CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

3『ポルト』2018横川シネマにて3

[2018年01月11日(Thu)]
『ポルト』
(監督:ゲイブ・クリンガー、出演:アントン・イェルチン、ルシー・ルーカス、フランソワーズ・ルブラン、76分、2016年、ポルトガル=フランス=アメリカ=ポーランド映画)

1801ポルト.JPG

2018年、映画鑑賞3作品目にして、劇場での鑑賞3作品目。

チラシのビジュアルに惹かれて映画を観てしまうことってありません?
私の場合、このチラシがそう。
色味と雰囲気がいい感じです(写真ではうまく再現できていないかも)。

異国の地での2人の出会いを、それぞれの視点で、オムニバス形式で描いた作品。

画面が幅広と写真のような幅の広くないサイズを使い分けていたり、エピソードの断片がつなぎ合わされて、詩のようなリズムを生み出していて、ポルトガルの第二の都市と言われる“ポルト”の街並みとともに、美しくも、儚い。

1月19日まで、横川シネマにて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

2『少女邂逅』2018横川シネマにて2

[2018年01月10日(Wed)]
『少女邂逅』
(監督:枝優花、音楽:水本夏絵、出演:保紫萌香、モトーラ世理奈、90分、2017年、日本映画)

1801ムージック・ラボ.JPG

2018年、映画鑑賞2作品目にして、劇場での鑑賞2作品目。

気鋭のミュージシャンと映画監督がタッグを組んで映画を製作する「MOOSIC LAB 2017」。19作品8プログラムが横川シネマで上映されています。

この作品の音楽を担当している水本夏絵さんは、数年前に「転校生」名で活躍していて私も結構好きな曲を作っていますが、今は活動休止中。監督が直接オファーしたようです。

クラウドファンディングでお金を集めて作られた映画で、クラウドファンディングの終了間際にたまたま知って気になっていたものの、観る機会はないかと思っていました。

思春期の女の子の心の動きは、私などにはわからないに違いないのですが、心と身体がアンバランスな状態でどんどん成長する時期のあやうくうつろう姿の一面をうまく描いているように思います。

いじめられていて、話し相手もいなくて、心を閉ざす主人公のクラスに、ある日転校生がやって来て、やがて友だちになるのだけど・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

中国新聞クラウドファンディング『カナエンサイ夢』

[2018年01月09日(Tue)]
年末の中国新聞に、中国新聞がクラウドファンディングを2018年2月から行うことが書いてありました。

1802中国新聞クラウドファンディング.JPG

クラウドファンディングといえば、新しい商品やサービス、映画の製作、伝統文化の継承など、様々な実現したい活動についてインターネット上で説明し、賛同する人から資金を募り、商品であればその商品を優先的に手に入れることができたり、映画だとエンドロールに掲載されるとか、見返りがある場合やほとんどない場合などいろいろなパターンがあります。現在では地域おこしや芸術系に特化したものなど、それぞれ特徴を出していろいろなサイトがあるようです。

アイデアさえあって、共感を得ることができれば、リスクが少なくて実現できるという意味で、私はクラウドファンディングと言うお金の集め方には以前から関心があって、一度だけ実際に投資(というほどの金額ではありませんが)をしたこともあります。

新聞社がクラウドファンディングをするというのは、インターネットでニュースを見る機会が増えてきて、紙媒体の新聞というのが岐路に立たされている現状にあって、面白い目の付け所のような気がして、目にとまったのです。

早速、メールで資料請求をしてみてみました。先行事例として、日本経済新聞社や中日新聞が少し前から取り組んでいて、それなりに実績もあるようです。

1802カナエンサイ夢.JPG

新聞社の持つ広報媒体を活用できるので、それなりに宣伝力が期待できるかわりに、審査もそれなりに厳しいようで、一長一短なのでしょうが、面白い取り組みだと思います(若干手数料割合が高いように思いますが、宣伝力が大きいことが込みになっているのでしょうか?)。

中国新聞は、私の住む地域では大きな影響力を持っているので、これを機会に、地域振興の新しい取り組みが生まれるといいなと思います。興味がある人は、メールや電話などで問い合わせてみてください。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

1『人生はシネマティック!』2018サロンシネマにて1

[2018年01月08日(Mon)]
『人生はシネマティック!』
(監督:ロネ・シェルフィグ、出演:ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ、117分、2016年、イギリス映画、原題:Their Finest)

1801人生はシネマティック.JPG

2018年映画鑑賞1作品目にして、劇場での鑑賞1作品目。

昨年は1年でレンタルなどを含めで138作品、そのうち劇場で鑑賞したのが98作品と、自分史上最もたくさん映画を観たので、連番を振りました。多分今年はそこまで見ることはないでしょうけど、一応連番を振ってみようかと思います(去年と区別するために2018を真ん中に挟む形で)。

