CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『中島完の小さな茶箱道具展 テーブルで茶・cha・ちゃ』は、とてもオススメです

[2014年11月30日(Sun)]
11月29日からはじまった茶箱道具展。

小さくて可愛すぎです。

箱にギュッと詰まった茶道具たち。

141130茶箱01.JPG

予想していたより、こんなに小さい。

141130茶箱02.JPG

こんなのや、

141130茶箱03.JPG

こんなのも。

141130茶箱05.JPG

作者の中島さんは、陶芸作品と、それぞれのサイズに合わせた仕覆(しふく=保護するために包むもの)を手作りしているそうです。

全景はこんな感じ。

141130茶箱04.JPG

振り出し(金平糖などを入れるもの)の蓋も自分で育てた玉蜀黍(トウモロコシ)の皮を絹糸で縛って作るのだそう。

141130茶箱09.JPG

こんな道具で、お茶してみたくなります。

組み合わせを考えたりするのも楽しそう。観ているだけでしあわせ。

是非、じかに観に行ってください(12月7日まで、ヒマールにて。12月1日はお休み)。

141130茶箱07.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

小林香央里さんのブログ『たとえ火の中チョコモナカ』

[2014年11月30日(Sun)]
私のブログには、岩国を盛り立てたいというテーマもあるので、何かしら岩国にかかわっていて、私が関心を持つような話題を見つけたら掲載するようにしています。

人物の場合、岩国出身であることを、ことさら取り上げてほしいわけでもない人もいるでしょうが、こちらとしては、勝手に紹介させてもらうという形です。

少し前に、たまたま見つけたブログ。

この人の場合、ブログのタイトル部分にも「・・・時々ふるさと山口県岩国市の紹介もします」とありますし、ブログのテーマの中にも「山口県岩国活性化」という項目があるので、紹介しても大丈夫でしょう。

プロフィールの中に「映画や舞台、モデル、子供むけおはなしユニット《ねぎかぉ》の山口弁の歌のお姉さんとしてイベントなど幅広く活動中!」とあります。

最近では、10月25日に江戸の神田の古本まつりの司会進行を女性として初めて行なっていたり、ちょっと面白そうな舞台劇の主役をやったりしているようです。

たまにチェックしてみたいと思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

第14回 山代神楽共演大会20141130

[2014年11月29日(Sat)]
神楽というとこのあたりでは広島や島根が有名ですが、岩国の山代地域でも盛んです。

毎年この時期には、会場持ち回りで、山代地域で活動している神楽の共演があります。

今回の会場は、美和町のハーモニーみわ。公共交通機関では行きにくい場所ですが、広い駐車場があります。

やましろ商工会による飲食コーナーや、ロビーで神楽衣装等の展示がある予定です。

秋のドライブがてら是非。

日時 2014年11月30日(日)10時〜14時
場所 ハーモニーみわ(岩国市美和町渋前)
出演団体・演目予定
 1.美川観音太鼓保存会 「轟輝、勇風」
 2.山代白羽神楽保存会 「湯立神楽」
 3.生見子ども神楽 「姫盗り」
 4.東谷神楽保存会 「注連灑水」
 5.北中山子ども神楽 「三鬼」
 6.上沼田神楽保存会 「事代主の神」
 7.本郷子ども神楽 「八岐大蛇」
 8.釜ヶ原神楽団 「塵倫」
 9.向峠神楽保存会 「道返し」
 10.山代神楽本谷保存会 「大江山」
 11.山代白羽神楽保存会 「鵺退治」
 12.金山神楽保存会 「大蛇」

入場無料

主催:山代神楽連絡協議会

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『ウォールフラワー』

[2014年11月28日(Fri)]
『ウォールフラワー』(アメリカ映画、監督:スティーブン・チョボスキー、出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー他、2012年、原題:The Peaks of Being a Wallflower)

原題は、「(目立たない)壁の花だったからこそのステキな思い出」みたいな感じの意味でしょうか。壁の花って日本語かと思っていたら、もしかしたら外来語の直訳?そういえば、ダンスパーティとかはもともと日本にはなかったでしょうから。ちなみに、perkは、勘違いしそうになっていましたが、山の頂などに使うpeakとはつづりも発音も違って、「役得」といった意味のようです。

ハリーポッターシリーズはほとんどまともに見ていない(テレビで流れているのをちょっと見たくらい)けども、エマ・ワトソンさんはかろうじて知っています。

ちょっと面白そうだったのでレンタルで借りて見ました。

最初、アメリカの高校生活のイメージがあまりなかったので、わかりにくかったものの、だんだん慣れてきました。

なかなか、もどかしくも心に刺さる青春映画です。

曲を編集したカセットテープを好きな女の子にあげるなんて、ちょっと懐かしい。

主人公の心の動きが、若干わかりにくい、ちょっと不思議な感じで表現されていて切ない。

アメリカ映画って、どうして、青春時代の心の成長というのがテーマになりがちなんでしょう?(私がそう感じるだけ?)

