CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
小さな旅 [2012年09月08日(Sat)]
陣屋の 001.jpg 今年も陣屋の仲間のつながりづくりを目的に、ちょっと遠出をしました。
岡山市南区にある陣屋の事務所から、目的地である新見市までは片道125キロ、片道約2.5時間のドライブでした。まずは、通り道の総社市にある宝福寺へ。ここは雪舟が禅僧になるために修行していたお寺で、好きな絵ばかり描いては叱られていたとか。あるとき、怒った住職が雪舟を本道の柱にしばりつけてしまいますが、気になってのぞくと、なんと雪舟の足元に大きなねずみが!かまれては大変と追い払おうとした住職はそれが絵であることに気づくのです。実は、雪舟がこぼした涙を足の親指につけて床にかいたものだったとか。その話が屏風に描かれていました。


陣屋の 002.jpg
絹掛けの滝です。一羽の水鳥が悠然と泳いでいました。ふつうはつがいでいる水鳥が一羽でなんて・・・
と、みんなで背景を推察しあって楽しみました。

陣屋の 003.jpg
目的地のひとつ、日本で二番目に大きい鍾乳洞という「井倉洞」です。1.2キロ、狭いところや高さの低いところも多く、上がったり降りたり・・けっこうハードでした。
滑りそうになったり、頭をぶつけたりしながら、ひんやりした洞内をでるときは大汗をかいていました。
井倉洞の上がカルスト台地になっていて、そこにあるおそばやさんで、ひきたて・うちたて・ゆでたてのおそばをランチにしました。
陣屋の 004.jpg陣屋の 005.jpg
本日のメインは「やぎ牧場きらり」の訪問。NPO法人が運営しているんです。やぎって、いやされます!
一日中眺めていても、飽きないですね。障がい者の就労支援の場にもなっているようです。
好みの雑草とかもあるとききましたが、一匹お借りしたいもんです。県条例が厳しくて、アレルギーの問題のないやぎ乳を市販ルートにのせるのはむずかしいそうです。苦労されているんですね。雌山羊は搾乳中で建物の中。雄山羊が草をついばむ姿をじっと眺めてきました。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 20:00
検索
検索語句
最新コメント
山根 宏
公共工事の看板に ちゃぶだいの名前が・・・ (07/16) 特定非営利活動法人陣屋
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/19) ぱいなぽー
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/18) white peach
やまもも、ご存じですか。 (07/23) NEW なっぽ〜
満点星ツツジを初めて知りました (06/15)
タグクラウド
プロフィール

陣屋さんの画像
http://blog.canpan.info/npoginya/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npoginya/index2_0.xml