CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

オンテナがようやくやってきた190903

[2019年09月04日(Wed)]
主に聴覚障害者向けに、音を振動として感じてもらうために作られた、髪の毛や襟につけてもらうコミュニケーションデバイス「オンテナ」(音とアンテナをあわせた造語でしょう)。

私自身は、聴覚健聴者なのですが、数年前から、オンテナを開発していることを知り、注目していたところ、やっと製品化されることになり、8月にはインターネット上で注文サイトができましたので、早速注文して、ようやく現物が届きました。

190903オンテナ01.JPG

190903オンテナ02.JPG

190903オンテナ03.JPG

190903オンテナ04.JPG

音を感じて、その大きさに応じて強弱をつけて光るようになっており、光は消すモードも選べます(写真では光がわかりにくいですが、結構はっきりわかります)。

190904オンテナ.JPG

また、音の大きさに合わせて強弱をつけた振動をするようにできていて、音の感度も、80デシベルから90デシベルまでと、より敏感に60デシベルから90デシベルまで感じる2つのモードがあります。

早速試してみました。私の場合、丸坊主にしているので、襟に装着することになります。

街を歩いていると、私の好きな鳥のさえずりにはさすがに反応はしません。自動車が近づいてくると、振動が続くのでより迫力をもって自動車を感じることができます(私は鳥が好きなので、鳥のさえずりは敏感に感じてしまいます。自分が音の強弱ではなくて、自分の興味で音を聞いていることがわかります)。

面白かったのは、電車通勤をしているので、駅のホームで待っていると、通過電車が通るときは長い間振動が続いたり、電車に乗っていると、振動の強弱が続くのですが、アナウンスや鉄橋を渡るとき、ドアの開閉があるとき、振動が強くなるのです。

音の大きさにしたがって、振動の強弱があるので当たり前なのですが、音の大きさと言うのは日頃あまり細かくは意識していないのが、強調されて感じるが面白いところです。

いろんな場面で使ってみたり、知り合いに紹介したりして楽しみ方を模索してみたいです。まだ、ほんの少ししか使っていませんけど、新しい感覚が芽生えそうです。

オンテナのことについて興味を持った人は、ホームページがありますのでご覧ください(スポーツ観戦のイベントなどで活用することが検討されているようです)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

656_紫つくね芋の大きな零余子(ムカゴ)

[2019年09月04日(Wed)]
2年前に錦町の知り合いが、市場に出していた紫つくね芋(芋を切ると、紫色がまだら模様になっている)を種芋にして長年作っている普通のつくね芋の隣に2か所にわけて育てています。

190903つくね芋05.JPG

190903つくね芋01.JPG

やたら大きな零余子ができるなあと思っていたものの、それでも冬を越すには小さいのではと初年はそのままにしていましたが、2年目に普通の種芋と同じように新聞紙にくるんで段ボールに入れて押し入れに保存してみたら、春になったら芽が出始めたので今年はそれを種芋に育ててみています。

今年も、大きな零余子が育ってきました。

190903つくね芋02.JPG

190903つくね芋03.JPG

190903つくね芋04.JPG

190903つくね芋06.JPG

零余子は、専門的には植物の栄養繁殖器官の一つとされ、タネ以外の方法で、繁殖するために葉の根元の部分などに栄養を貯めたもので、つくね芋や山芋の場合は小さな芋状にでき、地上に落ちて春に芽を出すのでしょう。

漢字の表記が美しいのでどういう語源なのか気になって調べたら、野山に自生している山の芋の零余子は、余りもののように小さいながら、ツルに触れると滴(しずく)のように零(た)れ落ちるので、その様を表しているようです。

今まで知っていた零余子と言えば、数ミリ程度の大きさの小さなものですが、紫つくね芋のそれは本当に大きい(直径3、4センチくらいあるのがある)。

実は昨年、これだけ大きいのだから生でも食べられるかもと思って切ってみたら、ちょっと硬すぎて生で食べられるようなものではありませんでした。今年はたくさんできたら、種芋用にいくつか取っておいてあとは煮物か何かにして食べてみようかしらん。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