CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
http://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
【2/24開催】ちばNPO協議会 主催セミナー「『はたらく』を考える」 [2018年02月05日(Mon)]
【2/24開催】ちばNPO協議会 主催セミナー「『はたらく』を考える」

終身雇用を基本とした「一生一社」という社会的基盤が薄れていく中で、正社員として安定的に働きた い、という志向も強くなっています。
一方で、大企業で、「コマ」となって働くよりは、自分のスキル、思いを活かした働き方をしたいという人 も増えています。
民間公益団体で働くことで得られること、課題など・・・実際に働いている人たちの話を元に考えます。

日時 2018 年2 月24 日 (土) 13:30〜16:30

場所 スクエア21 4階会議室(パルシステム千葉会議室)
 (船橋市本町 2-1-1 船橋スクエアビル JR線、京成線船橋駅から徒歩 7 分)

講師 松原 朋子 さん (設樂剛事務所 共同代表・インターミディエイター)
   日本マイクロソフト社長室にて、企業市民活動および CSR コミュニケーションを 統括後、現職。
  総務省委員等を歴任。現在は「物語り」(ナラティブ)を重視した これからのマーケティング
  (第 3 カーブ・マーケティング)でクライアントを支援す る。
  あいだを結び展開するインターミディエイターとして、新たな結び目を回復・ 創出しながら、
  イノベーション型プロジェクトに携わる。

((事例報告発表者))
長浜 光子さん(「発達及び知的障碍児・者を支援する会」NPO 法人はぁもにぃ理事長)
  2007 年より、「半径 20 キロ圏内からのノーマライゼーション社会の実現」を
  めざし活動を続けているが、現 在はチャレンジドフェアトレード
  (働く障碍者の所得向上)への取り組みに最も力を入れている。
   はぁもにぃソーシャルファームプロジェクト:https://harmony- socialfirm.com/

大野 亮さん(NPO 法人ダイバーシティ工房理事・発達支援事業部マネージャー、市川市)
  千葉県四街道市生まれ、大学生時代、インターンとして法人の立ち上げに携わる。
  卒業後は人事コンサルテ ィング会社にて、中小企業の働き方変革に奔走。
  子どもを取り巻く問題を解決する仕事がしたいという思い を胸に 2017 年より現職。
  産休からの復帰やリモートワークなど多様な働き方の実現に向けて試行錯誤中。

山本 佳美さん(NPO 法人ちばMDエコネット事務局長、船橋市)
  3 歳年下の知的障害を持つ妹が、「通常学級で過ごすのが普通」と思って育つ。
  大学院卒業後、非常勤講師の職が 決まったと同時に、
  両親の手伝いでカフェひなたぼっこの立ち上げに関わる。
  障害者の働く場の無さを知って愕然。 4 年間、仕事をかけ持ちして続けた後、
  障害のある人と共に活動を拡げ、2017 年にカフェは 15 周年!

対象   関心のある方どなたでも
定員    60 名(先着順)
参加費   500 円

次項有<<お申込み先・主催>>
「ちばNPO協議会」 事務局
NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)

TEL 043-303-1688 FAX 043-303-1689
Mail npo-club@par.odn.ne.jp
〒261-0011 千葉市美浜区真砂 5-21-12
http://www.npoclub.com
*氏名、所属団体、お住まいの市町村、電話番号、Email又はFaxを添えて、
 上記までお申込みください。
セミナー「はたらく」チラシ.pdf
Posted by NPOクラブ at 10:01
【1/23開催】団体の活動への理解と共感を得るインターネット・コミュニケーション「ホームページ・ブログ・SNS講座」受付中! [2017年12月14日(Thu)]
平成29年度千葉県市民活動団体 マネジメントセミナー
団体の活動への理解と共感を得るインターネット・コミュニケーション
「ホームページ・ブログ・SNS講座」


