CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ずっと書類に追われる日々だった [2018年04月20日(Fri)]
H29年度がヘルパーステーション事業や福祉有償運送事業の更新の年にあたっての書類づくりに追われ、忙しい中で労働基準監督署の訪問指導があり、またまた書類仕事がふえて・・・なんとかすべてクリアしたところで、H29年度の決算の仕事。会計事務所に資料を届けて、ほっとしたらなんと桜の季節は過ぎて、ハナミズキが咲き誇る4月中旬!

この9カ月ほどはパソコン作業で視力がすっかり落ちてしまった感じ。総会の資料作りが始まるまでのほんのひととき・・・事務所のそばのハナミズキ通りを空を仰ぎつつ、散歩しています。

IMG_1121.JPG


IMG_1123.JPG


我が家のハナミズキも今年は最高!

180419_100447.jpg
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:39
ようやく総会も終わって・・・・ [2017年05月24日(Wed)]


IMG_2220.JPG
IMG_2221.JPG
今年の総会の場を飾ったのは、利用者さんからいただいた 花筏・ウツギ・シラン でした。
役員の改選、NPO法改正による公告の方法を定めるための定款変更、介護保険法改正による事業名の変更変更などの議題もありました。H28年度は陣屋本体の事業を支えるヘルパーステーションちゃぶだいの収入が伸び、はじめて単年度黒字となりました



IMG_2230.JPG
IMG_2229.JPG

今、岡山の農業地域はビールの原料になる大麦がどんどん黄金色になっていく美しい光景を楽しめます。青々していたときも、黄金色になっていくときも、風のそよぎで波打ち、さまざまなイメージを創り出しています。ヘルパーの仕事の帰途、夕日にきらめく大麦の生命力を堪能してきましたよ。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:41
ハナミズキ Dogwood [2017年04月24日(Mon)]
IMG_2218.JPGIMG_2217.JPGIMG_2219.JPG

桜の次はハナミズキですね。事務所近くの通りの風景です。花びらのように見えるのは葉が変化したもので、本当の花は中心の緑の部分なんだそうですね。

Dogwood と言われるのは樹皮の煎じ汁を犬のノミ退治に使ってたからだとか。花ことばは
「返戻」、昔ワシントンへさくらの木を送った時の返礼でハナミズキが送られたことに
由来するのだそうです。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 15:55
危険を安全に体験する研修を受けてきました [2016年09月24日(Sat)]
移動ネットおかやまの通常総会が8月末にあり、10周年記念行事として「移動サービス運転者スキルアップ研修」が午後に行われました。NPO法人陣屋からはふたりが参加し、事故を予防するにはどうすればよいのかという課題を参加型体験授業で学んできました。
目ひとつは死角の点検!普段、サイドミラーやバックミラーや目視できをつけてはいるものの、ドライバーがどこまで見えるのか、どこから見えなくなるのかを具体的に車の前に人が立ち移動していくことで、糸をはって点検。こんなにもあるんだというのは驚き。
ひらめきもうひとつは、。30km/hで強いブレーキを実施し、制動距離の確認そして利用者体験。強いブレーキはなかなか踏めない、それは座る姿勢に問題があると知りました。だから発進時のふんわりアクセルや利用者に配慮したふんわりブレーキ、同時に利用者への声掛けが大切と改めて実感。
講師は車を売るだけでなく、安全運転普及活動にも取り組むHondaのスタッフお二人でした。
IMG_2187.JPG

移動ネットおかやまではなんとその後の運転者講習で取り入れてみたのです!もちろん大好評でした。糸はりの様子がよくわかる写真をお借りしました。
DSCN2185.JPG
DSCN2186.JPG
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 10:15
たなばた 七夕ですね [2016年07月07日(Thu)]
陣屋の文庫活動が地域の公民館での子育て・子育ち活動への参加という形になってきて以来、笹を飾るということもなく過ぎていました。

でも今年は利用者さんが作られた笹につける飾りをいただいたので、さっそく陣屋の玄関へ。吹き抜ける風に揺れています。
no-title


日曜日に京都の寂光院へ出かけた私は静かな境内に「どうぞ」とおかれていた短冊に願い事を書き、笹に結び付けてきました。
no-title


春は総会や事業報告や法務局関係、税務関係・・・とばたばたし、ほっとするのが七夕の頃です。でも、今年は、福祉有償運送がこれまでの岡山市のらっこに加えて、赤磐市でもカメさんが
動き出し、陣屋も次のステップに足をかけたという感じです。
no-title

岡山県下でも、一つの法人で二つの事業(岡山市と赤磐市)をしているところはないそうで、そうなんだとびっくりするとともに、やはり福祉有償運送事業は地域の住民が地域の暮らしをよくしようというミッションで創り上げていくものだもんねと、納得。
今の福祉車両は大きな車いすが扱いにくいので、今回日本財団の福祉車両助成事業に申請しました。2台は所有する力がないので、買い替えを予定しての申請。どうぞ受かりますように・・・
                                谷口多恵
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:46
七草粥、食べましたか? [2016年01月07日(Thu)]
晴れHAPPY NEW YEAR 晴れ

暖冬であたたかい三日間でしたね。
今朝は暇がなかったので、夕食につくろうと思っています、七草粥。ルーツは中国だとか、1月7日は節目に当たる日とのこと。 春の七草(パック入りが売られていますね)入りのおかゆを食べて、この1年の無病息災を願うのだそうです。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ 言えました手(チョキ)

