CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
http://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
第17回定期総会&認定取得記念講演会の報告PART2 です。 [2017年07月10日(Mon)]
認定取得記念講演会の報告です。

第17回定期総会に続いての講演会は、大阪に視察に行った代表理事からとても興味深い取り組みだと話があり、スタッフみんながもっと詳しくうかがいたい、皆さんにも知っていただきたいと実現した講演です。

”地域通貨「まーぶ」がはぐくむ子どもたちの未来”と題して、大阪箕面市のNPO法人暮らしづくりネットワーク北芝の松村幸裕子さんを講師に迎えて、お話を伺いました。
実際に子どもたちに接するなかで、丁寧に拾った声から、子どもたちの置かれている環境や
関わった多くの事例を話してくださったり、イベントの様子を映像で見せてくださり、子どもたちの様子を含めて現場の空気感の伝わる講演でした。

濃密な講演内容のなかに笑いも随所にあり、休憩なしの2時間があっという間でした。31名の参加者でしたが、質問も活発に出て、アンケート結果もかなりの高評価です。

DSC00021.JPG


地域通貨「まーぶ」が生まれた背景として、地域の子どもの居場所を指定管理で行うなかで、見えてきた「子どもの貧困」があったことを、事例やデータを用いて詳しいお話しがありました。

貧困により幼少期から自分自身の未来に対してあきらめ感が強い子どもたちに、「○○したい!○○になりたい!」という気持ちを起こさせるきっかけとして、地域通貨の仕組みを取り入れた経過を話してくださいました。こうして、子どもでも「誰かのためになること」「自分の未来のためになること」をすれば、子どもでも稼げる「まーぶ」が生まれました。

「まーぶ」には、ほかの地域通貨にはない「貯める」機能をつけ、さらに「円」との交換を可能にすることで、子どもたちが自分の力で貯めて、豊かな自己選択ができるようにと考えられています。発行総額は2017年4月に、1,300万まーぶ(1,300万円相当)を突破し、地域でかなり流通しており、お金として信頼を得ています。「まーぶ」が地域通貨として成功しているのは、人と人とのコミュニケーションを介するツールとしての仕組みづくりを、地域ぐるみで大人が本気で行ってきたことでした。

「まーぶ」は地域の多数のお店(121店舗・団体)で使えることはもちろん、使ったり、かせぐためのイベントを地域ぐるみで頻繁に行っています。例えば、「まーぶハローワーク」でおしごと体験したりしながら「まーぶ」を稼ぎ、20,000まーぶ貯めた子どもたちで、海外へスタディーツアーに行くなども実現しました。「遊び」ながら「学ぶ」という「まーぶ」のコンセプトのもと、楽しく稼ぎ、子どもたちは円よりも大事にしているようです。

最後に、松村さんは、子どもを中心にすえたまちづくりをしていくなかで、つながる力を持てば、子どもの貧困問題もクリアできるのでは話されました。

また、ワークショップとして、実際に「まーぶ」を”支払う”、”もらう”を体験。
「得意なこと」と「して欲しいこと」をそれぞれ書き、100まーぶを手にして、いろんな人とやり取りをしながらマッチング。「マッサージが得意」という人が、「肩が凝った」という人の肩をもんであげて、「まーぶ」をもらうというように。
誰が一番「まーぶ」を集めることができたでしょうか??というゲーム形式で、子どもたちが「まーぶ」を手にするわくわく感を、皆さん笑顔で体験しました。

DSC00052.JPG


DSC00054.JPG


この日は、とても暑い日でしたが足を運んでくださった会員の方々、講演会にお越しくださった方々に感謝申し上げるとともに、今年度も支えてくださる方々の思いを感じながら気持ちも新たに頑張っていきたいと思います。
また、講演会の告知をシェア、リツィートしてくださった皆さま、ありがとうございましたexclamation×2
Posted by NPOクラブ at 13:31
第17回定期総会&認定取得記念講演会を開催しました。 [2017年06月13日(Tue)]
第17回定期総会&認定取得記念講演会を開催しました。
2017年6月10日(土)に運営会員26名のうち、20名のご出席、4枚の委任状をいただき、NPOクラブの定期総会を行いました。

DSC00008.JPG


今回は、認定取得して初めての総会で、認定取得の際に見直し、より活動実態に即したわかりやすい記述にするための変更点やNPO法改正に伴って必要となる箇所の定款変更も議案として挙げていました。定款変更も含めて、ご質問等もいただき、会員の皆さま方と意見の交換や諸々の確認ができ、スタッフとは違う視点からの貴重なご意見に、総会準備段階も含めて、様々な気づきを得られました。定款変更議案は承認されました。
変更後の定款は、こちらをご覧ください。右矢印1http://fields.canpan.info/data/organizations/100/100319/1003195052/files/OxmC0geY.pdf
DSC00011.JPG