第二次世界大戦中のイギリスで、たまたま、情報省映画局で戦意高揚のためのプロパガンダ映画の脚本を書くことになった主人公の女性の物語。戦況が悪化する中、情報省や俳優のさまざまな思惑に翻弄されながらも、映画の完成に向かっていく。チラシのうたい文句などを見て、何となく勝手に、三谷幸喜監督の『ラヂオの時間』のようなドタバタ喜劇ではないかと想像してしまっていたのですが、そういう要素も若干ありながら、よりシリアスな作品なのでした。

前半部分で、ここは理解できていないのではないかという文化的な違和感を感じた場面(情報省の女性職員の立ち位置とか)が何回かあったのですが、それがよくわからないまま、後半に突入すると、あまり気にならなくなりました。

女性の強さというのもテーマにあったのかな。嫌いな映画じゃないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

2018市民活動カフェ

[2018年01月07日(Sun)]
2018年1月14日(日)10時〜15時
岩国市中央公民館(岩国市岩国4-4-15)にて
岩国小グラウンドが駐車場になります
入場無料

180114市民活動カフェ01.JPG

180114市民活動カフェ02.JPG

岩国市内の40以上の市民活動団体が集まって、パネル展示、活動発表、バザー、体験コーナー、スタンプラリー、おもちゃ交換ひろば、抽選会などを行い、家族連れでも楽しめる催し。

自分の知らない意外な市民活動や自分が興味を持てる市民活動などに出会えるかも。

具体的な内容については、チラシを大きめな画像にしていますのでご覧ください。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

日本郵便からの新年挨拶をオリンパスTG-5の顕微鏡モードで確認

[2018年01月06日(Sat)]
誰かのツイッターで知ったのですが、年賀状の消印部分?に高精細印刷がされているということで、オリンパスのタフで万能なコンパクトカメラTG-5の顕微鏡モードで確認してみました。

17010100.JPG

上の切手部分は富士山と干支の犬がコラボしてます。

18010101.JPG

消印のデザインは、犬の足跡と、やはり富士山がコラボしてて、足指の肉球の先の爪あとが、反対向きにFUJIの文字に(これは、肉眼でも確認できないことはありません)。

18010102.JPG

そして、線の部分の一部が、「あけまして」

18010103.JPG

「おめでとうございます」

18010105.JPG

顕微鏡モードで、最大44.4倍までできますが、「あけまして」は30倍くらい、「おめでとうございます」は20倍くらいです。お札などには、よく高精細な文字などの印刷があるものの、年賀状では、額面でも52円ですから偽造防止という目的はあまりないでしょうから、お遊びなのでしょう。

というわけで(どういうわけで?)、遅ればせながら、今年がよい年でありますように。


追記:そのあとこの話を、わくわく科学クラブで話したり、他の会で話をしたら、「フジ」と「ふじ」の隠し文字があることを発見してくれました。どこにあるかは、探してみてください。それにしても、イラストにも富士山が使われているし、どんだけ富士山推しなのでしょう?


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『0さいからおとなまで みんなでクラシック』岩国子ども劇場2018年1月例会

[2018年01月05日(Fri)]
2018年1月20日(土)14時〜
岩国市中央公民館4F集会場
岩国子ども劇場の会員は無料
シングル券1500円 ペア券2000円(家族1人増える毎500円増、0歳から入場でき、入場料は3歳以上対象)
ソプラノ:石井奈々、フルート:藤本宜子、ヴァイオリン:西井利香、ピアノ:いしいゆき
曲目:アレルヤ(モーツァルト)、「ホフマン物語」(オッフェンバック)、花のワルツ(チャイコフスキー)ほか

170120子劇クラシックコンサート.JPG

NPO法人岩国子ども劇場の例会で、小さな子どもから大人までが一緒に楽しめるクラシックコンサートを開催。会員は無料ですが、会員でなくてもチケットを購入することで鑑賞できます。
おススメです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

電子タバコ専門店 VAPE SHOP VILLA

[2018年01月04日(Thu)]
月1回、岩国市の中通り商店街で行われている軽トラ新鮮組にちょっと寄ったら、電子タバコ専門店ができていたので入ってみました(12月の話です)。

私自身は、タバコはお酒を飲むときに気が向いたら時々吸う程度で、嫌いなわけではないけど、人に迷惑をかけるのでなあ、などと思っていたところ。

電子タバコというのはどういうものか全く分かっていなかったので、ディスプレイの楽しさに引かれて説明を聞いてみたのです。

171217ベープ.JPG

171217電子タバコ01.JPG

171217電子タバコ02.JPG

ややこしいのは、JTなどが販売している加熱式たばこは、タバコ葉をそのまま使っていて、ニコチンもそれなりに含まれているのに対して、電子タバコは、そう言うものも含めているものの、主には液体(主成分は、プロピレングリコール、グリセロール、水、香料)を電熱線の発熱で霧状にする装置のこと。

