CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«バイオマス発電事業化促進ワーキンググループが始まりました | Main | 市民キャビネット全体会議の報告»
 NPO農都会議ボタンバイオマスWG ホームページ

  FacebookボタンNPO農都会議 Facebookボタン農都サロン
検索
検索語句
NPO農都会議について
カテゴリ
最新ニュース
コメント
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議さんの画像
QRコード
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index2_0.xml
農都地域部会とバイオマス発電WGの2013年度方針 [2013年05月31日(Fri)]
 市民キャビネット農都地域部会は、2013年度活動方針を次のように決定しました。
1.前年度の活動方針のうちの次の各項を、引き続き実施する。
(1)「現場の課題を確認し、政策提言にまとめあげ、その実現までをフォローしていく」という政策の入口から出口への流れを尊重して、以下の活動を行う。
 ・在京の勉強会で、課題をピックアップする。
 ・フィールドワークやヒアリングで、現場の課題を確認する。
 ・府省職員・研究者等との意見交換会(農都創造サロン)で提言ブラッシュアップする。
 ・市民キャビネット政策フォーラム等で、政策提言する。
 ・部会独自のロビーイング等で、提言をフォローする。
 ・在京の報告会で、検証する。 (※本項目のみ、2012年度に未実施)
(2)政策の入口・出口双方ともに、ネットワークの拡大・拡充を図る。
 ・前項の勉強会等のほか、WEBツール(ML、ホームページ、Facebook)等を活用する。
(3)以上の活動を一つずつ確実に実施していくために、本部会の運営体制を強化する。
 ・渉外、イベント運営、事務管理などの業務を分担するとともに、事務局体制の強化を図る。
2.今年度は、新たに次の項目を追加して、実施するものとする。
 ・今まで行ってきた議論や勉強会等の結果を踏まえ、各地域・分野で、市民・NPOの活動が持続可能となるソーシャルビジネス等の事業化に対して支援するプラットフォーム作りを行い、NPOの広く緩やかなネットワークをめざす。
 ・その一つとして、本部会内に、「バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ」を設置し、再生可能エネルギーの利用促進、とりわけ、木質バイオマス発電普及の課題を検討し、提案を取りまとめ、事業化への支援を行っていくことにする。

 4月15日に開催された部会ミーティングでは、これまでの活動のふりかえりとこれからの活動について、「現体制に変った2010年12月以降は、毎月1回以上の部会を開催して議事録を残し、それが部会継続の基礎となっている。政策提言は3回以上行った」、「3月部会で意見を出し合ったところ、勉強会については実績があったが、これからは事業化支援の具体的な活動にまで踏み込む必要があるという意見が多かった」等の意見がありました。

 →農都地域部会行事一覧(2011年1月〜2013年3月).PDF

 そして、前記の活動方針と、「バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ」(WG)を農都地域部会内に設置すること、次の「WG運営方針」が承認されました。
 市民キャビネット農都地域部会有志は、固定価格買取制度(FIT)の施行など、東日本大震災後のエネルギー政策を取り巻く環境変化と、今まで関係者が行ってきた調査・研究や議論の結果を踏まえ、再生可能エネルギーの利用促進、とりわけ、木質バイオマス発電の普及が急務であると考え、バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ(以下、WGという)を農都地域部会内に設置し、運営方針を定める。

1.WGは、再生可能エネルギーの利用促進、とりわけ、木質バイオマス発電普及の課題を検討し、提案を取りまとめ、事業化への支援を行っていくことを目的とする。
2.WGは、その目的を達成するために、当面、次の活動を行う。
 (1) 木質バイオマス発電の事業化にあたっての課題及び仕組みづくりの調査・研究。
 (2) 木質バイオマス発電の事業化への支援。
 (3) 木質バイオマス発電の普及を通じた林業再生の調査・研究。
 (4) 木質バイオマス燃料の普及方法の調査・研究。
 (5) 木質バイオマス発電に関連する現地調査、勉強会開催、情報発信等。
 (6) 木質バイオマス発電に関係する個人、企業、団体、行政、研究機関等とのネットワーク作り。
 (7) 木質バイオマス発電及び再生可能エネルギーに関係する団体、行政等との意見交換。
 (8) その他、目的達成のための諸活動。

 続く5月20日の定例会では部会の役員体制について話し合われ、昨年に引き続いて、部会長(代表)に河口、事務局長に杉浦、事務局政策担当に下川、土屋、酒井が選ばれました。

 農都地域部会とWGは、上記方針に沿った活動を進めるため、月例の部会ミーティングを開催し、メーリングリスト(ML)で情報・意見交換を行っています。MLで部会毎の議事録を配信していますので、よかったら登録してください。

 →農都地域部会 ML登録フォーム
 →バイオマス発電WG ML登録フォーム

 市民・NPOの現場から政策提言し、実現していくために、一緒に活動しませんか?
Posted by NPO農都会議 at 13:44 | 農都会議情報 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント