CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
未来を描くWS 〜赤磐市での第2弾開催〜 [2019年10月15日(Tue)]
稲穂.jpg

実りの秋を迎えるとき、台風15号に次いで超大型台風19号が上陸し、34河川が氾濫し
想像を絶する被害をもたらしました。被災地のみなさまがてどのような思いで過ごして
いらしゃるのか・・・・明日は我が身となるような昨今の地球環境の変動を感じます。

今、外出や移動に不便を感じる人たちが増えてきています。
NPO陣屋では福祉有償運送で地域貢献させていただいてますが、NPOや社会福祉法人で
なければならないとか、利用には登録要件があるとか、また事業者が少ないことなどで
限界のある活動だと思っています。
地域の未来をつくりだすのは公共政策では限界があります。やはり市民自らが知恵を出し
あって創り出していってこそ、住み慣れた地域に暮らし続けることができると、
陣屋は考えます。
         2019年10月31日13時〜  WS第2弾
           覗きに来て参加してくださあい!
            赤磐市桜が丘いきいき交流センターへ 


協働2019桜が丘pdf訂正.pdf
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 16:58
いよいよ今週末にワークショップやります [2019年07月22日(Mon)]
赤磐市内の山陽団地で1回目のWSを今週末7月27日(土)13時〜15時やります。
地域の困りごとは自分たちで動くしかないよね!という思いを、参加者みんなで
共有できたらなあと、まずは市民参加のまちづくりのツールであるワークショップで
語り合い、聞き合いのひと時としたいです。

   @移動・外出の困りごと
      言いっぱなし、聞きっぱなしで課題を探る15分
   Aじゃ、どうすればいいんだろう
      アイデアを出し合う15分
   B暮らし続けるために
      すぐにでもできること、なんだろう 15分
   Cグループ発表タイム
こんな流れのひととき、お近くの方々のご参加をお待ちしています。
協働2019.pdf


チラシ 裏.pdf
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 10:34
今年は赤磐市でがんばる! [2019年06月03日(Mon)]
2019年度はようやく赤磐市の市民協働事業の一団体に選ばれたので、赤磐市のまちづくりを生活交通を切り口にしたワークショップで考えていきま〜す。

人口減、高齢化で買い物や病院に出かける手段に悩む人たちがふえてきています。メイン道路を走るバスにのるには、高台にある住宅からどうやって坂道を、階段を下りていくのかという大きな課題。
しかもバス路線の廃止や変更もあるようです。その都度、タクシーでは年金生活がなりたちません。

公共交通が利用できないならば、そのようなサービスをみんなで創り出すしかないですね。

陣屋で取り組んでいる福祉有償運送は利用者が限定されていて、行政に登録しなければなりません。
だから、陣屋では登録のいらない外出支援サービスが赤磐市のあちらこちらで立ちあがってくる
のをお手伝いしたいと、まずは課題をみつめあうワークショップを赤磐市内3か所でやっていく
計画です!
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 19:16
イネの花らしきもの [2018年10月19日(Fri)]
IMG_2326.JPG
IMG_2313.JPG
IMG_2315.JPG
IMG_2304.JPGIMG_2304.JPG

岡山市や倉敷市などの田んぼの風景の中を車で駆け抜けている日々です。田植えが済んだばかりでの7月豪雨、その後の台風24号と25号の襲来。私が動き回っている地域に限っては、今週あたりから稲刈りが始まっています。

イネの花を見たことがなかったので、ときおり車を止めて見入っていました。天候や時間帯というタイミングがあるし、イネの花の命ははかないと聞いていたのですが、これかな?と思える白い花らしきものを生まれて初めて見ました!

伸びた茎のさやを割って、穂が次々と出始め、その穂(籾)が二つに分かれて花弁のない白い花がついてくるんだと見えました。


あとで、それが雄しべで、籾の中の雌しべと受粉すると、籾が閉じて大きく膨らんでいくのだと知りました。上の方の穂から順々に咲いて1週間くらいで咲き終わるし、一つ一つは1〜2時間くらいしか咲かないのだと知って、素人カメラでは無理、畦道にじっと座り込んでいて共感できるのだと気づいた次第でした。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:22
やっと秋らしく・・・ [2018年10月13日(Sat)]
うろこ雲? いわし雲? さば雲?
   
          秋の到来を満喫しました!

