CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月27日

検定試験対象範囲について

そろそろ皆さまのお手元に、8月25日(日)実施の
検定試験の受験票が届いていることと思います。
受験される皆さまは、勉強の進み具合はいかがでしょうか?

さて、試験対象範囲についてお問い合わせがありましたので
再確認させていただきます。

実践編ベーシック・アドバンス共に、試験の出題範囲は、
検定テキスト入門・基本・実践(上)・実践(下)の
4冊を対象としています。
実践テキストの目次よりも前頁「実施要項」を
しっかりと確認をしておいてください。

ただし、実践テキスト(上)(下)には、
ベーシック・アドバンス・レファレンスと、3種類の内容があります。
このうち、レファレンスの部分は、試験対象範囲から外れています。

実践テキスト(上)の第6章と、
実践テキスト(下)の第11章〜13章については、
章全体が「レファレンス」となっていますので、出題範囲ではありません。
皆さまの実務のマニュアルとして利用していただけばOKです。

実施要項で記載しておりますが、
合格基準点は、NPO知識25点以上、会計知識35点以上と
なっていますので、注意してください。

それでは、みなさま、あと1か月、勉強がんばってくださいませ!




posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック