞれに不足する「支援力」の強化策について、事例紹介交えて研修を行います。
*事前に支援力についてのアセスメント調査を実施。その結果をもとに研修のメニューを決定します。
 講 師:川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])
 時 間:10:00-17:30
 対 象:中間支援組織、市民活動支援センター、NPO、社会福祉協議会、市町村・県等の行政職員など。
 定 員:35名(先着順)
 参加費:4,000円(2名以上は割引あり)


■会場
■5月15日(金)プログラムA・D、5月17日(日)プログラムC
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
 〒700-0807
 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階
 【JR岡山駅より (公共交通機関をご利用ください。)】 
 ・徒歩:約15分   ・タクシー約5分。
 ・バス各線:「跨線橋東」北へ徒歩約4分、「番町口」西へ徒歩約3分
■5月16日(土)プログラムB・E
旧内山下小学校
 〒700-0823 岡山市北区丸の内1-2-12
 【JR岡山駅より】
 ・徒歩:20分  ・タクシー:約5分
 ・路面電車:「東山行き」城下(停留所)で下車。徒歩5分。
 ※専用の駐車場はありません。(周辺にコインパーキングはございます。)
※両会場とも、当日は周辺駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。ご協力をお願い申し上げます。

■講師紹介(全プログラム共通)
 川北 秀人 氏

 IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 代表
 [講師プロフィール]
 1964年大阪生まれ。87年に(株)リクルートへ入社し、広報や国際採用などを担当して91年退社。その後、国際青年交流NGOの日本代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE設立。
大小さまざまなNPOのマネジメント支援を毎年100件以上、社会責任志向の企業のCSRマネジメントを毎年10社以上支援するとともに、NPOと行政との協働の基盤づくりも支援している。

■参加費
↓画像をクリックするとPDFが開きます。
150322sienryoku2015_okayama_sankahi.png
<複数人参加に対する割引について>
A.協働力パワーアップ研修
 …1人目4,000円、2人目3,000円、3人目2,000円、4人目以降1人あたり1,000円
B.地域力パワーアップ研修
 …1人目4,000円、2人目3,000円、3人目2,000円、4人目以降1人あたり1,000円
C.支援力パワーアップ研修
 …1人目4,000円、2人目3,000円、3人目2,000円、4人目以降1人あたり1,000円
D. 社会事業家100人インタビュー
 …お一人1,500円(複数参加による割引はありません)
E.K-project企画展アーカイブキャラバン
 …参加費無料
・宿泊、移動、食事等は上記金額に含まれません。各自ご手配ください。

■お申込上の注意点
 ・各プログラムとも、原則同一組織から2名以上にてご参加ください
  (複数名参加の組織の申込を優先させていただく場合があります)。

  プログラムAは行政職員1名+NPO職員1名でのご参加も可能です。
 ・プログラムAは、自治体など行政職員の方と中間支援組織・NPOの方の
  合同受講を原則とさせていただきます。

 ・個人に関する情報は、本研修開催の目的以外には使用しません。
 ・ご参加の方には、簡単な事前課題がございます。追って事務局よりご連絡をさしあげます。
 ・宿泊・移動・食事等は上記金額に含まれません。各自ご手配ください。

■お申し込み方法
申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。
・お申込みフォーム>>こちら
・お申込み用紙(チラシ)は、下記画像をクリックしてください。(PDFファイルが開きます)
150322sienryoku2015_okayama_chirashi.png  k-pro-in-Okayama.png

■企画・運営
【主催】
中国5県中間支援組織連絡協議会
<構成団体>
(公財)とっとり県民活動活性化センター(特)ひろしまNPOセンター(公財)ふるさと島根定住財団(特)やまぐち県民ネット21(特)岡山NPOセンター
【運営事務局】
(特)岡山NPOセンター
【共催】
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
【後援】
岡山県、島根県、鳥取県、山口県、広島県
【オプション企画(K-project企画展)共催】
(特)せんだい・みやぎNPOセンター

■お申込み・お問い合わせ先
 特定非営利活動法人岡山NPOセンター
 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
 E-mail:npokayama@gmail.com
 http://www.npokayama.org/
 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
 担当:北内(キタウチ)、石原(イシハラ)
| 次へ