団体の活動に対する理解者と共感者を得るためには、団体情報を適切に開示し、活動成果・効果
のわかる情報発信とコミュニケーションが大切です。講義とあわせて実際のホームページ、SNS(ツイッター、フェイスブックなど)を用いたワークショップを通して、団体活動の「見える化」やその情報発信の効果的な手法を学びます。
◆日時  2018年1月23日(火) 13:30〜16:30
◆場所   パレット柏 (柏市民交流センター 多目的A)
◆講師   菅 文彦 さん(合同会社コーズ・アクション代表)
◆ 受講料 無料
◆ 定員  30名     申込締切 1/18(木)
◆ 対象者 市民活動団体メンバー、市民活動に関心のある人

<講師紹介>
国際協力団体で、企画・広報業務を担当、日本で初めての募金ポータル
サイト「ぼきんやドットコム」を公開。ヤフー株式会社で、社会貢献・CSR
関連を担当「Yahoo!基金」の設立等を担当。2010年に合同会社コーズ・
アクション設立。NPOや公益法人の広報戦略立案や資金調達のアドバ
イス、コンサルティングを行っている。

次項有お申込み・お問合せ
受講を希望される方は…
 お名前、ご所属(団体名等)、ご連絡先(TEL、FAX、E-Mail)を
 電話、FAX、メールのいずれかでご連絡ください。 
   
特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12 (NPOクラブ) 
TEL 043-303-1688    FAX 043-303-1689
Mail npo-club@par.odn.ne.jp   URL http://www.npoclub.com

主催 千葉県    後援 柏市
企画・運営 特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

◆詳しくはこちらのチラシをご参照ください。(2月開催講座も掲載)
柏市開催講座チラシ.pdf
Posted by NPOクラブ at 08:17
【講座報告】「成果を出す事業のつくり方講座」を11/1開催しました。 [2017年12月13日(Wed)]
【講座報告】
千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
「成果を出す事業のつくり方講座
〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり」vol,1

を11/1開催しました。


講師に、長浜洋二さん(株式会社 PubliCo代表取締役CEO)を迎えて、
千葉市ビジネス支援センターにて、
2回連続講座の1回目、受講者16団体29名で行いました。
受講団体は、福祉、環境、子ども分野などのNPOや任意団体、
これから団体を立ち上げる方、大学の研究室、社会的企業など多岐にわたりました。
それぞれパンフレットやチラシをご持参いただいたことや、
ウォーミングアップで名刺交換ワークがあったので、
新しい方や活動との出会いもあり、初対面の緊張がほぐれての講座スタートでした。

DSC_2922.jpg


<講義内容>
ロジックモデルとは?という概論が今日の講義が中心でした。
まず、初めに
「結果≠成果」
結果(実施したこと)と成果(起こったこと)は違い、
結果は「自組織がターゲットに対して実施した事業の結果」ですが、
成果は「実施した事業から生じたターゲットの変化」と、主体が違います。
結果の先にある成果、さらにはその成果が社会に及ぼした波及効果が重要だ,
という視点を忘れないようにしなければならないことを確認しました。

次に、団体にとってまず大事なことは、
ビジョン(組織が目指す社会の状況や状態)と
ミッション(ビジョンの実現に向けた社会的な役割)
を、明確にし、団体内で共有していることだということで、
自組織のビジョン・ミッションについてのワークを行いました。
また、あわせてビジョン、ミッションをどのように組織外の人に伝えるのか、
例を挙げながら、キャッチコピーのほかにも、マンがや絵、動画など
様々な手段の紹介があり、
目指すところを自組織内外で共有することについて考えました。

そして、講義の最後に学んだのは、
ロジックモデルとは、ミッションやビジョンを実現・達成するための
「課題解決の設計図」だということ。
「設計図」は、施策〜目的達成まで、論理的に因果関係がつながっていることが大切で、
それぞれの事業がミッションやビジョンをかなえることにつながるのかを、
整理・確認することが狙いだということ。
その「設計図」は、「課題解決」のためのものなので、
働きかけた相手・対象の変革こそが重要だということを学びました。

DSC_2901.jpg


市民活動は、もともとは社会の問題や状況を何とかしたくて、行っていたはずなのに、
自分たちの活動に一生懸命になるあまり、忙しさにまぎれて、
「対象者がどうなったか」より「自分がすること、したこと」のほうに意識が向かってしまったり、最終的な目的があいまいだったりというのは、陥りがちなことだなと感じます。
一度立ち止まって、向かうところを整理・確認する時間を取ることは大事だなと改めて思いました。

今日のワークでも行いましたが、
ビジョン・ミッションを確認できると、
今している活動のモチベーションが ぐっと上がることも実感しました!

