CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«8月29日「竹バイオマス・竹素材活用」勉強会の報告 | Main | 10月30日第2回官民交流勉強会のお知らせ»
 NPO農都会議ボタンバイオマスWG ホームページ

  FacebookボタンNPO農都会議 Facebookボタン農都サロン
検索
検索語句
NPO農都会議について
カテゴリ
最新ニュース
コメント
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議さんの画像
QRコード
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index2_0.xml
9月5日「長寿菌がいのちを守る」シンポジウムの報告 [2017年09月07日(Thu)]
 NPO法人農都会議 食・農・環境グループは、9月5日(火)夕、食と健康シリーズシンポジウム第2回「“長寿菌”がいのちを守る 〜大切な腸内環境コントロール」を開催しました。
 →イベント案内
 →報告レポート(PDF)

9月5日食農シンポジウム

 会場の港区神明いきいきプラザに40名の参加者が集まり、講演と質疑応答、議論が行われました。
 第1部は、特定国立研究開発法人理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室特別招聘研究員の辨野義己(べんの よしみ)氏により「“長寿菌”がいのちを守る 〜大切な腸内環境コントロール〜」のテーマで、講演がありました。
 辨野氏は、腸内細菌と健康の関係がわかってきたこと、腸内細菌の構成と機能のことなどについて、「腸年齢は老化する、年を取ると腸内細菌も変わる。偏った食事、筋力低下、ストレスなどが腸老化の原因。お通じが重要、食物繊維を多く摂り、出すことが健康の源。どんな食べ物を腸へ送り込むかで腸内細菌が決まる、排出技術を高めるには運動と野菜が決め手。便はどんな食べ物、運動をしたかで決まる。腸年齢と脳の衰えは関係があり、よく話す、よく歩く、よく眠る、夢を持つことで脳を活性化できる。ウンチを知ることが健康の第一歩。“健康”は夢を実現するための手段であり、ウンチをデザインする必要がある。長寿菌とはビフィズス菌や乳酸菌などの総称」などと詳しく説明されました。
 また、動物園の獣医になるつもりが便を研究することになってしまった。増え続ける国民医療費をどう削減すべきか考え腸内細菌データベースを構築しているなどのお話もありました。

9月5日食農シンポジウム

9月5日食農シンポジウム

 第2部は、質疑応答と議論が行われました。
 会場から、「長寿菌が農業にどう活かせるか、農業に応用でき共通の効果が得られるのではないか」などのたくさんの意見がありました。

 今回も盛況なシンポジウムとなり、食と健康ついての課題(野菜食と運動が良い腸内細菌を育む)を考える有意義な機会になったと思います。
 講師並びにご出席の皆さま、誠にありがとうございました。
Posted by NPO農都会議 at 08:57 | 食農環境G 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント