CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

69『東京裁判 4Kデジタルリマスター版』2019横川シネマにて60

[2019年08月24日(Sat)]
『東京裁判 4Kデジタルリマスター版』
(監督:小林正樹、音楽:武満徹、ナレーター:佐藤慶、277分、1983年、日本映画)

1909東京裁判.JPG

2019年、映画鑑賞69作品目にして、劇場での鑑賞60作品目。

日本が無条件降伏をした1945年の翌年1946年5月3日から、1948年11月12日にかけて行われた極東国際軍事裁判(通称:東京裁判)の膨大な記録フィルムを編集し、さらに、戦争当時の記録映像やニュース映像を使って、裁判を追いながら、第二次世界大戦時の日本に絡む世界の動きや日本が行ってきたことを振り返った4時間37分に及ぶ作品(途中10分休憩がありました)。

東京裁判が、戦勝国が一方的に行った偏ったものであるというのは、良く聞かれる言説ですが、そういった部分がおおいにあることも含めて、そこで問われたことについて丁寧に取り上げられています。

時にまどろっこしく、裁判によって、暴くことができること、できないことなどいろいろと考えさせられるし、戦後の一つの大きな立脚点として貴重な記録だと思います。

それにしても、東京裁判については大雑把にしか知らなかったので、その場でのやり取りを肉声で聞くことができたのは大きな収穫。

8月29日まで、横川シネマにて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