IMG_0267.jpgIMG_0268.jpg
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:51
7月の豪雨にもめげず・・・ [2018年08月27日(Mon)]
IMG_2303.JPGIMG_2310.JPG

利用者さん宅に伺う途中の風景。

7月の西日本豪雨のおり、田んぼは苗が植えられたばかりのところが多かった岡山。
稲は強いなと改めて感じます。
しっかり根を張って、風にそよぎ、生き物が潜んでいるような動きをみせています。
台風襲来の多い今年、実りの秋に向けては気がかり・・・


7月22日の映画会「さとにきたらええやん」は200人の鑑賞者を期待していましたが、
その時期、赤磐市内ではイベントが続いていたためか、70人くらいの方がきてください

ました。ありがとうございました。
こんな居場所があったらええなあ〜 と、皆さんからの声でした!
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 16:37
田植えが終わって・・・ [2018年06月26日(Tue)]
IMG_2300.JPG
田植えの始まるまでの水をはった面に挟まれた農道を走るのは引き込まれそうで怖かった・・・
でも、先週末でほとんどの地域で田植えが終わり、かわいい苗が頭を出して行儀よく並んでいる
光景にはほっとするものを・・・感じつつ、あちこち走り回っています。


IMG_2299.JPG



IMG_2298.JPG


7月22日の自主上映会「さとにきたらええやん」の
紹介をしながら、赤磐市まで見に来てくださる人を
探しています。あ〜あ、これこれ!みたかったのよと
いわれると、うれしい!!


Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 17:19
「さとにきたら ええやん」の上映会します [2018年06月15日(Fri)]
いつでもおいでや。 子どもも大人も集まるみんなの "さと"
7年かけて「こどもの里」に関わりながら取材し続けた大阪在住の重江良樹監督のドキュメンタリー
映画「さとにきたら ええやん」の上映会を行います。
    とき   7月22日(日)@10時〜 A13時〜 B17時〜
    ところ  赤磐市の中央公民館 3F 大集会室
    入場料  大人 700円、中高生 500円、小学生以下 無料

大阪市西成区釜ヶ崎で40年近く活動を続けるNPO法人「こどもの里」は0歳から20歳までの子どもを、障がいの有無や国籍の区別なく、無料で受け入れています。子どもたちの心の揺れ動きをみつめつつ、子どもも大人も抱えているしんどさと格闘する人たちの切実な姿を描き出している映画です。
つながりの大切さ・子どもも大人も安心できる居場所とは何かを考える新たな視点をもつきっかけにしてほしいと願っての企画です。チラシを添付します。

IMG_20180614_0002_NEW.pdf

IMG_20180614_0001_NEW_0001.pdf
       問い合わせ先   特定非営利活動法人 陣屋
                086−239−5695,070−2363−2439
                npojinya2011@pony.ocn.ne.jp
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:38
キバナコスモスとはちょっと違う [2018年05月25日(Fri)]
昔、千葉でコミュニテイガーデンづくりをしていたころ、キバナコスモスをたくさん育てていた思い出があります。岡山へ来て、川沿いの歩道、農道に似たような花が群生しているのを見かけ、つい懐かしくなってパチリ。
180520_081639.jpg

でも、どこか違う感じがするのです。花弁がギザギザしすぎている!調べてみると、同じように思っている人がいるんですね。
これは 特定外来生物のオオキンケイギクだとか。用水路で偶に見かけるヌートリアみたいに生態系に影響を与える、人の体や農林水産業にも害を及ぼす可能性があるのが外来生物なんですね。栽培してはいけない、刈り取った方がいいだなんて・・・
はっぱの形が違っているらしいので、今度はじっくりと観察してみようと思った次第。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 16:06
メガソーラーで里山がなくなり、生態系まで変わるなんて! [2018年05月17日(Thu)]
IMG_2282.JPG
学習会で考えたこと
ひらめき全国的な流れに反して、岡山県ではメガソーラーが環境影響評価制度の対象とならないというのは納得できない。
ひらめき昨今のゲリラ豪雨による土石流で被災した地域のことを思い出すと、同じような災害の危険を高める大規模伐採での再生可能エネルギーの普及なんておかしいのではないだろうか。
ひらめき山は造成が大変だから、今度は水上でメガフロートなのだろうか。
ひらめき事業者が認定を受けるとき, 〇〇電力の管内という枠だけよいらしく、パネルを設置する具体的な場所は認定されてからというのも理解できない。
ひらめき買取価格も入札制度になって40円/kwhがどんどん下がってきている
ひらめき同じ価格での買取が20年までということになると、廃棄段階の処理、その後の土地のことなど、どこの誰が責任をもつのだろうか。