岡山県も大決断!自家用有償旅客運送制度で、事業登録に関する事務・権限の委譲を国へ申請する予定だという。2月県議会で審議され、4月からスタートするとのこと、福祉交通つまり地域交通のことなんだから、本当は市町村が手を挙げてほしいところですよね。
NPO法人陣屋も福祉有償運送を核に福祉のまちづくりを考えていきたいので、県の快挙に拍手ですわーい(嬉しい顔)
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 17:20
もう、師走だなんて! [2015年12月11日(Fri)]
DSC_0943.JPG

岡山の後楽園では「秋の烏城灯源郷」と一体となった夜間特別開園をしていました。ろうそくや灯篭を使って幽玄さをかもしだすのは昨今のはやりですが、一度みておきたいと最終日にでかけてきました。
子どもたちが将来の夢をペーパーバッグに描いたもの、傘、お花の巨大なアート、水面に揺れる灯篭・・・・さまざまなツールがライトや竹筒の中の小さな灯りに照らし出されていました。なんといっても、秋の庭なので、紅葉がライトで浮かび上がり、それが水面に反射してみごとな幻想庭園を演出していました。
訪れる人も多く、ぞろぞろと列をして歩く風情ではありましたが、日曜日の夜、思い切って出かけ
てよかったなあ・・・と、満たされて家路につきました。

明けて、12月。駅前やまちづくりにがんばる通りのイルミネーションが始まり、まちなかをクリスマスラッピングの路面電車が走りだし、気忙しくなってきました。

車(セダン)今年を振り返り、NPO陣屋では、岡山市をベースにするらっこ運送に続き、
赤磐市をベースにした新しい福祉有償運送事業の準備が佳境に入ってきたことが
なによりもうれしいこと!です。車(RV)
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 12:03
年度末の事務作業に追われる日々 [2015年04月22日(Wed)]
散歩を楽しみたくなる季節の訪れ。
陣屋の事務所のあるあたりはハナミズキが
咲き誇っています。

no-titleno-title

みんなが外出を楽しむ季節。岡山市も街中は公共交通(バスや市電)や自転車で移動しやすくなっています。街中を外れて、地域で暮らす人にとってはどのような移動サービスが必要なのでしょうか。
介護保険法の改正で、移動サービスが介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型サービスDとして
位置づけられました!
NPO法人陣屋ではこれまでヘルパーステーションちゃぶだいや福祉有償運送事業にも取り組んできていくつかの課題を感じています。

いま、5月の総会に向けての〆の事務作業をしつつ、地域福祉のまちづくりのカギを握るのは移動
サービスではないのかな!!と、新しい年度のことを考えています。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:06
この半年間は忙しすぎて・・・・ [2015年03月11日(Wed)]
  ブログで発信する間もないうちに時は過ぎ去りダッシュ(走り出すさま)

141226_080425.jpg

150215_140554.jpg

今日は3月11日、忘れられない4年前の午後2時46分。ハード面、ソフト面とも復興まちづくりの渦中にいらっしゃる方たちの多くの声にさらに耳を傾けるとともに、大震災時の独居高齢の方・障がいのある方の移動・居場所の課題が私たちNPO法人陣屋にとっても大事なテーマであることを念じたい日です。

ヘルパーステーションちゃぶだいの活動で様々な方の支援をする中で、日々の暮らしを支えるためにも移動は重要な課題だと痛感しています。
手(チョキ)国土交通省が自家用有償旅客運送の国の事務権限を手挙げ方式により自治体に移す地方分権をこの4月からスタートさせることになっています。
暮らしの足をどうしたいか、地域に必要なことを自分たちで考えることができるグッドチャンスなのですが、全国で10か所しか手を挙げてないとのこと、残念!
地域の公共交通ネットワークづくりが叫ばれている中、福祉有償運送の対象者や運用ルールの改善が望まれており、ニーズの高い事業です。でも赤字は覚悟で取り組まなければならないし、どのような地域を創っていきたいのかというミッションがなければできない福祉有償運送です。車(RV)
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:35
気づいたら田植えの時期 [2014年06月24日(Tue)]
るんるん5月の総会の資料作りがぎりぎりで間に合って、今年も都窪郡早島町のいかしの舎で総会、ゲストに福祉有償運送のために国や自治体に向けて活動展開中の「かめかめ福祉移送」の横山和廣さんをお迎えし、NPOとしてのミッションを愉快に語っていただきました。災害時のみならず平常時の移動支援はこれからの大きな課題であることを陣屋もしっかり認識しています。
横山さんから当日の写真を送っていただきました。
 http://www.tamatele.ne.jp/~yokoyama/temp/2014-5-18.pdf

るんるん続いてNPO法人としての事業報告を市に提出する準備、税理士さんにお世話になりながら事業税や市・県民税などの計算、そして法人の主たる事務所を変更したことによる各方面への手続き・・・・あっという間に6月も終わりに。エネルギーの大量投入に疲れて、マンション11階にある事務所の窓から遠くの山、空に浮かぶ雲を眺めては長い休憩を楽しんだりしました。

車(セダン)久しぶりのちゃぶだいの仕事で南区へ。水がはられた田んぼが農道の両側に続き、吸い込まれそうな不安感(上空から見ると鏡のような感じで不思議な魅力があるのですが)を感じる。あくる日に通ると、もう田植えが終わっていて、緑の苗がつんつんと並び、あの不安感は消え失せているのでした。

いずれにしても、もう今年も半分すぎようとしているんですね。テンションを上げていかなくてはダッシュ(走り出すさま)
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:47
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
山根 宏
公共工事の看板に ちゃぶだいの名前が・・・ (07/16) 特定非営利活動法人陣屋
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/19) ぱいなぽー
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/18) white peach
やまもも、ご存じですか。 (07/23) NEW なっぽ〜
満点星ツツジを初めて知りました (06/15)
タグクラウド
プロフィール

陣屋さんの画像
http://blog.canpan.info/npoginya/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npoginya/index2_0.xml