日本では、ニコチンの入ったものはまだ売ることができない(少量を個人輸入することはできるらしい)ので、煙と香りを楽しむもののようで、香りも、清涼飲料水的なものから、コーヒーや紅茶、お菓子、タバコ風、かなりいろいろあり、煙のような霧が出る量などによりさまざま。そんなのが、タバコと言えるのか、と思うかもしれませんが、もともとタバコも嗜好品ですから、どちらがどうということはないと思います。

ちょっと面白そうなので、コンパクトで充電器も兼ねた収納箱付きのタバコサイズのものと、マスカットミントフレーバーのオイルを購入してみました。

171217電子タバコ.JPG

特に害はないみたいだし、香りと煙をくゆらせるのが楽しいので、ときどき遊んでます(ニコチンが入っていないにしても、肺に、そういった霧を入れることが本当に無害なのかどうかはよくわかりませんので、今後ぼちぼち調べてみようと思っています)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

食と農の映画祭in岩国『カレーライスを一から作る』上映会

[2018年01月03日(Wed)]
広島で開催されている「食と農の映画祭」で上映された中から一作品を上映する形になっている会。

1801カレーライスを一から.JPG

作品は『カレーライスを一から作る』。探検家・医師の関野吉靖さんによる武蔵野美術大学の課外ゼミで、「一からカレーライスを作る」という課題を追いかけたドキュメンタリー映画。

この呼びかけに100人を超える美大生が集まり、種まきからはじめての9か月間の試行錯誤が繰り広げられるというもの。

2018年1月20日(土) @10時半~ A13時半~
シンフォニア岩国にて
チケット:一般前売800円(当日999円)
     高校生以下500円(当日券のみ)

問い合わせ等については、チラシを大きめの画像にしてありますのでご覧ください。私に声をかけてもらってもチケットは入手できます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

138『僕と世界の方程式』

[2018年01月02日(Tue)]
『僕と世界の方程式』
(監督:モーガン・マシューズ、出演:エイサ・バターフィールド、レイフ・スポール、サリー・ホーキンス、エディ・マーサン、111分、2014年、アメリカ映画)

1712僕と世界の方程式.JPG

2017年、映画鑑賞138作品目にして最後の1本。2017年の後半は、劇場でばかり観ていてDVDをレンタルすることがなく、年末にレンタル会員証の更新時に1本無料になるので借りてみたもの。

実は、2017年の早い時期に公開されていて気になっていた映画。

自閉症スペクトラムで数学の得意な主人公が、高校生数学オリンピックのイギリス代表の一人として出場することになる話。

数学が得意な人とでも打ち解けることはできないものの、強化合宿などで親元を離れて数学仲間と暮らしていくうちに、徐々に他人との交流にも目覚めてくる。合宿でバディを組むことになった中国の女の子によってだんだんと心が開かれてくるというのがメインでその流れもいいのですが、私が一番印象に残ったのは、同じチームの女の子が休憩中にピアノを弾いていて、すすめられて真似をして初めてピアノを弾いてみたときにある程度弾けて、そのあと音楽を通して世界とのつながりが少しできてくるところ。

そんなに泣ける話ではないかもしれないのですが、何か所か泣きそうになってしまいました。ラストも素敵です。

こういう、社会と適合できない人の話に心惹かれるのは、自分が元々そういう面がある(あった)からなのかなと思ったりします。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

137『リュミエール!』 サロンシネマにて98

[2018年01月01日(Mon)]
『リュミエール!』
(監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー、90分、2016年、フランス映画)

1712リュミエール.JPG

2017年、映画鑑賞137作品目にして、劇場での鑑賞98作品目。

1895年12月28日のパリで、フランスのルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟によって発明された“シネマトグラフ”。

1895年から1905年の10年間に兄弟によって製作された1422本の中から、選りすぐりの108本の作品を編集して作られた作品。編集者であるフレモーさんがナレーションも手掛けていますが、画面に集中するためか、立川志らくさんによる吹替上映となっていました。

当時は、1本あたり50秒という時間制約があり、思った以上に計算していたり、その中で過剰な演出があったりといったことを、若干説明しすぎなところもありましたが、いろいろなことがわかって、映画をたくさん観た2017年最後の劇場鑑賞映画を飾るにふさわしい作品でした。

2018年1月5日までの、1週間限定上映。サロンシネマにて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