追記:観たあとに調べてみると、原作者自身が監督をしているのですね。ありそうであまりないことのような気がします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『中島完の小さな茶箱道具展 テーブルで茶・cha・ちゃ』

[2014年11月27日(Thu)]
岐阜・多治見で「茶箱」と言われる小さな茶道具セットを制作している中島完さんの個展が「コーヒーと手しごと ヒマール」で開催されます。

141129tyatyatya.JPG

抹茶が好きなので、ちょっと楽しみ。

この個展にあわせて、ゲスト作家による茶道具の出品もあるようです。

2014年11月29日(土)〜12月7日(日)10時〜19時
(12月1日はお休み、最終日は18時まで)
作家在店日11月29日(土)、12月6日(土)いずれも13時〜

○中島完さんによるお茶出し
11月29日(土)15時〜16時随時
薄茶(菓子付):500円(予約不要)

○ワークショップ「テーブル点前」
12月6日(土)16時〜(事前申込制、1時間程度)
参加費:3800円(茶筅とお土産付)
募集人員:5人

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「邦楽へのいざない」

[2014年11月26日(Wed)]
錦帯橋のたもと、吉香公演内にある国指定重要文化財旧目加田家住宅で、10年くらい前から、紅葉の時期に地元の邦楽団体によって行なわれている行事のようです。

141123邦楽への誘い05.JPG

一見平屋に見えますが錦川の氾濫に備えて中二階が備えてあるという変わった造りで、本格的な武家屋敷が250年以上も経て、当時のままの姿がよく保存されている例は全国的にも珍しいようで、身近にあるので通り過ごしたりしますが、改めて見てみるとなかなか面白い建物です。

その建物の中の部屋を使っての邦楽演奏というのは、なかなか風情があるものです。

観光シーズンということで、多くの人が通りすがって、足を止めて聴きいる人もいました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『だから日本はズレている』

[2014年11月25日(Tue)]
『だから日本はズレている』(古市憲寿著、新潮新書、2014年)

1411だから日本はズレている.JPG

最近注目されている、若い(来年30代)社会学者。若者の立場から、社会のあり方について提言しています。

この本の言わんとしているところはわかるような気がします。

「若者のことがわからない」って言われるけど、「大人(おじさん)たちの世界」のほうがずっと謎だよって話。

前半の章立てのタイトルをあげてみても
・「リーダー」なんていらない
・「クール・ジャパン」を誰も知らない
・「ポエム」じゃ国は変えられない
・「テクノロジー」だけで未来は来ない
・「ソーシャル」に期待しすぎるな
といった感じで、「おじさん」たちが期待しているであろうカタカナ言葉に感じるズレを例示してくれています。

一貫しているのは、ほかの国に比べると比較的均質で豊かになった日本においては、大きな統一テーマで人を引っ張るのは無理ということ。

一方で、社会学者のトゥーッカ・トイボネンさんと言う人が「静かな変革者(quiet maverick)」という概念で注目している日本の若者たちがいて、
著者も

 僕も「静かな変革者」に対するインタビューをよく行なうが、彼らは「社会にいいことをしたい」とか「国のために何かしたい」とはあまり言わない。そんなのは、彼らにとってもはや自明なことだからだ。当たり前のように被災地支援をしたり、自然エネルギーの啓蒙活動に取り組んだり、地域の教育問題を解決しようとしている。
 彼らは、大きなことを言わない代わりに、粛々と身の回りの100人、1000人を確実に幸せにしている。だけど、その活動は規模が小さい分、あまり目立たない。

 というふうに書いていて、実は、多くの「おじさん」たちが気づいていないだけで、小さなところから変革は始まっていて、いわゆる世間で力を持っている「おじさん」こそが変わっていかないといけないんだと語りかけています。

私は、そういうところが気にかかるし、身近にもたくさん例を見かけるので、このブログでも、できるだけ紹介していきたいなと思っています。

というか、それがこのブログの趣旨なのですが、最近ちょっとマンネリ化しているなあと感じています。そろそろまた休止時期を迎えるかも、と思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「やまぐち煌きアーティスト展」へ行ってきた

