CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

遂に、Ontenna(オンテナ)が販売されることに

[2019年06月27日(Thu)]
Ontennaとは、髪や耳たぶ、えり元や袖口に取り付けて使うデバイスで、内蔵されたマイクで音を感知すると、モーターの振動(約60〜90デシベルの音を256段階で表現)で装着した人に伝えると共に、LEDの発光でも音の強さがわかるというもの。

1906オンテナ.JPG

数年前から、たまたまその開発を知って、面白いなあと興味を持って時々ホームページを見ていました。

開発に試行錯誤が続いていたようで、なかなか販売に至らないので、体験イベントのようなものが岩国や広島近辺でないか問合せメールをしたこともありました(丁寧な返事が返ってきました)。

久々に、ホームページをのぞいてみると、遂に、7月からの販売が決まったとのこと。

元々は、聴覚障害者に音を感じてもらうためのデバイスとして発想されたものですが、コントローラーで同時に複数のOntennaを作動させること工夫をしたりして、スポーツや映画などの大規模イベントでの演出などにも幅広く使えるようにもなり、聴覚障害者と健常者が同じ空間を一緒に楽しめる道具としての可能性も広がっているようです(今後市場の拡大が見込まれるeスポーツ観戦での利用を見込んでいるようで、そうすることによって、市販のめども立ったのでしょう)。

多様性が注目されている昨今にあって、多様性をつなぐテクノロジーのいい使い方として注目しています。

ネット上の記事によると、1台の予想販売価格が2万5千円と、若干お高め(この手の商品は、損益分岐点を見極めるのが難しいでしょうね)。高いと見るか安いと見るかは、個人の思いによって変わってくるとは思います。この活動を支援する投資と考えて買ってみるかどうか思案中。

私自身には聴覚障害はない(そこそこの年なので、高音域、いわゆるモスキート音は聞き辛くなっています)のですが、単純に、音を振動としても感じてみたいし、例えば、イヤホンで音楽を聴いているときに、外界の大きな音を認識するのに使えるのではないかと楽しんでみたいと思っているのです。

詳しくは、「オンテナ」で検索すれば、ホームページや関連記事を見ることができます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

ぎっくり腰についての追加情報

[2019年06月27日(Thu)]
先日報告したぎっくり腰。1週間経過して、ほぼ、治りつつあるのですが、追加情報を。

はたけに水やりをしているときがきっかけで、翌日ひどめのぎっくり腰をやってしまい、まるまる2日間、痛み止めでごまかしながら、自宅で安静にしていました。

インターネットなどでは、治ってくれば適度に運動はしたほうがいいようなので、3日目にリハビリを兼ねて、登山用のスティックを使って少し遠出をしてみることにしました。

それで気付いたことを、当たり前かもしれませんが、簡単に書いてみます。

それは、何と言っても、やはり腰は要なのだなということ。

スティックを使ってかなり、腰への負担を軽減したつもりなのに、歩いていても、立っているだけでも、実は電車に座っているだけでもじわじわ腰が痛くなってくるのです(座っているときも、スティックに体重をかけて、少しでも腰への負担を減らしたりしました)。

なので、時々、長いすを見つけると、横になりました(私は、そういうのをあまり気にしないので)。やはり、横になると全然楽です。

また、歩いているうちに、ひざが少しずつ痛くなってくる。私はもともと、かなり前から、変形性膝関節症という、膝関節の骨が磨り減ってくる状態になっていていて、今回のように、腰への負担を減らそうとすると、バランスが崩れて、別のところの負担が増えてしまうようです。

さらに、次の日には、スティックで身体を支えた分、二の腕が筋肉痛になっていました。

バランスって、大切なんですね。

それと、あらためて気づいたのは、高齢者の人で杖を1本ついている人は見かけたのですが、それ以外で、私のように両手にスティックを持っている人は見かけませんでした。休みの日でも、腰を痛めた人はまちを歩かないのでしょうか?路面電車で、席を譲ってもらったときはありがたかった。

ゆっくり、風を感じながら、まちを眺めながら歩くという体験も、日頃とは違って楽しいものでした(身体的には、だんだん辛くなってきましたが)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