CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 NPO農都会議ボタンバイオマスWG ホームページ

  FacebookボタンNPO農都会議 Facebookボタン農都サロン
検索
検索語句
NPO農都会議について
カテゴリ
最新ニュース
コメント
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議さんの画像
QRコード
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noutochiiki/index2_0.xml
 NPO法人農都会議は、事業型NPOとして、これからも市民・地域の草の根から提言し、その実現をめざしてまいります。 →農都会議バイオマスWGへ  →食・農・環境Gへ

農都会議のリーフレット(更新版)   いままでの勉強会等の一覧
農都会議 2019年度総会・議事録   農都会議の2019年政策提言
10月5日「再エネ水素の活用技術」勉強会のお知らせ
8月26日「竹素材・バイオマス活用の最新事例」勉強会の報告
7月19日地域型バイオマスフォーラムの報告
6月11日「シュタットベルケ研究」講演会の報告
NPO農都会議とは?
6月1日いばらき里山・バイオマス協議会 第2回総会・研究会の報告
5月9日「森林環境税と路網整備」勉強会の報告
4月15日政策提言SGの報告
10月5日「再エネ水素の活用技術」勉強会のお知らせ [2019年09月09日(Mon)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、10月5日(土)午後、「再エネ水素活用で脱炭素社会へ大転換 〜低炭素水素サプライチェーンの構築に向けた技術開発」勉強会を開催します。
 →申込みフォーム
 →FAX申込用紙
 →ちらしダウンロード

みやぎ生協物流センターの実証設備

農都会議 東北大震災復興支援勉強会

再エネ水素活用で脱炭素社会へ大転換

〜低炭素水素サプライチェーンの構築に向けた技術開発〜

 水素エネルギーをもっと手軽にと、宮城県の生協がCO2フリー水素の配達を始めています。太陽光発電で製造した水素を水素吸蔵合金に貯蔵し、みやぎ生協のネットワークを生かして家庭や小学校に配送するというものです。環境省の「低炭素な水素サプライチェーン実証事業」と、フリー水素の活用等に向けた4者協定(福島県、東京都、国立研究開発法人産業技術総合研究所、公益財団法人東京都環境公社)も背景にあります。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 14:02 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
8月26日「竹素材・バイオマス活用の最新事例」勉強会の報告 [2019年08月31日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、8月26日(月)夕、「竹素材・バイオマス活用の最新事例 〜新たなマテリアル利用、エネルギー利用を考える」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

8月26日竹活用勉強会

 農都会議は数年来、ちば里山・バイオマス協議会などと協働して繁茂竹林問題と竹活用の課題に取組んできましたが、夏恒例の竹バイオマス勉強会として今回は新たな切り口を加えました。
 会場の港区神明いきいきプラザに80名近い参加者が集まり、講演と質疑応答、意見交換が行われました。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 14:07 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
7月19日地域型バイオマスフォーラムの報告 [2019年07月30日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、分散型エネルギー推進の活動をしている全国の団体と共同して、7月19日(金)午後、「地域型バイオマスフォーラム 〜バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える」を開催しました。
 →イベント案内

7月19日共同フォーラム

▽バイオマス7団体が系統連系などで国に共同提言
   フォーラム開き「地域持続とバイオマス」など議論

 バイオマスを生かして地域創生と地球環境の保全を進めるバイオマス関連7団体は7月19日、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで「地域型バイオマスフォーラム〜バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える〜」というテーマの共同フォーラムと、7団体がまとめた国に対する「共同提言に向けた『地域型バイオマス推進に向けた基本的考え』」(以下、「基本的考え方」と略す。)を説明する記者発表を開催しました。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 14:25 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
8月26日「竹素材・バイオマス活用の最新事例」勉強会のお知らせ [2019年06月29日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、8月26日(月)夕、「竹素材・バイオマス活用の最新事例 〜新たなマテリアル利用、エネルギー利用を考える」勉強会を開催します。
 →イベント報告

竹林

農都会議バイオマスWG/地域G 8月勉強会

竹素材・バイオマス活用の最新事例

〜新たなマテリアル利用、エネルギー利用を考える〜

 農都会議は、有望な地域資源である「竹」の有効活用をめざして数年来、ちば里山・バイオマス協議会と協働して竹のバイオマスエネルギー事業やマテリアル利用の検討を行うため、勉強会やフィールドワークを進めてきましたが、今回、竹イノベーション研究会や樹木医の先生方と中外炉工業から講師をお招きして、竹素材・バイオマス活用の最新事例をお話しいただき、学ぶ機会を設けたいと思います。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 14:31 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
6月11日「シュタットベルケ研究」講演会の報告 [2019年06月17日(Mon)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、6月11日(火)夕、総会記念講演会「シュタットベルケ研究 〜地域エネルギー・インフラサービス会社の課題と実現方法を考える」を開催しました。
 →イベント案内