[2014年11月24日(Mon)]
このブログで直前に告知した、山口県美術展覧会で活躍するアーティスト6人の作品展に行ってきました。

山口県立美術館が企画協力をして開催していて、当然とは言え、力を感じさせる作品が多いので見ごたえがあります。

それぞれ面白かったので、一番印象に残った作品をあげるとすれば、下瀬信雄さんの「秋の光り」にします。右上のほうにいる赤とんぼがかわいい。

身近に作品に出会うことができるこういう企画展は大歓迎です。

11月30日まで、シンフォニア岩国にて。

追記:今回の作品展のパンフの中に、例年、3月末に開催している「シンフォニア・アート展」の応募用紙が入っていました。公募型で審査のない展覧会です。今年度のテーマは「発見・想い」。例年の絵画や写真、立体作品などのほか、作品の写真や絵をファイルのまま応募できる「Digital Art」作品も受け付けるようです。興味のある人は是非(受付期間は2015年1月13日〜2月15日)。同時に、作品展の設営や監視、当日スタッフなどのボランティアも募集しています。

1503シンフォニアアート展.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「高橋正実の気ままにピアノat光風堂」を聴きに行ってみた

[2014年11月23日(Sun)]
先日初めて行ってみた吉香公園にあるCafe & Gallery Shop 光風堂。そこで、以前から名前だけ知っていた高橋正実さんのピアノコンサートがすぐの週末にあるのを知ったので、行ってみました。

今年の5月から、毎月第4土曜日の夕刻に行っているようで、今回は今年最後(12月は慌ただしいのでお休み)ということで1年を振り返って、高橋さんのオリジナル曲から始まって、季節にちなんだ曲やNHKの連ドラにちなんだスコットランド民謡、ドビュッシーの「月の光」などの名曲を楽しませてもらいました。

141122高橋正実01.JPG

途中、コンサートで使われているフッペルのピアノについても簡単な解説が。先の戦災によって工房の失われたピアノで、90年前に作られ、日本には数台しかないと言われています。大手術の末復活した1台が不思議な巡り合わせで、光風堂に常設されることになったようです。

141122高橋正実02.JPG

とても優しい音色です(ピアノ自体も高齢なので、優しく演奏しているようにもしているとのこと)。

庭といい、改装で部屋中の床から腰高に張り巡らされた木の板といい、塗装をやり変えて木目の見える渋いフッペルのピアノといい、木や植物に満たされた空間で、間近に聴くピアノコンサート。とてもオススメです。

たまたま、開演より少し前についたので、気さくな高橋さんと少し話をさせてもらい、アンコール曲の時に写真撮影をさせてもらう許可をいただきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

453_早生蜜柑(ワセミカン)の収穫など

[2014年11月22日(Sat)]
今朝は、急遽声をかけられて、親戚の蜜柑畑の出荷後の残り蜜柑を収穫させてもらうことになりました。

大きさが不揃いだったり、表面が綺麗でなかったりですが、味は問題ありません(若干硬いのも1週間くらい熟成されれば柔らかくなるはずです)。コンテナ数杯分。おすそ分けしたりさせてもらおうと思います。

141122蜜柑の収穫.JPG


追記:11月に入ってタネを植えたまさにその日から急に冷え込んだので若干心配していましたが、スナップ豌豆(エンドウ)と絹莢豌豆の芽が出始めました。

141122スナップ豌豆の芽.JPG

ミニトマトとピーマンは、もう少し収穫できそうです。今日もこれだけ採れました。

141122ミニトマトとピーマン.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「やまぐち煌きアーティスト展」

[2014年11月21日(Fri)]
明日(11月22日)から、30日(日)にかけて、シンフォニア岩国の企画展示ホールで、山口県美術展で活躍する6人のアーティストの作品を一堂に会した展覧会が開催されます。

141122〜30やまぐち煌きアーティスト.JPG

時間は、10時〜17時(入場は16時半まで)。

絵画や写真、現代美術などジャンルも多彩。

23日(日)には@12時半からと、A16時からのそれぞれ30分間、山口芸術短大卒業生で構成する音楽ユニット「Beans」のコンサートがあったり、

24日(月・祝)には、@11時からと、A14時からの2回、県立美術館の学芸員によるギャラリートークもあります。

こういう企画展も面白そうなので行ってみたいと思っています。だた、私はこの日・月は仕事なので、コンサートやギャラリートークなどは残念ながら楽しめません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

