CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
http://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
【講座報告】「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」を10/14(土)に開催しました。  [2017年11月03日(Fri)]
H29年 千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
休眠預金活用による新たな資金循環の創出について〜
「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」
を開催しました。


講師に、認定NPO法人 日本ファンドレイジング協会事務局長の鴨崎貴泰さんを迎えて、
平成29年10月14日(土)千葉市ビジネス支援センターにて、行いました。
受講者37名は、各分野のNPOのほか、財団法人、社会福祉協議会、行政関係者など多方面から
参加いただきました。

休眠預金活用についての現在の進捗状況を説明いただいたあと、
活用にあたって「成果」がわかるようにするためには、
ロジックモデルの考え方が必要だということで、
作成の仕方の概要をワークで学びました。
わかりやすい言葉で、私たちの活動にひきつけて話してくださり、
受講者の反応も良好でした。
最後のワークでは、それぞれ作成したロジックモデルをもとに、
グループ内で話し合うなかで、問題を共有し、解決策を一緒に考えるグループもあり、
グループワークのよさ、楽しさを感じました。
<アンケート結果>
・「満足」又は「たいへん満足」と回答した人は、回答者26名中25名( 96.1% )
●多かった感想は・・・
・休眠預金活用の流れがわかった。
・社会的インパクト評価やロジックモデルという考え方が参考になった。
・ロジックモデルを明確にし、論理的に事業を説明する重要性を実感した。
・わかりやすい説明で、実践的なワークもあり理解が深まった。  などでした。

DSC00268.JPG


DSC00301.JPG


<講義内容>
休眠預⾦活⽤法案とは?
預⾦の引き出し等が⻑期間(銀⾏で10年)⾏われておらず、預 ⾦者と連絡がつかない預⾦のことで、⽇本全体で毎年800億円 を超えるという状況のなかで、これを資金として活用しようという流れのなかで、休眠預⾦活⽤法案が2016年度臨時国会で成⽴しました。
国及び地方公共団体が対応することが困難な社会の諸課題の解決を図ることを目的として、民間の団体が行う公益に資する活動(民間公益活動)にも活用資金を交付することが、そのなかで決まりました。また、この資金は成果を収めることが重要であること、公益活動として既存の行政では対応困難な次の3つの分野の活動を挙げています。
@子ども及び若者の支援に係る活動 
A生活に困難を有する者の支援に係る活動 
B地域の支援に係る活動

これは、民間公益活動の自立した担い手の育成や、そのために係る資金調達ができる環境を整備していくなどのねらいがあり、預金を原資とするため、活用においては多様な意見が反映され、活用の透明性が確保されるよう図ることも定められています。

早ければ2019年秋頃から交付開始予定であり、休眠預金を有効に活用するためには、今から備える必要があります。

社会的インパクト評価とは何か?
休眠預金活用にあたって、活動の成果を「見える化」するための指標として社会的インパクト評価という概念が用いられています。国際的にも成果を「見える化」する流れがあり、日本の現状を見ても、社会的課題が多様化しており、行政中心の対応では限界があり、民間の資金を呼び込む必要性がありますが、民間の公益活動の基盤として、社会的インパクト評価が定着することが不可欠となっています。

社会的インパクト評価とは、事業や活動の社会的な成果を定量的に把握して、価値判断を加えることであり、組織の成長や事業の改善などの「価値を引き出す」ものです。「監査」や「査定」ではなく、事業の結果(アウトプット)の評価に留まらず、その先の社会的な成果(アウトカム)を評価することで、学びや改善につなげ、活動の妥当性の説明責任を果たすことができるというものです。「ロジックモデル」を活用することで、活動→結果→社会的成果に至る論理的根拠を明らかにできます。

◆詳しい評価方法などについては、下記を参考にしてください。
・社会的インパクト評価の推進に向けてー社会的課題解決に向けた社会的インパクト評価の基本的概念と今後の対応策についてー(平成28年3月)
https://www.npo-homepage.go.jp/kaigi/kyoujo-shakai/kyoujo-shakaitoha#2803

・社会的インパクト評価に関する調査研究
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/sonota-chousa/social-impact-hyouka-chousa-h27
Posted by NPOクラブ at 11:46
この記事のURL
http://blog.canpan.info/npo-club1/archive/363
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1324838
 
コメントする
コメント