CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「英語の授業で もっと「使えるっ!」演劇アクティビティ」に参加してみた190812

[2019年08月17日(Sat)]
小学校で英語が必修になってくることに伴って、演劇的な手法を使ってより楽しく英語が学べるようにするための体験講座。

というわけで、学校の先生が主な対象だったのですが、面白そうなので参加してみました。

午前中は、教室で使える具体的なプログラムを体験し、午後には早速、午前中に学んだ手法を活用したり応用したりしながら、10分間のプログラムをグループにわかれて実際に作ってみるというもの。

講師は、アメリカで演劇教育学を学び、現在は関西国際学園というインターナショナルスクールで小学生から高校生までの子どもたちにパフォーミングアーツ(芸術)を教えているという矢野さん。

190812英語教育演劇手法.JPG

十数人の受講生の多くが、演劇を学んでいる現役の小学校の先生ということで乗りがよかったこともありますが、講師のテンポのよい進行によって、身体を使いながら楽しく学ぶことができました。工夫の仕方はいろいろあるんだなあと、感心。

私は、先生ではないものの、子どもとかかわることも多いのでとても参考になりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