CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年09月08日

次の一手を考える・・・

先週末に、ホープ常磐プロジェクトの協力団体のうちの一つである『がんばっぺいわきネットワーク』の皆様と、茨城NPOセンター・コモンズのスタッフ、それにコモンズの災害ボランティア・チーム『ホープいばらき』のメンバーで合同の打ち合わせを行いました。

がんばっぺいわきネットワークホープ常磐プロジェクトの協力団体ではあるものの、みなさんお仕事をしながら活動を行っているので、これまでなかなかじっくり顔を合わせて情報交換する場がありませんでした。改めてこれまでの活動を整理し、今後どういった支援を展開すべきか、とても良い話し合いの場となりました。また、いわき事務所がだんだんと事務所らしくなってきたということで、お披露目という意味も含んで、みなさんで料理を作りながら話し合いました。







震災から半年近くが過ぎ、被災地いわきで求められる支援の在り方が変わってきています。震災当初に救援物資の管理ボランティアなどを通じて生まれたがんばっぺいわきネットワークは、映画観賞会を通じた被災者同士のたまり場を現在つくられているようです。コモンズも何か連携してできるのではないか、と感じました。

ホープいばらきは、福島から茨城に避難されている子連れママたちの茶話会を現在は開催し、ママたちがお互い情報交換し、いろいろな悩みを打ち明けられる場づくりを行っていますが、茶話会や映画観賞会など、様々なかたちを取りながら被災者たちの自立コミュニティづくりの支援が必要だと感じています。こういった場づくりは、正に市民団体ならではの活動ではないかと思います。

ホープいばらきのメンバーがつくってくれた多くのごちそうに舌鼓を打ちながら、夜遅くまで被災者を支える次の一手を模索しました。応援、宜しくお願いします。


posted by 大野(コモンズ) at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震

2011年09月06日

「浪江こころのプロジェクト」経過報告

 「浪江こころのプロジェクト」は、原発事故により全国に避難されている方々の現状を取材し、「広報なみえ」に掲載することで、住民同士が「故郷(ふるさと)」でつながっていくプロジェクトです。

 このプロジェクトは浪江市と全国の市民団体が連携することで実現しておりますが、茨城NPOセンター・コモンズ「ホープいばらき」も茨城支部として協力しています。

 第1回目となる先月、メンバー2名(石川さん、天井さんありがとうございました!)の方にご協力いただき、無事「広報なみえ」9月号に掲載されました!

http://www.town.namie.fukushima.jp/wp-content/uploads/2011/09/koho-namie110901.pdf

来月以降、引き続き「浪江こころのプロジェクト」は続きますのでがんばっていきます!