CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月23日

こんな人におススメ(その2):中間支援組織の相談対応力アップに!

先日、ある人から
「受験しようか迷ってて…
会計の担当でもないし…難しいですよね?」と
お尋ねがありました。

その人ご自身は
市民活動に関するさまざまな相談を受ける
中間支援組織で仕事をされている方。

「さまざまな相談」には、NPO法人だけに限らず
任意団体や地縁団体、一般社団法人の設立や運営に関すること
あるいは企業や行政とのコーディネーションもあります。

検定のテキストや試験内容は
もちろんNPO法人の現場に即したものではありますが

入門編や基本編で問う会計の知識は
NPO法人以外の会計にも共通する
出納管理や証憑管理などの基礎知識が
しっかり含まれています。

またNPO法人に関する基礎知識として
他の法人格との違いや
よく誤解されがちな「非営利」の意味
市民に対する情報公開の重要性などにも
触れています。

NPO法人を含む多様な市民活動の支援に携わる人にも
きっと役立ちますよ!とお答えしたところ
「周りのスタッフにも声かけてみますね」とのこと。

中間支援組織の現場もまた
自らの組織基盤の強化や人材育成
信頼性向上を目指して
さまざまな模索を続けておられると思いますが
ぜひこの検定を活用いただけたら嬉しいです。

★受験のお申し込みは:http://npoatt.org/
★テキストのご購入は:http://www.npokaikei.com/book.html
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO法人会計力検定について
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック