CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

93『風をつかまえた少年』2019サロンシネマにて84

[2019年10月20日(Sun)]
『風をつかまえた少年』
(監督・脚本・出演:キウェテル・イジョフォー、出演:マックスウェル・シンバ、アイサ・マイガ、113分、2018年、イギリス・マラウイ映画)

1908風をつかまえた少年.JPG

2019年、映画鑑賞93作品目にして、劇場での鑑賞84作品目。

2001年、干ばつに襲われたアフリカの貧しい国であるマラウイで、実際にあった出来事を元に作られた映画。

主人公の14歳の少年は、作物が穫れずに親が授業料が支払えないため学校を退学にされるも、何とか図書室で勉強することを許してもらい、独学で発電のことを学び、ありあわせの材料と友人たちの協力によって、風力発電で水をくみ上げることに成功し、村を救うことになる。

当初は、実直で、政府の無策に抗議までする親さえ、技術への無理解から賛成してくれなかったりする中、学ぶことの大切さを教えてくれる。

国の情勢や、広大なアフリカの大地、死者を送る現地の風習など、人々の生活ぶりなども描かれている。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