CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月27日

「基本編」間違いが多かった問題

今回、「NPO法人会計基準」に関する問題についての
解答に間違いが目立ちました。

NPO法人会計基準の目的は、次の5つです。

(1)NPO法人の会計報告の質を高め、
NPO法人の健全な運営に資すること

(2)財務の視点から、NPO法人の活動を適正に把握し、
NPO法人の継続可能性を示すこと

(3)NPO法人を運営する者が、受託した責任を適切に
果たしたか否かを明らかにすること

(4)NPO法人の財務諸表等の信頼性を高め、比較可能にし、
理解を容易にすること

(5)NPO法人の財務諸表等の作成責任者に会計の指針を
提供すること

さて、難しい日本語が並んでいるので、抵抗感があるかもしれません。
でも、NPO法人会計基準に準拠した財務諸表等を作成するとき、
「目的」を理解しておくことで、何かを悩んだときに、
判断基準として助けになります。

難しくて悩んだかもしれません。今一度、復習してみましょう!
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

「基本編」間違いが多かった問題

今回、「NPO法人会計基準」に関する問題についての
解答に間違いが目立ちました。

NPO法人会計基準の目的は、次の5つです。

(1)NPO法人の会計報告の質を高め、
NPO法人の健全な運営に資すること

(2)財務の視点から、NPO法人の活動を適正に把握し、
NPO法人の継続可能性を示すこと

(3)NPO法人を運営する者が、受託した責任を適切に
果たしたか否かを明らかにすること

(4)NPO法人の財務諸表等の信頼性を高め、比較可能にし、
理解を容易にすること

(5)NPO法人の財務諸表等の作成責任者に会計の指針を
提供すること

さて、難しい日本語が並んでいるので、抵抗感があるかもしれません。
でも、NPO法人会計基準に準拠した財務諸表等を作成するとき、
「目的」を理解しておくことで、何かを悩んだときに、
判断基準として助けになります。

難しくて悩んだかもしれません。今一度、復習してみましょう!
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

「入門編」で気になる解答

第2回NPO法人会計力検定「入門編」で
気になる解答について、取り上げます。

NPO法人会計基準に関する問いの中で、
次のような問いがありました。

@一定時点で、法人の財政状態を表す報告書として
 (     )を作成する

A一定期間に、財産が増減した理由を示す報告書として
 (     )を作成する

この問いで(  )に該当する単語を解答欄に
記入する問いですが、案外、正しく書けていない人が目立ちました。
皆様は、正しく漢字で書けますか?

ここでのポイントは「一定時点」か「一定期間」かです。
貸借対照表と活動計算書の違いは重要ですから、しっかり理解しておきましょう。

貸借対照表では、前期にあった財産が、当期にこれだけ増えて(減って)、
○年○月○日現在、いくらになりました!「=財政状態」がわかります。

では、なぜ増えたのか(減ったのか)は、○年〇月○日から○年○月○日までの間に
これだけ収益があって、これだけ費用がでていったのでこの結果になりました、と
「財産が増減した理由」を説明できるのが、活動計算書です。

ここは、大切なポイントですね♪
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年04月23日

第2回検定<入門・基本>合否結果を発送しました

2月17日(日)に実施した
入門、基本試験の合否結果を
本日発送いたしました。

連休前には皆さまのお手元に
届くと思います。

合格された方
また今回は残念な結果だった方も
受験して終わり、ではなく
これを機に、知識の学び直しや
日々の業務の見直し・改善に
役立てていただければ幸いです。
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2019年04月08日

「入門編」間違いの多かった問題

第2回NPO法人会計力検定「入門編」にて
間違いの多かった問題を取り上げてみます。

正しいものには○を、間違っている場合は×を

@NPOとは特定非営利活動法人のことである

ANPO法人が発行する領収書については、印紙税は非課税である

これについての正解はいかがでしょうか?

@は「×」です
「NPO」は、もっと範囲が広く、
さまざまな分野の社会貢献活動を行い、構成員に対して利益を分配しない
団体の総称のこと、ですね。

Aは「○」です
NPO法人の場合には、剰余金の分配をNPO法が禁じていることから、
印紙税法上は公益法人等に該当し、発行する領収書に収入印紙を
貼る必要はありませんね。
ただし、契約書には必要ですので注意しましょう。

posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