CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
http://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
【講座報告】千葉県市民活動団体マネジメントセミナー 「成果を出す事業のつくり方講座 〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり」vol,2 を11/29に開催しました。 [2018年03月21日(Wed)]
【講座報告】
千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
「成果を出す事業のつくり方講座
〜ロジックモデルを活用した事業計画づくり」
vol,2
を11/29(水)に開催しました。


講師に、長浜洋二さん(株式会社 PubliCo代表取締役CEO)を迎えて、
千葉市ビジネス支援センターにて、
2回連続講座の2回目、受講者16団体27名で行いました。

前回講座で作り始めた各自組織のロジックモデルを、長浜さんのアドバイスを受けながら仕上げていくワークが主の講座でした。
団体に持ち帰って検討してきたところが多く、今日のワーク中も熱心に意見のやり取りをしている姿が、あちらこちらで見られました。
DSC00413.JPG

ほぼ完成した3団体を取り上げて、長浜さんから指摘をしてもらうことで、
ロジックモデルを活動レベルで落とし込む際の注意点などが理解できました。
ロジックの飛躍があるところや、抽象的な表現は、きっちり指摘があり、
その緻密さが「なるほど」と、相手を納得させるものにしていくのだと感じました。
と同時に、自分たちの活動を客観的に見直すことができるので、考え方の整理ができました。
受講者のアンケートにもこんな感想が出ています。
DSC00428.JPG

◆受講者アンケート結果◆      回答者 26 名 
[ 回答の概要 ] 
・「満足」又は「たいへん満足」と回答した人は26名中25名( 96% )
・多かった感想
・ワークを通して自団体がやっている取り組みについて整理することが
できた。組織メンバーに共有する道具として有効だった。
・事業を見直す方法がわかった。明確な指標を数値などで表すことが
必要だと感じた。
・事業として必要(やるべきこと)が見えた。
何からどういう順番でやるか、やることが明確になった。 
これからの活動のバックボーンになった。
・日々の業務から離れて、じっくり話し、考える時間の必要性を実感した。
 改めて団体内で話し合おうと思った。
・講師の説明、フィードバックが具体的で分かりやすかった。

受講者の皆さんは、未来を見つめて、これからを考える作業に、とてもキラキラした目で、ワークを進められていたように感じました。
DSC00468.JPG

ロジックモデルを使いこなすには、まだ修行が必要だと感じました。
団体に持ち帰って、練っていただいたあと、実際に活用できるよう、
フォローアップ講座を後日企画したいと思います。
Posted by NPOクラブ at 06:23
この記事のURL
http://blog.canpan.info/npo-club1/archive/374
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1346703
 
コメントする
コメント