CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年09月19日

「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」

「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」
一周年報告集会

2007年 7月16日の中越沖地震で柏崎刈羽原発が被災するという未
曾有の事態を受け、同年 8月21日に「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える
科学者・技術者の会」が発足してから、早くも1年が過ぎました。
この一周年報告集会では、運転再開をめざす東京電力の主張と、
閉鎖を訴える私たちの主張との間の争点を明確にし、現地のみなさ
んをはじめ、この問題に関心をよせる多くの方々の理解を深めて頂
き、東京電力の調査のあり方や、政府の審査の姿勢への問題提起と
したいと考えています。

●日  時   2008年 9月28日(日) 13:00〜17:30

●プログラム

1.活動報告
・「柏崎刈羽・科学者の会」一年間の活動と今後の課題
−−−−−−−−−−− 井野博満・菅波 完
・地元団体の取り組み/新潟県技術小委員会の傍聴経過
−−−−−−−−−−− 矢部忠夫・山口幸夫

2.地震・地盤問題の争点 −−−−−−−−−−− 石橋克彦
コメント −−−−−−−−− 武本和幸・長沢啓行

3.設備・機器問題の争点 −−−−−−−−−−− 田中三彦
コメント −−−−−−−− 井野博満・黒田光太郎

4.今後の活動に向けて
・総合討論・アピール文採択

(プログラムおよび発表者は変更になる場合があります)

●会 場  YMCAアジア青少年センター・国際ホール
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/hotel/hotelindex.htm

JR水道橋駅から徒歩5分(東京都千代田区猿楽町2-5-5)
TEL 03-3233-0611

●参加費   800円

●問い合わせ 「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
TEL 070-5074-5985 Fax 03-3358-7064
E-mail info@takagifund.org

2008年09月10日

第2回TXまちづくり大賞作品募集

TXは、まもなく開業3周年を迎えます。そのような中、沿線でのライフスタイルが「ロハスな暮らし」「つくばスタイル」といったキーワードになるなど、さまざまな場面で話題を集めております。
つくばエクスプレス みらい平・いちさと推進協議会では、昨年度、沿線の楽しい出来事、イベントや地域の活動、おすすめスポット等を積極的に紹介し、沿線をPRしていただくレポート記事を紹介する「TXまちづくり大賞」を実施し好評を得ました。
今年度も引き続き「第2回 TXまちづくり大賞」を実施し、身近なまちづくり活動・コミュニティ活動、沿線にある隠れた人気スポットの情報、沿線で見みかけたほのぼのとしたエピソード等、沿線で暮らす方々のご近所目線で積極的に紹介していただくレポート記事を募集しております。

■応募資格

TX沿線にお住いの方はもとより、通勤・通学でTXを利用している方、また沿線でのまちづくり活動やコミュニティ活動等に携わっている方々。
(個人またはNPO、自治会、グループ、サークル、教育機関等各種団体)

■応募方法

つくばエクスプレス みらい平・いちさと推進協議会のホームページにある応募フォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。
・記事文章:400字以内
・写真:1枚(320×240pixまで、JPG形式)

■応募期間 平成20年7月15日〜9月30日

■入賞商品および発表

『TXまちづくり大賞』(賞金10万円)
『特別賞』
(作品の入賞等につきましては、年内に事務局より通知する予定です。)

■備考

※ご記入いただいた個人情報は、主催者にて厳重に管理し、正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することはありません。ただし、主催者との間で機密保持契約を締結した第三者に対し、この業務を委託する場合を除きます。
※入賞者のお名前とレポートについては、主催者および後援者のホームページ等への掲載および結果発表時に新聞・雑誌等へ提供する場合がありますので予めご承知おきください。
※ご応募いただいたレポート記事で「公序良俗に反するもの」「特定の個人や団体を誹謗中傷するもの」「法律にふれるもの」といった内容が確認された場合は入賞を取り消す場合があります。

■主催

つくばエクスプレス みらい平・いちさと推進協議会
http:www.tx-mirai.jp

■後援

首都圏新都市鉄道(株)/UR都市機構

GISフォーラムin水戸(ICT水戸地域セミナー)

特定非営利活動法人GIS総合研究所いばらきは、総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会および茨城県立図書館との共催により、GISフォーラムin水戸(ICT水戸地域セミナー)≪地域の協力で築く安全安心なまちへ≫を下記のとおり開催致します。
安全安心なまちづくりのために、GIS(地理情報システム)をはじめとした情報通信技術は大きな役割を果たしています。本フォーラムでは地域防災力を高める災害リスク情報や、茨城県における統合型GISについてのご講演、また小学生らによるGISを活用した地域マップづくりなどについてご紹介させて頂きます。
お忙しいことと存じますが、ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。
敬具

                   記
1.開催日時
平成20年9月21日(日曜日) 13時00分から16時30分まで
2.開催場所
茨城県立図書館 視聴覚ホール(茨城県水戸市三の丸1-5-38)
3.概要
「地域防災力を高める災害リスク情報プラットフォーム」と題する長坂俊成氏(独立行政法人防災科学技術研究所防災システム研究センター センター長補佐)の基調講演、
その他事例紹介、統合型GISの茨城県における取り組み等のご講演、「地域の協力で築く安全安心なまちへ」をテーマとしたパネルディスカッションを予定しております。
4.その他
フォーラム終了後、情報交流会(於:水戸京成ホテル)を開催させていただきます。
また、本フォーラムはGIS資格認定協会の「GIS教育プログラム」の認定を頂いております。
  詳細につきましては、別添えのパンフレットあるいは私どもNPOのHPをご覧いただきたく、お願い申し上げます。

〔お問合せ先〕
〒311-4153 茨城県水戸市河和田町4471−45
NPO法人GIS総合研究所いばらき 事務局
電話:029-257-1234 FAX:029-255-2555
E-mail:office@gis-ibaraki.or.jp
URL:http://www.gis-ibaraki.or.jp/