また、長きにわたりNPOクラブにご尽力いただいている伊庭さんが、この総会をもって理事を退任されました。理事会で定期的にお目にかかっていたので、寂しい思いはありますが、益々のご活躍をお祈りいたしております。これまでありがとうございました。
DSC00016.JPG

この日は、とても暑い日でしたが足を運んでくださった会員の方々、講演会にお越しくださった方々に感謝申し上げるとともに、今年度も支えてくださる方々の思いを感じながら気持ちも新たに頑張っていきたいと思います。
最後になりましたが、講演会の告知を、シェア、リツィート、そして口頭でしてくださった皆さま、本当にありがとうございましたexclamation×2 この場をお借りして、お礼申しあげます!
Posted by NPOクラブ at 10:11
SAVE JAPAN プロジェクト「「フデリンドウを守ろう!セイタカアワダチソウ引っこ抜き作戦」の報告 [2017年06月05日(Mon)]
SAVE JAPAN プロジェクト「「フデリンドウを守ろう!セイタカアワダチソウ引っこ抜き作戦」の報告

6/4(土)に開催されたSAVE JAPAN プロジェクト「ホタルを守ろう!アメリカザリガニ捕り大会」では定員を大幅に上回るお申込みをいただき、たくさんのお子さんたちのおかげもあって、アメリカザリガニは1,000匹を超える大漁?でした。
また、後日詳しく報告させていただきます。

前回の「フデリンドウを守ろう!セイタカアワダチソウ引っこ抜き作戦」の報告が掲載されていますので下記でご覧ください。
SAVE JAPAN プロジェクト
右矢印1http://savejapan-pj.net/sj2016/chiba/report/post_6.html

A集合写真620.jpg
Posted by NPOクラブ at 09:45
SAVE JAPAN プロジェクト「ニホンアカガエルの卵を見つけよう!」の様子が詳しくアップされています。 [2017年04月09日(Sun)]
3/5に開催された SAVE JAPAN プロジェクト「ニホンアカガエルの卵を見つけよう!」
の様子が詳しくアップされています。

子ども20人を含む総勢56人が早春の一日を楽しみました。
春の亀成川では魚がいっぱいとれましたが、ニホンアカガエルの卵の数は???
ニホンアカガエルの卵の数を調べることで、里山の生態系の成り立ちも学びました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://savejapan-pj.net/sj2016/chiba/report/post_4.html

@620集合写真.jpg


日本の希少生物種と自然環境を守る取り組み”SAVE JAPAN プロジェクト”
NPOクラブは運営サポートしています。
次項有次回は
 2017年04月23日(日)開催 「フデリンドウを守ろう!」
です。 参加者募集中exclamationhttp://savejapan-pj.net/sj2016/chiba/event/post_3.html
Posted by NPOクラブ at 18:33
景観まちづくりフォーラム「歴史の中の里山とローカル鉄道」を開催しました。 [2017年03月17日(Fri)]
景観まちづくりフォーラム「歴史の中の里山とローカル鉄道」を開催しました

2/11(土)、お天気に恵まれ、景観まちづくりフォーラムには、関係者36名を含めて合計162名のご参加をいただきました。今までの景観まちづくりフォーラム史上1番ではないかというほど盛況でした。

グループごとに説明を聞きながら、上総牛久の米沢の森を歩きました。
古道散策途中には、富士山も見えるほど見晴らしのよい場所も。

P2110406.JPG


「内田未来学校」でジビエカレーをいただきました。
この場所は古い木造校舎を地域の方々が居場所として運営していて、この日も、地域の方々の厚い協力のもと、楽しいひと時を過ごすことができました。初めての猪肉は、くせもなく柔らかくて、美味でしたグッド(上向き矢印)

P2110417.JPG


午後からは内田小学校体育館でパネルディスカッションです。
コーディネーターとしてのNPOクラブが司会や会場サポートをつとめました。

P2110422.JPG


市原にこんなに素晴らしい眺望が臨めるなんて、みなさんご存じでした?
御十八夜(おじゅうはっちゃ)では、富士山のみならず、南アルプスさえも見晴らせるそうです。身近な里山で、魅力発見です!

P2110420.JPG


最後に、希望者のみ、五井の小湊鐡道車庫にてトロッコ列車の見学をしました。


アンケート結果からは、景観のみならず、古道や歴史に興味のある方、南市原に魅力を感じての参加など、様々な動機から参加されたことがうかがえます。(ジビエカレーが動機の方も!)
地域の方々と共に歩んでこられた小湊鐡道の発表をはじめ、地域の方々の熱い気持ちと活動に支えられていることが、伝わってきました。
今春は、アートミクスというアートとのコラボもひかえていて、南市原はますますホットな場所となりそうですexclamation×2

Posted by NPOクラブ at 10:50
| 次へ