Cafe & Gallery Shop 光風堂

[2014年11月20日(Thu)]
たまに通りかかる度に気になっていたお店に寄ってみました。

141119光風堂08.JPG

岩国城主の主治医が開業していたという古民家を改修して、この3月に開店したようで、張り替えた木の床が心地いい。庭も小奇麗にしていて、いろいろなハーブも育てているようです。

141119光風堂06.JPG

いただいたのは玄米ご飯のカレー。優しい味です。

141119光風堂02.JPG

デザートは、以前このブログでも紹介したことがある岩国市の美和にあるカフェ HAKUてづくりのプリン(山代地鶏の有精卵100%使用)を選びました。これまた美味しい。HAKUの岸根栗を使ったお菓子なども食べられます。

141119光風堂05.JPG

和紙や木のや陶器などの工芸品や服なども置いてあります。

外から見た雰囲気もですが、もう一つ気になっていたのは、新聞記事で岩国のピアニスト高橋正実さんコンサートを月1ペースで行っているというのを読んだからです。

フッペルというドイツの小さな町で作られた日本に数台しかないピアノが置いてあります。

141119光風堂01.JPG

ちょうど、この週末11月22日(土)の夕方にあるようなので、時間が合えば寄ってみたいと思っています((実は高橋さんのピアノをまだ聴いたことがないのです)。

141119光風堂04.JPG

庭に植わっている樹齢270年という楠(クスノキ)も立派で、お店やその界隈や錦帯橋方面から見た風景などのイラスト絵葉書を売っていたので買いました。

141119光風堂09.JPG

光風堂さんのフェイスブックもあるので、新しい情報はそこから見ることができます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「天平の旅in岩国」を観てきた

[2014年11月19日(Wed)]
141115天平の旅.JPG

天平(てんぺい)さんのピアノは、パワフルで、大胆であったり繊細であったり、なかなか素敵でした。

スペシャルゲストのバリトン歌手、吉武大地さんの歌声も素晴らしく響き渡っていました。

トークもたっぷりあり、紀伊半島がとても好きなようで、2年に1回くらいは山奥の村でコンサートを行っているそうです。紀伊半島は、海岸沿いを列車で旅をしたくらいしかないので、今度、自然と歴史を感じに行ってみようかと思ったり。


「あいあいクラブ」は、これまでたくさんの公演招聘実績があり、自分たちが観ていいと思った公演を紹介してくれるので、ある程度安心して見ることができます(既に、岩国では一定のブランド力があるように思います)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

452_食用鬼灯(ショクヨウホオズキ)の収穫

[2014年11月18日(Tue)]
フルーツホオズキとも言われている、食べることができる鬼灯。

以前、知り合いから海外旅行みやげでタネ(苗?どっちだったっけ?))をもらって育てたことがあります。園芸屋で安売りの苗を見かけて、懐かしくなって植えてみました。

ほとんどほったらかしにもかかわらず、結構順調に育ってくれていて(途中、台風の余波で大きめの枝が折れてしまったけど)、たくさん収穫できそうです。なかなか熟さないのと、1個1個が小さいというのが弱点ですが、独特の深い香りと味がします(栄養がぎゅっとつまっている感じで美味しいです)。

こんなふうに、外の部分が茶色くなって、皮の上から触って柔らかくなっていると収穫時期のようです。

141116食用ホオズキ01.JPG

皮を破ると、オレンジ色の実が出てきます。

141116食用ホオズキ02.JPG

141116食用ホオズキ03.JPG

かじると、香りと味が広がります。胡麻のようなタネが全体に散らばっていますが、タネは気になりません。

141116食用ホオズキ04.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

451_玉葱(タマネギ)ばたけのマルチングと早生苗植え

[2014年11月17日(Mon)]
先週、畝を整えておいた玉葱ばたけ。

去年からはじめたマルチシートの敷き込みを行いました。畝の総延長は100メートル弱。1人で2時間くらいの作業です。

141116タマネギマルチ.JPG

去年は、はたけの表面をあまり平にせずにデコボコのまま敷いたら、風が強い時に結構ばたついて小さな苗がビニールシートに叩かれる感じになって可愛そうだった(結局収穫にどれくらい影響したのかはよくわかりませんでしたが)ので、少しだけ丁寧に。

本格的には12月に植える予定ですが、時間的に少し余裕があったので、この時期にしか売っていない早生の苗(4月下旬から5月くらいに収穫)を300本ばかり買って植えました。

