CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ドイツ大使館ネットワーキングイベントの報告 | Main | 「農薬から農業と環境を考える」フォーラムの報告»
 NPO農都会議ボタンバイオマスWG ホームページ

  FacebookボタンNPO農都会議 Facebookボタン農都サロン
検索
検索語句
NPO農都会議について
カテゴリ
最新ニュース
コメント
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議さんの画像
QRコード
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index2_0.xml
6月30日なんでも意見交換・交流会の報告 [2014年07月01日(Tue)]
 市民キャビネット農都地域部会は、6月30日(月)夕、港区神明いきいきプラザで、「なんでも意見交換、交流会」を開催しました。

なんでも意見交換会

 はじめに、定例の部会ミーティング(第53回部会)が行われ、「農薬から農業と環境を考える」シリーズ勉強会などの活動報告と、今後の部会の予定や政策提言とりまとめなどについて話し合われました。
 続いて、農都地域部会アドバイザー 磯川行男氏による講演「農都地域部会に入会して! 〜技術と情報の活用」がありました。
 4月からの会費制導入に伴い、農都部会は、会員相互の交流を図り、市民・NPOの現場の課題を学ぶ場を積極的に設けるつもりでいます。今回の交流会は、本年度より技術アドバイザーに就任された磯川氏から、これからの部会活動の方向性などについてお話しを伺う機会を設け、会員と役員間、参加者同士の意見交換につなげたいという趣旨で行われました。

なんでも意見交換会

 磯川氏は、ユーゴスラビアなどでの海外事業の長年の経験として、食べ物の違いやホームシックなどの問題がある。ビジネスチャンスのキーワードとして「カキクケコ」(環境、規制緩和、食料、健康、コンプレックス)が重要。NPOも情報を活用するなどして稼ぐことも考える必要がある、などのお話をされました。

 参加者から、「自分も商社マンだったので、磯川氏と似た経験がある」、「お話を聞いて数十年前の自分の経験を思い出した」、「リタイア世代で若者支援の企業を立ち上げ、社会貢献事業を検討したい」などの意見がありました。今後の部会運営の参考といたします。

 「なんでも意見交換会」は、その後会場を変え、和やかな雰囲気の中で活発な意見交換が続きました。ご参加の皆様、まことにありがとうございました。
Posted by NPO農都会議 at 21:28 | 農都会議情報 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント