CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6月18日新しい公共フォーラム2012 第6回のお知らせ | Main | 最近アップした記事»
 NPO農都会議ボタンバイオマスWG ホームページ

  FacebookボタンNPO農都会議 Facebookボタン農都サロン
検索
検索語句
NPO農都会議について
カテゴリ
最新ニュース
コメント
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議さんの画像
QRコード
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index2_0.xml
新しい公共フォーラム2012 第5回の報告 [2012年05月28日(Mon)]
 市民キャビネットは、5月27日、市民キャビネット第3回全体会議を兼ねて、新しい公共フォーラム2012 第5回「市民発の政策をどう実現するか」を開催しました。
 →イベント案内
 →市民キャビネット報告記事

市民キャビネット第3回全体会議

 会場の友愛会館に参加者が集いました。
 第1部は、政策シンクタンク青山社中代表の朝比奈一郎氏による「新しい公共をどう評価するか」の講演が行われました。
 →青山社中ホームページへ
 →プロジェクトKホームページへ

市民キャビネット第3回全体会議

 朝比奈氏は、「新しい公共を結論から言うと、現場がよくわかり専門的にも詳しい人々が政策を作るのが最も良いこと」と語り、霞が関改革は、人事制度を改め、現場を知り専門知識を持った人材を採用・育成することが鍵と説明を行いました。
 米留学から帰国後、現状の政策形成過程の不備を改革するため、プロジェクトK(新しい霞が関を創る若手の会)を作ったが、「協創(協奏)国家」をめざすイメージがあった。その後、霞が関を飛び出して株式会社青山社中を作り、政策形成と人材育成の二つに取り組んで成果が出始めているとのことです。

市民キャビネット第3回全体会議

 第2部は、部会プレゼンテーションとして、立正大学後藤教授からスマートICT部会設立の発表が行われました。
 続いて、市民キャビネットの各部会から政策提言の検証を中心にこの1年間の報告をするということで、農都部会も資料を元にプレゼンを行いました。
 →農都地域部会活動報告(PDF)

市民キャビネット第3回全体会議

 第3部は、「市民発の政策をどう実現するか」をメインテーマにワールドカフェを行いました。少人数のテーブルにわかれ、「要らない政策」、「足りない政策」、「どう実現していくか?」の各問いに対して熱心は議論が続けられました。
 要らない政策では、民間にできることを規制することや国の出先機関など常識的な意見の他、省庁をなくすという大胆な意見も続出しました。
 足りない政策では、人口少子化や地域間格差などの問題を背景に、子育てや若者雇用、農業、水産業などに対する様々な課題が各テーブルで話し合われました。

市民キャビネット第3回全体会議

 どう実現していくか?では、市民・NPOがもっと積極的に行政や政治の硬直性、非効率性を改革する等多くの具体的提案が出されました。
 ワールドカフェは、自由な意見やアイデアを尊重し議論を共有する場であり、必ずしも結論を出す必要はありませんが、今回は市民が政策実現について討論する有意義な試みだったと思います。次につなげるためにも、議論の経過をまとめておくことができればと思います。
 →ワールドカフェの議論の一部(PDF)

 今回もUSTREAMの中継が行われたので、録画をどうぞご覧ください。


新しい公共フォーラム2012 第5回
→USTREM録画

 詳しくは、市民キャビネットの報告記事をご覧ください。
Posted by NPO農都会議 at 20:22 | 公共フォーラム | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント