CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
イネの花らしきもの [2018年10月19日(Fri)]
IMG_2326.JPG
IMG_2313.JPG
IMG_2315.JPG
IMG_2304.JPGIMG_2304.JPG

岡山市や倉敷市などの田んぼの風景の中を車で駆け抜けている日々です。田植えが済んだばかりでの7月豪雨、その後の台風24号と25号の襲来。私が動き回っている地域に限っては、今週あたりから稲刈りが始まっています。

イネの花を見たことがなかったので、ときおり車を止めて見入っていました。天候や時間帯というタイミングがあるし、イネの花の命ははかないと聞いていたのですが、これかな?と思える白い花らしきものを生まれて初めて見ました!

伸びた茎のさやを割って、穂が次々と出始め、その穂(籾)が二つに分かれて花弁のない白い花がついてくるんだと見えました。


あとで、それが雄しべで、籾の中の雌しべと受粉すると、籾が閉じて大きく膨らんでいくのだと知りました。上の方の穂から順々に咲いて1週間くらいで咲き終わるし、一つ一つは1〜2時間くらいしか咲かないのだと知って、素人カメラでは無理、畦道にじっと座り込んでいて共感できるのだと気づいた次第でした。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:22
やっと秋らしく・・・ [2018年10月13日(Sat)]
うろこ雲? いわし雲? さば雲?
   
          秋の到来を満喫しました!

IMG_0267.jpgIMG_0268.jpg
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:51
一面の麦畑 [2018年05月05日(Sat)]
IMG_2269.JPG
IMG_2268.JPG

陣屋の活動エリアには二毛作をしているところもまだまだ残っています。
黄金色に輝く初夏の風景は 麦秋 と呼ばれますが、今は一面青々とした、
緑のエネルギーにいやされます。
大麦なので、ビールになるんですね。





今日は子どもの日。見上げれば青空に
こいのぼりが泳いでいるのを目にする
事ができる、日本の原風景を味わえる
地域です。


Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:28
風の人、土の人・・・ [2017年07月15日(Sat)]
IMG_2228.JPGIMG_2225.JPG

先週は風雨でびしょびしょ、今週は猛暑でひからびてしまいそう・・・
近所の池も散歩する人・犬・猫・・・だあれもいなくて、水鳥たちが
涼し気、水面下にはたくさんのカメたちが悠然と泳ぎまわっていました。





20年ほど前、九州でまちづくりの活動をしていた人が「土の人・風の人」という言葉を使って
まちづくりの夢を語ってくれたのを思い出しました。
今朝、ニュースで地域おこしの一環で風の人ががんばっている事例というのを耳にしたからです。
私は千葉で子育て・市民参加のまちづくりの活動をしてきたので、現在住んでいる岡山市ではNPOで福祉のまちづくりの活動をしているといっても、土の人ではないと感じることが多々あります。いっそ、開き直って風の人である立場からちょっと違う視点で、恐る恐るではなく、堂々と語って活動していきたい誘惑が・・・う〜ん。    谷口多恵
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:11
秋はなんといってもコスモス [2016年10月14日(Fri)]
ヘルパーステーションちゃぶだいの利用者さんの中には、移動支援での外出を楽しみにしていらっしゃる方がおられます。秋を満喫するためにコスモス畑へお供してきました。岡山市東区升田にある岡東浄化センターは百關の河口にあり、敷地内の一部、3000平方メートルに約3万本のコスモスが風に揺らいでいました。下水を浄化した水を利用しての花畑、たくさんのボランティアの方々のかかわりがあるとのこと。コスモスのトンネルをくぐっての散策、とてもいやされました!
IMG_2197.JPG

IMG_2190.JPGIMG_2191.JPGIMG_2194.JPG

IMG_2192.JPGIMG_2193.JPGIMG_2195.JPG
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 16:26
チューリップから桜、そしてハナミズキへ [2016年04月21日(Thu)]
いつのまにやら時は流れ、春。
でも、地震という災禍に遭遇した地域の方々には哀しみの春。
被災地での暮らしに思いを馳せ、
できることをしていきたいと思っています。


