CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

かこさとしさんのマステをもらいました

[2019年07月27日(Sat)]
マステ好きを公言しているため、うれしいことに時々珍しいマステをもらいます。

今回もらったのは、絵本で有名なかこさとしさんのマステ。だるまちゃんシリーズの絵を使っています。

8月4日まで、ひろしま美術館で、「かこさとしの世界展」が開催されているようです。

190719かこさとしマステ.JPG

かわいい。

7月28日(明日)にライブデポで行われるtukiichi 5 で行うマステカード作りワークショップにも持っていきます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

郷土史研究会「道中記からみる人々の関心」190721

[2019年07月27日(Sat)]
毎月一回、岩国徴古館の近くにあるサンライフ岩国で開催されている岩国徴古館主催の郷土史研究会。

今回のテーマは、「道中記からみる人々の関心」。

江戸時代に旅が増加した背景から、当時の岩国の状況の概略を説明した上で、領主、武士、庶民とそれぞれの階層に分けて、実際に岩国徴古館に所蔵されている旅行記に即して古文書史料の抜粋を読みながら解説してくれました。

領主などはお供の人などもいて人数が多いので経費がかかるためか、旅程がきっちりしていて、庶民になるほど目的はあっても、途中で寄り道をすることが多いという傾向があることなど具体例に即していて面白い。

それにしても、立ち寄るところは神社仏閣が多いのは、当時旅で寄るのはそういうところしかなかったのか、景勝地というのはいつごろから流行るようになったのか、幕末の志士などは人を訪ねて全国を旅していたという印象が強いが、そういうのは面白い人がいるという情報が流れるようになった幕末まではなかったのか、などいろいろ気になってきた。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