6月11日総会記念講演会

 今回は、農都会議がNPO法人化して4回目となる通常総会を記念した講演会でした。会場の港区神明いきいきプラザに60名弱の参加者が集まり、講演と質疑応答、意見交換が行われました。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 04:43 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
NPO農都会議2019年度総会の報告 [2019年06月16日(Sun)]
 NPO法人農都会議は、6月11日(火)午後、2019年度通常総会を開催しました。

2019年総会議事録

 会場の港区エコプラザに定足数を超える会員が集まり、NPO法人農都会議の総会が開かれました。2018年度事業報告・決算報告、役員変更、2019年度事業計画・予算計画などを審議し、無事終了しました。

 →特定非営利活動法人農都会議 2019年度通常総会 議事録(PDF)

 総会終了後は、記念講演会が開催されました。


■お問い合わせ
 NPO法人農都会議 事務局
  E-mail:noutokaigi@gmail.com
  URL:http://blog.canpan.info/noutochiiki/
Posted by NPO農都会議 at 20:44 | 農都会議情報 | この記事のURL | コメント(0)
NPO農都会議とは? [2019年06月15日(Sat)]
NPO 農都会議とは?
 NPO農都会議は、市民・NPOなどの現場から提言をめざしている団体です。設立は2010年1月29日です。政策提言全国ネットワーク「市民キャビネット」の農山漁村と都市・地域を活動カテゴリとする部会の一つ「農都地域部会」として発足しましたが、“市民協働”の活動を継続して行うため、2016年4月、「NPO法人農都会議」へ組織変更しました。
 2013年4月、再生可能エネルギー促進と地域のバイオマスエネルギー事業化推進の活動を行う「バイオマスWG(ワーキンググループ)」を組織内に設置し、それまでの活動は「食・農・環境G(グループ)」が続けることになりました。2017年4月には「農都交流・地域支援G」が設置されています。
 また、埼玉県内の有志が設置した「所沢アドバンス」(所沢支部)は、近隣の有機農家に対して有機農産物の直売や展示会出展等を支援する活動を行っています。

 引き続き、勉強会やフィールドワークなどを通じて、市民、企業、地域の現場の課題を提言として取りまとめ、その実現をフォローしてまいります。また、地域協働の事業化支援や次世代への継承なども進めていきたいと思います。

農都交流・地域支援Gとは?
 農都交流・地域支援Gは、農山漁村と都市との交流を通じて、再生可能エネルギーとりわけバイオマスエネルギーの活用による地域のエネルギー自給の事業化や、森林・竹林・里山等の地域資源を活用した事業化への支援を行うため設置されました。
 各地域の団体や自治体との連携を重視し、地域に寄添って課題解決を図る中間支援型広域ネットワークづくりを進め、協働して事業を推進することをめざしています。

食・農・環境Gとは?
 食・農・環境Gは、日本の農山漁村と都市を結び、農都地域に存在するさまざまな課題の解決に向けての活動を進めています。
 2014年は『農薬から農業と環境を考える』、2015年は『有機農業・農産物の“いま”を知る』、2016年は『遺伝子組換え』、2017年は『食と健康』、以降は『ゲノム編集』、『小規模・家族農業』等をテーマに、勉強会をシリーズで開催しています。フィールドワーク等の種々の活動にも取り組んでいます。
続きを読む・・・
Posted by NPO農都会議 at 21:34 | 農都会議情報 | この記事のURL | コメント(0)
6月1日いばらき里山・バイオマス協議会 第2回総会・研究会の報告 [2019年06月14日(Fri)]
 NPO法人農都会議 農都交流・地域支援Gがサポートしている「いばらき里山・バイオマス協議会」は、6月1日(土)午後、茨城県土浦市で「第2回総会・研究会」を開催しました。
 →イベント案内

6月1日いばらき協第2回総会・研究会

 いばらき里山・バイオマス協議会の第2回総会は、土浦市亀城(きじょう)プラザを会場に、前年度事業・決算報告、今年度事業・予算予定等が会員間で審議され、無事終了しました。
続きを読む・・・
Posted by NPO農都会議 at 17:42 | 地域支援G 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
6月1日いばらき里山・バイオマス協議会 第2回総会・研究会のお知らせ [2019年05月13日(Mon)]
 NPO法人農都会議 農都交流・地域支援Gがサポートしている「いばらき里山・バイオマス協議会」は、6月1日(土)午後、茨城県土浦市で「第2回総会・研究会」を開催します。
 →イベント報告

4月7日いばらき塾

 いばらき里山・バイオマス協議会(略称:いばらき協)は、茨城県の里山保全や森林、竹林などの地域資源の活用による地域の活性化をめざし、地域の行政、団体、企業、市民の方々と一緒に、里山・里川再生、林業の担い手育成、バイオマスエネルギー利用、エコツーリズム推進など、さまざまな活動を進めたいと考えています。市民協働・地域協働を積み重ねることで、新たなネットワークづくりへつながることを期待しています。
続きを読む・・・
Posted by NPO農都会議 at 12:02 | 地域支援G 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
5月9日「森林環境税と路網整備」勉強会の報告 [2019年05月12日(Sun)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、5月9日(木)夕、「森林環境税どう使う? 林道整備の方向性 〜山から木を出す施策・新技術と路網整備を考える」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