141116タマネギ早生.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

わくわく科学クラブ〈30倍の世界〉第6回目

[2014年11月16日(Sun)]
昨日は、今年度、月1回ペースで講師を行っている「わくわく科学クラブ」の第6回目。

授業書は、〈30倍の世界〉。

簡単に前回の復習をして、まずは、ひっつき虫の観察。この時期道端によく見られるアメリカセンダングサのタネを持って行きました。細長くて先端に2、3の鋭い刺(とげ)のようなものが付いています。

141112くっつき虫01元.JPG

最初に、これまで観たひっつき虫と同じような仕組みかどうかの予想を立ててもらうと、ちょっと違うのではないかという大方の予想。

みんなの予想通り、これまで観たのとは違って、刺にたくさんの鋭い返しがついていました。これじゃあ服についたらなかなか取れないわけです。

141114ひっつき虫の先端元.JPG

その後、さらに植物の葉っぱの表裏や、羽毛などを観察して、ペットボトルを使った簡単な顕微鏡を作って、事前に用意していた玉葱(タマネギ)の薄皮を筆ペンで着色したものを見たりしました。

141115ペットボトル顕微鏡.JPG

ペットボトルと直径2oくらいのガラスビーズを使った顕微鏡は、シンプルだけど、ちょっと面倒な部分があるので、もう少し事前に準備をしてよければと反省。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

ファミーユカフェ(Famille Café)のランチ

[2014年11月15日(Sat)]
岩国市由宇町にあるパン屋さん兼カフェ・レストラン。

海岸方面の住宅街の中にあるので若干場所がわかりにくいものの、なかなか好感度が高いので、時々寄ります。

今年になって何度か行った時の記録写真です。

140427ファミーユカフェ.JPG

140427ファミーユカフェ01.JPG

141026カフェファミーユ01.JPG

141026カフェファミーユ02.JPG

パンもいろいろ売ってて、つい買ってしまいます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『世界にひとつのプレイブック』

[2014年11月14日(Fri)]
『世界にひとつのプレイブック』(アメリカ映画、監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル、主演:ブラッドレイ・クーパー、ジェニファー・ローレンス、122分、2012年、原題:Silver Linings Playbook)

知り合いに薦められてレンタルで借観てみました。

原題のSilver Linings Playbookは、アメリカでは「逆境に立ち向かう指南書」という意味の慣用句なのですぐわかるらしいのですが、邦題の「世界にひとつのプレイブック」はあまりにもわかりにくい。

プレイブックという言葉自体が日本語になっていないので、さらっと使われてもって感じです。

前置きはそのくらいにして、ジャンルとしてはラブ・コメディらしいのですが、結構シリアスなお話です。結婚相手の浮気や夫を事故で失うなど、心の平静を失った2人が出会い、ぎこちなく紡ぎ出す物語。

ロバート・デ・ニーロさんがアメリカンなパパを好演。

ラストは、ある程度想定できたけれども、最後までドキドキ。

ちょうどハロウィンの時期に観たので、アメリカのハロウィンの雰囲気とかがわかったのも面白かったです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

450_里芋(サトイモ)の収穫

[2014年11月13日(Thu)]
昨日は代休を取ってはたけしごと。

畝(うね)は作っていたけど、1ヶ月以上経っていたので草が生えてきていた場所の草取りをして、5、6月に収穫を迎えるスナップ豌豆や絹莢豌豆(キヌサヤエンドウ)のタネを植えたり、細葱(ホソネギ)の苗を植え直したり、玉葱(タマネギ)の畝を整えたり。

ミニトマトとピーマンはまだまだ収穫できます。

そして、里芋の収穫。里芋はもともと南国の作物だったと思われるので、寒くなってくるとこんな感じで葉が倒れてきます。

141112サトイモ01.JPG

2株分収穫してみました。

141112サトイモ02.JPG

これくらいあれば、まあまあの出来でしょう。

早速、夕食に鶏肉と一緒に煮しめにしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

高森クラフトガーデン2014 秋

[2014年11月12日(Wed)]
先日の鼻笛イベント「鼻人ぬ宝」の会場で、高森クラフトガーデンのパンフを手に入れました。

恒例になってきた、手づくり雑貨市。

2014年11月22日(土)、23日(日)10時〜15時
高森天満宮にて。

14112223高森クラフトガーデン01.JPG

14112223高森クラフトガーデン02.JPG

14112223高森クラフトガーデン03.JPG

今回は、高森での秋祭り(天神祭)と併催。23日には近くの会場で「周東町食肉フェア」も開催されています。

高森クラフトガーデンのフェイスブックも動き始めていますので、詳しい情報はそちらで。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