固定価格買取制度(FIT)の見直しがあって、駆け込みメガソーラーが増えている可能性もあるとのお話だった。
持続可能なまちづくりの理念に反するようなことが住み続けている地域で、知らないうちにおこなわれてしまわないように、開発事業者の餌食にならないように声を出していけるのは住民力・市民力だと思った学習会だった。


Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 13:51
メガソーラーって! [2018年05月15日(Tue)]
IMG_2273.JPG
IMG_2275.JPG
IMG_2281.JPG
大規模太陽光発電所のことです。
メガソーラー建設計画が陣屋の活動地域で、今大きな問題となっています。
岡山市では足守・大井・粟井地区で大規模な森林伐採によるメガソーラー開発、赤磐市では点在するため池でのメガフロートでのソーラー開発。
これはきちんと学ばなければと、13日の総会のあとを公開学習会の場にしました。講師は「岡山の自然を守る会」の友延栄一さん。
参加者からはそれぞれの地域での状況や不安や怒りが語られました。

やっぱりおかしい!
地球温暖化対策ということで、大規模造成があっても」環境アセスの対象から外されてきたとのこと、当然住民との合意形成も軽視されてきているとのこと。おまけに駆け込みメガソーラーがふえてきてるとは、何かあるんですね。
                        続きは また
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 17:11
パンジー?ビオラ? [2018年05月11日(Fri)]
IMG_2266.JPG


初春にネモフィラが風になびいているのを見て、かわいい笑顔みたいなんて思ったものでした。
先日、ヘルパーステーションの利用者さんのお庭でまるで人の顔のような、とてもユーモラスな表情の花に会いました。パンジー?それともビオラ?どちらなのでしょうね。

気になるので調べてみたら、パンジーの学名はビオラ・ウットロキアト、ビオラ2種の交配で創り出されたとか、19世紀のことだそうです。

遠目はかわいいけれど、近くに寄ると目がこわ〜い人の顔に見えて・・・いやだと感じる方もいるようですよ。

Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 16:16
一面の麦畑 [2018年05月05日(Sat)]
IMG_2269.JPG
IMG_2268.JPG

陣屋の活動エリアには二毛作をしているところもまだまだ残っています。
黄金色に輝く初夏の風景は 麦秋 と呼ばれますが、今は一面青々とした、
緑のエネルギーにいやされます。
大麦なので、ビールになるんですね。





今日は子どもの日。見上げれば青空に
こいのぼりが泳いでいるのを目にする
事ができる、日本の原風景を味わえる
地域です。


Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:28
自動運転バスの試乗体験してきました [2018年04月23日(Mon)]
IMG_2259.JPG

NPO法人陣屋では 超高齢者社会における生活交通を考えるとき これまでの公共交通の政策に福祉の視点が必要との思いで いろいろな場で発言しつつ 岡山市と赤磐市で福祉有償運送事業にとりくんでいます。
先週13,14,15日の3日間、赤磐市下市の中央公民館駐車場を発着点に公道を約1キロ走らせる自動運転バスの実証実験が行われました。約10分ほどのドキドキ試乗!バスに搭載されている人工知能がGPSでバスの位置を把握、カメラやセンサーで車や人を認知し、ハンドル・アクセル・ブレーキを操作するという説明を受けながらの体験。ほっとしたことには、今回は運転手さんがハンドルの前で緊急時対応に備えるという「自動運転レベル3」。ゆっくりした走行を味わい、実証用バス停にみごとに停車したのを下車して拝見!土、日と2回も試乗してきました。
「完全自動運転レベル4へのハードルは高いが、近い将来に実現させ、住民の生活の足を守りたいと話されるのは、宇野自動車の社長さん。運転手さんは宇野バスの方、20人乗りバスはSBドライブが用意したバス。  
走行実験を重ねて、不採算路線が維持されるような施策展開になってほしいと願いつつ、福祉有償運送に取り組む人たちが星の数ほど増えるといいなと思いました。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:10
ずっと書類に追われる日々だった [2018年04月20日(Fri)]
H29年度がヘルパーステーション事業や福祉有償運送事業の更新の年にあたっての書類づくりに追われ、忙しい中で労働基準監督署の訪問指導があり、またまた書類仕事がふえて・・・なんとかすべてクリアしたところで、H29年度の決算の仕事。会計事務所に資料を届けて、ほっとしたらなんと桜の季節は過ぎて、ハナミズキが咲き誇る4月中旬!

この9カ月ほどはパソコン作業で視力がすっかり落ちてしまった感じ。総会の資料作りが始まるまでのほんのひととき・・・事務所のそばのハナミズキ通りを空を仰ぎつつ、散歩しています。

IMG_1121.JPG


IMG_1123.JPG


我が家のハナミズキも今年は最高!

