CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月13日

いっぽ 2018年8月 ブログ


みなさんこんにちは!
いっぽの吉井です。半年ぶりですね。
8月といえば夏休み!夏休みの活動はこんな感じでした。

8_schedule.png

今年はとても暑い夏でしたので外での水遊びは控え、室内で行える療育を中心に活動プログラムを立案しました!
せっかくなので普段はできない昼食作りやじょいとの交流会、外出プログラムなど子どもたちのみならず、大人もわくわくするプログラムがいっぱいです。
今回は昼食作りをメインに紹介します!!

8月17日(金)のじょい交流会では、いっぽにじょいのお友達を招いて一緒に昼食作りをしました。
メニューはお好み焼きと焼きそばです。
あの子、学校で見たことあるかも?でも普段はなかなか関わりのないお友達同士、お昼ご飯を作ると言う共通の目標を持って関わりました。

ippo1.JPG
(あの子の名前はなんだろう?)
写真と名前を確認して・・・、仲良くなれたかな?

共通の目標があったため、最初はお互い遠くから見ている感じでしたが、次第と声を掛け合ったり笑いあったりしながら作ることができました。
参加した皆さんからは「たのしかった!」「また交流したい!」とコメントをいただきました。
関わり方を学ぶいい機会ですので、今後も長期休みを中心に行っていきたいと思います。


8月22日はうどん作りをしました。
いつも食べているうどん、どうやってできているのかな?
作り始める前にできあがったうどんを見ていただき、手順書に沿って活動をすすめました。
みなさん興味津々!
普段食べているものがどのようにできるのか、みなさん知りたい気持ちが強く、とても有意義な時間を過ごすことができました。

まずは袋に粉と水を入れて、混ぜて、足や手でふみふみ・・・。

ippo2.JPG
ふみふみ、ふみふみ・・・・・・
じょうずに踏めています!

ippo3.JPG

次は固まりになった麺を伸ばして…、真剣な表情です!!
ぎゅっぎゅっ、立ってやると力が入るね!
この後は切って、茹でて、そして、

ippo4.JPG
完成!
「みんなで作ったうどんおいしいね。」
普段食べている以上にいっぱい食べていました。
うどんは粉からできるって分かったね、じゃあ他の麺は何からできてるんだろう・・・?
やってみたいことがたくさんうまれてきます。


作って食べた後はスヌーズレン。
オランダで生まれた人間が持つ全ての感覚を適度に刺激できるバリアフリーの部屋です。
暗くした部屋でライトを見たり、マットレスに横になったり。
一人一人が落ち着いて自分だけの特別な時間を過ごして頂くために提供しています。

ippo5.jpg

こちらの写真は8月28日(金)のスヌーズレンの様子です。
暗くした部屋に魚が泳ぐ映像とオルゴールの音楽を流し、リラックスできる空間を作りました。
あまりの癒し空間に横になったまま入眠されている方もいました。
みなさんそれぞれ思い思いの時間を過ごし、終わったときはすっきりとした表情をされていました。

これからもいっぽでは利用者自身が主体的となって、楽しみながら様々な経験をつみ、将来を見据えた療育を計画的に行っていきます。
今回紹介した長期休みの昼食作りやスヌーズレンは今後も継続的に行っていく予定です。
次回は2月になりますが、今後もいろいろな活動の様子を紹介していきます!
おたのしみに!


【放課後等デイ・いっぽの最新記事】
posted by エンジョイ・パートナーほっと at 14:11| 放課後等デイ・いっぽ