CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
http://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
千葉県市民活動団体マネジメントセミナー「ホームページ・ブログ・SNS講座」を開催しました [2018年01月26日(Fri)]
千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
「ホームページ・ブログ・SNS講座」を開催しました


2018年1月23日(火) にパレット柏で、定員を超える33名の申込をいただき、雪が積もった翌日でしたが、無事開催できました。
講師に合同会社コーズ・アクション代表の菅 文彦 さんを迎えて、
公益団体が活動への理解と共感を得る広報のポイントを講義いただきました。

DSC00702.JPG


マネジメントセミナーの第1回目で、休眠預金の活用について考え、成果や社会的な波及効果を意識した活動に注目し、それを実現できる「ロジックモデル」の活用法を第2,3回で学びました。
第4回目となる今回は、ロジックモデルで見える化した団体の活動を、外部の人たちにどのように伝えるかという講座でした。

広報を考える際に、誰にどうしてもらいたいのか?と、人が活動に参画する際の「行動シナリオ」に基づいて、利用者との関わりの段階を高めていくという手法を まずお話いただきました。
ホームページ・ブログ・SNSのそれぞれの情報発信ツールの役割や特徴をふまえて、届けたい相手に届く形で発信すること、また、
「どういう人たち」を、「どういう情報」で、「どんな行動」へ導くのか
という情報設計の基本を、 ワークも交えて学びました。
伝えたいことが色々あるときこそ、そこへ立ち戻って情報を整理することが大切だと実感しました。

次に、共感を得るNPOの情報設計についてお話いただきました。
@社会的課題→A解決策・アクション→B成果、実績など→C参画への導き
という流れを意識することで、伝えたいことが伝わりやすくなり、共感へとつながりやすくなります。

「そもそも何のために、団体が存在しているのか?」ということや、団体の立ち上げに至った背景となる「社会的課題」の説明 が抜けていて、「私たちはこんなことをしています!」から始まっている場合を見かけることも多いのですが、それでは相手の納得は得づらいということ、
自団体の行う「解決策」は、他の選択肢より合理的・妥当であることが説明でき、「独自性」が伝わるようにすること、写真やデータ、他者の声などを使って具体的にイメージできるよう伝えること、など気をつけるポイントをお話しいただきました。

インターネットの向こう側の相手に、意識できていない課題を伝え、問題意識や関心を持ってもらうことから始まって、自分たちの団体の解決策を示し、この団体・解決策なら大丈夫と信頼を得て初めて、共感を得ることができる という相手の心の動きを、より意識するような視点をいただいたと同時に、広報が果たす役割の大きさに 頑張ってやらなければ!と、身が引き締まる思いがしました。

ホームページ作成時の注意点として、「トップページ→ ランディング(着地)ページ→ 完了ページ」 というように無理なく進めることなど、を教わったのち、実際に受講団体のホームページを皆で見ながら、菅さんが即席診断をする時間もありました。より具体的なアドバイスは、他団体の私たちにとっても学ぶところの多いものでした。

受講者は、即席診断に手を挙げる団体も多く、積極的に質問も出て、熱心な様子が印象的でした。

受講者アンケート結果は、20名の回答者のうち、講座内容について、
「大変満足」と「満足」は13名、
「普通」が5名、
「不満」が1名、無回答が1名 となりました。

多くの方から「満足」の回答、
「HPの構成など具体的にご教示頂き、よく理解できた」
「ファン獲得のための具体的なアプローチが参考になった」
などの感想をいただきました。

講義内容については、ほぼ「満足」の回答をいただいた一方、
「講座タイトルから受けるイメージと講座内容が違いました」
「参加者をレベル別にして募集してほしかった」
などの意見もいただいており、
NPOクラブとして設えを もう一度見直す必要があると話し合いました。
次回、2/15の事業報告書作成講座でも、個人の習熟度の違いへの対応などを課題にしたいと思います。

kouhoukouzahuukei.jpg
タグ:NPO 千葉 広報 SNS
Posted by NPOクラブ at 17:24
この記事のURL
http://blog.canpan.info/npo-club1/archive/369
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1334423
 
コメントする
コメント