5月9日路網整備勉強会

 会場の港区神明いきいきプラザに約70名の参加者が集まり、講演・質疑とディスカッションが行われました。
 第1部は、まず、林野庁森林整備部整備課課長補佐の岸功規氏より、「新たな森林管理システムにおける路網整備の方向性」のテーマで、講演がありました。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 19:51 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
農都会議の2019年政策提言 [2019年05月09日(Thu)]
 NPO法人農都会議は、再生可能エネルギー、森林・林業及び地方創生に関する提言を4月に取りまとめました。今後、関係府省庁、公共機関、全国団体等へ提出する予定です。

経済産業省

 農都会議は、農山漁村と農林業に関して市民・企業・地域の現場から課題に取組み、勉強会やフィールドワーク等を通じて提言の取りまとめを行っています。
 2013年4月にバイオマスWGが設置され、2013年度はWGから第1次と2次の2回の提言、2014年度は緊急提言と第3次提言の2回、2015年度は第4次提言を、関係方面へ提出してきました。2016年度は、それまで年毎に経過報告会を開いて検討した後に提言を取りまとめる作業を行っていたのを、政策提言SG(スタディグループ)を繰返し開くスタイルに変えたため、2017年提言として取りまとめることになりました。同様に、複数回のSGと政策検討会を開いて2018年提言をまとめました。
続きを読む・・・
Posted by NPO農都会議 at 01:00 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
7月19日地域型バイオマスフォーラムのお知らせ [2019年05月07日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、分散型エネルギー推進の活動をしている全国の団体と共同して、7月19日(金)午後、「地域型バイオマスフォーラム 〜バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える」を開催します。
 →ちらしダウンロード(PDF 10MB)
 →イベント報告

共同フォーラムちらし

分散型エネルギー関係団体 共同イベント

地域型バイオマスフォーラム

−バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える−

 これまで個々に活動していたバイオマスエネルギー関連5団体が昨秋集まり、更に今年1月に7団体が共同提言取りまとめの検討を行い、熱利用推進、バイオマス発電事業の定着化、地域型バイオマスによる地方創生、環境評価基準などについての「基本的考え方」をまとめる運びとなりました。
 今後、分散型エネルギー推進活動を展開している他の団体等の参加を得て、同じ志をもつ団体、市民、企業などが集まり、地域情報共有や意見交換、世論形成、自立型地域社会創生の促進のために、本フォーラムを開催する次第です。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 11:49 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
4月15日政策提言SGの報告 [2019年04月30日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、4月15日(月)午後、「政策提言SG 2019年第3回」を開催しました。

国会議事堂周辺

 農都会議は、市民協働・地域協働を基本理念としていますが、協働社会を実現する方法の一つとして、勉強会やフィールドワークなどを通じて、市民、企業、地域の現場から課題を提言に取りまとめ、政府や関係機関へ提出し、その後のフォローを行っています。
 今回は、2019年提言SGの3回目として、2019提言の取りまとめに向けて提案を募集し、意見交換を行いました。会場の港区エコプラザに、各グループの運営委員と会員を中心に約15名が集まりました。
続きを読む・・・
Posted by NPO農都会議 at 14:56 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
6月11日「シュタットベルケ研究」講演会のお知らせ [2019年04月03日(Wed)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、6月11日(火)夕、総会記念講演会「シュタットベルケ研究 〜地域エネルギー・インフラサービス会社の課題と実現方法を考える」を開催します。
 →イベント報告


日本シュタットベルケネットワーク

NPO法人農都会議2019年度総会 記念講演会

『シュタットベルケ研究』

―地域エネルギー・インフラサービス会社の課題と実現方法を考える―

 自治体が出資し、地域の再生可能エネルギーなどを電源として電気販売を行う「自治体新電力」の設立が全国で相次いでいます。手本となるドイツでは、地域インフラ運営会社とも言える「シュタットベルケ」が各地で存在感を増しています。日本でも、再エネで地域課題を解決しようとエネルギーの地産地消都市をめざす動きが始まりました。

 ・・・続きはWGホームページで
Posted by NPO農都会議 at 13:26 | バイオマスWG | この記事のURL | コメント(0)
年会費・イベント参加費の振込先金融機関口座 [2019年03月31日(Sun)]

振込先口座のお知らせ

 お間違いのないようによろしくお願いいたします。振込手数料はご負担を願います。

振込先
 ゆうちょ銀行から
  ・記号  10930
  ・番号  17905271
  ・名義  トクヒ)ノウトカイギ
       (特定非営利活動法人 農都会議)

 その他の金融機関から
  ・銀行名  ゆうちょ銀行
  ・支店名  〇九八 店(ゼロキユウハチ店)
  ・口座番号 普通 1790527
  ・口座名義 トクヒ)ノウトカイギ
        (特定非営利活動法人 農都会議)



■お問い合わせ
 NPO法人農都会議 事務局
  E-mail:noutokaigi@gmail.com
Posted by NPO農都会議 at 05:32 | 農都会議情報 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