180419_100447.jpg
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 11:39
風の人、土の人・・・ [2017年07月15日(Sat)]
IMG_2228.JPGIMG_2225.JPG

先週は風雨でびしょびしょ、今週は猛暑でひからびてしまいそう・・・
近所の池も散歩する人・犬・猫・・・だあれもいなくて、水鳥たちが
涼し気、水面下にはたくさんのカメたちが悠然と泳ぎまわっていました。





20年ほど前、九州でまちづくりの活動をしていた人が「土の人・風の人」という言葉を使って
まちづくりの夢を語ってくれたのを思い出しました。
今朝、ニュースで地域おこしの一環で風の人ががんばっている事例というのを耳にしたからです。
私は千葉で子育て・市民参加のまちづくりの活動をしてきたので、現在住んでいる岡山市ではNPOで福祉のまちづくりの活動をしているといっても、土の人ではないと感じることが多々あります。いっそ、開き直って風の人である立場からちょっと違う視点で、恐る恐るではなく、堂々と語って活動していきたい誘惑が・・・う〜ん。    谷口多恵
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:11
ようやく総会も終わって・・・・ [2017年05月24日(Wed)]


IMG_2220.JPG
IMG_2221.JPG
今年の総会の場を飾ったのは、利用者さんからいただいた 花筏・ウツギ・シラン でした。
役員の改選、NPO法改正による公告の方法を定めるための定款変更、介護保険法改正による事業名の変更変更などの議題もありました。H28年度は陣屋本体の事業を支えるヘルパーステーションちゃぶだいの収入が伸び、はじめて単年度黒字となりました



IMG_2230.JPG
IMG_2229.JPG

今、岡山の農業地域はビールの原料になる大麦がどんどん黄金色になっていく美しい光景を楽しめます。青々していたときも、黄金色になっていくときも、風のそよぎで波打ち、さまざまなイメージを創り出しています。ヘルパーの仕事の帰途、夕日にきらめく大麦の生命力を堪能してきましたよ。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 14:41
ハナミズキ Dogwood [2017年04月24日(Mon)]
IMG_2218.JPGIMG_2217.JPGIMG_2219.JPG

桜の次はハナミズキですね。事務所近くの通りの風景です。花びらのように見えるのは葉が変化したもので、本当の花は中心の緑の部分なんだそうですね。

Dogwood と言われるのは樹皮の煎じ汁を犬のノミ退治に使ってたからだとか。花ことばは
「返戻」、昔ワシントンへさくらの木を送った時の返礼でハナミズキが送られたことに
由来するのだそうです。
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 15:55
今年の桜はとってもきれい! [2017年04月10日(Mon)]
岡山は大きい河川がたくさんあり、倉敷川・笹ケ瀬川・旭川・百間川・吉井川などの流域では見事な桜を楽しむことができます。大きな河川の支流でも、穴場的な桜並木の散歩道があります。満喫してきましたよ!今年は桃の花も同時期で、菜の花の黄色も楽しめました。
IMG_2214.JPGIMG_2216.JPG
IMG_2208.JPGIMG_2212.JPGIMG_2209.JPG
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 18:16
秋はなんといってもコスモス [2016年10月14日(Fri)]
ヘルパーステーションちゃぶだいの利用者さんの中には、移動支援での外出を楽しみにしていらっしゃる方がおられます。秋を満喫するためにコスモス畑へお供してきました。岡山市東区升田にある岡東浄化センターは百關の河口にあり、敷地内の一部、3000平方メートルに約3万本のコスモスが風に揺らいでいました。下水を浄化した水を利用しての花畑、たくさんのボランティアの方々のかかわりがあるとのこと。コスモスのトンネルをくぐっての散策、とてもいやされました!
IMG_2197.JPG

IMG_2190.JPGIMG_2191.JPGIMG_2194.JPG

IMG_2192.JPGIMG_2193.JPGIMG_2195.JPG
Posted by 特定非営利活動法人陣屋 at 16:26
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
山根 宏
公共工事の看板に ちゃぶだいの名前が・・・ (07/16) 特定非営利活動法人陣屋
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/19) ぱいなぽー
この半年間は忙しすぎて・・・・ (03/18) white peach
やまもも、ご存じですか。 (07/23) NEW なっぽ〜
満点星ツツジを初めて知りました (06/15)
タグクラウド
プロフィール

陣屋さんの画像
http://blog.canpan.info/npoginya/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npoginya/index2_0.xml