CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
http://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
NPOクラブの浪江町復興支援員千葉県駐在サポート事業が終了しますが、 引き続き「福島県県外避難者相談センターちば」 で避難された方の支援を続けます。  [2018年03月31日(Sat)]
NPOクラブの浪江町復興支援員千葉県駐在サポート事業が終了しますが、
引き続き「福島県県外避難者相談センターちば」 で避難された方の支援を続けます。
NPOクラブで6年続けた浪江町復興支援員千葉県駐在サポート事業が終了します。
しかし、避難された方々の心の復興は終わったわけではなく、今後も活動を続けます。
福島県から千葉県内に避難されている方の相談・支援は、NPOクラブが委託を受け、運営している「福島県県外避難者相談センターちば」 で引き続き行います。

これからの住居について、健康のこと、仕事のこと、皆さまの生活上の不安や困りごとなどを直接うかがい、適切な専門家や窓口におつなぎ致します。
お気軽にご利用ください。

「福島県県外避難者相談センターちば」
住所:千葉市花見川区検見川町3-159-2
おおなみこなみ内(京成検見川駅から徒歩15分、又はJR新検見川駅から徒歩20分)
電話
月・火・水・木・金
10:00〜17:00         
080-5418-7286
※一度かけていただきましたら、こちらからかけ直します。

対面
月・火・水
10:00〜17:00

MAIL:ftsoudan@npoclub.com

ホームページ:http://www.soudanchiba.com/

福島相談センター.PNG
Posted by NPOクラブ at 09:45
【講座報告】千葉県市民活動団体マネジメントセミナー 「成果を出す事業のつくり方講座 〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり」vol,2 を11/29に開催しました。 [2018年03月21日(Wed)]
【講座報告】
千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
「成果を出す事業のつくり方講座
〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり」
vol,2
を11/29(水)に開催しました。


講師に、長浜洋二さん(株式会社 PubliCo代表取締役CEO)を迎えて、
千葉市ビジネス支援センターにて、
2回連続講座の2回目、受講者16団体27名で行いました。

前回講座で作り始めた各自組織のロジックモデルを、長浜さんのアドバイスを受けながら仕上げていくワークが主の講座でした。
団体に持ち帰って検討してきたところが多く、今日のワーク中も熱心に意見のやり取りをしている姿が、あちらこちらで見られました。
DSC00413.JPG

ほぼ完成した3団体を取り上げて、長浜さんから指摘をしてもらうことで、
ロジックモデルを活動レベルで落とし込む際の注意点などが理解できました。
ロジックの飛躍があるところや、抽象的な表現は、きっちり指摘があり、
その緻密さが「なるほど」と、相手を納得させるものにしていくのだと感じました。
と同時に、自分たちの活動を客観的に見直すことができるので、考え方の整理ができました。
受講者のアンケートにもこんな感想が出ています。
DSC00428.JPG

◆受講者アンケート結果◆      回答者 26 名 
[ 回答の概要 ] 
・「満足」又は「たいへん満足」と回答した人は26名中25名( 96% )
・多かった感想
・ワークを通して自団体がやっている取り組みについて整理することが
できた。組織メンバーに共有する道具として有効だった。
・事業を見直す方法がわかった。明確な指標を数値などで表すことが
必要だと感じた。
・事業として必要(やるべきこと)が見えた。
何からどういう順番でやるか、やることが明確になった。 
これからの活動のバックボーンになった。
・日々の業務から離れて、じっくり話し、考える時間の必要性を実感した。
 改めて団体内で話し合おうと思った。
・講師の説明、フィードバックが具体的で分かりやすかった。

受講者の皆さんは、未来を見つめて、これからを考える作業に、とてもキラキラした目で、ワークを進められていたように感じました。
DSC00468.JPG

ロジックモデルを使いこなすには、まだ修行が必要だと感じました。
団体に持ち帰って、練っていただいたあと、実際に活用できるよう、
フォローアップ講座を後日企画したいと思います。
Posted by NPOクラブ at 06:23
【3/22開催】ロジックモデル・ブラッシュアップ講座「 成果を出すための事業計画づくり」  [2018年03月12日(Mon)]
ロジックモデル・ブラッシュアップ講座
「 成果を出すための事業計画づくり」
 

社会課題解決の設計図 = ロジックモデルで、団体のビジョンやミッションへの道筋を明確にした
ら、次は、実際の活動・事業に反映させる手法を学びます。
昨年11月に開催した講座でロジックモデルを作成した団体の事例をもとに、成果をはかる指標
や目標数値の設定などをポイントにアドバイス。
初めて受講の方も概論説明から始めますので、活用までの流れを体感できます。

日時  2018年3月22日 (木) 13:30~16:30
場所   千葉市生涯学習センター 3F研修室2
講師   長浜 洋二 さん(株式会社PubliCo 代表取締役CEO)
成果志向の「社会を変える組織」をつくるために、行政やNPO、財団など
の公益組織のコンサルティングやセミナーを行っている。
NTT、マツダ、富士通でマーケティング業務に携わる一方、
米国の非営利シンクタンクにて個人情報保護に関する
法制度の調査・研究、ファンドレイジング、ロビイングなどの経験を持つ。
著書に 『NPOのためのマーケティング講座』