IMG_1996.JPG160411_115332.jpgDSC_1259.JPGIMG_2004.JPGIMG_2006.JPG
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 18:12
やまもも、ご存じですか。 [2014年07月16日(Wed)]
yamamomo1m.jpg

ちゃぶだいの利用者さんのお庭で初めてお目にかかりました。
常緑樹のやまももの実がなるのは珍しいそうです。雌雄の木がないとだめだからとか。でも、鳥や風が花粉を運ぶのでしょうね。とてもかわいい、そのままブローチにでもしたくなるようなファンシーさがあります。この赤い色はアントシアニン、手先が赤く染まります。一粒いただいて、独特の酸味と甘みを感じました。ジュースやジャムにぴったり!熟した実を二百グラムほどいただいて、ジャムづくりに挑戦してみました。

今はやりのクエン酸、ブドウ糖がいっぱい入っているそうですよ。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:03
花筏って、ご存じでしょうか [2013年05月02日(Thu)]
no-titleno-title

桜やハナミズキの街路樹にいやされた季節が過ぎようとしています。この写真は倉敷川河川敷の桜と、ヘルパーステーションの事務所があるところのハナミズキの街路樹です。

先日、利用者の方のお庭で「花筏」という珍しい木を見せていただきました。卵型の葉で縁がぎざぎざになっていて、その葉のまんなかあたりに薄緑の小さな花をつけているのです。この花は筏に乗った人の姿に見えます。とっても、風流!  夏になるとその花が黒っぽい実をつけるんだそうです。季節の花はもちろん、スズランや十二単衣が群生していて、ケアにお伺いし、ほっとするひとときをいただきました。

no-title
no-title

Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 10:57
稲刈りも終わって・・・ [2012年11月13日(Tue)]
陣屋の事務所のある東畦から倉敷市茶屋町へ向かうあたりは田んぼが多く、用水がはりめぐらされています。つぃこの間まで稲穂が陽光を受けてきらめく風景を楽しんでいたのに、いつのまにかどんどん刈られて、今はあちこちにもみがらの山が写真のように見られます。晴れ

ブログ 007.jpg

ブログ 006.jpg

先週末あたりから、いっせいに煙がたなびき始めました。 籾殻の山に円筒をつきたてての薫煙が始まったようです。 都会育ちの私には初めての風景なので、しばし見入ってしまいます、農道で後続車にブブ〜とならされつつ・・・・車(RV)

いぶされてしまうので、アレルギーのある人には辛い時期でしょうが、とてもいい風物詩です。燃えた籾殻は田んぼや畑にまかれて、すきこまれる土壌づくりにいかされるようです。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:11
実りの秋ですね [2012年10月15日(Mon)]
実りの秋.JPG

ここ東畦のあたりはお米を作っているところが多くて、車で走っているとこの写真のような風景が広がっていて、とってもしあわせな気分になります。

また、秋分の日に咲き始めるという彼岸花がことしは目につきます。 ピンクのコスモスやキバナコスモスが秋風にゆれている姿も風情があります。 まるで地域花のように咲き誇っているんですよ。

豊作をいのる秋祭りも、そろそろでしょうか。 昨日の日曜日など、子どもみこしをかついで練り歩く「わっしょい・わっしょい」というかわいい声がどこからか聞こえてきたりしました。

NPO陣屋では興除地区で行われる「米フェスタ」で 地域デビューします。 ものすごい数の老若男女が
集まるんだそうで、たくさんのアトラクション・たくさんのお店出しに地域の人たちががんばるんだそうです。
私たちは北海道で生活をしたことがある人から直伝の「いもだんご」のお店を出します。 あいにく、この時期のジャガイモの値段が高いのが悩みなんですが・・・・・
11月18日が米フェスタの日です。またご報告しますね。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 17:15
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
山根 宏
公共工事の看板に ちゃぶだいの名前が・・・ (07/16) 特定非営利活動法人陣屋
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/19) ぱいなぽー
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/18) white peach
やまもも、ご存じですか。 (07/23) NEW なっぽ〜
満点星ツツジを初めて知りました (06/15)
タグクラウド
プロフィール

陣屋さんの画像
http://blog.canpan.info/npoginya/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npoginya/index2_0.xml