アンケートの感想をご紹介します。
回答者 26名(講座内容は…大変満足 15名、満足 9名、普通 2名)

・ロジックのお話は初めてでしたが、とてもわかりやすかったです。
 今後いろいろの機会に応用できそうです。
・ミッション、ビジョンの見直しなどを考えていた時期なので、
 とてもタイムリーで参考になりました。
 日々の業務に追われている全スタッフとミッション、ビジョンを共有する場を作ります。
・私たちの団体のビジョンが明確になっていないと気がついた。
 ありたい地域社会をメンバーでも議論したい。
・アウトプットで終わりがちなことを痛感している。 
 アウトカムのものさし作りをしなくては・・・

など、活動のこれからに活かそうという意欲が伝わってくる感想が多く、
次回講座までの4週間、今日の講座内容を団体に持ち帰っていただき、
見直しのきっかけとしてもらえると嬉しいなと思います。

講座の最後では 長浜さんも「いい質問ですね〜」とおっしゃるほど、何人もの方が積極的に質問されていて、次回講座までの深まりが楽しみです。
Posted by NPOクラブ at 22:23
【講座報告】「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」を10/14(土)に開催しました。  [2017年11月03日(Fri)]
H29年 千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
休眠預金活用による新たな資金循環の創出について〜
「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」
を開催しました。


講師に、認定NPO法人 日本ファンドレイジング協会事務局長の鴨崎貴泰さんを迎えて、
平成29年10月14日(土)千葉市ビジネス支援センターにて、行いました。
受講者37名は、各分野のNPOのほか、財団法人、社会福祉協議会、行政関係者など多方面から
参加いただきました。

休眠預金活用についての現在の進捗状況を説明いただいたあと、
活用にあたって「成果」がわかるようにするためには、
ロジックモデルの考え方が必要だということで、
作成の仕方の概要をワークで学びました。

DSC00268.JPG


DSC00301.JPG


<講義内容>
休眠預⾦活⽤法案とは?
預⾦の引き出し等が⻑期間(銀⾏で10年)⾏われておらず、預 ⾦者と連絡がつかない預⾦のことで、⽇本全体で毎年800億円 を超えるという状況のなかで、これを資金として活用しようという流れのなかで、休眠預⾦活⽤法案が2016年度臨時国会で成⽴しました。
国及び地方公共団体が対応することが困難な社会の諸課題の解決を図ることを目的として、民間の団体が行う公益に資する活動(民間公益活動)にも活用資金を交付することが、そのなかで決まりました。また、この資金は成果を収めることが重要であること、公益活動として既存の行政では対応困難な次の3つの分野の活動を挙げています。
@子ども及び若者の支援に係る活動 
A生活に困難を有する者の支援に係る活動 
B地域の支援に係る活動

これは、民間公益活動の自立した担い手の育成や、そのために係る資金調達ができる環境を整備していくなどのねらいがあり、預金を原資とするため、活用においては多様な意見が反映され、活用の透明性が確保されるよう図ることも定められています。

早ければ2019年秋頃から交付開始予定であり、休眠預金を有効に活用するためには、今から備える必要があります。

社会的インパクト評価とは何か?
休眠預金活用にあたって、活動の成果を「見える化」するための指標として社会的インパクト評価という概念が用いられています。国際的にも成果を「見える化」する流れがあり、日本の現状を見ても、社会的課題が多様化しており、行政中心の対応では限界があり、民間の資金を呼び込む必要性がありますが、民間の公益活動の基盤として、社会的インパクト評価が定着することが不可欠となっています。