内容    ロジックモデル概論、事例発表、ワーク
受講料  1人 1,000円(資料代)
対象者  市民活動団体メンバー、市民活動に関心のある方     
定員    30名 (先着順)
申込締切 3/20(火)
主催    認定NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ (NPOクラブ) 

次項有お申込み・お問合せ
特定非営利活動法人(認定NPO法人)
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
Eメール npo-club@par.odn.ne.jp
電話  043-303-1688
FAX  043-303-1689
*氏名、所属団体(所属のある方)、電話番号、Email又はFax番号、お住まいの市町村 を添えてお申込みください。

チラシはこちらをご覧ください
logicmodelforrowuptirasi2men.pdf



Posted by NPOクラブ at 08:17
「事業報告書作成のための講座」を開催しました。 [2018年02月16日(Fri)]
「事業報告書作成のための講座」を開催しました。(千葉県市民活動団体マネジメントセミナー)

2018年2月15日(木)パレット柏の柏市民交流センターで、講師に早坂毅税理士事務所の早坂毅さんを迎えて開催しました。30名の定員を超える応募をいただき、会場いっぱいに着席しての講座は、積極的に質問をする方も多く、熱気を帯びていました。

会計だけにとどまらず、事業報告書はなぜ作成するのか、という意義に立ち戻って、団体の活動を説明するためには、伝わるよう工夫が必要だというお話は、HP上で工夫している団体の例を示してくださりながらの説明で、期限内に提出することが大切だと納得できました。

会計処理の際の注意点はじめ、実情に即した実用的なアドバイスもあり、受講者のアンケート結果も、大変満足、ほぼ満足の回答がほとんどでした。

講座後に希望者で懇親会を行い、お互いの情報を交換し、さらに個別な質問もしていただけました。

事業報告書講座全景.jpg


2.15講座懇親会.jpg


2.15講座記念撮影.jpg
Posted by NPOクラブ at 17:39
【2/24開催】ちばNPO協議会 主催セミナー「『はたらく』を考える」 [2018年02月05日(Mon)]
【2/24開催】ちばNPO協議会 主催セミナー「『はたらく』を考える」

終身雇用を基本とした「一生一社」という社会的基盤が薄れていく中で、正社員として安定的に働きた い、という志向も強くなっています。
一方で、大企業で、「コマ」となって働くよりは、自分のスキル、思いを活かした働き方をしたいという人 も増えています。
民間公益団体で働くことで得られること、課題など・・・実際に働いている人たちの話を元に考えます。

日時 2018 年2 月24 日 (土) 13:30〜16:30

場所 スクエア21 4階会議室(パルシステム千葉会議室)
 (船橋市本町 2-1-1 船橋スクエアビル JR線、京成線船橋駅から徒歩 7 分)

講師 松原 朋子 さん (設樂剛事務所 共同代表・インターミディエイター)
   日本マイクロソフト社長室にて、企業市民活動および CSR コミュニケーションを 統括後、現職。
  総務省委員等を歴任。現在は「物語り」(ナラティブ)を重視した これからのマーケティング
  (第 3 カーブ・マーケティング)でクライアントを支援す る。
  あいだを結び展開するインターミディエイターとして、新たな結び目を回復・ 創出しながら、
  イノベーション型プロジェクトに携わる。

((事例報告発表者))
長浜 光子さん(「発達及び知的障碍児・者を支援する会」NPO 法人はぁもにぃ理事長)
  2007 年より、「半径 20 キロ圏内からのノーマライゼーション社会の実現」を
  めざし活動を続けているが、現 在はチャレンジドフェアトレード
  (働く障碍者の所得向上)への取り組みに最も力を入れている。
   はぁもにぃソーシャルファームプロジェクト:https://harmony- socialfirm.com/

大野 亮さん(NPO 法人ダイバーシティ工房理事・発達支援事業部マネージャー、市川市)
  千葉県四街道市生まれ、大学生時代、インターンとして法人の立ち上げに携わる。
  卒業後は人事コンサルテ ィング会社にて、中小企業の働き方変革に奔走。
  子どもを取り巻く問題を解決する仕事がしたいという思い を胸に 2017 年より現職。
  産休からの復帰やリモートワークなど多様な働き方の実現に向けて試行錯誤中。

山本 佳美さん(NPO 法人ちばMDエコネット事務局長、船橋市)
  3 歳年下の知的障害を持つ妹が、「通常学級で過ごすのが普通」と思って育つ。
  大学院卒業後、非常勤講師の職が 決まったと同時に、
  両親の手伝いでカフェひなたぼっこの立ち上げに関わる。
  障害者の働く場の無さを知って愕然。 4 年間、仕事をかけ持ちして続けた後、
  障害のある人と共に活動を拡げ、2017 年にカフェは 15 周年!

対象   関心のある方どなたでも
定員    60 名(先着順)
参加費   500 円

次項有<<お申込み先・主催>>
「ちばNPO協議会」 事務局
NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)

TEL 043-303-1688 FAX 043-303-1689
Mail npo-club@par.odn.ne.jp
〒261-0011 千葉市美浜区真砂 5-21-12
http://www.npoclub.com
*氏名、所属団体、お住まいの市町村、電話番号、Email又はFaxを添えて、
 上記までお申込みください。
セミナー「はたらく」チラシ.pdf
Posted by NPOクラブ at 10:01