CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「ささえるセミナー」に参加してきました | Main | 【WAM助成】助成事業完了に伴う事務説明会(1/20仙台) »
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
草奔の集い、ファシリテーション協会のみなさまありがとうございます[2014年01月20日(Mon)]
 おはようございます。

 週末は都内で活動しているNPO・NGOの若手メンバー。そして、日本ファシリテーションの方々をスタディプログラムでご案内させていただきます。

 復興が進み、日々、光景が変わりはじめた場所。

  帰還困難区域のために、半年前に訪問した時と景色が変わらぬ場所。

 人気はないが、帰還に向けて景色が変わった場所。

 自宅を津波火災で奪われたにもかかわわらず、仮設商店街で頑張る人。

 様々な光景を目にしながら、今回もガイドをしながら、いろいろなことを考えさせられました。

 参加者の方々の表情が一変するのは、国道6号を北上し、楢葉町に入ってから。

 田んぼや畑だった場所は除染されて、知らない人が見ればここに何があったかなんかわからない景色になっている。そして、道路沿いに山積みになっている除染された土の袋の山。

20140119_144223.jpg

20140119_145014[1].jpg

20140119_145108.jpg

20140119_144210.jpg

20140119_150246.jpg

20140119_153309[1].jpg
 さらに富岡町内になると、さらに表情は険しくなる。

 ようやく自分も富岡駅の横に町民有志が設置した慰霊碑に手を合わせることができたので、黙とうしたが、いつもここにくるたびに原発に対する怒りや憎しみがこみ上げてきます。

 土曜日はガイド終了後も、みなさまのご厚意で宿泊先にお邪魔しました。深夜まで語り合い懇親を深めてきました。

 そこでいま自分たちが続けてきたスタディプログラムに足りないこと。

 こんな工夫をすれば、もっと参加者が心に響くんじゃない!といったご意見をいただき、本当に感謝です。そして、参加者皆さんの感謝の言葉が、今週の私たちのさらなるエネルギーになります。

 今週もよろしくお願いします。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/npo-fuyodo2100/archive/1031
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
石田健太郎
テルテル坊主 (06/13) 大沢ヤスヒロ
緑あざやか (05/25) グリーン石田
緑あざやか (05/24) 健太郎さん
創立記念日 (05/12) 健ちゃん
仕事納め (12/30)
タグクラウド
[]
プロフィール

ふよう土2100さんの画像
http://blog.canpan.info/npo-fuyodo2100/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-fuyodo2100/index2_0.xml