社会的インパクト評価とは、事業や活動の社会的な成果を定量的に把握して、価値判断を加えることであり、組織の成長や事業の改善などの「価値を引き出す」ものです。「監査」や「査定」ではなく、事業の結果(アウトプット)の評価に留まらず、その先の社会的な成果(アウトカム)を評価することで、学びや改善につなげ、活動の妥当性の説明責任を果たすことができるというものです。「ロジックモデル」を活用することで、活動→結果→社会的成果に至る論理的根拠を明らかにできます。

◆詳しい評価方法などについては、下記を参考にしてください。
・社会的インパクト評価の推進に向けてー社会的課題解決に向けた社会的インパクト評価の基本的概念と今後の対応策についてー(平成28年3月)
https://www.npo-homepage.go.jp/kaigi/kyoujo-shakai/kyoujo-shakaitoha#2803

・社会的インパクト評価に関する調査研究
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/sonota-chousa/social-impact-hyouka-chousa-h27
Posted by NPOクラブ at 11:46
【セミナー全日程!】H29年度 千葉県市民活動マネジメントセミナー [2017年09月22日(Fri)]
H29年度 千葉県市民活動マネジメントセミナー全日程
選りすぐりの講師陣の講座を千葉県主催事業で、市民活動団体、これから活動する方へお届けします!

1. 第1回 休眠預金活用による新たな資金循環の創出について「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」 →終了しました
     ・日程・会場:2017年10月14日(土) 13:30〜16:30 、
            千葉市ビジネス支援センター  会議室1・2(千葉市中央区中央4-5-1            きぼーる13階) JR千葉駅から徒歩15分, 京成千葉駅 から徒歩7分
     ・講師: 鴨崎貴泰(かもざきよしひろ)さん
           (認定NPO法人 日本ファンドレイジング協会事務局長)
     ・対象者: 市民活動に関心のある方、行政職員を含む助成金担当者など
     ・定員:  60名(申し込み先着順、10/12締切)

2.第2回 「成果を出す事業のつくり方講座 Vol.1〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり」
      事業の成果・効果を「見える化」しよう!
      ・日程・会場:11月1日(水)13:30〜16:30,  千葉市ビジネス支援センターにて
      ・講師:長浜洋二氏 (株式会社Publico代表取締役)  
*第2回、第3回は連続講座になります。

3.第3回「成果を出す事業のつくり方講座 Vol.2〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり実践編」
      団体の事業計画を作ろう! 

      ・日程・会場:11月29日(水)13:30〜16:30, 千葉市ビジネス支援センター 
      ・講師:長浜洋二氏 (株式会社Publico代表取締役)  
*第2回、第3回は連続講座になります。
                                         
4.第4回「団体の活動への理解と共感を得るインターネット・コミュニケーション
         〜ホームページ・ブログ・SNS講座
 →申込受付中!
      ・日程・会場:2018年1月23日(火13:30〜16:30、
             パレット柏 柏市民交流センター(多目的A) 
      ・講師:菅文彦さん(合同会社コーズ・アクション代表)

5.第5回「団体の事業について理解と信頼を得るために〜
事業報告書作成のための講座」> →申込受付中! 
      
      ・日程・会場:2018年2月15日(火) 13:30〜16:30、
             パレット柏(柏市民交流センター,多目的A)
      ・講師: 早坂毅さん(早坂毅税理士事務所代表)

◆全講座 受講料 無料 、事前申し込みが必要です(各講座締め切り日を参照) 
 詳細は下記チラシをご覧ください。

次項有お申込み・お問い合わせ
受講を希望される方は…
 お名前、ご所属(団体名等)、ご連絡先(TEL、FAX、E-Mail)を
 電話、FAX、メールのいずれかでご連絡ください。 
 ※本セミナーは連続5回の開催ですが、単発の講座受講も可能です。  
特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12 (NPOクラブ) 
TEL 043-303-1688    FAX 043-303-1689
Mail npo-club@par.odn.ne.jp   URL http://www.npoclub.com

主催 千葉県     後援 柏市
企画・運営 特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

次項有チラシはこちら⇒講座チラシA3.pdf
Posted by NPOクラブ at 11:26
| 次へ