CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月26日

【NPO知識】間違いの多かった問題 (実践ベーシック)

第2回実NPO法人会計力検定(2019年8月実施)
「実践ベーシック」レベルにおいて、
間違いの多かった問題をご紹介します。

【NPO知識】について
ベーシックでは、NPO法人のスタッフとして、
NPO法の理解に関する問題が出題されました。

NPO法の第1条、第2条は、当検定テキスト「入門編」で
最初に学んだ内容です。
---------------------------------------------------------------------------
第一条
この法律は、特定非営利活動を行う団体に(  1  )を付与する
こと並びに(  2  )及び事業活動が適正であって(  3  )に
資する特定非営利活動法人の認定に係る制度を設けること等により、
ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な(  4  )としての
特定非営利活動の(  5  )を促進し、もって公益の増進に寄与する
ことを目的とする。
---------------------------------------------------------------------------

問題は、用語群に提示されている文言から選択する形でしたが、
なかなか苦戦された方が多かったようです。
解答は、以下の5つとなります。

1.法人格
2.運営組織
3.公益の増進
4.社会貢献活動
5.健全な発展

5つの中でも、間違いの多かったのは、
2番目の「運営組織」でした。

NPO法人として活動するにあたって、基本的な事
として、再確認しておきましょう。
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題事例
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック